メロディックデスメタル/ブラックメタル
〜Melodic Death/Black Metal
                by Tosei Midorikawa

掲載バンドはABC順になっています

M XYZ

■CDの評価に関しては、個人的嗜好が反映されることもあり、納得のいかない評価もあるかと思いますが、どうかご了承ください。

*メロデス傑作特集  *ブラックメタル名盤特集

音楽ページTOP


1349Beyond the Apocalypse
ノルウェーのブラックメタル、1349の2004年作
強烈なブラストビートとツインギターのリフでたたみかける突進型のブラックメタル。
かつてのIMMORTALをより暴虐にしたような北欧らしいダークな香りが素晴らしく
ギターフレーズにはいくぶんのメロディが感じられるところもいい。圧巻のドラムも含めて、
90年代のバンドに比べると演奏力の点で格段に上なので、音圧の迫力も文句ない。
次作ではいくぶんドライなサウンドになるので、北欧ブラックとしては本作が最高作か。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・9 プリミティブ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

1349「Hellfire」
ノルウェーのブラックメタルバンド、1349の2005年作
強烈なブラストビートで極悪に疾走するスタイルは、まさにブラックメタルの王道。
ややラウドな音質がオールドな真性ブラックの雰囲気をかもしだし、ときおりドラマティックなギターフレーズも聴かせてくれる。
シンセの入らないあくまでギター主体のサウンドは、ややドライな感じもするが、
SATYRICONのFrostが叩くマシンガンのようなドラムにはやはり圧倒される。
メロディアス度・・7 暴虐度・・9 真性ブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


A

Abigail Williams「Legend」
アメリカのメロデスバンド、アビゲイル・ウィリアムスの5曲入りミニアルバム。2007作
2008年のフルアルバムではDIMMU BOGIRばりのシンフォブラックサウンドであったが、
本作ではまだむしろメロデス風味を残した作風で、シンセをバックに激しく疾走しつつ
メタルコア的なヘヴィさと、チルボド系のモダンなメロディアスさが合わさった雰囲気。
ツインギターの叙情フレーズと、そこに絡むシンフォニックなシンセはなかなか魅力的だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 むしろメロデス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Abigail Williams「In the Shadow of a Thousand Suns」
アメリカのブラックメタルバンド、アビゲイル・ウィリアムスの2008年作
のっけからDIMMU BOGIRばりに疾走する、なかなか本格派のシンフォブラックサウンド。
クラシックの素養も感じさせる女性シンセ奏者による美しい旋律を全面に出しながら、
暴虐なブラストビートと絶叫ヴォーカルでたたみかけるスタイル。
緩急をつけた楽曲と、アメリカのバンドとは思えぬような叙情性が素晴らしく、
日本でいうとTYRANTあたりにも近い感触か。この後、2nd、3rdと方向性が変化してゆくので
シンフォブラックとして楽しめるこの1stを最高作とする向きも多いだろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 本当にアメリカ?度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Abigail WilliamsIn the Absence of Light」
アメリカのブラックメタルバンド、アビゲイル・ウィリアムスの2nd。2010作
前作はアメリカ産のシンフォブラックとしては、DIMMU BOGIRばりの本格派の力作であったが、
本作ではVo以外のメンバーが脱退し、新たに3人編成となって作られている。
質の高いブラックメタルサウンドは相変わらずだが、やはり専任シンセがいなくなったことで
音がいくぶんシンプルになっている。以前のような美麗なまでのシンフォニック要素は薄まり、
ギターのフレーズを中心にしたメロブラ的な質感に近づいたが、これはこれで悪くはない。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 メロブラ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Abigail Williams「Becoming」
アメリカのブラックメタルバンド、アビゲイル・ウィリアムスの3rd。2012年作
1stは本格派のシンフォブラックであったが、2ndではギター主体のメロブラになり、
3作目となる本作では、10分を超える大曲で聴かせるポストブラック的な作風になった。
うっすらとしたシンセアレンジとトレモロのギターリフ、そしてこもり気味の音質などは、
Wolves in the Throne Room
にも通じる雰囲気で、なかなかミステリアスな聴き心地だ。
ときおり入る叙情的なチェロの音色などもよい感じ。ただこの路線はけっこう好きなのだが、
次作でまた変化するのではないかという疑念がこのバンドに限っては湧いてしまうのである。笑
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ポストブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

ABIGAIL WILLIAMS 「The Accuser」
アメリカのブラックメタル、アビゲイル・ウィリアムズの2015年作
アルバムごとに方向を変えながら、解散やメンバーチェンジといった紆余曲折をへて、本作は4作目となる。
前作でのポストブラック路線から一転、今作はザリザリとしたギターリフとダミ声ヴォーカルを乗せて疾走する
本格派のブラックメタルスタイルで、激しいブラストパートとスローパートの緩急のついた展開とともに、
強力なサウンドを聴かせてくれる。適度にプリミティブな荒々しさと、邪悪な妖しさを含んだ雰囲気で、
楽曲によってはメロディックな叙情性もいくぶん垣間見せつつ、あくまで硬派なスタイルを貫いている。
荘厳な迫力に包まれた暴虐なる原初的ブラックメタルへと回帰した力作です。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 邪悪度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


ABIGORNachthymnen / Orkblut」
オーストリアのブラックメタルバンド、アビゴルの1995年の2ndとミニアルバムのカップリング盤。
1stの時点から、単なる暴虐疾走だけではない、テクニカルな展開や芸術性、そしてメロディアスな要素を兼ね揃える、
独自の個性を有していたのだが、この2ndでさらに独自の世界観を身に付け、崇高さと邪悪さを見事なまでに表現している。
女性コーラスの導入や、ギターメロディの煽情力も向上し、雰囲気ものとしての説得力も増した。
ブラックメタルとしての本物の闇の質感に、こもり気味の音質がまた真性っぽい(笑)
「Orkblut」は11パートに分かれた長大な組曲で、アコースティックパートの美しさなど、
プログレッシブな知性も見せつける。メロディックブラックの歴史的傑作。これを機に彼らを再評価していただきたい。
メロディアス度・・8 真性暴虐度・・9 楽曲センス・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ABIGOR「Fractal Possession」
オーストリアのブラックメタルバンド、アビゴルの2007年作
初期2作はブラックメタルの名盤たりえる内容であったが、しだいにそのサウンドは初期のドラマティックな路線から変化してゆく。
7作目の本作はどことなくモダンな雰囲気のイントロから激しくブラストで疾走を開始、
唐突でアヴァンギャルドな展開を盛り込んだ独自のブラックメタルを形成している。
初期のような幻想的な作風ではなくなったが、妖しげでプログレッシブな感性と
サイバーな香りを漂わせた世界観はなかなか面白い。ドラムの音が軽いのが少し残念。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 アヴァンギャル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

ABIGORTime Is the Sulphur in the Veins of the Saint
オーストリアのブラックメタルバンド、アビゴルの2010年作
デビューから15年以上のベテランで、前作からはプログレッシブでサイバーな方向性へとシフトしていたが、
おそらく8作目である本作は、19分、18分という大曲2曲という極端な構成となった。
暴虐なブラストビートでたたみかけながら、アヴァンギャルドな展開と起伏に富んだ
プログレッシブな構成と、デジタリィでサイバーな世界観を合わせた個性的なサウンドである。
ドラマティック度・・8 サイバーブラック度・・8 知的アヴァンギャル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る  Amazon.MP3


ABORYMGenerator
イタリアのブラックメタル、アヴォリムの2006年作
シンセによるオーケストレーションをバックに激しくブラスト疾走する、
シンフォニックな味わいのあるブラックメタル。随所にテクニカルなギタープレイも入り、
コーラスワークなども含めて荘厳なサウンドを描いている。アレンジにおけるセンスには
知的でプログレッシブな質感もあり、個性的なブラックメタルが好きな方にはお勧め。
ドラムには元EMPERORのFAUST参加していることも注目だろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ABORYM「Psychogrotesque
イタリアのブラックメタル、アヴォリムの2010年作
うっすらとしたシンセを含むサイバーな感触のブラックメタルを基本にしつつ、
本作ではおそらくホラーストーリー的なコンセプト作でもあるのだろうか、
ミステリアスな雰囲気が強まっていて、ミドル〜スローテンポでじっくり聴かせるところは
Cradle of Filthあたりに通じる世界観も感じられる。イタリア語の語りを随所に入れることで
ホラー映画的なシアトリカルな聴き心地を演出している。全体的にはまあまあいい感じなのだが、
楽曲そのものにもう少し魅力が欲しいか。本作も元EMPERORのFAUSTがドラムで参加している、
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


ABSENTIA LUNAE 「Vorwarts」
イタリアのブラックメタル、アブセンティア・ルナの2014年作
絶叫と語りのような朗々とした歌声を使い分けるヴォーカルとともに、重厚かつ大仰なミステリアス性と
ブラスト疾走する暴虐性を兼ねそろえたサウンド。激しいだけでなくテクニカルなリズムチェンジや
スローテンポでの絡みつくような妖しい雰囲気もあって、7分、8分という長めの楽曲でも
メリハリのついた展開力で聴かせてくれる。寒々しい荒涼感とエピックな勇壮さが合わさった
得体のしれない迫力が感じられて、硬派なサウンドでありながら壮大な世界観が垣間見える。
重厚でダーク、そして知的な構築性を含んだドラマティックブラックメタルの力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


A Canorous Quintet「Silence of the World Beyond」
スウェーデンのメロデスバンド、ア・キャノラス・クインテットの1996作
ツインギターの叙情的なフレーズをメインに疾走するサウンドは、シンセを一切使わずとも展開美は作れるのだという
メロデスのお手本のようだ。かつて本物のメロデスとはこういう音楽のことを指したのだ。
ダークな世界観をドラマティックに描いてゆくのは、シンセやテクノロジーに頼りがちな
昨今のバンドにこそ見習って欲しい。泣きのツインギターに悶絶しまくりの隠れた傑作。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Acherontas「Vamachara
ギリシャのメロディック・ブラックメタル、アケロンタスの2011年作
ジャケの雰囲気からしてSeptic Fleshのようなサウンドを想像したのだが、実際には、メロディックなツインギターで疾走する聴きやすいメロブラ。
いくぶんローカルな古き良き感触と、ギリシャらしいミスティックな雰囲気で、ギターフレーズの叙情性はときにDISSECTIONなどを思わせる。
6〜7分という長めの曲でもリフとメロディの煽情力で飽きさせない構築力があり、ラストの10分を超える大曲も含めメロディアスに聴き通せる。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 オールドメロブラ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3



ADIMIRON「Burning Souls」
イタリアのテクニカル・メロデスラッシュバンド、アディミロンのアルバム。2004作
変則リズムを多用したテクニカルな楽曲に、メロデス風のフレーズを盛り込みつつ
デスラッシュ的な突進力で聴かせるサウンドはとてもせわしなく、ある意味プログレッシブで濃密だ。
ヴォーカルは低音デス声とブラックメタル風のわめきを使い分け、なかなか頑張っている。
ザクザクとしたスラッシーなリフと、変態的な展開でたたみかける部分は嫌いではないのだが、
現時点では破天荒な楽曲展開を若さあふれる勢いで演奏しており、構成力の点ではまだ粗削りか。
メロディアス度・・7 テクニカル度・・8 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


AD INFERNA「L'Empire Des Sens」
フランスのシンフォニックブラックメタル、アド・インフェルナの2002年作
元はDE PROFUNDISという名前で活動していたようだが、改名しての1作目らしい。
美麗なシンセをふんだんに使ったサウンドは暴虐さよりもシンフォニックな美しさ重視で、
メロディアスなフレーズを奏でるギターとともにスペイシーなシンフォブラックを聴かせる。
感触としてはポルトガルのSIRIUSとか、ノルウェーのTIDFALLあたりに近いか。
美しいピアノや女性コーラスも入ると、耽美な雰囲気になり、ゴシックな世界観も垣間見える。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・7.5


AGATHODAIMON「Blacken the Angel」
ドイツとルーマニアのメンバーからなるシンフォ・ブラックメタルバンド、アガソダイモンの1st。1998作
最初に聴いた3rdは、かなりクオリティの高い作品であったが、彼らのサウンドはこのデビュー作の時点から
すでに完成されている。シンセをふんだんに使用したシンフォニックさ、ギターの奏でるもの悲しいメロディ、
ブラックメタル的なわめきヴォーカルすらもどこか悲哀を感じさせる。どことなくゴシック風の耽美な世界観もあり、
イタリアのGRAVEWORMあたりにも近いか。もちろんCradle of Filthなどのファンも充分満足させられるだろう。
後半になるとやや楽曲が一本調子に感じるのが惜しいが、デビュー作としてはかなり上質の部類だろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

AGATHODAIMON「CHAPTER V」
ドイツとルーマニアのメンバーからなるシンフォ・ブラックメタルバンド、アガソダイモンの3rd。2002作
あまり有名なバンドではないが、サウンドのクオリティはなかなか高いバンドで、
CRADLE OF FILTH的なシンフォブラックと、DISSECTION的なメロブラの中間といった雰囲気。
曲、演奏、メロディ、突進力ともにいいものを持っていて、キーボード入りで疾走し、
とくに煽情的なギターフレーズはこの手のバンドの中でもかなり質が高いと思う。
ときおり聴かせる静寂パートでの叙情や、ヨーロピアンな荘厳さも素晴らしいので、
メロディック/シンフォニックブラック好きなら、聴いておくべきバンドのひとつだろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

AGATHODAIMON「SERPENT'S EMBRACE」
シンフォニック・ブラックメタルバンド、アガソダイモンの4th。2004作
ギーガーちっくなジャケからして耽美な精神を覗かせているが、サウンドの方も
キーボードを多用したシンフォニックな味付けで、ヨーロピアンなゴシック風味も感じられる。
アグレッシブに疾走するというよりは、メロウなパートを配するなど
聴きやすさに重点がおかれている感じで、シンフォブラック初心者でも聴けるクオリティ。
リズムやエフェクトなどにはエレゴシック風のデジタル感覚もあり、
女性Voがメインに歌うしっとり曲もあったりで、なかなか楽しめます。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Agathodaimon「Phoenix」
ドイツとルーマニアのメンバーからなるシンフォニックデスメタルバンド、アガソダイモンの5th。2009作
毎作、質の高いシンフォニックなブラックメタル作品作り続け、コアなリスナーの評価も高いこのバンド、
本作は一聴してメロデス的な雰囲気が増している。ややモダンになったシンセアレンジと、
ツインギターのフレーズで聴かせるスタイルは、疾走する暴虐さよりも正統的な聴きやすさが前に出ていて
これまでのバンドのファンはやや戸惑うかもしれない。ヴォーカルの声はブラックなのに音はメロデスという、
世界観もそれまでの耽美なものから、チルボドなどに近いモダンな作風になっているのが個人的には残念。
ただし、メロデスとしての質はとても高いので、このアルバムから聴き始めた方にはとくに違和感はないだろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 むしろメロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

AGATHODAIMON 「In Darkness 」
ドイツのシンフォニック・ブラックメタル、アガソダイモンの2013年作
1998年デビューで、本作は6作目。前作でのモダンなメロデス路線から打って変わり
本作では重厚なゴシック・ブラックというような、強力なサウンドになった。
随所に美麗なシンセアレンジを含みつつ、むしろギターリフをメインにした硬派な感触で、
迫力あるダミ声ヴォーカルも含めて、キャリアのあるバンドならではの音の説得力が素晴らしい。
ミドルテンポを用いながら、ここぞという激しい暴虐パートも効果的で、ときにノーマルヴォイスの歌声も入るなど、
ドラマティックな構成力も見事。耽美にしてダークな世界観を描き出す、まさに荘厳なる力作である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 荘厳度・・9 総合・・8




AKERCOCKE「RAPE OF THE BASTARD NAZARENE」
イギリスのアヴァンギャルド・ブラックメタルバンド、アカーコックのデビュー前の音源。1999作
彼らがまだSALEM ORCHIDと名乗っていたころの音源で、アヴァンギャルドでプログレ的な部分はまだ薄く、
全体としてはブルータルなデス・ブラックサウンド。かつてのVENONにも通じるようなアンダーグラウンドな暗黒性をかもし出していて、
ブラストビートや展開の多い曲調、ときおり入る女性コーラスなどは、1stにつながるこのバンドの妖しい邪悪さの萌芽がかいま見える。
ジャケは相変わらずエッチ。(CDの曲数が"66"と表示されて驚くが14〜65までは無音)
メロディアス度・・5 暴虐度・・8 変態度・・6 総合・・7

AKERCOCKE「THE GOAT OF MENDES」
イギリスのブラックメタルバンド、アカーコックの1st。2001作
いきなり剛速のブラストに乗せて、「ぐむぉぉぉ」という低音デス声が炸裂の本気系ブラック、
かと思いや、リズムはなんだか唐突に変拍子とか。途中おねーちゃんの喘ぎも入り
一筋縄ではいかないサウンド。やがて高音ブラック声も交じり、奇妙なリフに唐突な曲展開。
おお…こりゃ、変態系アヴァン・プログレ・剛速ブラックだぁ。曲によってはシンセやアコギも入り、
それなりにシンフォニックな叙情もあって面白い。PCで見られるビデオクリップは、低予算な作りながら裸もでてきます(笑)。
なんなんだ、こいつら ? いや、変態でしょう。激烈かつプログレなステキな作品。
メロディアス度・・7 激烈度・・8 変態度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で購入 Amazon.MP3

AKERCOCKE「CHORONZON」
イギリスのプログレ・ブラックメタルバンド、アカーコックの2nd。2003年作
1stの時点から、奇妙で唐突な展開や変拍子などを取り入れたプログレッシブなアプローチが面白い
暴虐なブラックサウンドだったが、この2ndではさらに全体的にアレンジの整合感のようなものが出てきて、
テクニカルで変態的な楽曲展開がごく自然に聴こえるようになっている。とはいうものの、剛速な所はブラストしまくり、
わめきまくりなので、軟弱さはなく、むしろノーマル声パートや静寂部分とのメリハリがついた感じがする。傑作。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 プログレ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入 Amazon.MP3

AKERCOCKEWords That Go Unspoken Deeds That Go Undone
イギリスの変態系ブラックメタルバンド、アカーコックの3rd。2005作
ブルータルな暴虐性と、アヴァンギャルドな楽曲展開で聴かせるサウンドは、
今作でも健在で、知的な芸術性とシアトリカルなセンスで構築される楽曲は、濃密かつドラマティック。
これまでになくメロディックなテイストも含んでいて、Solefaldあたりに通じるアートなプログレッシブ・ブラックとしても楽しめる。
ブラックメタルとしての激しさもしっかり残しつつ、質の高さを増してきたという印象だ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 変態度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

AKERCOCKE「Antichrist」
イギリスの変態系ブラックメタルバンド、アカーコックの4th。2007作
1stのころからステキな変態系ブラックだったが、今作はその暴虐さに磨きがかかり、まるで古き良きデスメタルのようにブルータルに突進。
ブラストビートに続く唐突な叙情パートの入れ方や、ノーマル声での歌唱などにプログレッシブなセンスを感じさせつつ、
あくまでブラックメタルとしての過激さも追求している。英国のバンドとしてはここまで硬派な音楽性を追求するバンドも珍しいだろうし、
暴虐さの中にEMPERORあたりにも通じる荘厳さを感じさせるのは大したもの。
このスラッシーな質感は、むしろオールドなデスメタルファンに受けるのではないかと思う。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・9 変態度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


ALCEST「Souvenirs d'Un Autre Monde」
フランスのポストブラックメタル、アルセの2007作
このアルバムのサウンドはシューゲイザー(オルタナの一種)とも呼ばれるらしいが、
そんな言葉を抜きにすれば、アコースティカルで叙情的なゴシック/プログレとして聴ける。
ゆったりとしたリズムに歪みギターとシンセが重なり、そこにマイルドな歌声が乗る。
美しいシンセに包まれるように女性コーラスが入ってくると、プログレ、ポストロック風味の
ゆるやかな空間美が楽しめる。ときにブラックメタルらしい疾走なども入って来るが、
それでいて暴虐さよりもあくまで叙情重視なのは、ややぼやけたようなサウンド作りのためだろう。
どこか夢見心地というか、やわらかな感触なのだ。ノイジーなギターとアコースティックの同居も面白い。
個人的にこういう雰囲気は大好きだし、プログレ系のリスナーにもゆったりと楽しめる作品だと思う。
メロディアス度・・8 メタル度・・6 幻想叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Alcest「Ecailles De Lune」
フランスのシューゲイザー・ブラックメタル、アルセの2010作
前作は癒し系ブラックともいうべき叙情的な作品であったが、本作も同路線。
美しいシンセとマイルドな歌声で聴かせるサウンドは、淡い幻想を含んだ哀愁を漂わせ
その聴き心地の良さは、もはやブラックというよりはエモやポストロック的な世界観である。
激しく疾走する部分もちゃんとあるが、それすらもたれこめたグレーの空のように、
叙情的でメロウな薄暗さと、優しい雨のようなやわらかな感触がある。癒されるブラック。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 幻想叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る



Alcest「Les Voyages De L'ame
フランスのシューゲイザー・ブラック、アルセの2012年作
ブラックメタルと呼ぶにはあまりにもの悲しく美しいサウンドで、多くのファンを虜にするNeige氏による一人ユニット、
その3作目である。幻想的なジャケも素晴らしいが、サウンドのほうもやわらかなヴォーカルと、
叙情たっぷりのギターワークで聴かせる、まるでポストロックのような耳心地だ。
ブラックメタル的な疾走も随所にあるのだが、それすらもはかない叙情を含んだ
しっとりとした雰囲気で、哀愁のトレモロリフとともに聴き手の涙腺を刺激する。
癒し系ブラックという言い方よりもさらに美しい。プログレファンもこれはぜひ。
メロディアス度・・8 ブラック度・・6 幻想叙情度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Alcest 「Shelter 」
フランスのシューゲイザー系・ブラックメタル、アルセの2014年作
4作目となる本作はマルチプレイヤーのNeigeとドラムの二人組ユニットとなり、メロディックなギターとうっすらとしたシンセアレンジに、
マイルドなヴォーカルを乗せたサウンドで、過去のアルバム以上に脱ブラックメタルした癒し系の聴き心地。
ANATHEMAあたりにも通じるやわらかな叙情性は、プログレ系のリスナーにも楽しめるのではないかという。
もちろんメタル的なギターも随所に入ってくるので、のんびりとしているようでいてちゃんとメリハリがある。
前作のような哀愁のトレモロリフが炸裂するところは少ないので、全体的にはややあっさりとした印象だが、
ラストの10分の大曲は、美しいコーラス、スキャットを含んだシンフォニックな味わいがじわじわと広がってゆく。
ドラマティック度・・7 メタル度・・5 癒し系度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Alcest 「Kodama」
フランスのポストブラックメタル、アルセの2016年作
2007年にデビューし、癒し系の叙情とブラックメタルを融合させた、シューゲイザー・ブラックとして
新たなジャンルを切り開いたこのバンド。5作目となる本作は、「木霊」というタイトルなど日本的なものを連想させる。
サウンドの方は、メロウなギターにマイルドなヴォーカルを乗せて、プロレッシブな叙情性を感じさせる。
2曲目からは、随所に激しい疾走パートも現れて、ポストブラックメタルらしい物悲しさと、トレモロのギターなどには、
初期作を思わせる雰囲気もある。全体的には、メタルというよりもプログレリスナーが楽しめるような、
やわらかな叙情に包まれていて、女性コーラスなども含めて幻想的な聴き心地でゆったりと楽しめる。
ドラマティック度・・8 メタル度・・6 繊細な叙情度・・8 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る



ALDA 「Passage」
アメリカのネイチャー・ブラックメタル、アルダの2015年作
アコースティカルな叙情性とマイルドな男女ヴォーカルの歌声で静かに始まりつつ、、
ダミ声とトレモロリフを乗せた激しい疾走パートへと移行するスタイルで、
一聴して、Wolves in the Throne Roomを思わせる自然崇拝型のブラックメタル。
随所にフォーキーな素朴さも垣間見せながら、アナログ感たっぷりの音質で、
10分を超える大曲を中心に、緩急の付いたメリハリある展開を聴かせる。
全体的には激しさよりも、フォーク風味の牧歌性が前に出た聴き心地で楽しめる。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



ALGHAZANTH 「OSIRIS-TYPHON UNMASKED」
フィンランドのブラックメタルバンド、アルガザンスの3rd。2002作
美麗なキーボード入りで暴虐に疾走。とにかく疾走ブラストパートの速いこと。
ANOREXIA NERVOSAを聴いた時も速いと思ったが、このバンドはさらに速いかも。
雰囲気としては2ndの頃のEMPERORをもっとストレートにした感じでそこに絡むキーボードが過剰なまでにシンフォニックなのが特徴。
聴いていて少々疲れるが、この手が好きな方はストライクのサウンドだろう。シンフォニック疾走ブラック…この呼び方がぴったりなアルバム。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・9 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Alghazanth 「Wreath of Thevetat」
フィンランドのシンフォニック・ブラックメタル、アルガザンスの2008年作
美しいシンセアレンジにツインギターのリフを乗せて激しく疾走するスタイルは本作も同路線。
北欧らしい叙情をまとわせたトレモロのギターリフは、メロブラ的な感触でとても聴きやすく、
シンフォニックに楽曲を彩る美麗なアレンジも含めて、クオリティの高さはさすがというところ。
もちろん疾走するだけではない、緩急のついた展開力もあって、激しさとメロディアス性のバランスも見事。
楽曲ごとの魅力的なフックもあるので、ブラック初心者から中級者まで楽しめる高品質な出来である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 高品質度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Alghazanth 「Vinum Intus」
フィンランドのメロディックブラックメタル、アルガザンスの2009年作
うっすらとしたシンセアレンジとトレモロのギターリフ、高音絶叫ヴォーカルを乗せて激しく疾走する、
正統派のシンフォニック・ブラックメタル。北欧らしい寒々しい叙情とミステリアスな雰囲気に包まれて、
これまで以上に美麗なシンセが前に出たサウンドである。疾走一辺倒ではなく、ミドルやスローテンポでの
ギターの叙情フレーズも効いていて、クラシカルなヴァイオリンの音色も加わるとさらに美旋律な質感が強まる。
これでもかという泣きのメロディには軽く悶絶できるでしょう。シンフォブラックっていいなと素直に思える傑作。
メロディック度・・8 暴虐度・・7 叙情メロ度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Alghazanth 「The Three Faced Pilgrim」
フィンランドのメロディックブラックメタル、アルガザンスの2013年作
2001年の「OSIRIS- TYPHON UNMASKED」以来ノーチェックであったが、本作はすでに7作目で、
ツインギターのトレモロリフと美しいシンセをバックに、ダミ声ヴォーカルを乗せて疾走するオールドなメロブラスタイル。
9分、10分という大曲を緩急をつけて構築するセンスも含めて、バンドのキャリアが窺える作りで、
以前の作品に比べてぐっとサウンドの説得力が増している。美しさと激しさを兼ねそろえた傑作ブラック。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 楽曲度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る





Al-NamroodAstfhl Al Tha'r
サウジアラビアのオリエンタル・ブラックメタル、アル・ナムロードの1st。2009年作
イスラム発祥の地であるサウジから、ついにブラックメタルバンドが出てきたのですね。
サウンドは、意外にも美しいシンセアレンジにオリエンタルな旋律を響かせながら、
おそらくアラビア語による詠唱のようなスクリームヴォイスを乗せる、不思議な感触。
ブラックメタルというには激しい突進力はなく、ドラムの音も軽くて籠もっているので、
まだ一般のリスナーが聴けるレベルではないが、神秘的な中近東メタルが楽しめる。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 中東度・・9 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る

Al-Namrood「Estorat Taghoot

サウジアラビアのブラックメタル、アル・ナムロードの2nd。2010年作
ヴォーカルの脱退にともない、バーレーンのNARJAHANAMからVoが参加、
いかにもブラックメタル的なスクリームヴォイスになったことで、一聴して音のダイナミズムが増し、
ブラスト入りの激しい疾走感とともにアラビックな中近東フレーズを盛り込みながら、
迫力のあるサウンドを展開する。ギターリフやドラムなども前作よりもヘヴィになってきた。
随所にシンセによるアレンジも美しい。イスラム視点での民俗ブラックメタルの力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 中東度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Al-NamroodKitab Al Awthan
サウジアラビアのブラックメタル、アル・ナムロードの3rd。2012年作
どうやらヴォーカルは正式メンバーが見つかったようだが、今度はドラムが脱退したらしい。
シンフォニックかつ荘厳なイントロから、ヘヴィさを増したギターリフがアラビックな音階を奏で
そこにシンセが美しく絡んでゆく、独特の中近東ブラックサウンドにさらに磨きがかかっている。
低音のスクリームヴォイスも迫力たっぷりで、重厚な音の迫力がひしひしと伝わってくるようになった。
民俗的なオリエンタル性と、ブラックメタルとしてのダークさが巧みに融合された力作に仕上がっている。
このままゆけば、いずれはORPHANED LANDにも並ぶほどの存在になるかもしれない。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 中東度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Altar Of Plagues 「Teeth Glory And Injury」
アイルランドのブラックメタル、アルター・オブ・プレイグズの2013年作
近年のCeltic FrostやSatyriconあたりに通じる、モノトーンの暗黒臭に包まれたサウンドで、
硬質なギターリフにダミ声ヴォーカルを乗せ、随所に激しいブラストパートも含んだサウンド。
ノイジーなシューゲイザー感覚を取り込んだようなミステリアスな空気感と不穏な闇の気配、
ミドルテンポやスローパートでは、アトモスフェリックな浮遊感をかもしだしつつ、
ディプレッシブな絶叫を乗せた無慈悲なまでの激しさも垣間見せる。いわばBURZUMから受け継がれた
地下臭ただよう空気感を、よりディープな闇に溶け込ませたという感触もあるる
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 暗黒度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Amesoeurs
AlcestのNeige率いるフランスのポスト・ブラックメタル、アメスールの2009作
癒し系ブラックというべきAlcest同様に、垂れ込めた空のようなアンニュイな世界観と、
シューゲイザー風味のアンビエントな叙情で聴かせるサウンドは耳に優しくもある。
激しく疾走する部分もあるが、それは一要素にすぎず、女性ヴォーカルのフランス語の歌唱や
うっすらとした美しいシンセなど、むしろゴシックメタル的な雰囲気でも楽しめる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・6 薄暗叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


AMON AMARTH「FATE OF MORNS」
スウェーデンのメロデスバンド、アモン・アマースの5th。2004作
このバンドのアルバムを聴くのは1st以来。昔は普通のメロデスという感じだったが
このアルバムではミドルテンポ主体の力強いメタルサウンドになっている。
メロデスというにはメロディに華麗さがなく、暴虐に疾走しているわけでもないので
いうなれば、「ヴァイキング風のメロもあるデスちっくなメタル」といったところか。
ギターリフなども含めて正統派っぽい音作りなので新しいものが好きな方には向かない。
日本盤も出ているようだ。尚、限定版はライブ映像が入ったDVD付きだが、音質はブートレグっぽいのであくまでおまけ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5

AMON AMARTH「With Oden on Our Side」
スウェーデンのヴァイキング・デスメタルバンド、アモン・アマースの6th。2006作
北欧らしいうっすらとした叙情を取り入れつつも、決して甘くなりすぎないそのサウンドは、
ややもすれば日本のメロデスファンからは愛想が悪いイメージであったが、
今作では日本盤が出たということは、ヴァイキングメタルの密かなブームとともに、
彼らのもつ北欧神話的な神秘的なデスメタルサウンドも評価が高まってきているということか。
シンセの類はいっさい使用せず、あくまでギターリフのみで聴かせる硬派なスタイルは
本作でも不変ながら、その音のかもしだす世界観にはいっそう北欧色が強まってきている。
ときにヴァイキングメタル的な土着性とともに、北欧の叙事詩を表現するかのように
激烈な音の中にもドラマティックで勇壮な戦士の姿がかいま見える。
メロディアス度・・7 ドラマティック度・・8 北欧デス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

AMON AMARTHTwilight of the Thunder God
スウェーデンのヴァイキング・デスメタルバンド、アモン・アマースの7th。2008作
デビュー時から一貫して北欧の戦士のような勇壮でパワフルなサウンドを標榜してきた彼ら、
前作のタイトルがオーディンであるなら今作は雷神トールと、その北欧神話への傾倒も
今やこのバンドのイメージそのままだ。サウンドの方もおおむね相変わらず、
クサすぎない程度の土着フレーズを盛り込みつつ、あくまで硬派にメタルを聴かせる。
ただ、以前よりも音の強度が減ったというか、ようするに聴きやすくなっているという気がする。
演奏の整合感が増したぶん、このバンドの持ち味であった無骨な迫力が薄らいだということか。
質自体は上がったかもしれないが、これまでの彼らの音の濃密さに比べると物足りなさも残る。
メロディアス度・・7 ドラマティック度・・8 北欧デス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Amon Amarth「Surtur Rising」
スウェーデンのエピック・デスメタル、アモン・アマースの2011年作
1998年のデビュー作から数えて本作が8作目。重厚かつ硬派なそのサウンドから、
コアなファンの多いこのバンドだが、これまでに決定的な傑作はまだなかった。
前作では北欧神話の雷神トールをテーマにしていたが、本作もまた北欧神話から
炎の剣を手にしたムスペッル族の長スルトをジャケにし、激しくも勇壮な世界を描いている。
前作にあった聴きやすさをそのままに、ドラマティックなエピックメタルとしての質が上がっていて、
これまでになくメロディックなギターフレーズも効果的。戦う漢の熱さが濃密な音から伝わってくる。
これは過去最高のアルバムだろう。ライブ映像をたっぷり収録したDVD付き2枚組はこちら
ドラマティック度・・8 重厚度・・8 エピック度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

AMON AMARTH「Deceiver of the Gods」
スウェーデンのエピック・デスメタル、アモン・アマースの2013年作
北欧神話を題材にした勇壮なサウンドで、前作も強力な傑作だったが
本作はのっけから激しく疾走、ツインギターのリフに吐き捨てヴォーカルを乗せ、
スラッシーにたたみかける。エピックな勇壮さをデスメタルの激しさを融合させ、
随所にメロディックな叙情も織り込んだ、ベテランらしい堂々たるサウンドである。
ヘヴィすぎない感触には、90年代メロデス的な雰囲気も感じられる。
前作ほどのインパクトはないものの、ブレないバンドの信念が詰まった好作品だ。
ドラマティック度・・8 エピック度・・8 重厚度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る
 
Amazon.MP3

Amon Amarth 「Jomsviking」
スウェーデンのヴァイキング・デスメタル、アモン・アマースの2016年作
1998年デビューの20年近いキャリアを持つバンド。本作はおそらく10作目となる。
低音のダミ声ヴォーカルを乗せたメロデス的な激しさに、武骨な荒々しさと勇壮な世界観を
オールドスタイルのメタル感触で表現した重厚なサウンドは本作も健在。
どっしりとしたミドルテンポのナンバーもキャリアのバンドらしい堂々たる感触で、
楽曲そのものには新鮮味がなさ過ぎて、むしろにやにやしてしまうほど。
随所にメロディックなフレーズを甘すぎない程度に織り込んでくるあたりも、
初心者にも聴きやすいだろう。個人的にはもう少しエピックなスケール感も欲しいかな。
ドラマティック度・・7 重厚度・・8 勇壮度・・8 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る

AMON AMARTHWrath of the Norsemen
スウェーデンのヴァイキング・デスメタルバンド、アモン・アマースのライブDVD。
ザクザクとしたギターリフで聴かせる、言うなればヴァイキング風のデスメタル
やや腹の出た巨漢のヴォーカルの野太い声と風貌は、それこそヴァィキングというにぴったりながら
曲の方はけっこう似たりよったりのものが多くて、最初は良いのだがどうしてもしだいに飽きて来る。
ステージには剣と楯を持った戦士のエキストラが登場するなどときおり見せ場はあるが、
演奏としてはむしろ正統派で、テクニカルな部分もなく、映像的にはそれほど楽しめる部分はない。
観客はほとんどが男で(そりゃそうだろう)けっこう熱(苦し)く盛り上がっている様子も映される。
Disc1と2には2005年のライブを、Disc3には2004年のWackenでのステージを収録。
DVD3枚が全部がライブ映像というのもすごいが、合計7時間以上を見るのもまた大変だ(笑)
ヴァィキング度・・7 ライブ映像・・7 ライブ演奏・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


AMORAL「REPTILE RIDE」
フィンランドのメロデスラッシュバンド、アモラルの3rd。2007作
デスラッシュの突進力とモダンなデスコア系のヘヴィさが合わさって、ギターフレーズには北欧らしいメロデス的な質感もある。
吐き捨て方のスクリームヴォイスは暴虐さをかもしだしているが、楽曲展開にはテクニカルな要素もあり、
バンドとしての知性を感じさせる。反面、デスラッシュなのかメロデスなのか、どこか中途半端な感じもあって、
なかなか面白く格好いい音なのに曲が印象に残らないような気がする。
個人的にはデスラッシュとしての本気度をもっと聴かせて欲しいが、
むしろ、お国柄なのかチルボド風のギターフレーズの方に魅力を感じた。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 テクニカル・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

AMORAL「Show Your Colors」
フィンランドのメロデスラッシュバンド、アモラルの4th。2009作
アイドル発掘番組「IDOLS」で優勝を飾りデビューしたシンガー、アリ・コイヴネンが加入。
日本盤では「アリ・コイヴネンwithアモラル」という表記でジャケも異なるのがややこしいが、
サウンドの方も、以前のせわしなく突進するメロデス風デスラッシュの感触は抑え気味で、
コイヴネンのハイトーンヴォーカルが歌いあげるメロディアスさが強くなった。
とはいっても激しく疾走する曲もちゃんと残っていて、モダンなメタルコア的な勢いと
スラッシュ、メロデス風味を感じさせるギターフレーズでクールに聴かせる。
メロディアス度・・7 疾走度・・7 モダンメタル度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Amor E Morte「About These Thornless Wilds」
ブルガリアのシンフォニック・ゴシックブラック、アモール・エ・モルテの2007年作
女性Voに女性Bを含む5人編成で、オーケストラルなシンフォニックアレンジと
女性ヴォーカルの歌声に男性吐き捨てヴォーカルを乗せて、シアトリカルな大仰さを描き出す。
ミステリアスな耽美さともの悲しい叙情を含ませ、クラシカルな美旋律をともなった
プログレッシブな展開力とともに、Ebonylakeのようなエキセントリックなセンスを感じさせる。
ときにブラストも含んだ激しさを盛り込みつつ、あくまで美意識に彩られた世界観で、いうなれば、
THERIONとCradle of Filthを融合させたような雰囲気ともいえる。耽美なるゴシック・ブラックの力作だ。
シンフォニック度・・9 ゴシック度・・8 シアトリカル度・・8 総合・・8


ANAAL NATHRAKHHELL IS EMPTY,AND ALL THE DEVILS ARE HERE
イギリスのブラックメタル、アナール・ナスラックの2008年作
基本は激しく疾走するブラックメタルサウンドだが、モダンでサイパーな感触と、
グラインドコア風味のヘヴィなグロウル感覚を含んだサウンド。
もちろんブラックメタルらしいオールドスタイルのリフを乗せる部分もあり、
2〜3分台の曲を中心に、いわばコンパクトに暴虐性を表現している。
ギターリフのセンスも含めて荘厳な音の説得力はさすがである。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Ancient「Night Visit」
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンシェントの5th。2004作
デビューは1996年ということで、すでに活動10年以上の中堅バンド。
本作で日本盤デビューしたということもあって、安心して聴けるクオリティだ。
シンセ入りで疾走しつつも、ギターは割りとオーソドックスなフレーズで
曲はスピードよりもまとまりを重視しているのか、あまり暴虐さは感じない。
初期のCRADLE OF FILTHを北欧寄りにした質感もあって、ドラマティックな部分は
なかなか好感がもてる。ただブルータルさの点でのインパクトはやや弱いか。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 聴きやす度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見


ANCIENT RITES「Fatherland」
ベルギーのメロディックブラックメタルバンド、エインシェント・ライツの3rd。1998作
メロディアスなツインギターで疾走、バックにはうっすらとキーボード、
土臭いメロディラインにはヴァイキングメタル的な色合いがある。
バスドラが目立つサウンドプロダクションはバランス的にいま一つだが、
クサメロで疾走するブラックメタルが好きなら、聴いてみて損はない。
メロディアス度・・8 疾走度・・8 ヴァイキング度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ANCIENT RITES「DIM CARCOSA」
ベルギーのシンフォニック・ブラックメタルバンド、エインシェント・ライツの4th。2001作
シンフォニックなキーボードで彩られた疾走するシンフォブラックで、
ブラックメタルとしては、やややりすぎなほどにメロディアスなサウンドだ。
若干のヴァイキング色もあるメロディとともに、なかなか雰囲気は悪くない。
疾走するドラムはやや軽いものの、むしろ暴虐さを感じなくて聴きやすい。
幻想的な世界観を聴かせる、土着的なシンフォブラックの好作だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 土着メロ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

ANCIENT RITES「And The Hordes Stood As One
ベルギーのメロディックブラックメタルバンド、エンシェント・ライツのライブアルバム。2002作
まるでメロスピかなにかのような美しいイントロから、曲に入るとブラスト入りで疾走開始。
ブラックというには邪悪さが足りないし、デスというには音が軽いので、メロスピ風のブラックとして聴いた方がいいのだろう。
ときおりクサいフレーズを奏でるギターに、シンフォニックなシンセがなかなか。
サウンドプロダクションの平坦が迫力を薄くしているのが惜しいが、全16曲78分たっぷりと聴けて、バンドのファンなら嬉しいだろう。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 ライブ演奏・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ANCIENT RITES「Rubicon」
ベルギーのメロディックブラックメタルバンド、エンシェント・ライツの2006作
ツインギターにシンセを含む7人組みで、これまでもヴァイキング色のある
シンフォニックな疾走ブラックメタルで、なかなかいいものを持っていたが、
十字軍の遠征をテーマにした本作はいっそうエピックな雰囲気を増した傑作となった。
美しいシンセによるイントロに続き楽曲が始まると、ブラックメタルとしての激しい疾走感とともに
緩急のつけられたアレンジと、ある種RHAPSODYにも通じるシンフォニックメタル的な質感で
壮大な世界観を演出してゆく。ときに土着的なメロディを盛り込みつつ、
壮麗に聴かせる厚みのあるサウンドは、説得力という点でも過去最高だ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 エピック度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Anorexia Nervosa 「Drudenhaus」
フランスのシンフォニックブラックメタル、アノレクシア・ネルヴォサの2nd。2000年作
美麗なシンセアレンジとダミ声ヴォーカルを乗せて激しく疾走する、なかなか高品質なシンフォブラック。
真性でもないので暗黒性は薄く、Cradle of Filthあたりに比べるといくぶんスタイリッシュでクールな感触もある。
楽曲自体にこれというインパクトがないのが惜しいが、後の作品ほどには激烈ではないので、初心者にも楽しめると思う。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

ANOREXIA NERVOSA「NEW OBSCURANTIS ORDER」
フランスのシンフォニックブラックメタルバンド、アノレクシア・ネルボサの3rd。
少女を脱がせたかなりヤバめのジャケ。白塗りメイクだがどこかヴィジュアル系ノリのメンバー写真。
音楽は激烈、突撃、疾走しまくっているブラックメタル。真性っぽいが、バックのシンセは華麗で、
激速シンフォニックブラックとしてはなかなか。しかし・・・休むパートをくれ。
一応スローテンポの部分もあるが、基本的に全曲疾走、激速、ブラストなのでずっと聴いていると
ヘトヘトに疲れる。音質的にも整理されていないので、シンフォニックだがやや耳障り。
バカっ速いわりには暗黒度をさほど感じないのがフランスらしいというか。
シンフォニック度・・7 激速度・・10 暗黒度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ANOREXIA NERVOSA「Redemption Process」
フランスのシンフォニックブラックメタルバンド、アノレクシア・ネルヴォサの4th。2004年作
前作は疾走一辺倒のシンフォブラだったのですが、今作では楽曲にメリハリがついて
美しいシンセをバックに荘厳に疾走しつつも、重厚な要素も増しているという感じです。
これだという特徴的な魅力はないですが、全体的に質の高さで聴かせるシンフォブラック。
日本盤ボーナスにはX(JAPAN)の“I'll Kill You”のブラックメタルカヴァーを収録。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ANTERIOR「THIS AGE OF SILENCE」
イギリスの新世代メロデスバンド、アンテリアの2007年作
古き良きメタルサウンドを若き感性で蘇らせることによって、これまでにもシーンは幾度も活性化されてきた。
CHILDREN OF BODOMSOILWORKなどが世界的に台頭すると、アメリカではTRIVIUMAVENGED SEVENFOLD
イギリスではBULLET FOR MY VALENTINEDRAGONFORCEといった、勢いのある若手が現れて、
メタルというジャンルを多様化させるともに、アンダーグラウンドから引き上げることに成功しつつある。
そしてこのバンドもまた、往年のメタルの質感を、メロデス、メタルコアなどの要素とともに再構築している。
一聴すると、そのサウンドはいわゆるニュースクール系の感触なのだが、流麗なツインギターの絡みは、
ただの若手バンドとは一線を画すものがあり、過去のバンドから受け継がれてきたものを基盤にしつつ
モダンなメロデス風アレンジの中で、質の高いメロディと演奏を聴かせてくれる。
アメリカのコア系バンドよりも、はるかにメタルへの愛着と敬意とが音には感じられる。
メロディアス度・・8 ツインギター度・・8 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ANTERIOREchoes of the Fallen
イギリスの新世代メロデスバンド、アンテリアの2011年作
古き良き正統派メタルをモダンにメロデス化したような前作はなかなかの快作だったが、
本作もツインギターのオールドなリフで疾走する、じつに正統派のメロデスサウンド。
流麗なギターフレーズのセンスも抜群で、泣きの叙情を含ませて、これでもかと盛り上げる。
吐き捨てヴォーカルはいかにもデスメタル風であるが、サウンド的には正統派メタルの色が強く
ともかくここまでメロウに弾きまくるギターというのはARCH ENEMYか、それ以上だろう。
今風のバンドに通じるモダンなヘヴィさもあるのだが、オールドな質感とほどよく融合されている。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 泣きの叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ARCANE GRAIL
「Ninefold Path to the Innocence」
ロシアのシンフォニック・ブラック、アルカン・グレイルの2009年作
女性Vo、女性シンセ奏者を含む6人編成で、シンフォニックな美麗さと男女Voの歌声を乗せて疾走、
雰囲気としては韓国のDark Mirror Ov Tragedyや台湾のChthoniCにも通じるような感じで、
ダークな暴虐性はむしろ薄い。美しいシンセとともにストリングスなども含んだ優雅なアレンジと、
ソプラノ
女性ヴォーカルの歌声が優美な感触を強めていて、随所にゴシック・ブラック的な耽美性も含んでいる。
歌詞は英語がメインなので辺境的な感じもあまりない。高品質なシンフォブラック作品です。

シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 美麗度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3


Arcane OrderIn the Wake of Collisions
デンマークのメロデスバンド、アルカン・オーダーの2008年作
AUTUMN LEAVESのギタリストが在籍するバンドで、荘厳なイントロから曲が始まると
ブラックメタルばりにブラスト入りで激しく疾走、うっすらとしたシンセアレンジとともに
モダンなヘヴィさと古き良きデスラッシュ的な勢いが合わさったサウンドで、なかなか質が高い。
随所にメロディックなギターフレーズも織り込んで、ドラマティックに構築してゆくセンスも見事だ。
荘厳な世界観と、硬質な激しさ、そして適度なメロディアスさを両立させた力作デス。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ARCANUM SANCTUM 「Veritas Odium Parit」
ロシアのメロディック・デスメタル、アルカナン・サンクトゥムの2012年作
Vo&G、B、Drというトリオ編成のバンドで、北欧メロデス的なリフとダミ声ヴォーカルを乗せて疾走する
古き良き王道のメロデスサウンド。メロディックなギターフレーズもよい感じで、AT THE GATESや
かつてのINFLAMESなどが好きな方は思わずにやにやだろう。楽曲は3〜4分台と比較的シンプルで、
全8曲というのもやや物足りないのだが、The Duskfallのように適度にモダンな感触も含めて、
90年代の北欧メロデスのスタイルが好きな方はけっこう楽しめるはず。
メロディック度・・8 疾走度・・7 古き良きメロデス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



ARCH ENEMY 「Black Earth」
スウェーデンのメタルバンド、アーチ・エネミーの1st。1996作
今でこそ世界的な人気バンドとなった彼らだが、CARCASSが解散したのち、
マイケル・アモットはこのバンドをメインにしてゆくつもりはなかったらしい。
ここにはカーカスのようなアンダーグラウンドなデスメタル臭さは皆無で、
激しくとも整合感のあるタイトなサウンドはじつにモダンな感触で、そこに流麗と表現してもいいくらいの
メロディアスなギターパートが大胆に盛り込まれていることで、とても聴きやすいものとなっている。
厳密に言えば、いわゆる北欧メロデスの質感とは異なり「メロディの組み込まれたデス色のあるメタル」
なのであるが、この質の高さの前にはそれもつまらぬ論議か。アンジェラ加入後しか知らない方は聴くべし。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ARCH ENEMY「STIGMATA」
スウェーデンのメタルバンド、アーチ・エネミーの2nd。1998作
「デスメタル」としてこのバンドを聴くのなら、この2ndまでだろうと思う。
ダークなヘヴィさとブルータルなアグレッションを残しながら、激しい疾走とともに、
随所に流麗なギターワークを聴かせる、アーエネ節が確立しつつある傑作だ。
2009年リマスター盤には、「BURNING JAPAN Live 1999」からの4曲を含む7曲を追加収録。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ARCH ENEMY「Burning Bridges」
スウェーデンのメタルバンド、アーチ・エネミーの3rd。1999作
いくぶんモダンになった硬質感とともに、ギターフレーズのメロディアスさはより際立ってきた。
キャッチーなまでのメロディを織り込んだ名曲“Silverwing”に代表されるように、
激しい疾走感覚もあくまでメロディとの対比という構造であって、暴虐なダークさは薄れている。
より普遍的なメタルサウンドと現代的なミクスチャー感覚を盛り込んだ、
「新世代のエクストリームメタル」の完成形とも言えるかもしれない。
2009年リマスター盤には、「BURNING JAPAN Live 1999」からの5曲を含む9曲を追加収録。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ARCH ENEMY「WAGES OF SIN」
アモット兄弟率いるメロデス風バンド、アーチ・エネミーの4th。2001作
今やCARCASSは知らなくともこちらは知っているという若いファンも多いだろう。
この4thからは何と女性Voが加入している。といってもドイツ出身のアンジェラ嬢の歌唱は
その美貌には似合わぬ激烈な吐き捨てデスヴォイスで、かえってアグレッションが増している(^^;)。
曲の方は、1曲目のイントロリフがGAMMA RAYみたいで、2曲目がMEGADETHみたい・・・
ということはさておき、時にテクニカルかつ流れるようなツインギターを聴かせつつ、
デスとしてのブルータルさも残したサウンドで、切れのいいドラムを含め演奏クオリティは抜群に高い。
ただやはり、キャッチーなギターメロディのあとに、ごくまっとうなデスメタルパートを聴くと
どうにもそこにアンバランスさを感じてしまう。デス部分が意外と普通すぎるのも退屈なのかも。
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 楽曲・・7 総合・・7.5

ARCH ENEMY「Rise of the Tyrant」
スウェーデンのエクストリームメタルバンド、アーチ・エネミーの7th。2007作
暴虐なる声をした美貌のアンジェラ女史が加入してはや4作目となる。
クリストファー・アモットが復帰したらしい。ただ前作、前々作を聴いていないので、
違いはよく分からない。というか、なんだかギターだけがやたらとメロディアスだよ。
こりゃあ正統派メロディックメタルだのう…といいたくなる部分もしばしば。こうなると、
女史のデス声が邪魔に思えてくるほど。いっそノーマル声で女性Voメタルにしてもよいね。
クオリティは大変高いです。音質、演奏とも。楽曲も良い仕事で作られていてプロですね。
カッチリとしていて、流麗なツインギターの絡みを聴かせ、オマケ程度にブルータルな作品です。
デスメタルでもスラッシュでもないので、リフなし暗黒性なしのギターアルバム。
メロディアス度・・8 暴虐なのは声だけ度・・9 ツインギター度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ARCH ENEMY「Root Of All Evil」
スウェーデンのエクストリームメタルバンド、アーチ・エネミーの2009作
なぜ今になって初期曲のカヴァー集をやるのかと思ったら、海外では日本とは異なり
アンジェラ加入前の初期の作品はまったく認知度がないらしく、これはそういうリスナーに向けて
昔の曲を知ってもらうために作ったアルバムということらしい。個人的には、このバンドに関しては
初期の方が好きであったので、あらためてこうしてリメイクが聴けるのはなかなかありがたい。
とくに1stの曲はまだデスメタル的なダークなアグレッションが感じられて、今のバンドのカラーとは
だいぶ異なるが、今の若いリスナーにはかえって新鮮に聴こえるかもしれない。
よりツインギターのメロディを活かした2nd、3rdの曲は激しさの中にも印象的なソロプレイが光っている。
アンジェラ嬢のヴォーカルに関しては、やはりやや一本調子で魅力には欠けるが、
今や世界的な人気バンドとなった彼らの原点ともいうべき楽曲がたっぷり楽しめる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 初期アーエネ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Arch Enemy「Khaos Legions」
スウェーデンのエクストリームメタル、アーチ・エネミーの2011年作
初期曲のセルフカヴァーアルバムに続く、通算8作目のアルバムで、
テクニカルかつメロディアスなギターワークをたっぷりと散りばめたサウンドは不変。
そして本作では、パソコンではなく、アンプを通してギターを録音したというように、
古き良きアナログテイストのメタル質感が耳心地よく、往年のファンにも聴きやすいだろう。
アンジェラ嬢の咆哮は、いまや男性のスクリームと遜色ないくらいにバンドにフィットしているし、
ギターの泣きの叙情フレーズにもよく合っている。アンジェラ加入以降では一番耳馴染みのいいアルバムだ。
ちなみに、本作から日本語のバンド表記が「アーク」から「アーチ」へと正常化されたのも興味深い。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ARCTURUS「Aspera Hiems Symfonia /Constellation/My Angel」
ノルウェーのシンフォニック・ブラックメタルバンド、アークチュラスの1st+EP。2002年作
MAYHEMやULVERのメンバーなどからなる、スーパーバンドとして登場したこのバンド、
Disc1には1995年の1stフルのリミックス音源を、Disc2には1st以前のEPをカップリング収録。
1stは美麗なシンセをたっぷり使ったまさにシンフォニックブラックメタルの王道というべきサウンドで、
おそらく、のちのDimmu Borgirなどにも影響を与えただろう。EPの方も同様のサウンドながら、
北欧らしい叙情メロディを奏でるギターも含めて、年代を考えればかなり高品質といえるだろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ARCTURUS「La Masquerade Infernale」
ノルウェーのシンフォニック・ブラックメタルバンド、アークチュラスの2nd。1997作
1stは比較的正統派のシンフォニックブラックメタルスタイルであったが、
本作では、よりプログレッシブでアヴァンギャルドな音楽性に深化をとげている。
「地獄の仮面舞踏会」というタイトル通り、演劇的なヴォーカルと妖しげな世界観で、
ときにクラシカルな要素をまじえつつ、じつに個性的なサウンドを聴かせてくれる。
ブラックメタルとして聴くととっつきは悪いだろうが、変態的なプログレッシブメタルとしては
濃密な音楽性で非常に楽しめる。知的さの漂うシアトリカルブラックの力作だ。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・4 アヴァンギャル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

ARCTURUS「Disguised Masters」
ノルウェーのシンフォニック・ブラックメタルバンド、アークチュラスの1999作
新曲やリレコーディング、別ミックス音源などを収録した企画アルバムで、
プログレッシブかつモダンなアレンジがなされた楽曲は、ときにサイバーな雰囲気も加わって
もはやブラックというよりもアートメタルである。その点ではKovenantにも近いものもある。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 サイバー度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ARCTURUS「THE SHAM MIRRORS」
ノルウェーのシンフォニック・ブラックメタル、アークチュラスの3rd。2002年作
1stの時点では正統派のシンフォニックブラックメタルだったが、2ndでアヴァンギャルドなアプローチを取り入れ
続くこの3rdは、前作よりもさらにメロディアスな要素を増し、シンフォニックなアレンジと
THE KOVENANTにも通じるサイバーな感触を取り入れた作品になっている。
ヴォーカルはほとんどのパートを普通声で歌っていて、ブラックメタルらしさはさほどないのだが、
美麗なシンセワークに随所にメロディアスなギターやコーラスとともに、厚みのあるサウンドが楽しめる。
そしてブラストしなくても十分存在感のあるHELLHAMMERのドラムはやはり素晴らしい。
シンフォニックな要素が前に出つつも、楽曲によっては攻撃性を感じる迫力もあって、バンラスのとれた傑作に仕上がっている。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 楽曲センス・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で購入

ARCTURUS「SIDESHOW SYMPHONIES」
ノルウェーのシンフォニックブラックメタルバンド、アークチュラスの4th。2005作
ブラックといっても、2nd以降は知的でアートな部分を追求したようなサウンドになっている。
今回は、現DIMMU BORGIRのペースである、Vortexをメインヴォーカルにすえ、
スペイシーなシンフォニックメタルをやっている。前作の出来が物凄く良かったのだが、
今回はさらに力が抜けたような、メタルなのだがスペイシーなプログレ的な雰囲気もあるという音だ。
Hellhammerのドラムは相変わらず切れがよいが、曲のメリハリが多くないので以前より見せ場は少ない。
そして全体的に音質がこもり気味な気がするのは、スペイシーなコンセプトによるものかな?
雰囲気ものスペースメタル(?)としては、なかなかクオリティは高いと思う。プログレリスナーも聴くべし。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・5 宇宙度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

ARCTURUS「Shipwrecked in Oslo」
ノルウェーのプログレ・ブラックメタルバンド、アークチュラスのライブDVD。2006作
2005年ノルウェーでのステージを収録。導入部の町並みの映像はCONFESSORのDVDと同じで、
同イベントでの収録と思われる。ピエロや動物など、さながら仮装舞踏会のような衣装を着た奇怪な人々。
ステージには要塞のような巨大なドラムセット。ライブが始まると、スペイシーなシンセをバックに、
独自のシンフォニックなメタルサウンドが展開される。仮面をかぶったりメイクをしたりと外見もシアトリカルな雰囲気のメンバーたちは、
皆実力ある演奏を聴かせるが、中でもやはりHellhammerのドラムは素晴らしくパワフルなツーバスと、繊細かつ手数の多いプレイで
楽曲を見事に支えている。プログレ的ですらあるSverd氏(COVENANT)の美しいシンセワークとともに、宇宙をイメージする視覚効果も含めて
メタルでありながらもスペースサイケ的でもある。どの曲も不思議な間合いとプログレ的な空気をかもし出しており、
ブラックメタルでも単なるシンフォニックメタルでもない、もはやジャンル分け不能の音楽性である。
あえていうなら「シンフォニック・スペースメタル」とでも名付けるしかないだろうか。
カメラワークも良く、このバンドに限っては映像の特殊エフェクトも世界観を効果的に演出している。
ライブ映像・・9 ライブ演奏・・9 シアトリカル&スペース度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る


ARKAN「SALAM」
フランスのプログレッシブ・デスメタル、アーカンの2011年作
男女ヴォーカルを含む5人組で、アラビックなメロディを取り入れたサウンドに
デスヴォイスと女性ヴォーカルが絡む。モダンなヘヴィさと知的な構築センスという点では
ORPHANED LANDにも通じるスタイルだが、こちらの方がいくぶんメタルコア寄りか。
アコースティカルな叙情も含みつつ、ヘヴィロック色と民族風味のバランスもよく
聴きやすく仕上がっている。中盤以降はややインパクト不足にも思えるが総じて質の高い作品だ。
ドラマティック度・・8 ヘヴィロック度・・7 民族度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ARS MACABRA 「III」
イタリアのブラックメタル、アルス・マカブラの2013年作
暴虐なブラスト疾走で聴かせる正統派のブラックメタルスタイルを基本に、リズムチェンジを含んだ
ドラマティックな展開美を垣間見せる強力作。MARDUKあたりを思わせる荘厳でダークな世界観に包まれて
メロディックというほどではないが、ギターリフにはいくぶん叙情的なフックも垣間見せるのもよろしい。
ヴォーカルはかすれた低音で、喚き散らさない分、耳障りでないのもむしろよいのではないかと。
暗黒の空気と邪悪な気配…オールドスタイルを貫く本格派のブラックメタルが好きな方はぜひ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


ARTHEMESIA「DEVS-IRATVS」
ノルウェーのメロディックブラックメタルバンド、アルテメシアのアルバム。
激速ブラストビートに、カラスに似たがなり声を乗せて突っ走る凶悪サウンドだが、
バックには悲しげなビアノやキーボード、ギターもはっとするメロディを奏で、北欧の寒々しい叙情が感じられる。
音楽的には(Voのカラス声を含めて)英国のHECATE ENTHRONEDに通じるものがあるが、
こちらはギターのメロディリフの組み立てが、北欧メロデス系(特にGATES OF ISHTAR的)で、
とても聴きやすい。激烈系メロブラとしては非常に高品質のアルバムだと思う。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・8 凶暴度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ArthemesiAA.O.A.
ノルウェーのメロディックブラックメタルバンド、アルテメシアの2009年作
1stから7年ぶりとなる2作目で、まだ活動していたのかと正直驚いた。
幻想的でミスティックなイントロから引き込まれるが、前作のメロデス的な作風から
静謐感のあるプログレッシブなサウンドへ変化している。10分以上の曲が2つに
他も8分、9分という大作志向で、ミドルテンポ主体ながら、SolefaldEnslavedなどを思わせる
知的な土着性というべき感触で神秘的な世界観を描いてゆく。随所にメロディックなギターを配したり、
叙情的な静けさを盛り込んだり、激しさはなくても飽きさせない。いかにもノルウェーらしい雰囲気の作品だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・6 プログレッシブ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ART INFERNO「ABYSSVS AVYSSVM INVOCAT
イタリアのメロディック・ブラックメタルバンド、アート・インフェルノの1999作
G/Key、B/Vo/Key、Drという3人編成で、ジャケのチープさからは想像がつかないが、
美麗なシンセを多用したドラマティックでプログレッシブなシンフォブラックをやっている。
まず荘厳なコーラス入りのイントロからして4分もあり、他の曲も6〜9分台が中心とけっこう長い。
疾走するリズムに乗せるメロディアスなギターとシンフォプログレ的なキーボードを中心にしたサウンドは、
音が軽いためブラストビートにしてもちっとも暴虐さを感じず、それがかえって非常に聴きやすい。
イタリアというお国柄か、クラシカルなシンセや変拍子のリズムなどにプログレ的アレンジを匂わせる。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・5 プログレ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ASA NOIR 「Fall of The Idols」
フィンランドのシンフォニック・ブラックメタル、アサ・ノワールの2014年作
美麗なイントロから、シンフォニックなシンセアレンジにダミ声ヴォーカルを乗せたミドルテンポで始まり
随所に激しい疾走パートも含んだ、中期のDimmu Borgirあたりを思わせるシンフォブラック。
楽曲は4〜5分前後と比較的コンパクトで、ギターはときにメロデス的なフレーズを覗かせつつ
ヘヴィなリフとシンセの美しさがコントラストとなって、スペイシーなスケール感を描いている。
暴虐に疾走する部分が少ないので、荘厳な迫力という点ではやや物足りないが、
シンフォニックな聴きやすさが前に出ていて、それなりにクオリティは高い作品ではある。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 荘厳度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Ascension「Consolamentum」
ドイツのブラックメタル、アセンションの2011年作
初期EMPERORMARDUK的なオールドなギターリフでブラスト疾走しつつ、
知的な構築センスと得体の知れない壮大さを覗かせるサウンドにわくわくする。
ミドルテンポで聴かせるドゥームな感触もあって、激しい疾走パートとのよいメリハリになっている。
ダークな邪悪さよりも内的精神世界に入り込むような世界観と、アナログ感漂う音作りもよい感じで、
サイケやポストロック的な雰囲気を巧みに取り入れた、プログレッシブなブラックメタルの力作である。
ドラマティック度・・8 壮大度・・8 構築センス・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ASH BORER「Cold of Ages」
アメリカのブラックメタル、アシュ・ボラーの2012年作
ミステリアスなシンセによるイントロから始まり、ノイジーなギターを乗せて激しくブラスト疾走。
プリミティブな神秘性に包まれたサウンドは、WOLVES IN THE THRONE ROOMを思わせる。
10分以上の大曲4曲という構成で、ミドルテンポのパートやドゥーミィなスローテンポなども挟みながら、
緩急のつけられた楽曲には知的なアレンジ力も感じさせる。アナログ感を漂わせた聴き心地に、
欧州のブラックメタル勢とは異なる、神秘主義的な香りをまとわせた力作です。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 神秘的ブラック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3



Astaarth「Gloria Burgundia」
フランスのフォーク・ブラックメタル、アスタースの2010年作
中世の戦いを思わせるエピックな雰囲気のイントロがしばらく続いたかと思うと、バグパイプの音色を響かせ疾走開始。
スタスタという軽めのドラムにうっすらとしたシンセアレンジとダミ声ヴォーカルを乗せたサウンドは、
邪悪さの薄いエピック・ブラックという感じで、暴虐な感じがしない分、ある意味とても聴きやすい。
クサメロを感じさせるギターなどもなかなかよい感じで、ヴァイオリンやフルート、アコーディオンなども入って
フォークメタル的な雰囲気もある。10分以上の大曲も多く、この手が苦手な方には退屈かもしれないが、
幻想的な雰囲気に包まれた好作だと思う。ブラックというには、迫力のなさがむしろ微笑ましい。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・6 エピック度・・8 総合・・7.5



ASTARTE「Quod Superius, Sicut Inferius」
ギリシャのガールズ・ブラックメタルバンド、アシュタルテの3rd。2002作
女性3人によるバンドで、激しいブラストも含んでたたみかける、本格派のブラックメタル。
随所にメロディックなギターフレーズやシンフォニックなシンセアレンジも含ませつつ、
女性によるトリオとは思えない質の高さで、OLD MAN'S CHILLDばりのサウンドが楽しめる。
女性声によるスクリーム面含めて、どこか耽美な雰囲気があるのもよろしい。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ASTARTEDemonized
ギリシャの美女系ブラックメタルバンド、アシュタルテの5th。2007作
女性のみによるブラックメタルバンド、ヴォーカル、シンセ、歌詞担当(?)という女性3人組で、ドラムは男性、
ギター、ベースはセッションミュージシャンらしい。あくまで美女3人のヴィジュアルを前面に出すという
感じのユニットなのでしょうな。サウンドの方は、ブラックメタルというほどの暗い暴虐性ではなく、
激しめに疾走するメロデス風のサウンドに、スクリームヴォイスを乗せたという雰囲気。
その女デス声にしてもアーエネのアンジェラ女子のように強烈な汚さではなく
なんとなく女性的なものが感じられる。曲自体の魅力はまだまだという気もするが、
女性ブラックメタラーという存在自体がもう魅力的ですわな。オフィシャルサイトはこちら
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


ATROCITY 「Longing For Death」
ドイツのデスメタルバンド、アトロシティの2nd。1992年作
今でこそ、デジタルなゴシックメタルとして知られるバンドだが、この当時はバリバリのデスメタル。
しかもこのような名盤を残していたのである。なにやら荘厳なイントロからゆったりと始まり、
どことなく知性を感じさせるギターリフと、強烈なデスヴォイスを乗せて、しだいに楽曲は激しさを増す。
ときおりふっと垣間見せる叙情の瞬間がなかなか極端で、この当時はえらく斬新に思えた。
激しくて汚いのがデスメタルという認識を覆した一枚であるし、アメリカではなくドイツからそれが出てきたのも大きい。
プログレッシブかと言われれば、まだその一歩手前のサウンドではあるが、年代を思えばこの完成度の高さは驚異的だし、
彼らがMORGOTHとともに当時ドイツのデスメタルシーンの旗手であったことは忘れて欲しくはない。
メロディアス度・・7 テクニカル度・・7 変態度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ATROCITY「ATLANTIS」
ドイツのデス(ゴシック)メタルバンド、アトロシティの2004作
最近のアルバムはエレクトロ化していたようだが、このアルバムはデス色を色濃く残した濃密なコンセプト作である。
リズム面などにエレゴシック的な名残もあり、そこがかえって聴きやすさになっていて、
ゴシックメタル的な耽美性を混ぜながらも、非常に重厚で迫力のある音像。咆哮するデス声に、
キーボードによるオーケストレーションも荘厳でノーマル声パートや女性コーラスを導入したりとアレンジ的にも芸が細かい。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 ゴシック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

ATROCITY 「Okkult」
ドイツのゴシック・デスメタル、アトロシティの2013年作
デビューは80年代で、初期はデスメタルだったものが、しだいにインダストリアル寄りになり、
前作では土着的なトラッドメタルであったりと、もはやジャンル分け不能のバンドであるが、
荘厳なイントロから始まる本作は、ブラックメタルばりのブルータルさを含んだ力作に仕上がった。
Leaves' Eyesのリブ嬢のダンナでもある、Alexanderによるダミ声のデスヴォイスの迫力と、
シンフォニックなアレンジに女性コーラスなどによる壮麗な味付けで、重厚な世界観を聴かせる。
ミステリアスな雰囲気はよいのだが、楽曲ごとのインパクや魅力の点ではやや物足りない。
ドラマティック度・・7 ゴシック・デス度・・8 重厚度・・8 総合・・7.5




AT THE GATES「Red in the Sky Is Ours」
スウェーデンのメロディックデスメタル、アット・ザ・ゲイツの1st。1992年作
北欧メロデスのムーブが起きる前に、デビューしていたこのバンドは、3rdのメロデス路線、4thでのデスラッシュ路線が
傑作として知られているが、本デビュー作は緩急の激しい、リズムチェンジで聴かせるテクニカルデスメタルであった。
DEATHのチャック・シュルディナーに影響を受けたとおぼしき、ディープな喚き声ヴォーカルを乗せて、
展開の激しい楽曲の中に、北欧らしいギターフレーズを随所に聴かせる。唐突に物悲しいヴァイオリンが鳴り響く
そのエキセントリックなセンスと強烈なインパクトという点でも、決して忘れられない作品である。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 テクデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

AT THE GATES「With Fear I Kiss the Burning Darkness」
スウェーデンのメロディックデスメタル、アット・ザ・ゲイツの2nd。1993作
3rd以降にくらべると、プロダクション的にもまだB級臭さが残り、ドタバタとした展開のテクニカルデスメタルという雰囲気である。
面白さの点では1stThe Red in the Sky Is Oursの方に軍配が上がるが、ツインギターによるリフのセンスや、
知的な展開力にはさすがというものがある。そして唐突で強引な楽曲は、むしろプログレッシブデスの元祖でもあったのだと再認識。
リマスター再発盤にはライブ音源2曲とデモ1曲を追加収録。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 テクデス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

AT THE GATESTerminal Spirit Disease
スウェーデンのメロディックデスメタル、アット・ザ・ゲイツの3rd。1994作
彼らの4th「Slaughter of the Soul」 は、後のThe Hauntedへとつながる北欧デスラッシュ系の傑作として知られるが、
1st「The Red in the Sky Is Ours」はむしろテクニカルデスの傑作であり、そして本作3rdはメロディックデスの傑作である。
もの悲しいチェロによるイントロとともに、哀愁のリフが襲いかかる。やや耳障りなわめき声系のヴォーカルとともに激しく疾走しつつ、
クールなリフとときに煽情的なフレーズを奏でるギターワークが効果的だ。やはりこの時代のバンドの音には
最近のデスコア系にはないロマンがあるのだなあ。アルバム後半はライブ音源になっていて、当時の勢いある演奏が楽しめる。
リマスター再発盤には1993年のライブ音源を3曲追加収録。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ギターワーク度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

AT THE GATES「Slaughter of the Soul」
スウェーデンのメロディックデスメタル、アット・ザ・ゲイツの4th。1995作
北欧メロデスの名作であり、クールなギターリフと甘すぎない叙情で疾走するサウンドは、
後のTHE HAUNTEDの結成など、多くのデスラッシュ系バンドにも影響を与えた。
二本のギターだけで、ここまでの有機的なリフとメロディを組み立てられるセンスは、
やはり見事だし、昨今の若手バンドにはなかなか真似のできない芸当だろう。
ボーナストラックにデモやカヴァー曲など6曲を追加。本作をまだ未聴の方はぜひ。
再発盤に付属のDVDには1995年ポーランドでのライブ映像と、アルバムのメイキング映像を収録。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 リフセンス度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

AT THE GATES「Purgatory Unleashed: Live at Wacken」
スウェーデンのメロディックデスメタル、アット・ザ・ゲイツのライブアルバム。2010年作
北欧メロデスの黎明期を支え、1992〜1995年の間に4作を残して解散するも、
The Hauntedの結成をはじめとして、後の多くのバンドに多大な影響を与えた
この伝説のバンドが2008年に行ったWackenでの復活ライブを収録したアルバム。
観客の歓声に導かれて、4th「Slaughter of the Soul」からの曲で幕を開け、
ツインギターのクールなリフで疾走開始、甦ったかつてのサウンドに感涙だ。
その後も1st〜4thまでの楽曲をたっぷり18曲。甘すぎない叙情をもった激しくも美しい、
オールドスタイルのメロデスを楽しめる。同タイトルのDVDボックスもあり。ファンはチェック!
オールドメロデス度・・9 ライブ演奏・・9 アットザゲイッ度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

At the Gates 「At War With Reality」
スウェーデンのメロディック・デスメタル、アット・ザ・ゲイツの2014年作
IN FLAMESやDARK TRANQUILLITYとともに、北欧メロデスの創世記を支えた重鎮バンド。
90年代に4作を残して消えてしまうが、2008年に復活ライブを行い、本作は復活のスタジオ作だ。
硬質でクールなギターリフと吐き捨てヴォーカルを乗せて疾走するデスラッシュ的な感触に、
甘すぎない叙情性を含んだサウンドは、かつての「Slaughter of the Soul」を思わせる、
あの頃のアットメザ・ゲイツ節である。The Hauntedを通過したスタイリッシュな感じもいくぶんあるが
ダークなヘヴィネスを巧みに取り込んだことで、古臭さを感じさせない見事な仕上がりとなっている。
ドラマティック度・・7 疾走度・・8 アット・ザ・ゲイツ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Autumn Leaves「As Night Conquers Day」
デンマークのメロデスバンド、オータム・リーヴスの2nd。1999作
90年代も後半になり最初のメロデスブームに斜陽が射しはじめた世紀末に、
王道ともいうべき古き良きメロデスを追求していたバンドも少なからずいた。
ツインギターの叙情的なフレーズを乗せて疾走するこのバンドのスタイルは
初期のDARK TRANQUILLITYAT THE GATES的で、甘すぎないメロディを
ブルータルな攻撃力と融合させた、しごくまっとうなメロディックデスメタルである。
吐き捨て形のヴォーカルと、ザクザクとしたリフの感触がオールドな雰囲気でとてもいい。
ジャケの地味さでずっとスルーしていましたが、これは掘り出し物デス。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 ドラマティック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


AXAMENTA「eVeR-ARch-][-teCh-tURe」
ベルギーのプログレッシブ・ブラックメタルバンド、アクサメンタの2nd。2006年作
知的さをただよわせた構成と、ザクザクとしたスラッシーなリフで硬派に疾走しつつ、
バックにはDIMMU BORGIRCRADLE OF FILTHのような荘厳なシンセワークが美しい。
そしてプログレッシブな曲展開やリズム面での複雑なキメは、EXTOLあたりを思わせるセンスで、
これがまたいちいちカッコいい。メンバーがPAIN OF SALVATIONが好きだというだけあり、
ProgMetal的なコンセプチュアルな雰囲気と濃密な世界観をたっぷりと感じさせる。
ダークな冷気とシアトリカルな構築性、そしてブラックメタルとしての激しさを併せ持ちつつ
オールドなスラッシュメタル的質感も有した、まさにエクストリーム系のミクスチャーサウンド。
大仰かつプログレッシブなデス系メタルが好き方は必聴の傑作だ。
メロディアス度・・7 プログレッシブ度・・8 知的センス度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


B

BAL-SAGOTH 「Starfire Burning Upon the Ice-Veild Throne of Ultima Thule」
イギリスのエピック・ブラックメタルバンド、バル・サゴスの2nd。1996年作
イントロからしてもうファンタジー映画ばりの大仰さであるが、楽曲が始まるとダミ声ヴォーカルと語りのような低音声とともに、
シンフォニックなシンセアレンジとクサメロたっぷりのギターでたたみかける、シンフォ・ブラックメタルが炸裂する。
激しいブラストも随所に含みつつ、基本はシンフォニックなメロスピ風味に、適度にダークな香りも漂わせた
ファンタジーな世界観にたっぷりと浸れます。クサすぎる、大仰すぎる、エピック・シンフォブラックの傑作!
シンフォニック度・・9 暴虐度・・7 ファンタジック度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

BAL-SAGOTH「BATTLE MAGIC」
イギリスのエピック・ブラックメタルバンド、バル・サゴスの3rd。1998年作
1stの時点ではずいぶんショボかったものの、2nd「Starfire Burning upon Ice Veiled」において、
まるでファンタジーゲームのような壮麗な世界観で聴かせるシンフォブラックサウンドを確立、
そして続く本作で決定打となった。シンセによる美麗なイントロは映画のような雰囲気だが、曲が始まるとクサメロまくりで疾走開始、
美しいシンセとクサフレーズを奏でるギターににんまりしつつ、彼らのファンタジー絵巻にどっぷり浸る。
ヴォーカルはダミ声ながらちっとも暴虐ではなく、曲間に入る語りなどはとてもエピックな感じである。
とにかくこの、笑っちゃうほどに大仰かつ勇壮、そしてクサく、シンフォニックなサウンドは一聴の価値ありだ。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・6 ファンタジック度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BAL-SAGOTH「The Power Cosmic」
イギリスのエピック・ブラックメタルバンド、バル・サゴスの4th。1999年作
前作がRPGのようなファンタジー世界なら、今度はスターウォーズみたいなSFか。笑
いや、このジャケのインパクトもすごいですが、サウンドも相変わらずのクサメロまくりの
壮大なシンフォフォブラック。シンセによる美麗なイントロからしてもう胸踊ります。
曲が始まると、前作よりもいくぶんパワフルさを増した疾走サウンドで、クサメロを奏でるギターに
シンセが重なり、恥ずかしげもないバルサゴス節が炸裂。宇宙征服を企む悪の皇帝との戦いだ!
後にDRAGONFORCEに加入するドラマーのプレイもツーバスドコドコでいい感じ。
アニメかコミック的なファンタジックブラックを聴きたいなら、このバンドで決まりだ!
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ファンタジック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BAL-SAGOTH「ATLANTIS ASCENDANT」
イギリスのシンフォニックブラックメタルバンド、バル・サゴスの5th。2001年作
1stから聴いているが、作を追うごとにこけおどしシンフォニック度が増大してゆく。
3rdの「BATTLE MAGIC」で壮大華麗なファンタジー世界を描いたと思ったら、前作ではスターウォーズ的なSFに、
そして今作はSFチックなファンタジーらしい(好きだねぇ…)。基本は疾走型のシンフォブラックなのだが、
じつにメロディアスかつ大げさきわまりない。ギターメロにしろ、バックで常に鳴っている美麗なシンセも、
過剰なまでにシンフォニックでファンタジック。まだこのバンドを聴いたことのない方はきっと衝撃を受けるに違いない。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

BAL-SAGOTH「The Chthonic Chronicles」
イギリスのシンフォニックブラックメタルバンド、バル・サゴスの6th。2006年作
毎度のこと、ゲーム的なファンタジーやSFをモチーフに、エセ壮大風で濃すぎるほどに濃い
シンフォニック(ブラック)メタルサウンドを恥ずかしげもなく披露してきたこのバンド。
ドラムのデイブ・マッキントッシュはDRAGONFORCEに加入、今作からドラマーが交代している。
サウンドの方は、相変わらずの大仰なキーボードをたっぷり導入したシンフォブラックであるが、
今作は古代帝国や神話などがテーマらしく、これまでのように疾走しまくりではなく
ミスティックな香りをただよわせたコンセプチュアルな雰囲気となっている。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Barren Earth「Curse of the Red River」
フィンランドのゴシック・デスメタル、バレン・アースの2010年作
ツインギターにシンセを含む6人組で、叙情的かつメランコリックなフレーズを奏でるツインギターに、
うっすらとしたシンセが絡み、咆哮するスクリームヴォイスを乗せたサウンドは、ときにゴシックメタル的でもある。
ほのかに漂うプログレッシブな香りはOPETHなどを思わせる部分もあり、単なるメロデス、ゴシックの枠にとらわれない
巧妙なアレンジが気に入った。ときに土着的な色をまじえながら流麗なメロディを奏でるツインギターのセンスもなかなかだし、
バックで鳴るメロトロン的なシンセの音も、どこかおどろおどろしく幻想的だ。緩急の中にノーマル声を織りまぜたり、
繊細なフルートやピアノの音色も使うなど、キメ細かな構築センスが素晴らしい。プログレッシブデス期待の新鋭。
メロディアス度・・8 OPETH風センス度・・9 メランコリック度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BARREN EARTH「The Devil's Resolve」
フィンランドのプログレッシブデスメタル、バレン・アースの2012年作
元AMORPHISのシンセとベース、SWALLOW THE SUNのヴォーカル、MOONSORROWのドラム、
WALTARI、KREATORのギターといった豪華なメンバーが集結したこのバンド、前作も素晴らしい出来であったが、
本作もメランコリックな叙情と知的でプログレッシブな香りを漂わせた質の高いサウンドが楽しめる。
オルガンなどもまじえた美しいシンセワークと、ときに土着性も含んだギターフレーズ、
デス声にノーマルヴォイスもまじえた、メリハリのついた展開力とアレンジで優雅ですらある聴き心地は、
AMORPHISをProgMetal化したような雰囲気でもある。ジャケのイメージで敬遠している方にも聴いていただきたいセンス抜群の作品。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 アレンジセンス・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Barren Earth 「On Lonely Towers」
フィンランドのプログレッシブ・デスメタル、バレン・アースの2015年作
元AMORPHISのシンセとベース、、MOONSORROWのドラム、WALTARIのギターなど豪華メンバーが集結したこのバンド、
3作目となる本作ではヴォーカルのミッコ(Swallow the Sun)が脱退したことでVoが交代している。
叙情的なイントロから幕を開け、ツインギターのリフと叙情フレーズに吐き捨てのデスヴォイスを乗せた
知的で構築的なメロディックデスメタルが炸裂する。雰囲気としてはやはり「壮大になったAMORPHIS」、
という言いかたが一番近いかと思う。メロトロンの音色を含んだよりプログレ的なシンセアレンジや、
適度な激しいProgMetal的な展開力も素晴らしい。10分を超える大曲ではじっくりと聴かせるスローパートに
ストリングスのアレンジも加わったりと、叙情豊かでメロウな耳心地。じつに見事な傑作に仕上がっています。
ドラマティック度・・8 叙情度・・8 知的アレンジ度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


BATHORY 「In Memory of Quorthon Vol.II」
スウェーデンのエピック・ダークメタル、バソリーのベストアルバム。2006年作
1984年にデビュー、クォーソンの個人ユニットであり、ダークなメタルサウンドと北欧神話などのエピカルな要素を合わせた
北欧ヴァイキングメタルの原点ともされる存在。そのクォーソンは2004年に死去、本作はBlack Markレーベルのオーナーでもある、
クォーソンの父親が選曲した追悼的なベストアルバムである。SEやシンセアレンジを含んだ幻想的な雰囲気に、
朗々としたヴォーカルを乗せドラマティックで勇壮なテイストを盛り込んだ独自のサウンドは、内的な強固な世界観を形成している。
打ち込みリズムの曲もあって音質はややチープながら、ヨーロッパのメタルシーンに多大な影響を与えたバソリーの音楽性と
その歴史を改めて俯瞰できる作品だ。Black Sabbath“War Pigs”、MOTORHEAD“ACE OF SPADES”のカヴァーも収録。
幻想度・・8 勇壮度・・8 北欧度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Battle Dagorath「Eternal Throne」
アメリカのブラックメタルバンド、バトル・ダゴラスの2009年作
ノイジーなギターと絶叫ヴォーカルを乗せてブラスト疾走する、プリミティブブラックで、
古き良きアナログ的な音質がまたいい感じだ。シンセによる味付けはごくわずかで
余分な装飾がないだけより生々しい。たとえば、Wolves in the Throne Roomあたりよりは
もっとノルウェイジャンブラックに近いか。ただし、暗黒度はやや薄めなので案外聴きやすい。
リフ主体なのでメロディを感じさせる部分はあまりなく、いくぶん単調な感は否めないが。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 暗黒度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Battle Dagorath「Ancient Wraith」
アメリカのブラックメタルバンド、バトル・ダゴラスの2011年作
ノイジーなギターリフと絶叫ヴォーカルを乗せて激しくブラスト疾走するサウンドで
Wolves in the Throne Roomあたりにも通じるミステリアスな雰囲気で聴かせる。
10分以上の大曲が中心であるが、これといった展開がないのがやや退屈か。ラスト曲はノイズばかり。
ともかく、アナログ感たっぷりのプリミティブなブラックメタルが楽しめる作品ではある。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・7.5

Amazon.co.jpで詳細を見る 
Amazon.MP3


BEALIAHAnthology of the Undead
インドネシアのブラックメタルバンド、ベアリアのベストアルバム。2008作
1996〜1999年にかけて活動していたバンドで、サウンドの方は重厚なギターに
美しいシンセをバックに疾走する、なかなか本格派のシンフォブラック。
絡みつくようなギターリフは、むしろ正統派メタルやドゥームメタル的な質感で、
アンダーグラウンドな感じがなかなかいい。ヴォーカルの迫力はいまひとつながら、
ミスティックな世界観はときに耽美な叙情をかもしだす。音質にバラつきがあるのは惜しいが
世界レベルでみてもなかなか質の高いブラックメタルバンドであったと思う。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 ミスティック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


BEHEMOTHDemonica
ポーランドのブラック・デスメタル、ベヒーモスの2枚組デモ音源集。2006/2011年作
ブルータルデスメタルの代表として語られる彼らだが、デビュー当時は、原初的なブラックメタルスタイルであった。
Disc1には「The Return of The Northern Moon」と題された1992年のデモテープ音源に
1994年のスタジオセッション、EP「And The Forests Dream Eternally」のリレコーディング音源を収録。
Disc2には、1993年のデモテープ「From The Pagan Vastlands」に未発音源などを収録。
ノイジーなギターリフとガナりヴォーカルで聴かせる、初期BURZUMに影響を受けたとおぼしき、
ミスティックでアンダーグラウンドな香りのするブラックメタルサウンドを繰り広げている。
のちの作風のような怒濤の疾走感はなく、スローからミドルのじっとりとした妖しさが魅力で
北欧の初期ブラックメタル勢を思わせる、地下に立ち込める怨念のような邪悪さがにじみ出ている。
ベヒモスのファンはもちろん、プリミティブなブラックメタル愛好家もチェックすべき内容ですね。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 初期ブラック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BEHEMOTHChaotica
ポーランドのブラック・デスメタル、ベヒーモスの1st/2ndカップリング2枚組。
1995年の1stSventevithと1996年の2nd「Grom」の全曲に加え、
ミニアルバムAnd The Forests Dream Eternallyの音源を加えた2枚組。
現在ではブルータルなデスメタル風味を強めてきているが、初期の作風はやBURZUM
EMPERORにも通じるような、アンダーグラウンドな香りを漂わせたブラックメタルであった。
こもり気味の音質も含めてややチープながらもプリミティブでミスティックな妖しさたっぷりで、
これぞ原初的ブラックメタルというサウンドは、聴いていてにんまりである。
2ndになると、より緩急のついた知的な展開力を見せるようになり、
激しさと叙情性をまとわせたスタイルは、この時点で非常に完成されている。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ミスティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BEHEMOTHSatanica
ポーランドのブルータル・ブラックメタルバンド、ベヘモスの4th。2000作
アルバムごとにブルータルなデスメタル度を高めてゆく彼らだが、分岐点となったのはこのアルバムあたりからか。
ブラックとデスの中間といったサウンドで、禍々しく疾走しつつもヘヴィさがある。
突進するだけでなくリズム的なテクニカルさもあり、迫力あるツーバスドラムもかなり凄い。
収録時間が31分ほどしかないのだが、たしかにこれ以上聴いたら疲れそうな気もする(笑)
ブルータルでありながら、ブラックメタルとしての名残りである叙情性もほのかに感じられる。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・9 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BEHEMOTHThelema.6
ポーランドのブルータル・ブラックメタルバンド、ベヘモスの5th。2001作
VADERに比べると日本では知名度がやや低いこのバンドだが、すでに堂々たるベテラン。
初期のブラックメタル色に、前作あたりからブルータルデス的な重厚さを加味し、
今作では音質も格段に向上し、重くかつ速いという、とてもクオリティの高いサウンドになっている。
ブラックメタルの香りを残す禍々しさと、カッチリとした隙のないタイトな演奏が合わさって、
邪悪でありながらもチープな雰囲気者ではなく、「音圧」で聴かせる暴虐さが見事だ。
意外にメロディを感じさせる部分もあるし、基本ブラストで突進する疾走時の迫力と説得力も凄い。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・9 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BEHEMOTHZos Kia Cultus
ポーランドのブラックメタルバンド、ベヘモスの6th。2002作
今やブルータルなブラックメタルとしては最強とも言えるこのバンド、
前作からサウンドの説得力を高め、本作でもデスメタル的な感触の中に、
ブラックメタルとしての邪悪な禍々しさをたっぷり封入して聴かせてくれる。
激烈なブラストビートに乗るギターリフはある種テクニカルですらあり、
ときに中東メロディ的なフレーズを聴かせつつ、あくまで暴虐さを演出している。
この後7th、8thとさらなる高みへ登ってゆくが、質の高さではすでにこの時点でも充分。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・9 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BEHEMOTH「demigod」
ポーランドのブラック・デスメタルバンド、ベヘモスの7th。2005作
VADERとともにポリッシュデスメタルシーンを牽引してきたベテランバンド。
整合感のある演奏で、暴虐にブラストしつつも、音はカッチリしているのでとても聴きやすい。
Voもどちらかというとデス声に近いので、全体的にはデスとブラックの中間的な音像だが、
ギターによるメロディの入れ方や、重さよりも疾走感を重視している点などはやはりブラックメタル的。
曲自体は3〜4分台が大半で、比較的展開もシンプルなのでとくに何も考えずに楽しめる。
しかし、このマシンガンのようなドラムは物凄い。VADERといいポーランドはつくづく凄い国だ…。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・10 荘厳度・・9 総合・・8

Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BEHEMOTH「The Apostasy」
ポーランドのブラックメタルバンド、ベヒーモスのアルバム。2007作
ポーランド産ブルータルメタルとしては、VADERと実力を二分するバンドである。
前作も相当の強度と暴虐度の高いアルバムであったが、続く今作も見事な出来。
マシンガンのようなブラストビートで突進する暴虐性はそのままに、今作ではサウンドに魔界の邪神のごとき荘厳さが加わって、
今まで以上に「浸れる」作品となっているのである。これまでになくメロディを聴かせる部分が増しており、
魅力的なギターリフやソロが効果的に導入されたことで、邪悪でありながらも聴きやすいという、奇跡的なバランスとなっている。
全39分というのもこの密度ならちょうど良い。完成度の点でバンドの最高傑作だろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・9 荘厳度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BEHEMOTH「At The Arena Ov Aion - Live Apostasy」
ポーランドのブラックメタルバンド、ベヒーモスのライブアルバム。2008年作
1995年にデビューしてから、いまや名実ともに欧州ブルータル・ブラックの帝王として君臨するこのバンド、
本作は2008年フランスでのステージを収録したライブ音源。ライブにおいてもその抜群の演奏力で、
アルバム以上に禍々しく暴虐なサウンドが繰り広げられる。ブルータルに突進する激しさのなかに、
ヨーロピアンな翳と叙情を感じさせるのが彼らの特徴であるが、クリアな音質とベテランらしい音の説得力が、
その辺の若手には決して真似のできない荘厳な迫力を生み出している。全17曲、
すさまじく激烈だが、タイトな演奏が心地よく、最後まで楽しめる、まさに圧巻のライブ作品だ。
ドラマティック度・・8 ライブ演奏・・9 暴虐度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BEHEMOTH「Evangelion」
ポーランドのブラックメタルバンド、ベヒーモスの2009作
タイトルの「エヴァンゲリオン」とはアニメのあれではなく、ギリシア語の「神の福音を広める」の意。
すでに名実共にポーランド最強のブラックメタルバンドとして君臨する彼ら、
前作「The Apostasy」は邪悪さの中にも美しさと荘厳さを兼ね揃えた傑作であったが、
続く本作では、叙情性の代りにブルータルな硬質感を全面に出したサウンドとなっている。
しかし激烈なブラストで疾走しつつも、ときおりギターは神秘的なフレーズを奏でたり、
激しさの中にもドラマティックな世界観を覗かせる。また今作ではブラックというよりは、
デスメタル的なミドルテンポを効果的に使用するなど、重厚なサウンドに磨きをかけている。
演奏力、構成力のレベルの高さとともに、もはや他のバンドを圧倒する存在といえるだろう。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 荘厳度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BEHEMOTHAbyssus Abyssum Invocat
ポーランドのブラックメタル、ベヒーモスの企画アルバム。2011年作
以前にリリースされたEP「CONJURATION」「SLAVES SHALL SERVE」のカップリングで、
CD2枚組のDisc1には、2003年の新曲2曲にVENOMのカヴァーとライヴ6曲を収録。
Disc2は2005年のタイトル曲に未収録曲、NEFILIMとDANZIGのカヴァー、ライヴ4曲を収録。
シングル曲とカヴァーはまあともかく、ライブ音源がたっぷり入っているのはファンには嬉しいだろう。
暴虐なブラストビートで突進する演奏はライブでもさすがの迫力。ベヒモス好きならチェックどうぞ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 ライブ音源・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BEHEMOTH 「The Satanist」
ポーランドのブラックメタル、ベヒーモスの2014年作
1995年にデビューしてから、本作でちょうど10作目となる。白血病に冒されたネルガルが回復し、
自身の血を混ぜた絵具で描かれたというジャケットや「サタニスト」という強烈なタイトルもそうだが、
サウンドの方も、反キリストへの信念と憎悪に満ち満ちた、荘厳にして邪悪な雰囲気を漂わせている。
スローテンポから始まりつつやがて激烈なブラストを含んで疾走する迫力は、ベテランならではの説得力で、
ダークで暴虐だがオーケストラルなアレンジによる美しさには、ある種の畏怖感をすら覚える。
楽曲自体は3〜5分と割とシンプルながら、ここぞという緩急の付け方で聴き手を圧倒する力はさすがである。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・9 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る



Be'Lakor「Stone's Reach」
オーストラリアのメロデスバンド、ビー・ラカーの2009年作
ツインギターのメロディをたっぷり聴かせる、90年代北欧メロデスタイプのサウンド。
疾走感や激しさは控えめで、とにかく叙情性重視なので初心者にも聴きやすい
9分、10分という大曲もあるが、ミドルテンポを主体にしたあくまでメロディックな作風である。
音質がいまひとつなので迫力は足りないが、メロディ重視のオールドなメロデスが好きな方はぜひ。
ちなみに続く3rdd「Of Breath and Bone」はさらに強力な悶絶メロ満載の傑作になるのデス。
メロディック度・・8 暴虐度・・6 とにかく叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Be'Lakor「Of Breath & Bone」
オーストラリアのメロデスバンド、ビー'ラカーの2012年作
叙情的なツインギターで聴かせる、ヨーロピアンなスタイルのメロデスサウンド。
随所にプログレッシブなリズムチェンジや展開美を聴かせるセンスもなかなかで、
豪州のバンドだと知らなければ、北欧のメロデスだと思いそうな涼やかな雰囲気である。
ヴォーカルは低音デスヴォイスであるが、全体的に暴虐さよりも叙情が前に出ていて
ギターはリフよりも、むしろメロディアスなフレーズを弾いている方が多いという。
これでもかという、クサめのギターメロに悶絶することしきりで、初期IN FLAMES以上に叙情的。
疾走する激しさはあまりないのだが、とにかくメロメロなメロデ好きっ子は必聴の作品デスね。
メロディアス度・・9 暴虐度・・6 アレンジセンス・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Be'Lakor 「Vessels」
オーストラリアのメロディック・デスメタル、ビィ・レイカーの2016年作
過去2作は叙情派メロデスとしては見事な出来であったが、3作目となる本作もメロディックなツインギターと
低音デスヴォイスを乗せた高品質なサウンドを聴かせる。激しい疾走感も随所にありながら、ミドルテンポや
スローテンポでのゆったりとした耽美な空気感も含めて、7〜10分という大曲を構築する知的なセンスは、
かつてのOPETHのようでもある。前作までの明快なメロディックデス路線が気に入っていた方には、
ややプログレッシブに傾きすぎとも思えるかもしれないが、北欧のINSOMNIUMなどにもひけをとらない、
メランコリックな叙情美も随所に含んでいて、個人的には初期OPETHばりに楽しめる傑作だと思う。
ドラマティック度・・8 疾走度・・6 構築度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


BELPHEGOR「Lucifer Incestus」
オーストリアのブラックメタルバンド、ベルフェゴールの4th。2003作
この背徳的なジャケもなかなかすごいが、内ジャケの尼さん裸写真も18禁ですよ。
喘ぎ声入りのイントロから、曲が始まると暴虐にブラスト開始〜。
激烈な疾走のサウンドの中にも、いくぶん北欧ブラック風の叙情があって、
MARDUKDARK FUNERALあたりに通じるドラマティックさがよい感じだ。
むしろ5th以降のアルバムよりもメロブラ的な魅力では上をいっている。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・9 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BELPHEGOR「Goatreich-Fleshcult」
オーストリアのブラックメタルバンド、ベルフェゴールの5th。2005作
オーストリアのブラックといえば、ABIGORとこのバンド。どのアルバムも質は高いが
とくに前作4thはメロブラ的なドラマティックサウンドでかなり好みだった。
本作はブルータルな圧迫感を増したサウンドで、BEHEMOTHばりに激烈に聴かせる。
強烈なブラストビートに乗せる吐き捨てヴォーカルもかなりの迫力だ。曲はやや一本調子か。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Belphegor「Pestapokalypse VI」
オーストリアのブラックメタルバンド、ベルフェゴールの6th。2006作
オーストリアのブラックメタルというと真っ先に思い浮かぶのはABIGORだが、
このバンドは美しさよりもアグレッシブな暴虐さ重視のスタイルで、よりブルータルなサウンドだ。
ジャケや曲タイトルなどがら、中世を襲ったペスト(黒死病)をテーマにしたアルバムであるようで、
ブラストビートで強烈に疾走しつつも、緩急をつけた展開で、ドラマティックさも演出している。
MARDUKあたりに通じる質感もあるが、個人的にはもう少し音に湿りけがあると好みかな。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BELPHEGORBondage Goat Zombie
オーストリアのブラックメタルバンド、ベルフェゴールの7th。2008作
ブルータルな音を想像していたが、暴虐に疾走しつつも、ツインギターによるリフはメロディアスでなかなかドラマティック。
BEHEMOTHあたりに通じる骨太の疾走感と暗黒性とともに、曲の中で一本調子にならない叙情性を描き出している。
ヴォーカルはかなりの吐き捨てデスヴォイスなので、重厚なサウンドとともにブルデス的な質感でも聴ける。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 骨太度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Berserk「Rites of Supremacy」
スペインのブラックメタル、ベルセルクの2003年作
軽めの音質で疾走する、90年代北欧スタイルのブラックメタルで、コープスペイントのメンバー写真なども含めて
古き良きブラックメタルのアティテュードをしっかりと受け継いでいる。ややノイジーなギターリフにうっすらとシンセが絡み、
低めのダミ声ヴォーカルで描かれる世界観は、ジャケの雰囲気も含めてペイガンブラック的な勇壮さもある。
適度にメロディを感じさせるギターのリフとフレーズもよい感じで、暴虐過ぎない聴き心地で楽しめます。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ペイガン度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Bewitched「Spiritual Warfare」
スウェーデンのブラック・スラッシュメタルバンド、ビウィッチドの6th。2006作
NAGLFARらのメンバーが在籍するバンドだが、音の方はMotorheadからの影響を思わせる
ダーティなデスラッシュロール。オールドなギターリフで突進したり、ミドルテンポで聴かせたり
ブラックメタルリスナーよりもむしろ、往年のスラッシュファンなどに好まれるサウンドだろう。
メロディアス度・・7 疾走度・・7 むしろスラッシュ度・・8 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


beyond the embraceAgainst the Elements
アメリカのメロデスバンド、ビヨンド・ジ・エンブレイスの2002年作
トリプルギターの6人編成で、比較的正統派のギターリフとスクリームヴォイスで聴かせる
モダンなヘヴィネスを融合させたサウンド。IN FLAMESなどの北欧メロデス的な叙情フレーズと
IRON MAIDEN的な普遍的なメタル感触を、SOILWORK風味に仕上げたというスタイルで、
新鮮味はないものの、ギターの奏でるメロディの質も含めてレベルはなかなか高い。
激しい疾走よりもミドルテンポ主体ながら、トリプルギターの叙情フレーズで飽きずに楽しめる。
メロディック度・・8 疾走度・・7 メロデス風味度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


BILOCATE「Sudden Death Syndrome」
レバノンのプログレッシブデス、ビロケートの2009年作
アラビックでミステリアスなイントロから、曲が始まると唸るような低音デスヴォイスとともに
重厚なサウンドが広がってゆく。ドゥーミィなギターリフにうっすらとしたシンセがかぶさり、
スケール感のある世界観とともに、OPETHのように緩急のついた知的な展開も見せる。
随所にアラビックな旋律も含ませたメロディックな感触やクラシカルなシンセの美旋律も聴かせるなど、
ドラマティックな楽曲アレンジのセンスもなかなか見事。スケール感を感じさせる中東プログレ・デス。
ドラマティック度・・8 重厚度・・8 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3


THE BLACK「Alongside Death」
スウェーデンのブラックメタルバンドその名も、ブラックの2009作
バンド名といいジャケといい、いかにもなブラックメタル愛だが、ケースまで真っ黒という念の入りよう。
かつてはDISSECTIONの故Jon Nodtveidtも在籍していたというバンドで、
アルバムとしては1994年以来、じつに15年ぶりの新作ということらしい。
サウンドの方はもうオールドなブラックメタルの典型。激しいブラストと邪悪な絶叫ヴォーカル、
そしてスカスカとしたこもり気味の音質からして、もう古ブラマニアは大喜びだろう。
暴虐度・・8 オールドブラック度・・9 音質・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


BLACKGUARD「Profugus Mortis」
カナダのシンフォニック・メロデスバンド、ブラックガードの2009年作
Profugus Mortisから改名したということで、元はヴァイオリン入りのシンフォニックな
クサメロが魅力であったのだが、本作では残念ながらヴァイオリンは不参加。
美麗なシンセを全面に出した初期チルボド風味の疾走メロデスを基本にしつつ、
今作ではFINNTROLLばりのフォーキーなメロディも導入していて、なかなか楽しい。
楽曲やメロディにもっとこのバンド独自の個性が欲しい気はするが、やはり質は高い作品です。
メロディアス度・・8 疾走度・・8 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Blackguard「Fireflight」

カナダのシンフォニックメロデス、ブラックガードの2011年作
Profugus Mortisから改名しての2作目で、美麗なシンセとメロディックなギターで疾走する
ヴァイキング風味のメロデスサウンドで、初期CHILDLEN OF BODOM+ENSIFERUMという雰囲気。
いくぶん土着性のあるクサめのメロディは、この手のファンにすればにんまりだろうし、
聴き心地のいい疾走感覚ときらびやかなシンフォニック性で、質の高いサウンドを描いている。
このバンドならではの新鮮味は薄いものの、安心して聴けるキラデス作品ですな。
メロディアス度・・8 疾走度・・8 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


BLACK MESSIAHOath of a Warrior
ドイツのペイガン・ブラックメタルバンド、ブラック・メサイアの2nd。2005作
シンフォニックなシンセと、クサメロフレーズを掻き鳴らすギターで疾走。
メロディにはヴァイキングメタル色があり、田舎臭い悶絶メロディを連発する。
ブラストの疾走パートにはプリミティブなブラックメタルの雰囲気が漂い音質の悪さも手伝って、
どこか古き良き幻想性を内包しているのが耳に心地よい。ヴァイオリンやマンドリンなどによる、フォーキーな要素も効果的で
ローカルな質感を上手く魅力にしている点も見事。ベルギーのANCIENT RITESよりさらにクサい。
クサメロディアス度・・9 暴虐度・・7 ヴァイキング度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


BlasphemyGods of War/Blood Upon The Altar」
カナダのブラックメタルバンド、ブラスフェミーの2nd。1993年作
妖しげなジャケがいい感じですが、B級感たっぷりのサウンドもじつに妖しげ。
北欧のブラック勢とはまったく異なり、叙情パートなどは一切なく、曲はほとんどが1〜3分台で、
グラインドコアのような感じで疾走してます。こもり気味の音質に、低音デスヴォイスがおどろおどろしい。
マニア以外は聴く価値はないでしょう。再発版には1989年のデモを全曲追加収録。
ドラマティック度・・6 暴虐度・・7 おどろおどろ度・・8 総合・・6
Amazon.co.jp で詳細を見る


Blessed in Sin 「Celebrating the Whore」
フランスのブラックメタル、ブレスト・イン・シンの2014年作
2000年の1st「Melancholia」、20001年の2nd「Par le sang du christ (Opus Luciferi)」を2CDに収録した再発盤。
トレモロのギターリフにうっすらとしたシンセを乗せてブラスト疾走する、ごく正統派のブラックメタルで、
いくぶん粗めの音質も含めて、90年代の初期ノルウェイジャン・ブラックをプリミティブ性を受け継いだ雰囲気。
Anorexia Nervosa あたりに比べると激烈さもシンフォニック性も足りないのだが、むしろ演奏技術のなさと中庸感が
カルト的なアンダーグラウンド性をかもしだしている。2ndの方はさらに音のスカスカ感が増していて、ちっとも暴虐でないんだが、
10分を超える大曲などもあって、意気込みは伝わる。パイオツまくりのブックレットもいかにも妖しくてステキです。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 楽曲度・・7 総合・・7.5


BLINDED COLONYDivine
スウェーデンのメロデス風バンド、ブラインデッド・コロニーの2003作
メロデス的な雰囲気で聴かせる重厚なメロパワ作。えーい、メロデスとメロパワと、どっちなんだ(笑)
煽情的なギターワークに、うっすらとしたシンセ、そこに乗るのはデス声まではいかないややダーティなノーマルヴォイス。
メンバーがIN FLAMESSOILWORKに影響を受けているという通り、哀愁を漂わせたギターワークと曲展開に
上記のバンドに通じるセンスを感じる。ザクザクとしたヘヴィリフと、流麗なツインギターがすごくいい感じなんですが、
曲自体がテンポ的にもどれも似たりよったりな印象なのが惜しい。
メロディアス度・・8 メロデス風度・・8 重厚度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Blind Stare「Symphony of Delusions」
フィンランドのメロデスバンド、ブラインド・ステアの2005年作
ジャケのイメージはシンフォニックメタル風だが、実際はチルボドタイプのメロデスです。
ツインギターにシンセを含む6人組みで、ザクザクとしたモダンなヘヴィさと
壮麗でシンフォニックなシンセワークを合わせたサウンドを聴かせる。楽曲も演奏もそれなりに質は高く、
目新しさはあまりないもののKALMAHあたりが好きな方なら同様に楽しめるバンドだろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 新鮮度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


BLOODBATH「Fathomless Mastery」
スウェーデンのデスメタルユニット、ブラッドバスの2008作
元々は元EDGE OF SANITYのダン・スヴァノやOPETHのミカエル・オーカーフェルド、
それにKATATONIAのギターとベースというメンバーでスタートしたバンドであるが、
現在はダン・スヴァノは離脱し、アンダース・ナイストローム(KATATONIA)を中心に、
OPETHのマーティン・アクセンロットがドラムを叩き、一時は離脱していたミカエルも復帰している。
サウンドは、ツインギターのリフで暴虐に疾走するオールドなデスメタルを基調にしながら、
ときにデスラッシュ風の質感や、北欧らしいミステリアスな雰囲気もほのかに漂わせている。
ミカエルのヴォーカルは、OPETHで聴かせるよりもさらに低音のデスヴォイスで咆哮しており、
デスメタルとしての禍々しさに北欧的な翳りを融合させた、高品質なデスメタルに仕上がっている。
メロディアス度・・6 暴虐度・・8 オールドデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Blood of Kingu「Sun in the House of the Scorpion」
ウクライナのブラックメタル、ブラッド・オブ・キングの2010年作
ベクシンスキーをあしらったミステリアスなジャケが印象的だが、サウンドの方はノイジーなギターでブラスト疾走する
しごくファストなブラックメタル。ヴォーカルは低音の吐き捨て型で、むしろデスメタル的でもありつつ、
随所に荘厳さを感じさせるところはBEHEMOTHあたりに近いものがあるか。
10分を超える大曲もあり、ミスティックな重厚さと激しさが合わさったなかなかの力作だ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


BLOODTHORN「ONWARDS INTO BATTLE」
ノルウェーのシンフォニックブラックメタルバンド、ブラッドソーンの1999作
Luis Royoによるファンタジックなジャケ絵から、てっきりシンフォニックメタルを予想したのだが、聴いてみたらブラック系でした(笑)。
しかし、キーボード入りのなかなか分厚い演奏にデス声の咆哮、メンバーに女性Voもいてデス声の合間に美しいソプラノを聴かせます。
楽曲は疾走感よりはミドル〜ローテンポが多く、キーボードもゴージャスだし、ゴシック的な耽美な世界観も感じさせる。
7分から10分の大曲が中心で、それでも飽きさせず聴かせてくれるところは楽曲のアレンジが良いのだろう。美しいキーボードが実に良い。
ドラマティック度・・8 シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BLOODTHORN「In the Shadow of Your Black Wings」
ノルウェーのシンフォニックブラックメタルバンド、ブラッドソーンの2nd。2000作
1stはLuis Royoによるジャケも美しく、シンフォニックかつゴシック色もあるサウンドだったが、
本作も10分を超える楽曲を含めた、ファンタジックかつ大作志向の作品となっている。
美麗なシンセに女性ヴォーカルも加えて、ゴシックとブラックの中間という雰囲気で聴かせつつ、
どれも曲が長いので、単に疾走するサウンドではなく、ゆったりとしたパートで雰囲気を描くような、
プログレッシブと言っていいようなところもある。ゆるやかなピアノに女性声が重なるところなどは
じつに美しいし、3拍子のリズムに乗るメロディアスなギターフレーズなども、なかなかツボをつく。
疾走ブラックを求める向きにはだらだらとしたサウンドに思えるだろうが、個人的にはこれはこれでOK。
ドラマティック度・・8 シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Borgazur「2P3: Alchemists Earth of Aeon A.C.」
オランダのブラックメタル、ボルガザーの2008年作
美しいピアノのイントロで幕を開け、曲が始まると暴虐なブラスト疾走とともに、
随所にアヴァンギャルドなセンスも含ませつつ激しいサウンドを描き出す。
ダミ声ヴォーカルにノーマルヴォイスも絡ませたり、変則リズムも入った知的な構築も見せながら、
得体の知れない迫力でたたみかける。ノイジーなギターリフはときに叙情的なフレーズを奏で、
EMPERORや初期ABIGORばりのドラマティックな聴き心地も感じさせる。音質の悪さが惜しいが、
それがかえってミステリアスな雰囲気をかもしだしている。プリミティブなブラックメタル好きにも対応の力作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 アヴァンギャル度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3


Bornholm 「Inexorable Defiance」
ハンガリーのペイガン・ブラックメタル、ボルンホルムの2013年作
うっすらとしたシンセアレンジにツインギターのリフとともに疾走する、シンフォニックブラック的なサウンドで、
随所に勇壮なコーラスやヴァイキング調のメロディも覗かせる、ドラマティックなペイガンブラックメタル。
涼やかで土着的な叙情性は北欧ブラックメタル的な雰囲気もあり、Emperorや初期Abigorなどのファンにも楽しめるだろう。
全体的に暴虐性よりもメロディックな感触が強いので、ペイガン・ブラック初心者にもお薦めの力作デス。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る





BRYMIRBreathe Fire to the Sun
フィンランドのシンフォニック・エピックメロデス、ブリミアーの2011年作
ツインギターにシンセ入りの6人編成で、エピックなイントロから曲が始まると
シンフォニックなシンセを含んでメロスピばりに疾走。ヴォーカルはダミ声ながら、
ギターのクサメロフレーズとともにヘヴィすぎないサウンドが美麗さを引き立たせている。
随所にヴァイキングメタル的な勇壮さも含みつつ、オーケストラルなシンセアレンジが美しく
あくまでシンフォニックな感触が前に出ている。たとえばNORTHERあたりをよりシンフォニックに、
そしてエピック寄りにしたという雰囲気か。個人的には勇壮な武骨さがもっと欲しいが、とにかく美麗デス。
シンフォニック度・・8 エピック度・・7 壮麗度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Burden of Grief「Haunting Requiems」
ドイツのメロデスバンド、バーデン・オブ・グリーフの2000年作
2000年以降に登場したバンドとしては、しごく正統派のメロデスをやっていて
シンセに頼らずツインギターのリフによってメロディを聴かせるスタイルだ。
ヴォーカルは強烈な吐き捨て声だが、曲の方は暴虐さよりもあくまで
叙情性重視という感じで、DISSECTIONばりの激しい疾走の中でもギターフレーズは
とてもメロディアスで聴きやすい。IRON MAIDENの“Prowler”のカヴァーもなかなか。
WITHOUT GRIEFなど、90年代メロデスの音が好きな方はぜひチェックすべし!
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 ツインギター度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Burden of Grief「Death End Road」
ドイツのメロデスバンド、バーデン・オブ・グリーフの4th。2007作
予備知識なしに買ったこのバンドの1stがオールドメロデスの傑作だったので、
本作も購入してみた。サウンドは初期に比べてずいぶんとモダンになったが、
ツインギターによる叙情的な旋律は相変わらずなかなか魅力的だ。
昨今流行りのメタルコア風味も加わっていて、オールドなメロデス好きには
やや残念な変化かもしれないが、その辺のアメリカのバンドなどよりは
よほどいいメロディを持っていると思う。モダンメロデスの好作。
メロディアス度・・8 メロデス度・・7 モダンデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


BURIED DREAMS「Perceptions」
メキシコのメロデスバンド、ベリード・ドリームスの2nd。2000年作
メロデスといえばまず「北欧」というイメージなのだが、中米のメキシコという国にもバンドがいた。
先に聴いていた3rd「NECROSPHERE」は、せわしない展開のテクニカルデスという印象だったが
本作ではシンセ奏者の存在もあって、叙情たっぷりのメロデスサウンドである。
初期のIN FLAMESを思わせるような美しいギターフレーズでドラマティックに聴かせる楽曲は
デスメタルとしての暴虐性よりも、メロスピ的な疾走感が強いこともあって初心者にもオススメ。
メロディアス度・・8 ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BURIED DREAMS「NECROSPHERE」
メキシコのメロディック・デスメタルバンド、ベリード・ドリームスの3rd。2002作
前作は叙情クサメロ満載の好作であったが、今作ではキーボードが抜け、全体的に非常にアグレッションに満ちたサウンドとなった。
非常にせわしない、ある意味で無茶な展開をともなった楽曲は、時折かいま見せるプログレッシブなリズム感覚を含め、
テクニカルで疾走感に溢れており、デスメタルとしてのブルータルさと、ツインギターによる叙情メロディがうまく融合している。
イモ臭さは微塵もなく、北欧メロデスの要素に熱情的な部分を足した堂々たる作風。
ただ、曲の展開が多すぎて、一曲ずつが印象が残りづらいのが現時点での欠点か。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 テクニカル度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


BURZUMBurzum / Aske」
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの1st+EPのカップリング。1992作
のちにMAYHEMのユーロニモス刺殺容疑で逮捕されることになる、カウント・グリシュナック率いるこのバンド、
本1stの段階では比較的正統派のブラックメタルをやっていて、明快なギターリフを乗せて疾走するスタイル。
音質的にもかなりチープなのであるが、絶叫するカウントのヴォーカルのインパクトとともに、
ノルウェーでしか生まれえないような寒々しい情感と、狂気じみた地下臭を強烈に発散していて
耳で聴く音以上に、そこに秘められた一人のブラックメタラーの世界観を感じ取ることができる。
ギターのフレーズはときにメロディアスですらあり、音の軽さを問題にしなければとても聴きやすい。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 暗黒度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BURZUMDet Som Engang Var
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの2nd。1993年作
アンビエントなイントロ曲から幕を開け、ノイジーなギターとガナり声ヴォーカルとともに疾走する
カウント・グリシュナックの闇の世界の体現ともいうべき原初的なブラックメタルサウンドを展開。
こもり気味のぼやけた音像がいっそう不気味に響いて、まさに鬱系ブラックの元祖というべき内容であるが、
随所にメロディのあるギターの旋律も含んでいて、バーズムの作品の中でも、3rdと並んで聴きやすい部類だろう。
のちの作風を予見させるアンビエントなシンセ曲もあって、案外メリハリのある(というか散漫な)アルバム構成であると思う。
日本盤のタイトルは「無常の門」、「涅槃宮」と付けられているが、チープながらもおどろおどろしいジャケの雰囲気をよく表している。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 暗黒度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

BURZUM「Hvis Lyset Tar Oss」
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの3rd。1993作
かつての日本盤は「白昼夢」というタイトルであったが、再発盤は「虚無光」のタイトルになっている。
全4曲で44分という大作志向のアルバムで、初期のノイジーな地下臭いブラックメタルを土台にしつつ、
シンセを導入し始めたことで、カウント・グリシュナックの絶叫するヴォーカルとともに、
もの悲しい叙情や虚無感が増幅され、暗黒に包まれた幻想的なサウンドが表現されている。
シンセのみのラスト曲はもはやブラックメタルというよりはアンビエントなダークミュージック。
初期のBURZUMのアルバムの中では、おそらく最も完成度の高いアルバムであろう。
幻想度・・8 暴虐度・・7 虚無的叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BURZUMFilosofem
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの4th。1995年作
MAYHEMのユーロニモス刺殺容疑で逮捕される直前の1993年に録音された作品で、
2010年の出所後の復活作を待つまでは、バンド編成で作られた最後のアルバム。
シャリシャリとしたノイジーなギターサウンドに絡みつくようなカウントのヴォーカルと、
うっすらとしたはかなげなシンセが絶望的な世界観を描いている。曲はどれも長めで、
展開というよりは反復を続けるリフによって荒涼とした雰囲気を感じさせるもの。
正直、一般のメタルリスナーが聴いてもただ退屈なだけのノイズにも思うだろうが、
これがある種の癒し系に聴こえる人々には、暗黒の中へ沈み込むような気持ちが味わえる。
アルバム後半はシンセをメインにしたアンビエントなサウンド。ほとんど獄中にいるような感じである。
暗黒度・・8 暴虐度・・6 虚無的叙情度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BURZUM「Daudi Baldrs」
バーズムの5th。1997年作
殺人容疑で逮捕されたヴァーグが獄中で独り、シンセのみを使用して作り上げた作品。
自身が傾倒する北欧神話をテーマに、、シンセの多重録音とコンピューターの打ち込みによる、
ダークなアンビエントサウンドを描いてゆく。10分前後の大曲をメインに、ひたすらリフレインされるフレーズが、
一種異様な暗黒臭を漂わせているが、ストリングスを模したクラシカルな旋律には、彼の優雅な美意識が垣間見える。
暗黒度・・8 メタル度・・1 幻想度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

BURZUM 「Hlidfsklajf」
バーズムの6th。1999年作
カウント・グリシュナック(ヴァーグ)による刑務所作品第二弾で、前作同様に、メタル色は皆無の
シンセの多重録音によるダークアンビエントなサウンド。美しくも物悲しいメロディは
彼の脳裏に描かれる幻想風景を描写するかのようで、反復されるフレーズとともに
夢の中でぼんやりとまどろむように鑑賞できる。メロディの輪郭がある分、難解さはなく
絶望というよりは、森の中を光を求めて彷徨うような心地である。これもまたバーズム。
暗黒度・・8 メタル度・・1 幻想度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

BURZUMAnthology
ノルウェーブラックメタル界のカリスマ、カウント・グリシュナックによるバーズムのアンソロジー。2008作
MAYHEMのユーロニモス刺殺容疑で逮捕され、2000年にはBURZUMの活動停止を宣言、
現在も服役中であるが仮釈放は許され、音楽活動を再開、2010年に復活作「Belus」を発表した。
本作は1992〜1999年までのミニを含む7枚の作品からセレクトされた楽曲を収録。
ノイジーに疾走するいかにも初期ブラックメタルといった作風から、しだいに
暴虐さよりも絶望的な闇と、シンセを使用したもの悲しい表現へと変化してゆく。
今で言うシューゲイザーの先駆け的な曲や、逮捕後の獄中から作られたシンセによる
いわばアンビエントな作風まで、彼の人生の変転そのものという音楽性の変転をかいま見れる。
暴虐度・・7 絶望と諦観度・・9 ブラック人生度・・10 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BURZUMBelus」
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの2010年作
MAYHEMのEuronymousの殺害容疑で27年の実刑となったカウント・グリシュナックであるが、
獄中においてもダークでアンビエントな音楽作品を作り続けた。そしてついに2009年に出所、その復活作となるのが本作だ。
聴いてみて、まずずいぶん音が良くなった。(といっても、一般のバンドを基準にすればまだ悪いのだが)
ノイジーなギターリフの中に、うっすらと北欧的な叙情と殺伐とした冷たさを感じさせながら、
カウントの絶叫ヴォーカルが乗るスタイルはかつてと同じであるが、本作のサウンドはよりメロディアスで、
そこにはに絶望と嫌悪に満ちあふれていたような以前の荒涼感は薄まっている。
これならば、一般のメロディック・ブラックメタル好きの人間にも楽しめるくらいの聴きやすさだ。
衝動的な感情と憎しみに包まれた世界観から、作品としての楽曲を感じさせるようになった、
いわばカウントの人間としての成長が窺える。これは殺人者ではなく、音楽家としてのアルバムである。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Burzum「The Fallen」
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの2011年作
2009年に出所したカウント・グリシュナックのシャバ復活2作目となる。
前作で聴かれたメロディックな路線を引き続き、より普遍的なメタル感触がともなってきている。
ノイジーなギターフレーズで激しく疾走する部分は、かつてのブラックメタル質感がちゃんとあるが、
より有機的なリフとフレーズが目立ってきていて、わめき声とともにノーマルヴォイスも使われたりと
プログレッシブ・ブラック的なモダンなアプローチへの意欲も随所に感じられる。
いわばかつての寂寥感を卒業し、楽曲、音楽としての表現手法が強まったことで、
一般的にも聴き安い作品となっているし、ある意味、音楽家としてのセンスは
IHSAHNやSolefaldなどにも通じるこの路線は、個人的にも気に入っている。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 暗黒度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BURZUMFrom The Depths Of Darkness
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの2011年作
1st「BURZUM」、ミニ「ASKE」、2nd「Det Som Engang Varの曲をリメイクした作品。
ノイジーなギターでチープに疾走する初期バーズムのサウンドはそのままだが、
こもり気味だった音の輪郭がはっきりした分、かつての妖しい雰囲気はいくぶん薄れている。
とはいえ、うねりのあるギターリフとカウントのわめき声ヴォーカルがかもしだす、
地下音楽的な作風はやはり唯一無二の個性である。ファンであれば聴いて損はない。
ドラマティック度・・7 暗黒度・・8 バーズム度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BURZUMUmskiptar
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの2012年作
カウント・グリシュナック出所後3作目となるアルバムで、毎年作品を作り続ける創作意欲は、
あるいは彼の人生において現在がもっとも充実している時なのかもしれない。
前作で聴かせたプログレッシブな構築美とメロディ志向を引き継ぎつつも
本作ではむしろ拡散志向の芸術センスが強まり、北欧らしい土着的なメロディをまじえた
もの悲しいギターフレーズと語りのような歌声を乗せて、ゆったりと聴かせるサウンドだ。
ノイジーなギターはいかにもブルズム節であるが、9分、10分という大曲も含め、
全体的にメタル的な激しさよりも静謐感の強い作品。これはこれで好きです。
メロディック度・・8 暴虐度・・5 北欧叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

BURZUM 「SOL AUSTAN, MANI VESTAN」
ノルウェーのブラックメタル、バーズムの2013年作
出所してからというもの、毎年のように作品を出しているヴァーグ氏であるが、
本作は奥方のMarie Cachetと共に制作した映画「FOREBEAR」のサントラ作品で、
メタル色のないシンセによるアンビエントなサウンド。かつての彼の世界観であったダークな絶望感というよりは、
寂寥とした美しさを漂わせた雰囲気で、盛り上がりやダイナミズムとはほぼ無縁。
単音によるフレーズの反復が多いので、楽曲として聴くには少々つらい内容だ。
ドラマティック度・・7 メタル度・・1 幻想度・・7 総合・・7




C

CADACROSS「SO PALE IS THE LIGHT」
フィンランドのメロデスバンド、カダクロスの1st。2001作
透明感のあるキーボードとギターによる実に美しいメロデスサウンド。
いかにも北欧らしいやや田舎ぎみの土着メロディが人懐こい感じで、曲も速すぎず遅すぎずで、
さらに音質が少しこもりがちのせいが、サウンドにエッジが立っていなくて、それがかえってぼんやりとして心地よく聴けます。
いっそダミ声のヴォーカルが無用に思えるほどの美麗なサウンドで、Eternal Tears of Sorrowをややイモくさくした感じか。
2ndだともっとカッチリとしたチルボド系の音になっていますが、そちらも総じて質は高いです。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CADACROSS「CORONA BOREALIS」
フィンランドのメロデスバンド、カダクロスの2nd。2002作
1stから比べて一聴して音質が向上。結果としてチルボド度が増しているようにも聞こえるが、
彼ら独自のキラキラシンセ&ヴァイキング調の北欧メロディは相変わらず心地よいし、美しい。
ただ、このキラキラメロデスにはヴォーカルのがなり声が合っていない気もするが…
まあ、これでノーマル声で歌ったらデスでもなんでもなくなるだろうし、仕方ないか(^^;)。
品質は確実に向上しています。ただし1stの「もわ〜っ」とした感じが好きだったら
この2ndはちょっとカッチリしすぎのように感じるかも。北欧キラデスの好盤。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 総合・・8
Amazon.co.jp で購入


CADAVERIA「Shadow's Madame」
イタリアのゴシック・ブラックメタル、カダヴェリアの2002年作
Opera IXの女性Vo、カダヴェリア嬢を中心にしたユニットで、ヒステリックなデスヴォイスを乗せて疾走するスタイルに、
シンセによるシンフォニック性とゴシック的な耽美な世界観を聴かせるサウンド。
サイバーブラック的なメンバーの写真などもインパクトが大きいが、もっとシアトリカルな妖しさが欲しかった気もする。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 女性デス度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Cadaveria 「In Your Blood」
イタリアのゴシック・ブラック、カダヴェリアの2007年作
OPERA IXのヴォーカルとしても知られる、カダヴェリア嬢をフロントに、Necrodeathのメンバーも在籍するバンド。
ノイジーなギターリフと、カダヴェリア嬢のスクリームヴォイスを乗せた、ブラックメタル風味のサウンドで、
随所にインダストリアルな硬質感と、ノーマルな女性声を含んだダークで妖しげな世界観で描かれる。
ときおり、ゴシック的なシンセアレンジも入るのだが、基本的にはギターメインなので壮麗な感触は薄く、
ゴシックなのかブラックなのか、はっきりさせて欲しい気もする。裏ジャケのヌードはパイオツ丸出しです。
ドラマティック度・・7 ゴシック度・・7 女性Vo度・・7 総合・・7




CATAMENIA「HALLS OF FROZEN NORTH」
フィンランドのシンフォニックブラックメタルバンド、カタメニアの1st。1998作
現在までに6枚のアルバムを出し、順調に活動を続けているこのバンド。
いかにも北欧的な叙情溢れるメロディを疾走ブラックに取り入れたサウンドはこの手の初心者にも聴きやすく、
楽曲、演奏ともクオリティが高い。この1stの時点ではまだCRADLE OF FILTH的な匂いのあるシンフォブラックであるが、
女性Keyによるシンフォニックな美しさは、すでに凡百のバンドとは異なるだけのものがある。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CATAMENIA「MORNING CRIMSON」
フィンランドのシンフォニックブラックメタルバンド、カタメニアの2nd。1999作
ブラックというよりはゴシック的なジャケに少々引くかもしれないが、これも一応“オオカミジャケ”ではあります。
音のほうは基本的に1stの延長だが、音質が良くなっているためサウンドに整合感がでてきた。
この時点でメジャークラスのシンフォブラック連中ともなんら遜色がない。ほとんどが3分台の曲というのも、
とても聴きやすいし、北欧的な叙情を感じさせる部分は、やわらかくなったDIMMU BORGIRという雰囲気もある。
がなりたてるVo以外は、暴虐な部分は少ないので安心して聴けるシンフォブラである。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CATAMENIA「ETERNAL WINTER'S PROPHECY」
フィンランドのシンフォニック・ブラックメタルバンド、カタメニアの3rd。2000作
北欧的な寒々しくも美しいシンセが鳴り響く中を暴虐に疾走する、王道のシンフォブラックサウンド。
ギターのフレーズも非常に聴き易く、全体的に整然とした綺麗な音作りである。
ブラックとしての禍々しさは希薄だが、初心者にも安心して聴けるバンドだろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5

CATAMENIA「ESKHARA」
フィンランドのシンフォニック・ブラックメタルバンド、カタメニアの4th。2002作
シンフォニックなキーボードにブラストビートで疾走するスタイルのこのバンド、
基本的にどのアルバムも方向性は同じなのだが、メロディの煽情度はこの4作目が一番だろうか。
北欧らしい、ときにヴァイキング調のメロディを奏でつつ突っ走るそのサウンドは激しいながらも音には整合感があって、
非常に聴き易い。高品質のシンフォブラックとして、このバンドを初めて聴くならまずこのアルバムを推したい。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 北欧シンフォブラック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

CATAMENIA「CHAOS BORN」
フィンランドのシンフォニック・ブラックメタル、カタメニアの5th。2003作
北欧らしい寒々しいメロディに、疾走するブラストビートで聴かせるシンフォニックブラックの王道。
感触としては少し前のDIMMU BORGIRに近いが、こちらの方がメロディにややヴァイキング色が強い感じで
雪に狼というジャケ通りにスカンジナビアの冬を思い起こさせるようなイメージだ。
美しく鳴り響くキーボードをバックに、ブラストで疾走しまくるというスタイルながら
音的にはとても聴き易く、シンフォブラック好きには安心してお薦めできるクオリティがある。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 楽曲・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

CATAMENIA 「WINTERNIGHT TRAGEDIES」
フィンランドのシンフォ/メロブラバンド、カタメニアの6th。2005作
今回も音質の向上にともない完全に日本盤レベルの出来になっている。
とくにギターの音がソリッドになりツインギターの重ねが鮮明に聴こえることで、
メロデスとしてのクオリティもアップしている。以前の北欧的なうっすらとした美しいシンセが引っ込んだ印象があるので、
これまでよりもシンフォ度が薄くなった感もあるが、全体的なクオリティは過去最高だろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 サウン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CATAMENIALocation: Cold」
フィンランドのシンフォニックブラックメタルバンド、カタメニアの7th。2006作
今回もメロディックなリフとキーボードで疾走しまくりだが、北欧的な叙情はやや薄まり、
どちらかというとメロブラ/メロデス系の質感が強まっている。これはこれでクオリティは高いのだが
3拍子疾走系の曲がどれも似たように聴こえるなど、どうもあまり新鮮味はない。
曲、メロディともに前作には及ばず、これはもう少し作り込みが必要だったかも。
シンフォニック度・・7 メロディアス度・・7 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CATAMENIA「VIII: the Time Unchained」
フィンランドのシンフォブラックメタルバンド、カタメニアの8th。2008作
前作からややシンフォニックな味わいが薄くなってきた感があったのだが、本作でもその延長上のサウンド。
かつての美麗なシンセワークをやや影をひそめ、むしろメロブラ的にギターリフ中心で疾走するスタイルになっている。
ドラムを含めて音の方もやや軽く、暴虐ブラックという点でも物足りないか。
この手の他のバンドに比べればメロディに土着性が高いわけでもないので、
どうにも中途半端な作品である気がする。個人的にはシンフォプラに戻って欲しい。
シンフォニック度・・6 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CATAMENIA「Cavalcade」
フィンランドのシンフォブラックメタルバンド、カタメニアの9th。2010作
前作あたりから、初期の美麗なプラックメタル路線からの変化が見えていたが、
ついに狼ジャケをやめた本作では、ミドルテンポ主体のメロデス路線になっている。
ときおり聴かせるフィンランド的なメランコリックなフレーズは悪くはないし、
前作からの流れであるギターリフで聴かせるメロブラ風味も残っているが、
サウンドに新鮮味はなく、バンドとしての特徴がますますぼやけてきたような気がする。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 フィンラン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Catamenia「Rewritten Chapters」
フィンランドのシンフォニック・ブラックメタル、カタメニアの2011年作
1998年にデビューし、高品質なシンフォブラとしてファンを増やしてきたこのバンド、
ここ最近はメロデス寄りの作風になっていたが、本作は過去曲の再録アルバムで、
北欧的な叙情とともに激しく疾走する、久々に彼ららしいサウンドを聴いた感じがする。
暴虐さはそこそこながら、うっすらとしたシンセアレンジも含め、バランスのとれた再構築である。
新鮮味がないことは否めないものの、ファンが求めているのはやはりこの路線だろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 カタメニア度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

CATAMENIA「Bringing the Cold to Poland」
フィンランドのシンフォニックブラックメタルバンド、カタメニアのライブDVD。2006作
2006年ポーランドでのステージを収録。シンフォニツクに分かりやすく疾走するスタイルで
数あるシンフォブラックの中でもけっこう好きなバンドである。しかし…ここで聴けるライブの模様では
演奏、音質ともにかろうじて中の下という感じで、なんとかアルバムの楽曲を再現してはいるが、
肝心のヴォーカルの迫力の無さはいかんともしがたく、バンド全体的にもどこかアマチュア臭さが残る。
観客の反応もどこか醒めていて、これならむしろ地元で収録した方が良かったのではと思う。
北欧シンフォブラックとしてはすでに中堅の部類に入る彼らだが、ライブではこの程度なのかと少々残念。
ところでこのバンド、いつからツインヴォーカルになったの??どちらにしても雪原の狼は見えなかった…
シンフォニック度・・7 ライブ演奏・・7 ライブ映像・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


CHILDREN OF BODOM「FOLLOW THE REAPER」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの3rd。2000作
デスメタルとは思えないメロディアスさと、軽快さで疾走。きらきらとしたキーボードに、
テクニカルな様式フレーズを撒き散らす流麗なギターサウンドは今作でついに完成の域に達した。
とくにタイトル曲である1曲目は、正統的なメタルリフと、メロデスの疾走、そして泣きのメロディと
すべてがハマったチルボド最高の名曲だろう。40分弱と収録時間は短いが、
この完成度の高さはフィンランド産メロデス最高の一枚といっていい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 完成度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CHILDREN OF BODOM「BESTBREEDER from 1997 to 2000」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの初期ベストアルバム。2003作
今や日本でもメロデスバンドの筆頭として人気、知名度ともにその地位を確立したこのバンド。
1st〜3rdと、ライブアルバムから選ばれた16曲にビリー・アイドルのカヴァー曲を新録した全17曲を収録。
改めて初期の曲を聴いてみるにつけ、当時「デスメタルにしてはあまりにメロディアス!」と衝撃を受けた、
きらきらとしたキーボードアレンジとキャッチーなメロディで疾走するというスタイルは、
後続の同系バンドたちに多大な影響を与えたのだと再確認できる。
この3枚めまでの音には北欧らしい叙情溢れるメロディと若さにまかせた突進力とが合わさって
インパクトの強い楽曲が多かったように思う。素直に聴いていて心地よいのだ。
これからチルボドを聴く方にもお勧めだし、彼らのアルバムは短いという不満も解消出来る一枚である。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 初期チルボド堪能度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

CHILDREN OF BODOMHate Crew Deathroll
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの4th。2003作
チルボドのアルバムでこれだけまだ未聴でした。前作「Follow the Reaper」
北欧メロデスとしてのこのバンドはひとつの完成を見たように思う。
今作ではよりメロディックで、ある意味キャッチーなサウンドへと深化している。
テクニカルなギターワークに、美麗なシンセワークが絡む彼ら独特の方法論は
ますます冴えを見せ、適度にモダンなアレンジともにソリッドな叙情美を構築してゆく。
次作へとつながるヘヴィロック的なアプローチも端々に聴かれ、
時代に合わせたバンドとしてのスタイルの柔軟性を感じさせる作品だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 モダンでキャッチー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CHILDREN OF BODOM「Are You Dead Yet」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの5th。2005作
前作Hate Crew Deathrollのモダンな路線をさらに押し進めたサウンドで、
テクニカルなギターに流麗なシンセが絡んで激しく聴かせる1曲めは純粋に格好いい。
メロデスだヘヴィロックだ云々という以前に、まず「音楽」としてのクオリティが高いのだ。
初期の3作からすればかなりモダンになっているし、北欧メロデス的な雰囲気は減りつつあるが、
見事なまでのソリッドかつメロディアスなギターサウンドに、ときおり聴かせる泣きのメロディ、
そしてきらきらとしたシンセワークの美しさはアメリカのバンドでは決して出せないものがある。
メロデスかどうかといった議論は、こうまで質の高い演奏と曲の前ではもはや大した意味はなさない。
しっかりとヘヴィメタルファンにアピールする重厚さと、ギターフレーズにこだわるリスナーにも満足を与える。
次作6thも含めて、曲の質とメロディと突進力のバランスの点では近作の中で一番だと思う。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ギターワーク度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CHILDREN OF BODOM「Chaos Ridden Years Stockholm Knockout Live」
チルドレン・オブ・ボドムのライブDVD。2006作
スウェーデンはストックホルムでのステージを収録。
初期のキラデス路線から、4th以降はモダンなアレンジを取り入れだして進化を続けているが
このライブではその抜群の演奏力を見せつけながら、スタジオ盤以上の勢いを感じさせる。
巧みなギターワークを見せつけながら、ヴォーカルもこなすアレキシのパフォーマンスには、
やはり華があり、バンドの顔としての存在感を見せつける。それに絡むヤンネのシンセワークは
華麗に楽曲を彩りつつ、ヘヴィネスの中にキャッチーな聴きやすさを付加しているし、
手数の多いドラムのプレイも素晴らしく、このバンドの屋台骨をしっかりと支えている。
最近のモダンな楽曲も、アルバム盤よりもずっと生き生きと聴こえ、メロデスうんぬんを超越した
“チルボド印”のメタルサウンドをたっぷりと満喫できる。
メロデデス度・・7 ライブ映像・・8 ライブ演奏・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CHILDREN OF BODOM 「Blooddrunk」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの6th。2008作
前作「Are You Dead Yet」もなかなか質の高いアルバムだったが、
今作はそれよりもひとつ前に戻った感じで、ソリッドな硬質感を強めた作風だ。
このバンドの特徴であるモダンで美しいシンセワークと、普遍的なメタル色を強くした
メタリックなギターリフが絡み、ぱっと聴きにはやや淡白ながらも、骨太のサウンドを繰り広げている。
新鮮味がないとか、クサメロが少ないという見方もあると思うが、音にはバンドとしての自信に満ちあふれた
スケール感があり、彼らにしか作りえないサウンドであるという点で、評価すべき作品だと思う。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 ソリッ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CHILDREN OF BODOM「Relentless.reckless Forever」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの2011年作
初期の王道のメロデス路線からしだいにモダンなヘヴィネスを含ませたサウンドへ進化させ
いまや世界的なメタルバンドとなったCOBの通算7作目。ぱっと聴きには、シンセによる美麗さと
メロディアスなギターフレーズから、3rd「FOLLOW THE REAPER」の頃を思い出させる作風だ。
かつてのスタイルにレイドバックした感触とともに、音そのものにはモダンな硬質さがあるので、
以前のファンに受け入れられる聴きやすさと、最近のファンにも楽しめる要素が両方まじっている。
楽曲そのもののインパクトや迫力と勢いの点では前作、前々作ほどではない気もするが、
シンフォニックなシンセとギターとの絡みは絶品だし、この質の高さの維持にはやはり敬意を表したい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 モダン度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CHILDREN OF BODOM 「Holiday at Lake Bodom」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムのベスト。2012年作
バンドのデビュー15周年を記念してのベストアルバムで、2曲のカヴァーを含む全20曲入り。
いまや、世界的にもビッグになったこのバンドの1997年〜2011年作までのアルバムから、
まんべんなく選ばれた楽曲は、あらためて聴いても、アグレッションとメロディのバランスに優れた
高品質なサウンドである。きらびやかなシンセに、ギターリフと流麗なフレーズで展開する、
まさにチルボド節というべき聴き心地は、ベタであるがそれも個性と言ってもよいのだろう。
いくぶんの変化はあっても、初期から現在まで同じ方向性を保ちつづけるバンドの強度は素晴らしい。
メロディアス度・・8 突進度・・8 チルボ度・・9 総合・・8



CHILDREN OF BODOM 「Halo Of Blood」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの2013年作
いまや世界的バンドとなったCOBの通算8作目。前作のメロディアス路線からの流れで
本作も流麗なギターフレーズをたっぷり織り込んだ、初期のスタイルにも近いサウンドだ。
全体的に音が軽めなのでヘヴィな迫力というものは薄いが、むしろ曲によっては疾走感のある
正統派メタル的にも聴けたりする。アルバム後半は、ミドルテンポの中庸曲もあるのだが、
相変わらず高品質なチルボド節を楽しめる安定作と、割り切って聴けばけっこう楽しめる。
メロディック度・・8 疾走度・・8 新鮮度・・7 総合・・8




Children of Bodom 「I WORSHIP CHAOS」
フィンランドのメロデスバンド、チルドレン・オブ・ボドムの2015年作
いまや世界的バンドとなったCOBの通算9作目。初期を思わせるライトなメロデス路線の前作から
再びモダンなヘヴィネスをまとわせた作風となっていて、いつになくブルータルなデスヴォイスを乗せて激しくたたみかける。
随所に流麗なギターフレーズも覗かせつつ、今回はリフ主体のスラッシーな感触が強めで、モダンなシンセワークとともに、
ヘヴィなエクストリームサウンドを描いている。メロディックな叙情性よりも激しさを重視したナンバーが多く、
前作、前々作あたりが好きだった方には、ややきついかもしれない。メロデスとしての方向性に再び迷ったような、
ヘヴィなニュースクール系の路線は個人的にはあまり楽しめない。チルボドはどこへ向かう。
メロディック度・・7 ブルータル度・・8 モダン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Chrome Waves
アメリカのメロデス風ポストブラックメタル、クローム・ウェーブスの2012年作
ギター&シンセ、ベース&ドラム、ヴォーカルという変わった編成の三人組で
メランコリックなギターフレーズと、わめき声ヴォーカルを乗せてもの悲しい叙情を聴かせる
ポストブラック的なサウンド。疾走感はさほどでもなく、ノイジーなギターによるBURZUMのような
静寂パートや、いくぶんこもり気味の音質も含めて、ヘヴィさよりもはかなげな雰囲気が強い。
全体に漂うもの悲しい世界観は嫌いではないので、今後の成長に期待したいバンドだ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 はかなげ叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


CHTHONIC「9TH EMPYREAN」
台湾の女性3人を含む5人組、シンフォニックブラックメタルバンド、ソニックの2nd。
しかしまさか台湾から「ブラックメタル」とは・・(まあ日本や韓国にもいるわけだしね)、
サウンドはキーボードと女性コーラスを効果的に配した、なかなかのシンフォブラックで、
ダミ声で歌うおねいさんの歌唱も堂に入ったもの。暴虐パートとピアノによる静謐パートで
しっかり場をつないで、少々強引な曲展開もかえって新鮮に聴かせてくれる。
やはりヨーロッパのバンドとは質感がやや異なり、我々日本人に近しい感覚が音に表れている。
ドラムの技量がいまひとつなのが惜しいが、今後も充分に存在価値のあるバンドと思う。
私が買ったのは英語版だが、中国語版も出ている(本当はそっちを聴きたかった・・)。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 アジア度・・7 総合・・7.5

CHTHONIC「RELENTLESS RECURRENCE」
台湾のシンフォニック・ブラックメタルバンド、ソニックの3rd。2002年作
シンフォニックなキーボードにメロブラ風のギターリフ、そこにブラック声が乗るスタイルで
一聴して前作より音に説得力が増した。シンセ担当の女性奏者はときおりフィメールヴォイスも担当。
二胡と呼ばれる台湾伝統の二弦楽器を使用しており、アジアンなミステリアスさをかもしだしつつ
全体的に暴虐さよりも、もの悲しい美しさが印象的でドラマティックかつ耽美に聴かせてくれる。
中国語によるデスヴォイスは独特な響きで、二胡の音色ととも不思議な雰囲気をかもしだしている。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 台湾度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ChthoniC「Seediq Bale」
台湾のシンフォニックブラックメタルバンド、ソニックの4th。2007作
CRADLE OF FILTHあたりを思わせる禍々しくも美しい世界観で疾走するサウンドは
以前は弱点だったドラムの弱さも克服されていて、堂々たるレベルに仕上がっている。
シンフォニックなキーボードアレンジはどこか幽玄を感じさせる空気があり、
ダミ声絶叫Voに絡む女性Voや、もの悲しい二胡の音色にも注目だ。
どうせなら英語版ではなく中国語のまま配給して欲しかったが、メロディの雰囲気や怨念の込められたような音には
充分地域性を感じ取れる。日本盤にはライブ映像とPVの入ったDVDが付属していてお得ですよ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 台湾度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る  Amazon.MP3

CHTHONIC「Mirror of Retribution」
台湾のシンフォニック・ブラックメタルバンド、ソニックの2009作
本作は5作目で、日本デビューとなった前作はCradle of Filthばりの傑作であったが、
今作もクサメロを撒き散らして強力に疾走。そして二胡によるもの悲しいメロディで
アジアンな雰囲気を漂わせつつ、ダークかつドラマティックに聴かせる力作だ。
ここまでのクオリティになると台湾のバンドうんぬんという地域性をあまり感じさせないほどだが、
個人的には中国語によるもっと土着的な怨念のようなものを聴きたい気もしないでもない。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 台湾度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る  Amazon.MP3

ChthoniC「Takasago Army」
台湾のシンフォニックブラックメタル、ソニックの2011年作
6作目となる本作は、太平洋戦争における台湾の戦士たち、高砂義勇隊をテーマにしたコンセプト作。
美しいシンセ、オーケストレーションをバックに、ヘヴィなギターと吐き捨てヴォーカルを乗せて疾走するスタイルは、
いっそう迫力を増していて、歴史的なテーマにそった重厚さ、怒りや悲しみなどが音を通して伝わってくる。
民族的な二胡の音色は、台湾文化特有の感触を楽曲に付加していて、いいアクセントになっている。
全体的にはシンフォニックさよりもヘヴィネスが上回っているので、メロディ派のリスナーにはやや物足りないかも。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

CHTHONIC「醒靈寺大決戦 Final Battle at Sing Ling Temple」
台湾のメロディック・ブラックメタル、ソニックのライブアルバム。2012年作
本作は歴史的意義を含む二.二八事件の舞台となった醒靈寺で行われた2011年のライブを収録。
美麗なシンセを含んで激しく疾走するサウンドはCradle of Filthを思わせる荘厳なシンフォブラックの質感に
アジアンな土着性が加わった独自のもので、ライブでのタイトな演奏力はアルバム以上の迫力をかもしだしている。
野外ということでドラムの音も含めてやや輪郭がぼやけた音質だが、それもかえって神秘的な臨場感に包まれている。
Disc2はTakasago Armyの全曲を演奏。激しくもドラマティックな楽曲が、よりパワフルに展開されてゆく様は圧巻だ。
付属DVDの映像を見れば、バンドのヴィジュアルも含めていっそう楽しめるだろう。
ドラマティック度・・9 ライブ演奏・・8 音質・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

ChthoniC「Bu Tik 武徳」
台湾のエクストリームメタル、ソニックの2013年作
今作も台湾の歴史をテーマにした作品で、民族的な香りただようイントロから始まり、
激しく絶叫するヴォーカルとメロデス的なギターリフを乗せて、重厚なサウンドを聴かせる。
ブルータルな疾走もありつつ、オーケストラルなアレンジの美しさが、もの悲しい情緒になっていて
アジアンな旋律が印象的に耳に響いてくる。ギターの奏でるフレーズや、厚みのあるコーラスなどにも
前作以上に民族的な色合いを覗かせ、バンドとしてのアイデンティティを強く感じさせる仕上がりとなっている。
アグレッシブな勢いとアジアンなテイストを見事に融合させた、このバンドならではの強力作です。
ドラマティック度・・8 アグレッシブ度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


CHTHONIC 「演武」
台湾のエクストリームメタル、ソニックのライブ作品。2014年作
いまやアジアを代表するバンドの、2013年台北市でのステージをCDとDVDに収録。
2011年作「高砂軍」、2013年作「武徳」からの楽曲を中心に、迫力あるフレディのデスヴォイスを乗せ、
メロデス的な激しさと民族的なメロディを融合させた独自のサウンドは、ライブ演奏でもその実力を見せつける。
観客の盛り上がりとともに、熱いMCを挟みながら、戦争と史実をテーマにしたドラマティックな楽曲は、
ゲストによる采風楽坊(女子十二楽坊みたいな?)による演奏で、中華メロディをふんだんに取り入れつつ
アルバム以上の説得力と勢いある音圧で描かれてゆく。CD、DVDともにイントロを入れて全9曲で43分と
ボリューム的にはやや物足りないが、その分、濃密な迫力とともに最後まで飽きずに楽しめる。
紅一点、Doris嬢のベースプレイとその美しいおみ足も含めて(?)ファンは必見といえるかと。
ドラマティック度・・8 ライブ演奏・・8 濃密度・・8 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る


Cold Northern Vengeance 「Maelstrom」
アメリカのペイガン・ブラックメタル、コールド・ノーザン・ベンジェンスの2015年作
ギター、ベース、シンセ、ヴォーカルをこなすマルチプレイヤーHEATHEN氏を中心にした、
90年代ブラックメタルを受け継ぐようなツインギターのリフに朗々としたヴォーカルを乗せた、
ミステリアスでダークな世界観を描くサウンド。随所に激しいブラスト疾走も含ませつつ、
基本はミドルテンポ主体で、暴虐さよりもドゥームブラック的な重厚さを感じさせる。
最近のSATYRICONなど、重々しいダークメタルが好きな方は気に入るかもしれない。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 重厚度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Monument」
ノルウェーのメロディックブラック、コル・スコルピの2009年作
ツインギターにシンセを含む6人組で、メロディックなギターフレーズと北欧的な叙情を匂わせつつ、
美麗に聴かせるスタイル。音は比較的軽めで、ツインギターの泣きの旋律をたっぷりと含み
シンセやピアノによる美しいアレンジとともに疾走、暴虐さよりむしろクラシカルで優雅な感触が前に出ている。
メロデスでいうとEMBRACEDあたりに通じる美へのこだわりがあって、シンフォニックな耳心地の好作品だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 美旋律度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る





CRADLE OF FILTHVempire or Dark Fairytales in Phallustein
イギリスのシンフォニックブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスの1996年作
今や世界的な人気を誇るこのバンドだが、日本盤が出る2ndまでは、まだまだマニアックな存在であった。
本作は1994年のデビュー作から2ndへとそのサウンドのクオリティを上げてゆく過渡期の作品であるが、
初期の荒々しい激しさと耽美な叙情性が合わさっていて、個人的には大好きな作品だ。
とくにクレイドル最高の大曲である“Queen of Winter,Throned”の素晴らしさは必聴級で、
緩急のついた展開力と、たたみかける疾走感、そして耽美で幻想的な世界観に浸れる。
エロティックなジャケのインパクトとともに、ミニアルバムとはいえ濃密な傑作である。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 幻想美度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CRADLE OF FILTH「Dusk and Her Embrace」
イギリスのシンフォニックブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスの2nd。1996作
壮麗に聴かせるシンフォニックなシンセワーク、ヴァンパイアをテーマにした耽美な世界観、
そして絶叫としわがれ声を巧みに使い分けるヴォーカルのダニ・フィルスの存在感。
あらゆる点で1stからスケールアップを遂げ、本作ではその激烈かつドラマティックなサウンドに
説得力を付加し、闇の幻想美を彩っている。たとえば、ノルウェーのバンドとは異なるベクトルで
ブラックメタルをエンターテイメントミュージックにまで仕立て上げたこのバンドの功績は大きい。
現在におけるシンフォニック・ブラックシーンの発展の布石ともなった傑作といっていいだろう。
そして次作「Cruelty And The Beast(鬼女と野獣)において、彼らはその地位を不動のものにする。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 幻想美度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CRADLE OF FILTH「BITTER SUITES TO SUCCUBI」
英国のメロディックブラックメタルバンド、クレイドルオブフィルスの2001年作
新曲6曲に過去のリメイク曲3曲、カヴァー曲1曲という構成で、
相変わらずの高品質な激烈かつドラマティックなブラックメタルサウンド。
彼らの場合は、エンペラー、サテリコンなどとは異なり、その暴虐さにはキャッチ―なエンターテイメント性がある。
それが「ブラックメタル」という特異なジャンルにおいても、彼らが決してアンダーグラウンドには走らず、
万人に向けた 「ホラー映画的な娯楽性」をまとった音にして、構築している所以だろう。
そういう意味で、彼らの「恐怖というものを演出」する手腕は見事という他はない。
もはやここまでくるとこれは、デス/ブラック嫌いの人間でも聴けるA級の音楽とさえいえる。
メロディアス度・・8 ドラマティック度・・9 暴虐度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

CRADLE OF FILTH「LIVE BAIT FOR THE DEAD」
イギリスのシンフォニック・ブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスのライブアルバム。2002作
「MIDIAN」発表後の2001年の地元イギリスでのライブ音源。
Disc1は過去のアルバムからの楽曲も多く取り入れながらの13曲を収録、
私の好きなミニアルバム「VAMPIRE」からの大曲「QUEEN OF WINTER THRONED」が嬉しい。
暴虐に疾走しつつも演奏力は確かで、ライブでのダニのVoの表現力もさすがに見事。
来日時同様にサラ嬢のコーラスも効果的で、シンフォニックな部分と激烈な部分のバランスの良さに、
改めてこのバンドのセンスの良さが知れる。音質がややラウドなのが惜しいがファンならば楽しめるだろう。
2枚組みのDISC2では、デモバージョンや別ミックスバージョンなどが収められていて
こちらはデジタリーなダンスミックス曲などもあってちょっとびっくり(^^;)これはこれで面白いが。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 ライブ演奏・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で購入

Cradle of Filth「Lovecraft & Witch Hearts」
英国のシンフォニック・ブラックメタル、クレイドル・オブ・フィルスのベストアルバム。2002年作
世界的なメジャーバンドとなった彼らの1996年から2000年までの楽曲と、リミックス曲を収録したCD2枚組。
シンセによる美麗なアレンジとダニ・フィルスの強力なわめきヴォーカルを乗せて疾走、
ヴァンパイアなどの、ホラーやゴシックロマン的な耽美な世界観を融合させたサウンドは、
2nd「Dusk and Her Embrace」で完成し、次作「Cruelty And The Beast(鬼女と野獣)で人気を決定的なものとした。
やはりこの時期のサウンドには、いくぶん粗削りの勢いと、ややつたないながらもB級ホラー的な雰囲気があって、
クレイドルといえばこの頃が一番良い。CoFを初めて聴くという方にも勧められる初期のベストアルバムである。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 初期クレイドル度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CRADLE OF FILTH「DAMNATION AND A DAY」
英国が誇るヴァンパイア・ブラックメタラー、クレイドル・オブ・フィルスの5th。2003年作
今作では本格的にオーケストラを導入し、初期に比べてサウンドの荘厳さがアップ。
暴虐かつシンフォニックな世界観は、クレイドル節そのもので、従来からのリスナーには
とくに新鮮味は与えないかもしれないが、彼らの音を初めて聴くという方は、この完成度に衝撃を受けるはずだ。
とくにダニ・フィルスのヴォーカルはいっそう表現力を増しており迫力充分。
間奏を含めて全17曲、77分というコンセプト作で、もうお腹いっぱいである。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 世界観完成度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で購入

CRADLE OF FILTH「NYMPHETAMINE」
イギリスのシンフォニック・ブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスの6rh。2004作
前作で完全にメジャーバンドとしての地位を築いた彼らが次にどんなアルバムを作るのか非常に気になっていたが、
蓋を開けてみると、思っていたよりも、かつての暴虐性と分かりやすい疾走感を取り戻していた。
オーケストラ入りで壮大だった音を気に入っていた方には少々不満かもしれないが
3rd「CRUELTY AND THE BEAST」あたりが好きなら、「おお、戻ってきたか」と思うだろう。
2本のギターによるスラッシーなリフの気持ちよさはここ数作では最高の出来だし、
疾走のみに頼らないメタリックな質感は、シンフォブラック初心者のメタラーにも勧められる。
女性Voをメインにした曲や、間奏部でのたおやかなピアノパートなど、新しい試みもあり、
ジャケやブックレットなどにおけるエロティシズム、耽美的な精神性をも含めて、トータルな完成度が光る。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

CRADLE OF FILTHThornography
英国のシンフォニック・ブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスの7th。2006作
前作「Nymphetamine」において、装飾を極力減らし初期の突進力を復活させた彼らだが
メンバーチェンジを経ての本作もその流れに乗った、ある種のメタリックなシンプルさを追求した作品だ。
全盛期に比べると、バンドの顔であるダニのVoも、楽曲そのものの迫力もやや減退しているのは否めず
ブラックメタルとしての大仰さよりも、普遍的なメタルサウンドとしての要素が強く出ているような気がする。
メンバーの交代のせいもあってか、ギターのサウンドの軽さも気になるし、リフ自体にも面白みはない。
とても聴きやすくなってしまった。肝心の彼ら独自の血みどろの世界観が、今のこの音からは見えて来ない。
美も醜もどちらも中途半端な印象。年を経たヴァンパイアはすでに魔力を失いつつあるのだろうか…
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CRADLE OF FILTH「Godspeed on the Devil's Thunder」
イギリスのシンフォブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスの2008作
本作は「青ひげ」のモデルともなった、ジル・ド・レイ男爵をテーマにしたコンセプト作だ。
前作の出来がどうもドライで中途半端な印象であったのだが、今回は大仰さが復活。
シンフォニックかつ暴虐に疾走するサウンドは、まさにクレイドル節炸裂であり、
歴史的なコンセプトによるダークで荘厳な香りと、そのドラマティックな世界観は、
かつての「鬼女と野獣」を彷彿とさせる、血塗られた暗黒のロマンを感じさせる。
新加入のドラマーもテクニック的に優れており、リズム面でのダイナミックさを引き立て、
ダニ・フィルスのヴォーカルも年季の入ったシアトリカルな声の使い分けがやはり見事だ。
耽美な血の匂いと、映画的ドラマ性で聴かせる傑作。ここ数作では最高の出来だろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 ドラマティック度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Cradle of Filth「Darkly Darkly Venus Aversa」
イギリスのブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスの2010年作
デビューから15年以上、一貫してその耽美な世界観とともに、高品質のブラックメタル作品を
作り続けてきたこのバンド、一時期の中庸ぶりを吹き飛ばす傑作となった前作に続き、
本作もまた見事な出来である。壮麗なシンセワークとともに強烈なブラストビートでたたみかけながら
絶妙のブレイクで切り返す、緩急をつけた楽曲構築はまさにクレイドル節炸裂というところ。
全盛期に比べれば、ダニ・フィルスの絶叫ヴォーカルは迫力を落としたようにも感じられるが、
サウンド自体には衰えはなし。美しさと激しさ、荘厳さを兼ね揃えて突っ走る。妖艶な女性コーラスも含めて
世界観の構築には隙がない。お決まりの高品質といえばそれまでだが、これぞクレイドルという力作である。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Cradle of FilthMidnight In The Labyrinth
英国のヴァイパイア・ブラックメタル、クレイドル・オブ・フィルスの2012年作
過去の楽曲をオーケストラアレンジした作品で、ギターや激しいドラムは入らず
まるでホラー映画のサントラのような感触。ヴォーカルパートもときおり入るが
基本的にはインストメイン。女性声による語りなどはいかにも耽美なホラー系の雰囲気で、
メタル度は薄いのだが、こういうサントラものだと思えばBGM的に楽しむことはできる。
シンフォニック度・・8 メタル度・・2 サントラ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Cradle of Filth「The Manticore & Other Horrors」
英国のヴァンパイアメタル、クレイドル・オブ・フィルスの2012年作
10作目となる本作は、前作、前々作の充実ぶりを引き継いだ濃密な作風で
シンフォニックなイントロから始まり、オーケストラルなアレンジとともに激しく疾走する
クラシカルな優雅さも含ませながら、彼ららしい耽美で激烈な世界観は不変である。
バンドの顔であるダニのヴォーカルの迫力が、かつてよりはいくぶん弱まった気もするが、
随所に叙情的なギターメロディを配したり、緩急のついたアレンジ力はベテランならでは。
もはや、ブラックメタルというよりは、耽美なホラーメタルというべきだろう。力作であるのは確かだ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


Cradle of Filth 「Hammer Of The Witches」
イギリスのヴァンパイア・ブラックメタル、クレイドル・オブ・フィルスの2015年作
1994年デビュー、すでにキャリア20年を誇るベテランとなったこのバンド。11作めとなる本作は
女性Vo&ハープ奏者を含む6人編成となり、のっけから激しいブラストでたたみかける強力なサウンドを聴かせる。
ダニのヴォーカルも一時期よりも迫力が戻ってきていて、高音の絶叫はまさにクレイドル節である。
随所にツインギターのメロディや美麗なシンセワーク、女性コーラスなどもアクセントになっていて、
緩急の付いたリズムチェンジとともに、ドラマティックでシアトリカルなシンフォニック・ブラックが楽しめる。
20年にわたってクオリティの高い荘厳な作品を作り続ける、まさに世界最高のエクストリーム系バンドのひとつだろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 クレイドル度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

CRADLE OF FILTH「HEAVY LEFT-HANDED & GANDID」
英国のシンフォニック・ブラックメタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスのライブDVD。
彼らの地元でのライブ映像12曲に、新曲のビデオクリップ、その他、映像特典多数の内容。
まず、ライブの方はやはり安定した演奏力による見事なステージ。特に目を引くのがVoのダニの表現力で、
高音の絶叫から囁き声、低目の語りやデス声まで変幻自在。またドラムの実力も相当なもので、激速ブラスト〜スローテンポ〜三連という
起伏の多い展開を見事な手数の多さでこなす。ギター、キーボードの重ねや、そこに絡む女性コーラスなど
アレンジ面でもそつがなく、この手のシンフォニックブラックメタルとしてはやはり最高レベルだと頷ける出来だ。
異形の美女がステージに現れたりして、邪悪で耽美な雰囲気作りに一役買っている。
PVはサイコホラー的な作りで、ギャグとホラーの境目を行くようなB級映画的なイメージングだが、
それもまた楽しい。このビデオクリップ、「残酷バージョン」と「さらに残酷バージョン」の2通りが入っていて
見比べてみるのも面白い。血みどろのスプラッタシーンや裸がいっぱい出てくる(笑)。その他のボーナスとして、
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」をもじったような、深夜の森でのロケ映像やメンバーのフォトやインタビューなど、満載の内容でお腹いっぱい。
ビデオクリップ・・7 ライブ映像・・8 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

CRADLE OF FILTHPeace Through Superior Firepower
英国のヴァイパイア・ブラックメタラー、クレイドル・オブ・フィルスのライブDVD。
すでにベテランの域に入りつつあるこのバンド、人気の方はまだまだ衰え知らずのようだが、
個人的にはかつてのようにあまり彼らのサウンドに熱狂できなくなったのはどうしてだろう。。
演奏で目立っているのは正確なブラストを叩き出すドラムと、女性コーラスのサラ嬢の美声くらいで、
肝心のダニのVoは、さすがに長年の活動で喉を使いすぎたのか以前にライブで見たほどの迫力はない。
またギタリストのセンスと実力が並程度である点も、アルバムで聴く以上の高揚感を楽曲に感じない要因か。
ステージ上には着ぐるみの怪物や、綱を登る美女、巨大な人形などが現れ、趣向が凝らされているが、
それらもこけおどしでしかなく、やや太り気味のダニの姿は、ビジュアル面でも全盛期は過ぎたかという印象。
ライブ映像よりは、むしろダークで耽美、背徳感のあるビデオクリップの方が楽しめた。
DVDとしては、以前に出た「Heavy Left Handed & Candid」の方が勢いがあって出来がよい。
ライブ映像・・7 ライブ演奏・・7 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


CRAVING 「At Dawn」
ドイツのヴァイキング・デスメタル、クラヴィングの2013年作
ブラストを含む激しい疾走感に、ヘヴィなギターリフと低音のデスヴォイスで聴かせるサウンド。
楽曲はブルータルな激しさに包まれていて、ほとんどデスメタルのような雰囲気なのだが、
随所にツインギターの叙情フレーズやノーマル声によるパートも挿入されて、
ケルティックなフォークメタル風味も覗かせる。武骨な荒々しさで突進する迫力は
この手のバンドの中でも強力な部類だろう。暴虐なペイガンデス。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 ヴァイキング度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Crest of Darkness「The Ogress」
ノルウェーのシンフォ・ブラックメタルバンド、クレスト・オブ・ダークネスの2nd。1999作
CONCEPTIONのBとDrが在籍するバンドで、うっすらとしたシンセをバックに
ミステリアスな雰囲気で疾走するブラックメタルサウンドであるが、
PALE FORESTのクリスティン嬢がゴシック風味の美声を聴かせてくれたり、かと思えば、
ゲスト参加のKAMELOTのロイ・カーンが歌うと、メロパワ的な質感もあったりする。
ブラックとして聴くにはややまとまりに欠けるが、ジャンルにこだわらず楽しめる方はどうぞ。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Crimson Shadows「Kings Among Men」
カナダのメロディックスピード(デス)メタル、クリムゾン・シャドウスの2014年作
Dragonforceばりに疾走するスピーディなメロスピと咆哮するデスヴォイスを乗せたメロデス要素が融合、
ツインギターの叙情メロディやノーマルヴォイスも含んだ聴きやすさもある高品質なサウンドだ。
若手らしいピロピロ感と勢いの良さが魅力的で、爽快なスピード感とメロディのバランスもよい。
全体的にブルータルな激しさよりもキャッチーなメロディアス性が前に出ているので、
メロデスというには「デス風味もあるメロスピ」として聴くのがよいのかも。どの曲もドラフォーばりに
しっかりとメロディックなフックがあり疾走しまくり。濃密でありながら爽快、クオリティが高い力作です。
メロディック度・・8 疾走度・・8 メロデス度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Crom Dubh 「Heimweh」
ドイツのブラックメタル、クロム・ダブの2015年作
アナログ感あるトレモロのギターリフに、ダミ声ヴォーカルを乗せて疾走する、
オールドスタイルのプリミテイブなブラックメタルサウンド。適度に叙情性を含んだギターリフが、
ポストブラック的でもある感触になっていて、ダークであるがどこかマイルドな聴き心地。
いわばAlcestが、本気でブラックメタルをやっているというような感触もあって、
激しさと不穏な空気感の中に優雅な叙情が混ざり合ったサウンドが楽しめる。
ミドルテンポや3拍子のナンバーなども、メロウなギターとトレモロのリフなどで
かなりメロディアスに味わいだ。これぞポストブラック風味のメロブラといべき力作です。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

CROWN OF AUTUNM「The Treasures Arcane」
イタリアのシンフォニックブラックメタルバンド、クラウン・オブ・オータムのアルバム。1997作
のっけから壮大きわまりないイントロには思わず「おおっ!」となるが、
曲が始まると録音のチープさも手伝って、スカスカのドラムにややげんなり。
メンバーは二人で、ドラマーはセッションメンバーという編成。
音は疾走しながらもヴァイキングメタル風のメロディが顔を出すというタイプで、
美しいシンセのメロディなどには聴くべきものがあり、中世的な雰囲気も悪くない。
これで音質がちゃんとしていれば、もっと音に説得力が出たはずなのが惜しい。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 サウン度・・6 総合・・7


Cryptic Wintermoon「Age of Cataclysm」
ドイツのシンフォニック・ブラックメタル、クリプティック・ウインタームーンの2004年作
女性シンセ奏者を含む6人組で、美麗なイントロに続き曲に入ると、DIMMU BOGIRタイプの
比較的正統派のシンフォブラックで、この手のマイナーバンドにしてはなかなか質も高い。
どこかもっさりとした音作りも含めて、ペイガンメタル風の幻想的な雰囲気もあって、
美しいシンセをバックにした勇壮なコーラスなどもいい感じだ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ペイガン風味度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Cryptic Wintermoon「Of Shadows.....and The Dark Things You Fear
ドイツのシンフォニック・ブラックメタル、クリプティック・ウインタームーンの2005年作
女性シンセ奏者を含む6人組で、メロディックなギターリフで疾走する古き良きメロブラのスタイル。
シンセによるシンフォニックな味付けが入ると、初期のDIMMU BORGIR風味もある
ドラムを含めて音の軽さがマイナー臭をかもしだしていて、辺境ペイガン・ブラックとしても聴ける。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 辺境風味度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


CURSE「Void Above Abyss Below」
アイスランドのブラックメタル、カースの2011年作
ダミ声ヴォーカルとアナログ的なギターリフで聴かせるブラッケン・ロール的なサウンド。
ブラストビート的な激しさはなく、適度な疾走感にミドルテンポの部分もけっこうあるので、
むしろオールドなデスロールとしても聴ける。まったくもって愛想のよくない音なのだが、
この無情な雰囲気が得体の知れぬ黒さを生み出している。ストーナー色も感じさせる異色作。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 デスロール度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



D

DARK AGE「The Silent Republic」
ドイツのメロデスバンド、ダーク・エイジの3rd。2002作
メロデスといえば北欧なのだが、スラッシュとパワーメタルの地であるドイツからこの手のバンドが現れた。
とはいっても彼らのサウンドスタイルはIN FLAMESともCHILDREN OF BODOMとも異なり
もう少し荒々しいメタルの根源的な攻撃性を感じるもので、北欧勢のような叙情性はない。
むしろかつての80年代のスラッシュ、パワーメタルバンドのようなガリガリした感触で
その辺が甘いメロディに慣れた若いメロデスファンには違和感があるかもしれない。
ときおりメロウなフレーズを奏でるギターや、バックのうっすらとしたキーボードはなかなか良いものがある。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 メロデス度・・7 総合・・7.5


Darkestrah 「Manas」
キルギスタンのペイガン・ブラックメタル、ダーケストラの2013年作
うっすらとしたシンセアレンジと、女性によるダミ声ヴォーカルを乗せてブラスト疾走、
緩急のついた楽曲とともに、土着的な神秘性を感じさせる世界観を描いてゆく。
激しく疾走する部分にはプリミティブ・ブラックとしての原初的な闇を感じさせつつ、
スローパートでは包み込むようなシンセによる叙情性も魅力的だ。
7〜10分の大曲を中心に、スケール感のある作風を聴かせる力作ブラック。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ミステリアス度・・9 総合・・8





DARK FUNERALThe Secrets of the Black Arts
スウェーデンのブラックメタルバンド、ダーク・フューネラルの1st。1996作
今やスウェディッシュブラックメタルのベテランとなったバンドだが、彼らの記念すべき1stがこれ。
今よりも音質はくぐもっていて、それがいかにもブラックメタルらしい雰囲気をかもしだしている。
音の方は、DISSECTIONの1stにも通じる疾走感と、ツインギターによるリフが案外聴きやすい。
3rd以降はなくなった薄暗さがあるのもいい。北欧メロブラの原点の1枚として聴く価値のあるアルバム。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 北欧メロブラ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK FUNERALVobiscum Satanas
スウェーデンのブラックメタルバンド、ダーク・フューネラルの2nd。1998作
前作よりもさらに激しさを増し、ツインギターのトレモロリフを乗せて激烈にブラスト疾走しながらも、
随所にメロディックな質感も甘すぎない程度に残している。真性ブラックメタルの闇の美学を感じさせる世界観が
しっかりとした演奏力をともなってその音の迫力をぐっと強めてきている。暴虐な疾走感と北欧らしいダークな湿り気、
本作は、まさに90年代スウェディッシュ・ブラックの傑作のひとつといえる出来だろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 疾走度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

DARK FUNERAL「DIABOLIS INTERIUM」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ダーク・フューネラルの3rd。2001作
このバンドの特徴は、やはりキーボードを使わず二本のギターのみで流麗なメロディを生み出しているところ。
随所にDISSECTIONばりの叙情的なギターフレーズが光っていて、ブラストしまくる暴虐サウンドなのにとても聴きやすい。
スウェーデンではMARDUKと並んで真性メロブラとしては高品質なバンドだろう。むしろ聴きやすさではこちらか。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 疾走度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

DARK FUNERAL「Attera Totus Sanctus」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ダーク・フューネラルの4th。2005作
MARDUKとともにスウェディッシュブラックシーンを牽引するバンド。
今回は、前作3rdよりはメロディが抑え目になり、その分暴虐さがアップという印象。
たたみかけるブラストビートの嵐に咆哮するヴォーカル…これぞ真性の凶暴さ。
聴きやすさ、メロディのギター煽情度という点では前作の方が好みだが、
炸裂する邪悪さを味わいたければ今作もどうぞ。音もいいので安心して聴ける。
メロディアス度・・7 暴虐度・・9 疾走度・・10 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


DARK LUNACY「DEVOID」
イタリアのデスメタルバンド、ダークルナシーの2001年作。
生の弦楽四重奏入りという売り文句通り、ヴァイオリンが大胆にフィーチュアされたサウンドで、
ヘヴィなギターリフで激しくたたみかけるデスメタルパートから、唐突なクラシカルパートへと移行する
その極端さがなかなか面白い。基本は低音デスヴォイスを乗せた古き良きデスメタルなので、
最近のモダンなバンドが好きな方にはむしろ古臭く感じられるかもしれないが、ときに男女混合コーラスも入ったり、
艶やかなストリングスとともに聴かせる優美な叙情性は、このバンドならではの大きな武器だろう。
あとは、クラシックとデスメタルサウンドとの融合を自然なアレンジで聴かせられれば、そらにひとつ皮がむけるだろう。
クラシカル度・・7 暴虐度・・7 叙情度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

DARK LUNACY「FORGET ME NOT」

イタリアの管弦入りデスメタルバンド、ダーク・ルナシーの2nd。2004年作
1st「DEVOID」の時点では管弦楽隊を導入した、という部分のみで注目されていたものの、
曲の方は普通のデスメタルに所々管弦パートを入れたという印象で、まだ楽曲には不融合感があった。
今回はヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、オーボエが奏でるメロディがデスサウンドの上に乗せられている。
ブラックメタル的な劇速パートに管弦メロディが重なると、ある種の奇妙な浮遊感が生まれ
やや強引ながらも、そこにある種の格調高さをともなった特異な雰囲気を作り出している。
デスメタルとしての演奏の力強さも増していて、説得力という点でも一段上にきた。
また管弦隊だけでなく、ピアノや女性Voを織りまぜるなど、叙情性という面でも向上が見られる。
クラシカル度・・8 暴虐度・・8 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

DARK LUNACYThe Diarist
イタリアのメロデスバンド、ダーク・ルナシーの3rd。2006年作
デビュー時は管弦楽入りのデスメタルということで、話題を呼んだバンドだが、
前の2作はそのストリングスを除けば楽曲自体の魅力にはやや乏しかった。
第二次大戦中のロシア、レニングラードの戦いの悲劇をテーマにした本作では、
ギターによるメランコリックなフレーズや、バックのコーラスワーク、そしてシンセによる
オーケストラアレンジなどがサウンドに説得力を与えていて、重厚な雰囲気を生み出している。
テーマがテーマだけに全体に漂うもの悲しさはある種ゴシックメタル的でもあり、
ときおり挿入されるロシア語の語りなども、映画的なビジュアライズを効果的に果たしている。
ただの管弦入りデスメタルバンドが、それから脱却して歩み始めた見事な一作だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 メランコリック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Dark LunacyWeaver Of Forgotten
イタリアのメロデスバンド、ダーク・ルナシーの4th。2010年作
2nd「FORGET ME NOT」、3rdThe Diaristと見事な傑作を作り上げた彼らだが、本作では
リーダーであるマイク・ルナシー以外のメンバーががらりと変わり、サウンドにもずいぶん変化が見られる。
まず、シンプルなリズムとメロデスというよりはむしろゴシックメタル的な耽美な雰囲気で、
クラシカルなピアノやシンセによるシンフォニックなアレンジとともに、じっくりと聴かせる作風になった。
前作までが好きな方には微妙だろうし、ヘヴィロック調のモダンさもいまひとつ気に入らないが、
ゲストによるストリングスは艶やかで美しく、これはこれでそう悪くはない好作品だと思う。
シンフォニック度・・8 メロデス度・・7 ゴシック風味度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK LUNACY 「The Day Of Victory」
イタリアのメロディックデスメタル、ダーク・ルナシーの2015年作
前作はゴシックメタル的な作風に変化していて賛否両論であったが、5作目となる今作では
かつてのアグレッシブな疾走感を取り戻し、ブルータルに疾走するデスメタル要素に
メランコリックな叙情とドラマテイックな展開力を加えた、このバンドのスタイルが帰ってきた。
ロシアの文学や歴史をテーマにした重厚な世界観に、勇壮なクワイアやオーケストラルなアレンジも含んだ
シアトリカルかつ耽美な聴き心地で、単なるメロデスバンドの域を超えたシネマティックな香りに包まれている。
激しいだけでなくスローやミドルテンポのパートでも、どっしりとした荘厳な空気が音の説得力となっていて、
メロディックなフックは希薄ながら、迫力あるサウンドが聴き手を飽きさせない。じつに硬派の力作デス。
ドラマティック度・・8 重厚度・・9 荘厳度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Dark Mirror Ov Tragedy
韓国のシンフォブラックメタルバンド、ダーク・ミラー・オヴ・トラジェディーの2004作
ジャケはいかにもマイナー臭いのだが、音の方はなかなか壮麗なシンフォブラック。
クラシカルなピアノに導かれて曲が始まると、美しいシンセをバックに疾走、
ダミ声ヴォーカルの絶叫と、メロウなフレーズを奏でるツインギターもいい感じで、
クオリティとしては日本のTYRANTや台湾のChthoniCあたりにも負けていない。
とくに静寂パートでの美しさは特筆もので、物哀しさを漂わせる叙情美は
シンセ奏者のセンスの良さか。インスト3曲を含め全7曲で35分余りはやや物足りないが、
ラスト2曲はそれぞれ7分を超える曲で、起伏に富んだ展開でドラマティックに聴かせる。
SAD LEGENDOATHEANに続く韓国産ブラックの若手として期待したい。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 叙情美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Dark Mirror Ov TragedyPregnant of Despair
韓国のシンフォブラックメタル、ダーク・ミラー・オヴ・トラジェディーの2011年作
2004年の1stもなかなか美麗なシンフォブラックであったが、本作は7年ぶりの2作目。
耽美なイントロに続き、いきなり10分を超える大曲で、シンフォニックなシンセと
流麗なフレーズを奏でるツインギター、ダミ声ヴォーカルの絶叫を乗せて疾走する。
ストリングスの音色がもの悲しい静寂パートなどを織り込みながら、
ドラマティックに構築されるサウンドは、暴虐さよりも耽美さが前に出ていて、
日本のSERPENTなどにも通じるような聴き心地である。美しさに磨きがかかった力作だ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Darkness Ablaze
ドイツのメロディックデスメタル、ダークネス・アブレイズの2008年作
ツインギターにシンセ奏者を含む6人編成で、美麗なイントロ曲から耽美な雰囲気を漂わせるが、
2曲目はザクザクのギターリフを乗せて激しく疾走する、デスラッシュ風味のサウンドになる。
低音デスヴォイスとダミ声を掛け合うヴォーカルは迫力十分で、ギターはわりとリフ主体であるが、
調所にメロディックなフレーズも覗かせつつ、シンフォニックなシンセアレンジが楽曲を彩る。
突進する激しさの一方で、メロディックなインスト曲などは叙情的で、この路線でいってもいいような気もする。
ラストのナンバーなどは、重厚なミドルテンポからの激しい疾走という緩急のあるアレンジで楽しめ、
メロディの扇情力も上々だ。このレベルの楽曲を増やせば今後さらに期待できるバンドになるだろう。
メロディック度・・7 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Dark Ring 「Reborn from the Inferno」
中国のシンフォニック・ブラックメタル、ダーク・リングの2013年作
ツインギターに女性シンセ奏者を含む6人編成で、美麗なイントロ曲から始まり、
きらびやかなシンセとダミ声ヴォーカルを乗せて聴かせる正統派のシンフォブラック。
激しいブラスト疾走も含みつつ、ギターは随所にメロディックなフレーズを奏で、緩急のついた楽曲展開なども
なかなか堂に入っている。同じく中国のScreaming Saviorや、韓国のDark Mirror Ov Tragedyあたりに
通じる雰囲気もあるが、こちらの方がいくぶんローカルで、いわばより古き良きシンフォブラック色を感じさせる。
現時点ではこれという個性は薄いのだが今後に期待のバンドです。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Darkthrone 「Transylvanian Hunger」
ノルウェーのブラックメタル、ダークスローンの4th。1994年作
BURZUMとともにノルウェィジャン・ブラックのアンダーグラウンドシーンの代表格。
健全なリスナーはこのジャケだけで多分引いてしまうだろうが、サウンドの方も凄いです。
こもりまくりの音質で単調なギターリフとダミ声を乗せて疾走するという、
真性ブラックメタラー以外にゴミと思われても仕方がないような代物。
しかしながら、じっくり聴いていると寒々しい北欧の空気が感じられるような、
メロディックというか叙情的なコード進行がしだいに耳に心地よくなってくるのです。
まさに地下臭ただようブラックメタルの本質が味わえる1枚。
ドラマティック度・・7 暗黒度・・8 音質・・5 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

DarkthronePanzerfaust
ノルウェーのブラックメタル、ダークスローンの5th。1995年作
基本は前作からの延長上の、疾走するストレートなブラックメタルサウンドであるが、
トレモロピッキングのギターリフのメロディックな感触と楽曲の出来という点ではこちらが上だと思う。
音質もいくぶん良くなっていて、アンダーグラウンドな妖しさも残しつつ、むしろ一般のブラクメタラーには
聴きやすくなったといえるだろう。ブラッケン・ロール的なノリやスローテンポの曲などもあって、
案外バラエティに富んだ曲調が楽しめる好作品だ。再発盤はドラムのFenrizの楽曲コメントの入ったボーナスCD付き。
ドラマティック度・・7 暗黒度・・8 音質・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


DARK TRANQUILLITYSkydancer
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク・トランキュリティの1st。1993年作
現在はびこる全てのメロディックデスの元祖的存在であり、私にメロデスの世界を教えてくれた歴史的傑作。
激しい荒々しさと疾走につぐ疾走に北欧のもの悲しいメロディ折り込んだ、この1stこそが我が最高作なのである。
とにかく、ツインギターによる北欧的な叙情美を、ここまでデスメタルサウンドに融合させたのは
彼らが初めてであったし、その激しさと美しさに当時の私は激しく魅了されたのだ。
バンドは3rd以降、少しずつ方向性を変えてゆくが、このデビュー作は今なお輝きを放っている。
再販盤にはミニアルバム「Of Chaos and Eternal Night」の4曲をボーナスで収録。
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 歴史的偉業度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK TRANQUILLITYThe Gallery
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク・トランキュリティの2nd。1995年作
1stの衝撃から2年、当時は待ちに待って発売日に入手したというダートラの代表作である。
なんといっても、1曲目“Punish My Heaven”のインパクトであろう。北欧らしいツインギターのリフと
慟哭のヴォーカルを乗せて激しく疾走、そしてリズムチェンジからのメロディックなフレーズには大いにしびれたものだ。
おそらく、ダートラと聞いて多くの方が思い浮かべるのがこの曲であり、メロデスの金字塔ともいうべきナンバーだろう。
その後も、叙情的なフックを聴かせる佳曲がたっぷり。この後は3rd〜5thまで方向性に悩むような低迷期が続くが、
本作の輝きはメロディックデスメタルの黄金期の傑作として、これからも語り継がれてゆくだろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 名作度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

DARK TRANQUILLITYProjector
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク トランキュリティの4th。1998作
前後の3rd「The Mind's I」、5th「Haven」がどちらも微妙な出来だったこともあって、この4thはずっとノーチェックでした。
いわゆる彼らがゴシック的な手法を取りはじめたアルバムということもあって、当時は賛否両論だった記憶があります。
のっけから耽美な雰囲気で始まり、その後もかつてのような激しい疾走ナンバーはいっさいなし。
シンセや女性コーラスを使用するなど、ゴシック調のアプローチはあるが、かといってゴシックメタルになりきれず、
全体的にも浮遊感のある「ゆるさ」が漂っている。ときおり美しいツインギターの絡みに耳を引く部分はあるものの、
やはり途中で退屈になってしまうのは否めず。どうにも中途半端なもどかしさが残る。
定型のメロデスサウンドから脱却をはかろうとする、彼らの試行錯誤が始まったアルバムともいえる。
メロディアス度・・7 メロデス度・・7 ゴシック風度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK TRANQUILLITY「Damage Done」
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク・トランキュリティの6th。2002作
「projector」「HAVEN」と個人的には煮え切らないアルバムが続き、ダートラはもう終わりだと思っていたが、
彼らはどっこい生きていたのであった。本作はその前2作の流れを汲みつつも、演奏にはアグレッシブな硬質感が増し、
メロデス的なツインギターの煽情メロディを乗せて疾走する。かつてよりはややモダンになったが、
まさにダートラ復活ののろしである。適度にシンセを取り入れたアレンジで、メランコリックな質感をともないながら
重厚かつドラマティックに聴かせる。これが次作「CHARACTER」へと続くのである。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 メラコンリック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK TRANQUILLITY「CHARACTER」
スウェーデンのメロディックデスメタルド、ダーク・トランキュリティの7th。2005作
北欧メロデスの元祖として登場しながら、一時期ゴシックメタル的なサウンドに変化し
その方向性に迷いを見せていた彼らだが、前作「Damage Done」からかつての勢いを取り戻し、
続く本作では1曲目からアグレッシブな疾走感とともに、迷いのない勢いを聴かせてくれる。
デスラッシュ的な硬質感とともに激烈に疾走しつつ、彼ららしいメランコリックなメロディを乗せ、
そこにミカエル・スタンネの迫力あるデスヴォイスが咆哮を上げる。
シンセによる味付けなど、曲によっては以前のゴシック的要素を上手く取り込んでいて、
モダンなヘヴィさともにダークなドラマ性を感じさせるダートラサウンドはここに健在だ。
次作「Fiction」において、この路線は綺麗に完成されるが、純粋な勢いの点では本作か。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 これぞダートラ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK TRANQUILLITY「Fiction」
スウェーデンのベテランメロデスバンド、ダーク・トランキュリティの2007作
今作では初期にあったメロデス的なツインギターの絡みも戻ってきていて、なかなか聴きやすい。
Keyが正式メンバーになっていることもあり、これまでになくバックのシンセが
ゴシックメタル的にメランコリックな空気を生み出しているのもポイント。
反面、綺麗になりすぎたサウンドにはデスメタル的な破壊力は薄く、マイルドでモダンな質感とともに、
悪い言い方をすると、タイトル通り「出来の良い作り物」感が漂ってしまっている。
曲としてのフック、メロディの魅力という点では近作では最高といえそうだが。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 哀愁度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK TRANQUILLITY「Yesterworlds」
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク・トランキュリティの初期音源集。2009作
デビュー前の1991年のデモ、1992年のEP、2nd発表前の1994年のデモ、その他未発曲という全10曲を収録。
個人的にはダートラの最高作は1st「Skydancer」であり、その激しくも美しいサウンドは
それまでのデスメタルには存在しなかった感覚であった。ここで聴けるデビュー前のデモは
やや荒々しい演奏で疾走する楽曲に、かすかにメロディを感じるフレーズを盛り込んだもので、
当然ながら1stアルバムほどの完成度はないものの、メロデスとしての最初の萌芽が感じ取れる。
1994年のデモはミニアルバム「Of Chaos and Eternal Night」へとつながる音源で、
バンドの最初の絶頂期。ツインギターによる叙情フレーズが絶品の“Away,Delight,Away”、
そして2nd「The Gallery」の冒頭を飾る名曲“Panish My Heaven”のデモは感涙もの。
最近の綺麗なメロデスから入った若いリスナーには、ここに収められた荒々しいサウンドは
むしろ驚きだろうし、初期ダートラを愛するリスナーには充分聴く価値ありの音源だ。
メロディアス度・・7 初期メロデス度・・8 貴重音源度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK TRANQUILLITYWhere Death Is Most Alive
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク・トランキュリティのライブアルバム。2009作
90年代初頭、メロデス黎明期にデビューし、IN FLAMESやAT THE GATESなどとともに北欧メロデスを牽引してきたこのバンド。
次々に現れる若手バンドたちに混ざって、こうして堂々たる存在感を持ち続けているというのは本当に素晴らしいことだと思う。
このライブで聴けるサウンドは、初期の勢い溢れるサウンドとはやや異なるものの、
それでもギターのみで表現する叙情と激しさをそなえた、まぎれもない北欧メロデスのスタイルであり、
その変わらぬ姿勢には心から敬意を表したくなる。ゴシックメタル的なメランコリズムも含めて、
重厚かつドラマティックな楽曲演奏が、CD2枚に渡って存分に楽しめる。音質も良好。ダートラ初心者の方も聴いてみるといい。
ドラマティック度・・8 重厚メロデス度・・9 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARK TRANQUILLITY「We Are the Void」
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク・トランキュリティの2010作
6th「Damage Done」から再びアグレッシブなメロデスに立ち返り、7th「Character」、8th「Fiction」と
質の高い作品で着実にファンを広げてきた。ライブアルバムを挟んでの本作は、
モダンな雰囲気にやや面食らうがツインギターのリフで疾走するダートラサウンドは基本的には変わらず。
ゴシック風味のメランコリックな叙情を織り込んだ楽曲は、メロデスというには激しさが足りないが、
適度なシンセアレンジとともに、聴きやすくマイルド構築されている。なかなかの力作だ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 メランコリック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Dark TranquillityConstruct
スウェーデンのメロディックデスメタル、ダーク・トランキュリティの2013年作
1993年にデビューした彼らも、すでに20年のベテラン。10作目となる本作も前作でのメランコリックな叙情を重厚に描き出す、
いわばゴシック・メロデスという雰囲気。楽曲はミドルテンポ主体ながら、ツインギターのリフとフレーズが巧みに絡み合って、
適度な緊張感を生み出していて、そこに乗るミカエルのヴォーカルも、深みのあるしゃがれ声というような、
さすがの存在感をかもしだす。もの悲しい叙情に包まれながら、ときにかつてのような疾走感も加わったりして、
マイルドすぎず、激しすぎずという絶妙のバランスである。ベテランらしい説得力が詰まった力作といえる。
ドラマティック度・・8 メランコリック度・・8 ゴシック・メロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


DARK TRANQUILLITY「LIVE DAMEGE」
スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、ダーク・トランキュリティのライブDVD。
2002年、ポーランドでのライブ映像にドイツ、ギリシャでのブートレッグ映像にビデオクリップという内容。
1st「SKYDANCER」2nd「THE GALLERY」までは、私にとって最も好きなメロデスバンドの1つだった。
しかし、3rd「THE MIND'S EYE」以降は失速し、その後「PROJECTOR」「HAVEN」と発表するも、
そのサウンドはすでにメロデスとしての疾走感を放棄し、どちらかというとゴシックメタル的な曲調になっている。
数年前、CHILDREN OF BODOMと共に来日した時は、楽しみにして見に行ったものだが、
チルボドの素晴らしさに比して、こちらダートラの方はまったく退屈だった、という記憶がある。
このDVDを見ても、ゴシックメタルとしてはメロディの煽情性に欠け、当然デスとしての突進力もない、
どうにも中途半端な位置に彼らはいるように思える。当然ながら、最新作「DAMEGE DONE」からの選曲が多いのだが、
ここで曲を聴いても、さしてCDを買いたいとは思わないのは曲に魅力がないということ。
かろうじて2ndの名曲「PUNISH MY HEAVEN」にだけはかつての興奮が甦ったが、
全体としては曲調、演奏ともに飽きがくる内容で、自意識過剰気味のVoも、なんだか気に食わない(笑)。
ボーナスのブートの方は、映像、音声ともにイマイチで、当然であるがおまけ以上のものではない。
ライブ映像・・7 ライブ演奏・・7 楽曲・・6 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


DARZAMAT「IN THE FLAMES OF BLACK ART」
ポーランドの男女Voゴシック・ブラックメタルバンド、ダルザマットの1st。1996作
打ち込みのドラムにキーボード、ゴシック的な耽美性とシンフォニックさをもった曲調に、
ブラックメタル的激烈性を加味したサウンド。ソプラノ女性Voが歌うパートはほとんどゴシックメタルのそれだが、
ダミ声Voによる疾走パートもある。全体的にはどちらかというとゴシック寄りか。
ブラックとゴシックの両方がやりたかったのだろうが、どうも中途半端な印象。
雰囲気は悪くはないので、今後はどちらかにゆくのかはっきりしてもらいたい。
シンフォニック度・・7 ゴシック度・・7 暴虐度・・6 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARZAMAT「IN THE OPIUM OF BLACK VEIL」
ポーランドの男女Voゴシックメタルバンド、ダルザマットの6曲入りミニ。1999作
詳細は不明だが、録音時が1997-1998となっているので1st以前の音源だろうか。
「IN THE FLAMES OF BLACK ART」の時点ではゴシックとブラックの中間という感じで
どことなく散漫な印象だったのだが、このミニを聴くかぎり壮大なシンセと女性Voによる
なかなか説得力のあるゴシックメタル。個人的にはこのミニCDの路線が好きだった。
シンフォニック度・・8 ゴシックメタル度・・8 女性Vo度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARZAMAT「Transkarpatia」
ポーランドのゴシック・ブラックメタルバンド、ダルザマットの4th。2006作
のっけから荘厳なイントロで始まり、シンフォニックなキーボードで疾走、
ダミ声ヴォーカルにからむ女性Vo…という感じで、デス/ブラックとしての分かりやすさが増している。
音の厚みの点ではシンフォニックデス的なものがあるので、ゴシック嫌いの人にもいけそうだが、
反面、ポーランド特有の翳りを期待すると、その部分では物足りなさも残る。
全体的にもはやゴシックメタルとは呼べそうもないサウンドだが、完全にそうした部分が消えたわけではなく
ときおり女性Voメインの耽美な雰囲気のパートもあり、これはこれでなかなか出来がよろしいと思う。
シンフォニック度・・8 ゴシック度・・7 女性Vo度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Darzamat「Solfernus' Path」
ポーランドのゴシック・ブラックメタルバンド、ダルザマットの2009作
以前からゴシックとブラックの中間というサウンドで質の高い作品を作っていたこのバンド、
5作目となる本作でついに日本デビューを飾った。シンセ入りで重厚にたたみかける楽曲に
男女Voの歌声を乗せて、耽美かつ激しく疾走。DIMMU BOGIRばりの雰囲気がありながら、
女性ヴォーカルをメインに聴かせるシンフォニックなパートもあり、ゴシックメタルリスナーにも
鑑賞に耐えうるだろう。ブラックメタル的な暗黒性といくぶんモダンなヘヴィさが増したことで、
ゴシック風味のシンフォブラックというべき音になったかもしれない。重厚でシンフォなゴシブラ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ゴシック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


DAWN 「Naer Solen Gar Nider For Evogher」
スウェーデンのブラックメタル、ダウンの1994年作
IN FLAMESの名曲“Stand Ablaze”を歌っていたことでも知られるヘンクを擁したバンドで、
ダミ声ヴォーカルとツインギターによる土着的な旋律を乗せてブラスト疾走するサウンドは、
いかにも90年代の香りを漂わせている。楽曲は5〜7分と、当時のバンドにしては比較的長めで、
リフレインされるトレモロのリフが耳に心地よく、いまあらためて聴くと、シンプルなスタイルながら
この古き良きメロブラサウンドが新鮮に感じもする。リマスターにより音質もいくぶん良くなった。
激しさの中にも北欧的な薄暗い叙情を感じさせる、90年代メロディック・ブラックの好作品である。
メロディアス度・・8 古き良きブラック度・・8 北欧度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


DAWN 「Slaughtersun - Crown Of The Triarchy」
スウェーデンのブラックメタル、ドーンの1998年作
IN FLAMESの名曲“Stand Ablaze”を歌っていたことでも知られるヘンクを擁したバンドで、
北欧らしい土着的なギターフレーズたっぷりの作風で1stもなかなかの好作であったが、
本作もトレモロ系のツインギターの旋律とともに激しくブラスト疾走するスタイル。
楽曲は8〜11分台とより長くなり、随所に緩急をつけたリズムチェンジも含めて、
ドラマティックな仕上がりになっている。最近のバンドに比べれば派手な盛り上がりなどはないので
長尺感を覚えるところもあるのだが、そこも含めて楽しめれば、マイナー系北欧ブラックの力作と言えるだろう。
メロディック度・・8 暴虐度・・8 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Dawn of RelicLovecraftian Dark
フィンランドのメロデスバンド、ドーン・オブ・レリックの2nd。2002年作
激しさだけでなくミドルテンポでじっくりと聴かせるドラマティックな雰囲気に、
AT THE GATES的なギターリフで疾走する曲もあり、なかなか高品質なメロデスだ。
やはり新世紀以降のバンドということで、CHILDREN OF BODOMからの影響も思わせる
モダンさが随所に感じさせるが、昨今のバンドのようにシンセに頼りすぎず、
ギターリフを主体に叙情を聴かせようというスタイルにはなかなか好感がもてる。
ノーマル声を使ったり女性ヴォーカルを盛り込んだ曲など、ゴシッタメタル的アプローチもあり、
バンドとしての引き出しの多さも感じさせる。なお本作は怪奇作家ラブクラフトをコンセプトにした作品らしい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Dead Shape Figure「The Grand Karoshi」
フィンランドのメロデスラッシュバンド、デッド・シェイプ・フィギュアの2008年作
ザクザクのギターリフで激しく疾走しつつ、ときおりメロディックなフレーズを盛り込んだスタイルは
モダンなメタルコア風味も含めてSOILWORKのデスラッシュ版という感じもある。
ギターのセンスもなかなかで、あるいは初期のARCH ENEMY好きにも楽しめるかもしれない。
曲調がやや一本調子なのが残念だが、サウンドの質の高さは一線級である。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 モダンデスラッシュ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Deafheaven「Roads to Judah」
アメリカのポストブラックメタル、デフヘヴンの2011年作
フランスのALCESTあたりを思わせる癒し系のブラックメタルで、
トレモロ風のギターフレーズの重ねによるゆったりとした情感から、ブラストビートで激しく疾走。
音自体はとても激しいのだが、そこにあるのは怒りではなく嘆きや悲しみで、マイナー調のフレーズと
泣きを含んだトレモロリフが聴き手の涙腺を刺激する。楽曲は10分前後と長く、全4曲で38分というのも、
デビュー作にしてはなかなか思い切っている。耳心地のいい悲しみの叙情ブラックサウンドに泣きましょう。
メロディアス度・・8 泣きの叙情度・・8 激しくも悲し度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る



DEAFHEAVEN
「SUNBATHER」
アメリカのポストブラックメタル、デフヘヴンの2013年作
前作はALCESTあたりを思わせる、癒し系のブラックメタルサウンドであったが、
2作目となる本作も、トレモロのギターリフを乗せて激しくブラスト疾走しながらも、
もの悲しい浮遊感を描くような聴き心地で、耳触りのよい叙情的な作風である
10分以上の大曲を構築するだけの知的なセンスも有していて、スローパートなどを盛り込んだ
メリハリのつけ方もなかなか巧みである。ポストブラックというものを知らない方にもお薦めできる好作品。
ドラマティック度・・7 激しさ度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3




Deafheaven 「New Bermuda」
アメリカのポストブラックメタル、デフヘヴンの2015年作
Alcestに通じる癒し系ブラックとして人気が上がり始めているこのバンド、3作目となる本作は、
8〜10分の大曲5曲という構成で、のっけからこれまでにない激しいブラスト疾走に圧倒される。
トレモロリフとダミ声ヴォーカルを乗せてたたみかける、ブラックメタルらしさという点では前2作を上回りつつ、
随所に叙情的なパートも盛り込まれたメリハリのある聴き心地で、その独自のサウンドに磨きがかかっている。
ときに荘厳なスケール感をまとわせつつ、激しさと繊細な叙情のバランスをセンス良く落とし込んだ、
ブラックメタル、ポストブラック、双方のファンにアピールする見事な力作だ。
ドラマティック度・・8 けっこうブラック度・・8 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



DEATHSPELL OMEGASi Momentum Requires, Circumspice」
フランスのブラックメタルバンド、デススペル・オメガの3rd。2004作
ジャケからしてカナーリ不気味なのであるが、音のほうはしごくまっとうなブラックメタルです。
基本はプリミティブなスタイルで、シンフォニックな装飾はほとんどなし。
うねるようなギターリフとダミ声で突っ走りつつ、ときに緩急を効かせたり
宗教色のある荘厳な雰囲気をかもしだしつつ、「本物」の香りを漂わせています。
北欧の真性ブラック勢に比べると、音に感じる冷たさはさほどなく、人間的で暖かい(というのもおかしいが)気もします。
全13曲、77分の力作で11分の大曲もあり、プログレッシブというか、むしろポストロック的な壮大さも感じます。
昨今のバンドに飽きてきた方は、原初的なブラックメタルの王道を継承している彼らのサウンドに接してみるのもよいかも。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 壮大度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Desaster「Arts of Destruction
ドイツのブラックメタル、デザスターの2012年作
オールドスタイルのアナログ感を漂わせて疾走する暴虐なサウンド。
ガナリ声ヴォーカルとともにブラスト疾走しつつも、ギターリフやフレーズには
随所にメロディックな感触もあり、ダーティな荒々しさとスラッシーな部分を残している。
ブラッケン・ロールというか、ブラッケン・スラッシュというか、なかなか格好いい作品だ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 アナログ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


DESULTORY「Counting Our Scars」
スウェーデンのデスメタルバンド、デザルトリーの復活作。2011年作
90年代北欧のデスメタルバンドの中でも知る人ぞ知るという存在で、1994年の2ndは聴いた記憶があるが、
さして印象には残っていない。本作のサウンドは、まさに古き良きスラッシュ風味のデスメタルで、
随所に叙情的なメロディを取り入れつつも、決して甘すぎないのがポイント。
若いリスナーがいわゆるメロデスと聞いて想像するのとは違うもので、むしろ北欧デスラッシュとして聴くと、
とてもいい感じである。オールドなメタルブームが来ている昨今においては、意味のある復活作だ。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 オールドなデスラッシュ風度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Destroy Destroy Destroy「Devour the Power」
アメリカのメロデスバンド、デストロイ・デストロイ・デストロイの1st。2006作
ヴォーカルの声質も含めて、初期のCHILDLEN OF BODOMを思わせる作風だが、
先に聴いていた2ndに比べて、こちらはもっとモダンなコア要素が強い。
シンセによる味付けが音の粗さをおぎなっているが、基本的なメロディそのものが弱いため、
何度も聴きたくなる魅力はまだない。今後はなにかひとつ武器を見つけないと厳しいだろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 新鮮度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Destroy Destroy DestroyBattle Sluts」
アメリカのメロデスバンド、デストロイ・デストロイ・デストロイの2nd。2009作
インパクトのあるバンド名とジャケから、一部ではすでに前から話題になっていたバンド、
大仰なイントロに引き続き、勇壮なギターリフとシンフォニックなシンセとともに、
エピックな質感を撒き散らしながら疾走開始。チルボド的な華麗なメロデスと
モダンなコア要素が合体したサウンドは、個性的とは言えないがとても高品質。
ときにブラックメタル的なブラストやヴァイキングメタルちっくなメロディも出てきたりと、
節操のなさもいかにもアメリカの若手っぽい。真価が問われるのは次作以降か。
メロディアス度・・8 疾走度・・8 楽曲・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Devilment 「The Great & Secret Show」
イギリスのシンフォニック・ホラーメタル、デヴィルメントの2014年作
Cradle of Filthのダニ・フィルスを擁するバンドで、ツインギターに女性シンセ奏者を含む6人編成。
サイバーなアレンジを含んだモダンなヘヴィネスとホラー映画的な世界観が合わさった雰囲気で、
クレイドル同様、低音から絶叫までこなすダニのヴォーカルがシアトリカルなサウンドを描いてゆく。
ミドルテンポ主体なので荘厳な邪悪さというのは感じないが、聴きようによっては激しさを薄めたCOFという感じもする。
全体的にはメロディのフックが物足りないのと、個人的にはシンセ&コーラスのローレン嬢の活躍を増やしてもらいたい。
ドラマティック度・・8 モダンヘヴィ度・・8 シアトリカル度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Diabolical Masquerade「NIGHTWORK」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ディアボリカル・マスカレードの3rd。1998作
シンフォブラックの隠れた傑作とされている本作は、KATATONIABiackheimによる
一人プロジェクトバンドで、今作のゲストにはEDGE OF SANITYDan Swanoが参加。
楽曲は疾走のみに頼らず、楽曲はミドルテンポやゆるやかなパートを盛り込んだ、
知的な構築センスとメロディによる非常に高品質なもの。暴虐さよりは美しさにこだわっていて、
ときにギターがクサいほどのメロディックなフレーズを奏で、そこにしっとりとしたシンセが加わると
なんともいえない暗く美しきドラマティックさが垣間見える。90年代のメロブラとしては名作といってよい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


Diabolical Masquerade 「Death's Design」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ディアボリカル・マスカレードの4th。2001作
詳細は不明ながら、どうやら映像作品のサウンドトラックとして作られた作品らしい。
前作「NIGHTWORK」はメロディアスかつ質の高い楽曲で、シンフォブラックの隠れた名作だったが、
今作もEDGE OF SANITYのダン・スヴァノが参加しており、単なるブラックを超えた異色作となっている。
なにせトラックが61もあるので、次々に場面が変わってゆき、気づいたら10曲め…ということに(笑)
クラシカルでオーケストラルなシンセアレンジを取り入れつつ、ときに暴虐に、ときにシンフォニックにと、
目まぐるしく展開してゆく楽曲はプログレッシブで、EDGE OF SANITY「Crimson」にも通じる感触だ。
ときおり聴かせるキャッチーなまでの叙情性も含めて、じつにメリハリに富んだ43分間。まさにサウンドトラック・ブラックメタル。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 プログレッシブ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


Diesear 「Ashes of the Dawn」
台湾のメロディックデスメタル、ディエシアーの2014年作
ツインギターのリフと吐き捨てるデス声を乗せて疾走する、オールドスタイルのデスメタルで、
甘すぎないメロディアス性を含んだところは、90年代の北欧メロデス系バンドに通じる聴き心地。
楽曲は3〜4分台と比較的シンプルであるが、アジア系のバンドとしてはテクニック面も含めて、
サウンドの迫力もしっかりある。感触としてはメロデスというよりは、むしろデスラッシュに近いかもしれない。
台湾のメタルといえば、Chthonicが有名だが、このバンドも若手としては非常に有望株だと思う。
メロディック度・・7 疾走度・・8 むしろデスラッシュ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る




DIMMETION ZERO「SILENT NIGHT FEVER」
IN FLAMESのイェスパー率いるデスラッシュバンド、ディメンション・ゼロの2001作
IN FLAMESよりもずっと疾走感のあるアグレッシブなサウンドで、ザクザクのリフで疾走する。
どの曲も3分前後と短く、ギターソロ等はほぼまったくないという潔さ。
あくまでリフ主体で疾走しながら、ときおりAT THE GATES的なメロディも感じさせる。
分かりやすく言うと、北欧デスラッシュ、メロデス風味といったところか。
もう少し作り込みが欲しい気がするが、イェスパーの片手間バンドにしておくのは惜しい。
メロディアス度・・7 疾走度・・9 単純明解デスラッシュ度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


DIMMU BORGIR 「For All Tid」
ノルウェーのブラックメタル、ディム・ボガーの1st。1994年作
いまやブラックメタル界を代表する存在となったこのバンドの記念すべきデビュー作。
美しいシンセによる長めのイントロ曲から、ツインギターのリフとダミ声ヴォーカルを乗せ、
北欧らしい寒々しい叙情を描くようなサウンドが広がってゆく。楽曲はミドルテンポ主体で、
随所に疾走パートもあるものの暴虐な激しさは控えめで、むしろゴシック的な耽美さを感じさせる。
後の作品のような荘厳な迫力というものはまだないが、ぼんやりとした幻想的な空気感は、
案外のんびりとした心地よさがありますな。どことなくヴァイキングメタル的な土着性もあって、
激しいブラックが苦手な方にも楽しめるだろう。美しくなったBURZUMという感じも少しある。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 ダークな叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

DIMMU BORGIRSpiritual Black Dimensions」
ノルウェーのブラックメタル、ディム・ボガーの4th。1999年作
初期のディム・ボガーは疾走感とサウンドの迫力という点ではいまひとつだったのだが、
本作では美麗なシンセアレンジを含んだシンフォニックな聴き心地と、ブラスト疾走する邪悪な激しさが
ひとつ説得力を増してきたという印象だ。お得意のリズムチェンジからの緩急の付いた叙情性と
ドラマティックな構成力も光っていて、バンドとしての最初の傑作というべき内容に仕上がっている。
これぞシンフォニック・ブラックメタルのスタンダードというような、初心者にも入りやすい作品だろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

DIMMU BORGIR「PURITANICAL FUPHORIC MISANTHROPIA」
ノルウェーのブラックメタル、ディム・ボガーの5th。2001年作
前作でこの手のシンフォニックブラックとしては最高品質のサウンドを作り上げた彼ら。
今作でもすっかりゴージャスなアレンジ能力を身に付けた高クオリティのブラックメタルが満喫できる。
OLD MAN'S CHILDのG、元CRADLE OF FILTHのDrが加わり、音の厚みもいっそう増した。
激速で暴虐なのにメロディアスでシンフォニックという点でも非常に明快で、ドラマテイックな聴き心地。
真性すぎないエンターテイメント・ブラックメタルとして、クレイドルとの二大巨頭時代は今後も続きそうだ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る 

DIMMU BORGIR「DEATH CULT ARMAGEDDON」
ノルウェーのブラックメタルバンド、ディム・ボガーの6th。邦題「最終戦争讃歌」。2003年作
シンフォニックでありながらブラックメタルとしての暴虐さを保ったそのサウンドは、
アルバムごとに着実にクオリティを上げてきており、その美と醜の均衡はまったく見事なほど。
今回は楽曲に本物のオーケストラを導入しており、音の荘厳さと説得力は否が応にも増している。
緩急の効いた切り返しの多い曲をこなすメンバーの技量は見事だが、それに加えて
キーボード、オーケストレイションのアレンジの質もいっそう上がっているように思う。
クオリティとしてはCRADLE OF FILTHと並び立つと同時に、ブラックメタルとしての音の迫力では
ついに彼らを上回ったという印象。名実ともにドラマティックブラックの頂点に立った。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・9 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入

DIMMU BORGIR「Stormblast」
ノルウェーのシンフォニックブラックメタルバンド、ディム・ボガーの2005年作
1996年の2ndアルバムを新たにリレコーディングしたもので、2004年のOSSFESTのライブ映像入りDVD付き仕様。
かつてオリジナルの方を聴いたときは、けっこうショボめの音だったという記憶があるが、
リレコーディング効果で荘厳さがぐんとアップ。寒々しく暴虐な雰囲気にも説得力が増した。
これはまさに現在の彼らが昔に立ち返ったかのごとき、シンフォニックブラックサウンドである。
こう聴くと初期は北欧らしいメロディのヴァイキングメタル寄りのサウンドだったのだと分かる。
ドラムにはHellhammer(MAYHEM〜ARCTURUS)が参加。さすがの切れ味のドラムを聴かせる。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 北欧ヴァイキングメロ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DIMMU BORGIR「In Sorte Diaboli」
ノルウェーのシンフォブラックメタルバンド、ディム・ボガーの8th。2007作
前作「Stormblast」のリレコーディングアルバムから、レコーディングメンバーとなった
ヘルハマー(MAYHEM、ARCTURUS)が今回もドラムを叩き、今作は人間とサタン、
キリストとの関係を黒魔術をまじえて描いた、中世を舞台にした濃密なコンセプト作となった。
音の方は疾走のみに頼らない重厚な曲調が特徴的で、その中にあっても、
やはりヘルハマーのドラムのパワフルかつグルーブのある存在感は素晴らしい。
直接的な派手さよりも、匂い立つような荘厳な邪悪さと叙情の立ち込めるサウンドは、
年季をへたベテランバンドのみが作り出せる説得力に満ちていて、ぐいぐいと引き込まれる。
ブックレットの豪華さも、この中世暗黒絵巻に入り込むための重要な要素になっており、
アルバムパッケージとして、ある種映画的なまでの世界観の演出にも成功している。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 重厚度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DIMMU BORGIR「Abra Hadabra 」
ノルウェーのブラックメタルバンド、ディム・ボガーの2010年作
名実共に北欧シンフォニックブラックの頂点に君臨するこのバンド、本作はいつになくクラシカルかつ美麗なイントロで幕を開け、
その後はいつものような暴虐さを覗かせつつも、今回はよりシンフォニックな美しさが際立っている。
コンセプチュアルな荘厳さに包まれていて、むしろCradle of Filthにも近づいたような雰囲気もある。
本物のストリングス隊を使っているので、バックを彩るオーケストラの説得力も見事で、男女コーラスなどが加わると
THERION
などにも通じるスケール感がある。前作の重厚な邪悪さも捨てがたいが、このシンフォニック路線も素晴らしい。
ブラックメタルとして激しさもしっかりと残しながら、より多くのリスナーにアピールする一枚だ。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・7 荘厳度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DIMMU BORGIR「WORLD MISANTHROPY」
ノルウェー出身のシンフォニック・ブラックメタルバンド、ディム・ボガーのライブDVD。2枚組。
2001年のライブ映像と、バックステージ、インタビュー、ビデオクリップといった内容。
ライブでのパフォーマンスは安定しており、シンフォニックなキーボードの味付けと暴虐パートの切り返し、
という極端さを有効に生かし「聞かせ所」をつかんだ演奏はさすがという感じ。
CRADLE OF FILTHのニコラスの手数の多いドラムもバンドのサウンドに違和感なく溶け込んでいる。
しかしステージのプロフェッショナルぶりに比してバックステージ映像の下品なこと。
ある意味見るに耐えないような(ゲロやケツ丸出し、便器etc..)場面や、自己満足的なジョーク映像、
それに練習風景などは、この手の雰囲気モノバンドのスタンスとして見せるべきでない気もした。
まあ、おそらくメンバーなどにはかつてのダーティなロックンローラー気質というものがあるのだろうが、
ライブシーンの合間に毎回入れるほどの価値はないと思う。ライブ映像もフラッシュ効果のせいで画面がせわしなく、目が疲れる(^^;)
ライブ演奏・・8 ライブ映像・・7 バックステージ・・2 総合・・7
Amazon.co.jp で購入


Direwolf「Beyond the Lands of Human Existence」
アメリカのプログレッシブ・ブラックメタルユニット、ディアウルフの2007作
Vo、G、B、Key、プログラミングをこなすマルチプレイヤー、Direwolf氏の一人ユニットで
打ち込みドラムによる変則リズムにスペイシーなシンセとギターを乗せた、
プログレッシブでシンフォニックなサウンド。ブラストも入って激しく疾走しつつも
打ち込みなのであまりヘヴィにはならず、むしろプログレッシブな浮遊感を漂わせている。
テクニカルなギターフレーズとシンセが絡み、語りのようなヴォーカルが加わると
なかなか個性的なサウンドになる。ARCTURUSあたりが好きなリスナーは聴いてみて損はない。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 スペイシー度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Disarmonia Mundi「Fragments of D-Generation」
イタリアのメロデスバンド、ディサルモニア・ムンディの2nd。2004作
ひと言で言うとSOILWORK的なモダンなヘヴィネスで聴かせるメロデス。
ヘヴィさとメロディを同居させた流麗なギターワークを軸に、きらびやかなシンセや
デス声とノーマル声を重ねて、メタルコア的にカッチリと構築したサウンドは
目新しさはないものの、質の高さの点では最近のバンドではピカイチと言っていい。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 モダン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DISARMONIA MUNDI「Mind Tricks」
イタリアのメロデスバンド、ディサルモニア・ムンディの3rd。
この手のメロデスはいいかげん飽和状態にあるので、新鮮味はもはや皆無。
要はどこまでクオリティと説得力を上げられるかが勝負になる。その点ではこのバンドは、
疾走感、突進力、メロディの質、曲アレンジの総てにおいて、このスタイルのパイオニアであるSOILWORKよりも上をいった。
デス声で暴虐に疾走しつつも邪悪感は全くないのだが、要はそれはギミックとしてのデスメタルスタイルであって、
それは楽曲アレンジのモダンさとメロディ至上主義にも現れている。ノーマルヴォイスのハーモニーはキャッチーで、
ヨーロッパのみならずアメリカ的なメジャーな部分も感じさせるが、それというのも曲の展開のスムーズさと
イタリアらしからぬ洗練されたアレンジのたまものであろう。ギターメロを活かすバックのキーボードの絡みなども
念入りに作り込まれている。いまさらこの手の音楽に感動はしない私ですらも、全曲を聴き通すことが苦痛ではなかった。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DISARMONIA MUNDI 「Cold Inferno」
イタリアのメロディック・デスメタル、ディサルモニア・ムンディの2015年作
メロデスというよりは、もはやモダンなエクストリームメタルとして扱うべきだと思うが、
本作も激しい突進力とモダンな硬質感、シンフォニックなアレンジが合わさったクオリティの高いサウンド。
ダミ声ヴォーカルをメインに、随所にマイルドなノーマル声も織り込んだメタルコア的な聴き心地で、
叙情的なメロディックなギターフレーズの入れ方もさすがというセンス。メリハリに富んだ構成と
暴虐な激しさとキャッチーさの極端な二面性は、若いリスナーにはとても受けるのだろう。
出来はよいとは思うが、個人的にはとくに興奮することもなく、これというインパクトも感じられない。
メロディック度・・8 暴虐度・・8 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



DISILLUSION「BACK TO TIMES OF SPLENDOR」
ドイツのプログレッシブ・デスメタルバンド、ディスイリュージョンの1st。2004年作
10,分以上の長めの楽曲をセンスあるアレンジで構築する、OPETHあたりに通じる作風で、
プログレ的なテクニカルで知的な部分と暴虐性の同居という点ではEXTOLあたりにも近いか。
盛大にキーボードを鳴らしながら疾走する部分は、シンフォニックブラック的でありながら、
対照的にノーマル声で歌われるスローパートなどでは到底デスメタルとは思えないマイルドさがある。
テクニカルさと突進力、静寂と美と醜と、なんともいろいろな要素を併せ持った不思議なバンド。
取り立てて新しいことをやっているわけではないのに、聴いていて音に引き寄せられるのは
やはりセンスがいいのだと思う。デビューアルバムとは思えない密度と完成度に唸らされた。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 楽曲センス・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

DISILLUSIONGloria
ドイツのプログレッシブ・デスメタルバンド、ディスイリュージョンの2nd。2006作
プログレッシブかつ知的なエッセンスと展開美が実に見事だった1stから、本作はがらりと方向を変えてきた。
のっけからザクザクのヘヴィロック風味で始まり、「いったいどうしたんだ?」と聴き手に思わせつつ、
よく聴くと楽曲にはキラリと光る知的なアレンジが効いていて、モダンさの中に覗かせるProgMetal的なセンスが絶妙。
一筋縄ではいかない思考回路を持つメンバーたちは、聴き手を驚かせつつ、こっそりほくそ笑んでいることでしょうよ。
OPETHにも通じるような前作の雰囲気を気に入っていた人には、この極端な変化はガッカリかもしれませんが、
ちゃんと鑑賞すればサウンドには奥深いスケール感と、コンセプチュアルな知的センスが詰まっていて、
結局お前らはなんなんだ?と唖然としながらも、つい聴いてしまうだけの世界観がある。これはこれで傑作!
ドラマティック度・・8 知的センス度・・9 世界観度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


DISMAL EUPHONYSoria Moria Slott
ノルウェーのゴシックブラックメタル、ディスマル・ユーフォニーの1st。1996作
このバンドのポイントは、やはり男女Voというところとシンフォニックなシンセアレンジだろう。
ゴシック系では珍しくもないが、疾走ブラックメタル系で女性Voがリードをとるバンドというのは
この頃はまだほとんどいなかったと思う。3rd以降はモダンな質感を増してゆくが、
本作はまだ土着的なマイナー臭さの残るサウンドで、プロダクションのせいもあって、
マイナー系ブラック特有のスカスカなチープさをもかもしだしているのだが、
北欧らしい涼しげなシンセアレンジや、効果的に使用されるアコギの上を
ソプラノ女性ヴォーカルが清涼な歌を乗せるのは、なかなか美しいのである。
シンフォニック度・・8 ゴシックブラック度・・8 女性Vo度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DISMAL EUPHONY「All Little Devils」
ノルウェーのゴシック・ブラックメタル、ディスマル・ユーフォニーの3rd。1999作
ジャケはなんだかグロいですが、サウンドの方はむしろ耽美なゴシックメタル風味が強まった。
艶めいた女性ヴォーカルに、ダミ声男性ヴォーカルが絡み、ミドルテンポを主体にした楽曲は、
叙情的なギターフレーズとうっすらとしたシンセアレンジも含めて、ゴシック・メロデスという聴き心地である。
方向性としては、ゴシックにしたいのかメロデスなのか、やや中途半端な感じもするのだが、
メロディの煽情度という点では傑作といってもよい出来だと思う。
メロディアス度・・8 ゴシックデス度・・8 女性Vo度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DISMAL EUPHONY「PYTHON ZERO」
ノルウェーのゴシック・メロデスバンド、ディスマル・ユーフォニーの4枚目。
初期はシンフォニックブラックだったが、前作ではゴシック的なアプローチの傑作であった。
続く今作では、比較的シンフォニックで物悲しい部分は抑えられ、むしろドライなメロデス風味になった。
疾走パートはもちろんデスっぽいのだが、曲によっては非常にメロディアスでキャッチーですらあり、
とくに女性Voがリードをとる曲においては、そこいらのゴシックメタルよりもよほど雰囲気がある。
ジャケのエリマキトカゲの意味が不明なのだが、それなりにクオリティの高い好作ではある。
メロディアス度・・7 ゴシックデス度・・7 女性Vo度・・7 総合・・7


DISSECTION「The Samberlain」
スウェーデンのメロディックブラックメタルバンド、ディセクションの1st。1993年作
北欧メロブラ伝説のバンドであるDISSECTIONのアルバムがリマスターされた。
彼らの持ち味は、昨今のこの手のバンドのようにただ暴虐ブラストで疾走するのではなく、
しっかりとギターがリフを弾き、北欧的なもの悲しい叙情を乗せてツインギターを機能させている点だ。
この1stは、名盤たる2nd「Storm the Light's Bane」に比べれば、音質、演奏ともにやや粗く
曲のアレンジに無駄の多さがあるものの、やはり彼ら独特の薄暗いメロディと疾走感は素晴らしい。
disc2には、未発のライブや、デビュー前のデモやシングルなど13曲を収録。ファンは垂涎。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 北欧叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DISSECTION「Storm of the Light's Bane」
ディセクションの2nd。1996年作
個人的にも、このアルバムは北欧メロデスの金字塔として長年愛聴していた作品で、
名曲“Night's Blood”をはじめ、後のチルボドなどにも影響を与えた、流麗なギターメロディで疾走するサウンド。
曲と演奏のクオリティの高さの点でも、数あるメロデス系バンドのアルバムでもトップの1枚だと思う。
残念ながら、バンドのリーダーであったジョンは、2006年の解散ツアーの後、自殺という形で永遠にバンドを去ってしまったが、
葬送の意味でこのアルバムを聴き返すにつれ、メロディのもの悲しさと、北欧的な暗い叙情性を有した楽曲には、
あらためて彼の音楽センスとその才能が惜しまれる。再発のリマスター盤はCD2枚組み仕様で、disc1にはオリジナルのリマスター音源、
disc2には同オルタナティブミックスに1994年のデモ、ミニアルバム「Where Dead Angels Lie」を収録。disc2でのミックスは、
ややドライなサウンドになっているが、そう大きく雰囲気は変わらないので案外楽しめる。この名盤をまだ聴いたことがないリスナーは即買いだ!
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 北欧的薄闇度・・9 総合・・8.5◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

DISSECTION「LIVE LEGACY」
ディセクションのライブアルバム。2003(録音は1997)作
個人的に2nd「STORM OF THE LIGHT'S BANE」は北欧メロブラの名作であると思うし、
この手のメロディアスブラックの先駆として、CHLDREN OF BODOMなどにも影響を与えていると思う。
そのバンドのライブ音源がいきなり登場。これはバンドの活動再開の前触れなのか?
音のほうは、録音も良好でこのバンドの演奏技術の高さが認識できる。
全7曲というのは少ない気もするが(2ndの名曲"NIGHT'S BLOOD"は聴きたかった)、
まあ1曲自体がけっこう長めのバンドなので、物足りないというほどではない。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 演奏・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で購入

DISSECTION 「The Past is Alive(The Early Mischief)」
スウェーデンのメロブラバンド、ディセクションの初期音源集。
1st以前のデモ音源など13曲を収録。音質は悪いが、当時の彼らの勢いある演奏が楽しめる。
この頃は、まだ後のアルバムに比べてメロディの取り入れかたが中途半端で、
いかにもマイナーなブラックメタル然と疾走するサウンドには、若さと禍々しさが同居する。
後の楽曲の原型ともなる曲もあるが、あくまでマニア向けの音源であるには違いない。
メロディアス度・・6 暴虐度・・8 音質・・5 総合・・7

DISSECTION「REINKAOS」
スウェーデンのメロディックブラックメタルバンド、ディセクションの復活3rd。2006作
北欧メロブラの金字塔となった2nd「Storm the Light's Bane発表後、リーダーのジョンは殺人容疑で逮捕され、
その後バンドは沈黙状態に陥るがジョンの出所とともに復活し、こうして待望の新作を発表した。
サウンドの方は、かつてのように突進する疾走感は薄れていて、ブラックメタルとしての禍々しさを求めてるとやや肩すかしをくらうが
北欧独特のもの悲しい質感を含んだメタルサウンドとして聴けばやはり高品質。
全体的にミドルテンポ主体であるが、ザクザクとしたリフの中にヴァイキングメタル風のメロディを
取り入れたりと、ソングライターとしてのジョンの多様な才能が垣間見える作品だ。
ライブDVDでの最後の雄姿を見るにつけ、未来あるはずだったジョンの自殺はつくづく残念に思う。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 北欧度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DISSECTION「Rebirth of Dissection」
スウェーデンのメロディックブラックメタルバンド、ディセクションのライブDVD。2006作
2nd「Storm of the Light's Bane」を発表後、リーダーのJon Nodtvedtが殺人容疑で捕まり、
バンドは活動停止、服役を終えたJonを待ってバンドは復活、2006年に復活作「Reinkaos」を発表する。
だが、ライブツアーもこなし、これからという時に…Jonは自らの頭を撃ち抜いて自殺をとげた。
このライブ映像は2004年地元スウェーデンでの復活ステージで、これが最初で最後のDVD作品となった。
イントロから続く“Nights Blood”が始まると、もう鳥肌もの。楽曲は激しく疾走しつつもしっかりと美しい展開があり、
メロディックなツインギターの絡みが素晴らしい。JonのVoとギターはブランクを感じさせず、手数の多いタイトなドラムも含め、
バンドとしての演奏力はさすが。ドラマティックな構成を存分に見せつける“Unhallowed”も名曲だ。
北欧らしい土着的なメロディラインとともに、ここまで有機的にツインギターが絡むバンドはなかなかいない。
客席には若いファンの姿も多く盛り上がりもすごい。このバンドの魅力を余すことなく伝えるステージで
これから若いファンなどがもっと増えそうなのだが…それだけに、Jonの早すぎる死はあまりにも惜しい。合掌…
1stからの代表曲“The Somberlain”…間奏部で反復されるギターフレーズ、これってこんなに悲しい曲だったのか。
ライブ映像・・8 ライブ演奏・・9 ツインギター度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る


DIVINE SOULS「EMBODIMENT」
スウェーデンのメロデスバンド、ディヴァイン・ソウルスの1st。2001作
ミドルテンポの曲にメロディアスなツインギターというスタイルで、2nd〜3rdあたりのIN FLAMESに近い。
曲の途中に三連リズムを用いたり、デス声から囁き声までを使い分けるなど、
曲、アレンジともにそこそこのものは持っている。また、メロディの扇情度も高い。
イン・フレイムスみたいな聴きやすいメロデスが好きな人間なら充分楽しめるだろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・6 初期IN FLAMES度・・8 総合・・7

DIVINE SOULS「The Bitter Self Caged Man」
スウェーデンのメロデスバンド、ディヴァイン・ソウルズの2nd。2002作
その昔1stを聴いたときには、初期IN FLAMESを思わせる叙情メロがなかなかだったが、
あまりインパクトはなかった記憶がある。この2ndも基本的には同傾向。
暴虐さは薄めで、ツインギターのメロディで聴かせるサウンドは、ときにキャッチーですらあるが、
楽曲にしてもコンパクトすぎて、いまひとつぐっと来る部分が少ないのはいかんともしがたい。
北欧らしいツインギターのメロディが好きな方なら、聴いてみてもよいかもしれない。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 新鮮度・・6 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る

Domains 「Sinister Ceremonies」
スペインのブラックメタル、ドメインズの2014年作
ジャケからして妖しさがぷんぷんだが、ブラッケンなギターリフに低音デスヴォイスを乗せて激しく疾走する、
オールドスタイルのブラックメタルサウンド。不穏な空気感をまき散らし、デスメタル的な重厚さを含ませた感触は、
中期のBEHEMOTHあたりにも通じるかもしれない。ギターは随所にメロディックなフレーズも奏でるなど、
暴虐なだけではない緩急のついた楽曲アレンジもなかなか見事だ。古き良きブラックメタルとデスメタルを合わせ、
暗黒世界の中にも湿り気を含んだ叙情を匂わせる、高品質なブラックメタルデス!
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 ブラッケン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



DOMINION「Interface」
イギリスのメロディック・デスメタルバンド、ドミニオンの1st。1996作
ツインギターのヘヴィなリフと男女ヴォーカルの歌声で聴かせるサウンドは
メロデス的な叙情性とゴシックメタル的な質感が絶妙にミックスしていて、
年代を考えれば、男女ヴォーカルメタルの先駆け的な作品ともいえるだろう。
メロディアス度・・7 ゴシックメロデス度・・8 男女Vo度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


DRAGOBRATH「And Mountains Openeth Eyes...」
ウクライナのペイガン・ブラック、ドラゴブラスの2008年作
ダミ声ヴォーカルとノイジーなギターリフで聴かせる、プリミティブなブラックメタルに、
土着的なフレーズやうっすらとしたシンセアレンジを加えたというサウンド。
疾走パートもあるがさほど激しくもなく、かといってペイガンな雰囲気もさほどないので
非常に微妙な聴き心地なのだが、ときおりメロディックなギターフレーズが出てきたり、
それなりに楽しめなくもないし、音質の軽さも含めて辺境的な味わいがなくもない。
5曲入りで32分という、ミニなのかフルアルバムなのか、それも微妙な作品。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ペイガン度・・7 総合・・7


DRAGONLORD「RAPTURE」
アメリカのシンフォニックデスメタルバンド、ドラゴンロードの1st。2001作
音の雰囲気はVoの声からしてもどちらかというとブラックメタル的で、バックで鳴っているキーボードの荘厳さと
ゴリゴリのギターリフが対照的。突進力もあり演奏もまとまっていて迫力十分。クオリティは高い。
ただ曲の盛り上げ方、静と動のメリハリという点ではやはりヨーロッパのバンドの耽美センスには届いていないように思う。
メロディアス度・・6 シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 総合・・7

DRAGONLORDBlack Wings of Destiny
アメリカのメロディック・ブラックメタルバンド、ドラゴンロードの2nd。2005作
荘厳なシンセをバックに疾走するブラックメタルサウンドは、前作より音の説得力が増した。
メンバーにTESTAMENTNEVERMOREのギターがいることもあり、
ギターリフはその辺のブラックメタルバンドよりもよほどザクザクとしていて、
北欧的なきらきらとしたシンセとともに、サウンドのクオリティを高めている。
時折聴かせる泣きのギターフレーズもほどよいアクセントになっており、
シンフォブラックとしてもDIMMU BORGIRあたりにも匹敵する出来だろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


DrautranThrone of the Depths
ドイツのペイガンブラックメタル、ドラウトランの2008年作
アコースティックギターにうっすらとしたシンセとドイツ語による語りが乗り、
わめき声ヴォーカルとともに激しいブラスト疾走が始まると、かつてのEMPERORのような
神秘的な世界観と、原初の闇を感じさせるプリミティブな雰囲気がたまらない。
美しいシンセアレンジも含め、激しさの中にも芸術性を含んだ構築センスが感じられ、
女性スキャットの入ったアコースティックな曲など、ペイガンブラック的な土着性もある。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3




DREAMSHADE「What Silence Hides」
スイスのメロデスバンド、ドリームシェイドの2011年作
ツインギターにシンセを含む6人組で、きらびやかな美麗系メロデスをやっている。
ギターリフはけっこう古き良き北欧メロデスの質感もあるが、シンセによる美しさと
あくまでメロディにこだわった質感は、初期COBやEToS、Skyfireあたりに近いかもしれない。
ギターもときに流麗なクサメロを奏でてシンセと絡み、楽曲にはモダンなヘヴィネスと構築性もある。
反面、これだというインパクトはやや弱いのだが、ともかく質の高いシンフォニックメロデスである。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 美麗デス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Dreamshade 「The Gift Of Life」
スイスのメロディック・デスメタル、ドリームシェイドの2013年作
前作はきらびやかなシンセを乗せたシンフォニックなメロデスの高品質作であったが、
2作目となる本作は、ぐっとモダンな感触が増して、いわばメタルコア的な作風に近づいている。
メロディックなギターフレーズに、デスヴォイスにエモーショナルなノーマルヴォイスを混ぜ込んで、
硬質感とキャッチーな感触を同居させたスタイルは、若いメタルリスナーには受けがよいだろう。
楽曲は3〜4分前後とシンプルであるが、ときにメロデスらしい疾走パートも含んだり、
シンセによる美しいアレンジも入ってきて、緩急に富んだ構成力が光る、高品質なアルバムだ。
ドラマティック度・・7 疾走度・・7 モダンメロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Drudkh「Blood in Our Wells」
ウクライナのブラックメタルバンド、ドルドゥクの2006年作
自然との融和を感じさせるアトモスフェリックな作風にヴァイキングメタル的な勇壮さと
土着性を含んだ叙情性、そしてエピックな世界観で聴かせる力作。
10分を超える楽曲には、ときにアコースティカルな要素も取り入れていて、
リフレインの中にもミステリアスなドラマティックさを覗かせる。辺境的な味わいの傑作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 土着度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Drudkh「Estrangement」
ウクライナのブラックメタルバンド、ドルドゥクの2007年作
アナログ感たっぷりの生々しいサウンドの中に、プリミティブな土着性が詰め込まれている。
自然崇拝を思わせる土や風の匂いと、秋の森をさまようような世界観を、
ブラックメタルとしての激しさとアコースティカルな叙情とともに織り込んで、
芸術的なまでの作品を作り上げている。全4曲という構成にはプログレッシブな要素も感じさせ、
邪悪さよりも神秘性を描き出す方法論は、いわば“ネイチャー・ブラック”ともいうべき視点であろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 自然崇拝度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Drudkh 「Microcosmos」
ウクライナのペイガン・ブラックメタル、ドゥルドクの2009年作
これがすでに7作目ということだが聴くのは初めて。ジャケのイメージ通りに
大自然の雄大な空気を感じさせるサウンドで、疾走するパートはそう多くなく、
暴虐性よりも神秘的な世界観を表現している。曲はどれも長く、そういう点でも
Wolves in the Throne Roomあたりに通じる雰囲気がある。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 自然崇拝度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DrudkhHabdful of Stars」
ウクライナのペイガン・ブラックメタル、ドゥルドクの2010年作
反復するギターリフで、ヘヴィさよりも哀愁をかもしだすという手法は、
かつてのBURZUMに通じるものだが、あちらが暗黒地下音楽であるのに対し、
こちらはより自然崇拝的な、風や空気、大地と木々といったものを感じさせる世界観。
今作は星空をテーマに夜の幻想美を描き出しているようで、ゆったりとした叙情パートも多く、
曲も10分以上が普通なのだが、この神秘的で土着的な雰囲気はハマるとじつに心地よい。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DrudkhEternal Turn of the Wheel」
ウクライナのブラックメタルバンド、ドルドゥクの2012年作
アトモスフェリックな作風で大曲を描いてゆく作風はこれまでと変わらないが、
今回は7〜9分と楽曲がいくぶんシェイプされていて、その分ダレずに聴ける。
絶叫ヴォーカルとともに疾走するブラックメタルとしての激しさを保ちながら、
静寂パートを含んだ緩急ある展開とノイジーなギターリフにうっすらとしたシンセを重ねた、
ダークで幻想的な聴き心地は、BURZUMと双璧をなす世界観の強度といってよいだろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 幻想度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る  Amazon.MP3


THE DUSKFALL「FRailty」
スウェーデンのメロデスバンド、ザ・ダスクフォールの2002作
GATES OF ISHTARのドラムを中心としたバンド。
かつてのAT THE GATESIN FLAMESを思わせるオールドメロデススタイルで
スラッシーなリフで疾走しつつ、時折ギターがメロディアスなフレーズを奏でる。
今となっては目新しさのないサウンドだが、クオリティはそこそこ高いので
かつての北欧メロデスの王道を好む向きには勧められる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 オールドメロデス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE DUSKFALL「Source
スウェーデンのメロデスバンド、ザ・ダスクフォールの2nd。2003作
ソリッドなギターリフで疾走するスラッシーなメロデスサウンド。
甘すぎない質感はデスラッシュ的でもあり、メタルコア的にモダンさも垣間見せつつ、
随所には北欧らしい叙情も感じられる。適度なメロディアスさと硬質感で聴かせる好作。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 ギターリフ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE DUSKFALL「Lifetime Supply of Guilt」
スウェーデンのメロデスバンド、ザ・ダスクフォールの3rd。2005作
基本は前作からの流れのデスラッシュ風味のメロデスサウンドだが、
ヘヴィかつモダンなメタルコア質感がいくぶん強まってきている。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 モダンヘヴィ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

The Duskfall「The Dying Wonders of the World」
スウェーデンのメロデスバンド、ダスクフォールの4th。2008作
ずいぶんモダン化していた前作に比べると本作は原点回帰した印象で、
随所にツインギターによるメロデスリフの名残りがあり、疾走する曲はなかなか格好よい。
アメリカのメタルコア勢に比べ、ギターのフレーズにおける叙情性はずっと魅力的だし、
かつてのAT THE GATES風の突進力とともに北欧デスラッシュ的にも楽しめる。
ミドルの曲でもあくまでメロディアスなギターがいい。バンドは本作を最後に解散。
メロディアス度・・8 疾走度・・7 ギターリフ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


E

Ebonylake 「On the Eve of the Grimly Inventive
ノルウェーのプログレッシブ・ブラックメタル、エボニーレイクの1999年作
女性Vo、女性Keyを含む7人組みで、そのサウンドは異常ともいえるような変則クラシカル・ブラックメタル。
男女ヴォーカルのシアトリカルな絡みに、シンセ入りでオペラティックな美しさを垣間見せつつも、
ブラストビートで強烈にたたみかける。そのブラストすらも変拍子という始末だから思わずにんまりだ。
こうしたシアトリカルな手法はゴシックメタル的なのであるが、そこを無理やりブラックにしているのが素晴らしい…
というか変態的だ。レビュワーのM氏が某B!誌で「気持ち悪くて二度と聴きたくない」と書いていたのは、
むしろ変態音楽愛好家には最高の褒め言葉であろう。異形のオペラティック変態ブラックメタル。こりゃ凄いです。
ドラマティック度・・8 シアトリカル度・・8 ヘンタイ度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Ebonylake「In Swathes Of Brooding Light」
ノルウェーのプログレッシブ・ブラックメタル、エボニーレイクの2011年作
1999年に「On the Eve of the Grimly」でアヴァンギャルド・ブラックの極みともいうべき作品で
カルトなヘンタイメタルファンの心を鷲掴みにしたこのバンド、なんと11年ぶりとなる作品が登場。
激しいブラストを織りまぜながら、変則リズムと唐突な展開で聴かせる濃密でシアトリカルなサウンドは
本作でも健在。不穏さをかもし出すエキセントリックなシンセアレンジに、かつてのEMPERORのような
神秘的なギターフレーズと個性的なセンスで、異形のオペラティックメタルというべき世界を描き出す。
9分、10分という大曲もあり、先の読めない楽曲は芸術的な緊張感を漂わせて聴き手を音の渦に引き込んでゆく。
ドラマティック度・・8 シアトリカル度・・8 アヴァンギャル度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Ebony Tears「Tortura Insomie」
スウェーデンのメロディックデスメタル、エボニー・ティアーズの1st。1998作
2nd以降はデスラッシュ的にサウンドへと変化をするのだが、本作で聴けるのは
北欧的な叙情メロディをたっぷりと取り入りれた、しごく正統派のメロデスサウンドだ。
ときにはっとするような土着的なメロディや女性ヴォーカルなども取り入れた楽曲は激しさよりも
ジャケのイメージのような耽美な雰囲気もあって、メロデスが苦手な方などにも楽しめるだろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EBONY TEARS「A HANDFUL OF NOTHING」
スウェーデンのメロデスバンド、エボニー・ティアーズの2nd。1999年作
1stは叙情満載のメロデスサウンドだったのだが、本作はむしろ、AT THE GATESの傑作、
「SLAUGHTER OF THE SOUL」を思わせるような突進型のデスラッシュになっている。
曲もごくシンプルで、日本盤ボーナスを入れても全9曲35分という潔さ。
もちろんギターリフにはメロディを感じさせる部分も多いので聴き心地もよく、
AT THE GATESやTHE HAUNTEDが好きであれば要チェックのアルバムだろう。
ドラマティック度・・8 疾走度・・8 デスラッシュ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Ebony Tears 「Evil as Hell」
スウェーデンのデスラッシュメタル、エボニー・ティアーズの2001年作
1作目はメロディックデスの好作、2作目はAT THE GATESを思わせるデスラッシュ的な傑作であったが、
3作目となる本作は、前作の路線からメロディアス性を抜いたような、硬質なデスラッシュサウンドになっている。
ダミ声ヴォーカルとザクザクのギターリフを乗せて疾走するこのドライな聴き心地は、1st、2ndのファンにすると
やや微妙かもしれないが、迫力のあるスラッシュメタルとしては、それなりに質が高い作品だとは思う。
ドラマティック度・・7 疾走度・・8 デスラッシュ度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Echtra 「Sky Burial」
アメリカのネイチャーブラックメタル、エクトラの2013年作
いわゆる「カスカディアン・ブラックメタル」と呼ばれるバンドで、ミステリアスな神秘性に包まれた雰囲気と、
ポストブラック的なゆるやかな叙情性を合わせたようなサウンド。23分ぴったりの大曲が2曲という構成で、
激しく疾走するような部分はほとんどなく、むしろゆったりとした聴き心地なので、気の短い方には向かない。
うっすらとしたシンセにノイジーなギターが重なり、淡々としたリフレインが続いてゆき、展開という展開はあまりなく、
アコースティックなパートや、語りのような歌声が入ったりもするのだが、ブラックとして聴くのは少々つらいかも。
とくに2曲目などは、神秘的なネオフォークといってもよいような曲調なのだが、12分を過ぎたあたりから少し激しくなり、
徐々に盛り上がると思いきや、そのまま淡々と終わってゆくという。ううむ、なんとも微妙な作品です。
ドラマティック度・・7 ブラック度・・5 神秘的度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


EDGE OF SANTYPurgatory Afterglow」
スウェーデンのメロデスバンド、エッジ・オブ・サニティの4th。1994作
北欧におけるメロデスの元祖というべきこのバンド。初期は若干のメロディを含んだデスメタル
という雰囲気であったが、本作ではゴリゴリと荒々しかったサウンドがずいぶん聴きやすくなり。
暴虐性を減らした代わりにメロディアスさが増した。流麗なギターフレーズで聴かせるこのスタイルは、
IN FLAMESなどにも影響を与えたことだろう。硬派系メロディックデスの傑作である。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 初期メロデス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

EDGE OF SANITY「Crimson」
スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、エッジ・オブ・サニティの5th。1996作
北欧メロデスの元祖とも言われ、プロデューサーとしても活躍するダン・スヴァノを
中心としたこのバンド。本作はSF的なストーリーに基づいたコンセプト作で、
全1曲40分という異色作だ。サウンドの方は難解さはなく、メロデス的に疾走したり、
ゆるやかに聴かせる静寂パートがあったりと、展開にメリハリがあって面白い。
叙情的なメロディを弾くギターも魅力的で、個人的には最高作とされる4thより気に入った。
OPETHのミカエル・オーカーフェルドがゲストで参加しているが、確かにOPETHに通じるような
プログレッシブな知的さが垣間見える。2003年には続編となる「Crimson U」を発表している。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ドラマティック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EDGE OF SANITY「Infernal」
スウェーデンのデスメタルバンド、エッジ・オブ・サニティの6th。1997作
鬼才ダン・スヴァノ率いるこのバンド、全1曲40分という異色の傑作「Crimson」に続く本作であるが、
前作のプログレッシブな要素よりも、むしろ正統派ヘヴィメタルへの接近がなされている。
メロディックデスメタル的な雰囲気はやや薄れ、ザクザクとしたツインギターのリフで聴かせつつ、
ときにノーマルヴォイスを入れたりして、モダンなアプローチも取り入れている。
デスメタル質感も残した曲もちゃんとあるが、激しめのヘヴィメタルとして聴いても楽しめる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 けっこう正統派メタル度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

EDGE OF SANITY「CrimsonU」
スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、エッジ・オブ・サニティの2003作
北欧メロデスの元祖とも言われ、プロデューサーとしても活躍するダン・スヴァノを
中心としたこのバンド。本作はSF的なストーリーに基づいたコンセプト作「Crimson」の続編で、
9パートに分かれた43分の組曲という構成である。前回もOPETHに通じるような
プログレッシブで知的な展開をもった大曲であったが、本作ではシンセアレンジの美しさが増し
むしろCHILDREN OF BODOM的なきらびやかなメロデスサウンドとなっている。
流れるような展開力の中でメロディを聴かせるアレンジは相変わらず見事であるし、
同じフレーズを繰り返すことなく楽曲を構成してゆく力量はさすがとしか言いようがない。
メロディアス度・・8 ドラマティック度・・9 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

EDGE OF SANITYWhen All Is Said
スウェーデンのメロデスバンド、エッジ・オブ・サニティーのベストアルバム。2006作
北欧メロデスの元祖として知られるこのバンドは、プロデューサーとしても知られる
ダン・スヴァノを中心に結成され、1991年に1stアルバムでデビューを飾ってから2003年までに
ミニアルバムを含め9作を発表しており、これはその歴史を凝縮した2枚組のベストアルバムだ。
それぞれのアルバムから2曲ずつが年代順に並べられていて、1stの時点ではまだ荒々しく
古めかしいデスメタルサウンドが、しだいにメロディと叙情をまとって深化してゆくその過程が分かる。
2nd、3rdあたりは黎明期のメロデスとしての勢いが感じられるし、4thでいったんその音楽性を完成させ、
異色の5thをへて6thになると、ノーマル声を使用するなどモダンなアプローチも取り入れはじめている。
ダン・スヴァノが脱退した7thでは、アグレッシブなオールドスタイルに戻った風だが、
バンドとしての深化を止めることは、その存在の意義を失ったことも意味していたのだろう。
メロデスの歴史を語る上で決して外せないバンドは、こうして10年あまりの歴史の終焉を迎えた。
さて、注目すべきはDisc2には恐るべき大作「Crimson」がT、Uともに収録されていることである。
それぞれ40分におよぶ長大な楽曲は、プログレッシブな知性を感じさせる異色の名曲で、
個人的には、この2曲をまとめて聴くために本作を買ったというのが正直なところ。
また9枚のジャケが曼陀羅のように配置されたこのアートワークもなかなか見事だ。
元祖メロデス度・・9 歴史的価値度・・10 Crimsonを聴くべし度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


ELEXORIEN
オランダのエピック・デスメタル、エレクソリエンの2008年作
女性ヴォーカルにシンセを含む6人組で、シンフォニックな美麗さとともに、
ブラスト入りで激しく疾走しながら、美しいソプラノVoに男性ダミ声が絡むスタイル。
ファンタジックでエピックな世界観と、ときにクサメロのギターフレーズもいい感じで、
ヴァイキング風味のメロデスとしても楽しめる。若干のイモ臭さ、B級っぽさもあって、
それがむしろクサメタル的な雰囲気をかもしだしている。マニアの方はぜひ。
ドラマティック度・・8 疾走度・・8 エピック度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


ELVIRA MADIGAN「BLACKARTS」
スウェーデンのメロブラバンド、エルヴィラ・マディガンのアルバム。
2000年に発表されたアルバムを2004年にリミックスし直したもの。
ドラムは打ち込みで、メロウなギターとシンフォニックなキーボードで疾走。
暴虐性よりは耽美重視の路線で、ルイス・ロヨのこのジャケも含めて
軽めのシンフォニックブラックとして、なかなかいい雰囲気のバンドだと思う。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ELVIRA MADIGAN 「WICHES」
スウェーデンのメロブラバンド、エルヴィラ・マディガンの2002作
今作もルイス・ロヨによるエロティックなジャケアートに心ときめく(笑)
音的にはやや軽めのシンフォブラックという雰囲気で、暴虐さよりは華麗でロマンティックなものを感じるサウンド。
シンフォニックなキーボードが美しく、ツインギターのメロウなフレーズに繊細なピアノがかぶさると、
EToSあたりにも通じる、とても耽美な雰囲気になる。音質の薄っぺらさと、ドラムが打ち込みなのが難点だが、
この美麗なキーボードを含めて、けっこう耳心地よく楽しめてしまうのであった。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ELVIRA MADIGAN「ANGELIS DEAMONAE-WICCAN AFTERMATH
スウェーデンのシンフォ・デスユニット、エルヴィラ・マディガンのアルバム。2004作
全編カヴァー曲によるアルバムで、TORI AMOSSCORPIONSChris DeBurghはては日本のゲームミュージックにまで手を出している。
どれも、シンフォブラック的にアレンジされているので、元ネタを知らずともこのサウンドだけでなかなか楽しめる。
打ち込みにより一人音楽なのだが、美しいシンセのアレンジも含め、シンフォゴシック的な美意識があるのがよい。
カヴァーしているのは、FF]の“ザナルカンドにて”、クロノトリガーの“クロノトリガー”、クロノクロスの“運命に囚われし者たち”
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ゲームミュージックもシンフォブラ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Elvira Madigan「Regent Sie」
スウェーデンの一人ブラックメタル、エルヴィラ・マディガンの2009作
Marcus H Madigan氏の一人プロジェクトで、過去作もきらびやかなシンセで軽めに疾走する
ファンタジックな打ち込み系シンフォブラック作品であったが、本作ではストーリー的なコンセプトをともなって
さらに壮大な作風で攻めてきた。相変わらず打ち込みによるドラムパターンは軽いのだが、
慣れればむしろゲーム音楽的な感覚で楽しめる。きらきらとしたシンセの重ねとメロディックなギターに、
ブラック声のヴォーカルが絡み、ファンタジックな世界観も含めて、打ち込み版Cradle of Filth、という雰囲気もある。
ルイス・ヨロのジャケにつられて毎作買ってしまうのだが、濃密かつ美麗な作風はやはり嫌いではない。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ゲームミュージック風シンフォブラ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


EMBRACED「AMOROUS ANATHEMA」
スウェーデンのメロデスバンド、エンブレイストの1st。1998年作
ツインキーボードによるシンフォニックできらびやかなアレンジが素晴らしい。
全編で鳴り響くもの悲しいピアノの音色が美しい。そしてリズム的にも単なる疾走ものではなく、
3拍子やときに変拍子的なアイディアを取り入れて、非常に知的なセンスも感じさせる。
2ndではさらにプログレ的要素が増しているが、この1stでは華麗な耽美路線をかもしだしていて、
ゴシックメタル風に聴ける部分もある。これで、ジャケに美麗なインパクトがあったらもっと売れていただろうに。
クオリティの高いメロデスが聴きたい方、センスのある美しいメロデスが好きな方は本作をチェック!
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 サウンドセンス・・9 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

EMBRACED「WITHIN」
スウェーデンのメロデスバンド、エンブレイストの2nd。2001年作
ツインギターにツインキーボード、派手に疾走するかと思えばテクニカルな決めや展開があり、
その辺の北欧系メロデスバンドとはやや異なる印象。もちろんメロデス的な叙情性はちゃんとあり、
ツインリードのメロディに分厚いキーボードか重なると、かなりシンフォニック度が高くなる。
Voのわめき声が普通すぎるのだが、とにかく演奏力抜群でとくにトーマス・レヨンのセンスあるドラミングは本当に素晴らしい。
日本盤ボーナスのラスト曲は、ピアノが美しいシンフォニック曲でうっとり。作品のクオリティに比べてジャケが地味すぎるのが惜しい。
メロディアス度・・8 テクニカル度・・8楽曲度・・8 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入


EMPERORIn the Nightside Eclipse
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンペラーの1st。1994年作
ブラックメタル界のカリスマ、イーサーン率いるこのバンド、4枚のアルバムを残して消えた
まさにノルウェーを代表する伝説のブラックメタルバンドの、その記念すべきデビュー作。
うっすらとした美しいシンセをバツクに暴虐に疾走するサウンドは、激しくも幻想的であり、
この時点ですでに他のブラックメタルバンドとは一線を画すだけの美意識を感じさせる。
2nd以降のような圧倒的なまでの荘厳さはまだないが、その分プリミティブな暗闇に包まれた
まさに闇の皇帝というべきサウンドが楽しめる。再発盤では音質も向上している。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・9 荘厳度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

EMPEROR「Anthems to the Welkin at Dusk」
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンペラーの2nd。1997年作
本作こそブラックメタルの歴史における輝ける金字塔的な傑作である。
教会への放火容疑で逮捕されたギターのサモスが出所し、殺人容疑で逮捕されたファウストに代わって、
ドラムには超絶なブラストビートを叩くタリムを迎えて作られた本作は、1stをはるかに上回る傑作となった。
荘厳なるイントロに導かれ、暴虐なる地獄の音楽が始まるや、黙示録の戦いを思わせる激しさとともに、
ときにシンフォニックな美しさをたたえたシンセワークや、プログレッシブなリズム展開なども素晴らしく、
リーダー、イーサーンの美意識がとことんまで発揮された本作のサウンドは、単なるブラックメタルの枠を超え、
闇の芸術ともいうべき境地に達している。激烈にして耽美、暗黒にして知性と狂気をともなった名作だ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・9 荘厳度・・10 総合・・9

Amazon.co.jp で詳細を見る
 AmazonMP3

EMPERORIX Equilibrium
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンペラーの3rd。1999年作
シンフォニックブラックとしての最高作は2nd「Anthems to the Welkin at Dusk」に間違いないだろうが、
本作はサモスが曲作りに関わっていることで、イーサーンのクラシカルな美意識に
サモスのブルータルなギターセンスが加わった強烈なアルバムとなっている。
美麗なシンセをバックに、強力なタリムのドラムが激烈なブラストを叩き出しつつ、
前作以上に多彩なギターワークと緩急を取り入れた知的な展開力で、激しくも荘厳な美しさを描き出す。
音質も良くなったことで音の迫力が一段増した。バンドは次作「Prometheus」で終焉を迎え、
サモスとタリムはZYKRONを結成、イーサーンはソロへとそれぞれの活動へ移ってゆく。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 荘厳度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

EMPEROR「EMPERIAL LIVE CEREMONY」
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンペラーのライブアルバム。2000年作。
1999年ロンドンでの録音。1st〜3rdまでの曲を激烈に演奏。ファストブラックの1st、
シンフォブラの金字塔2nd、ある意味テクニカルでさえある3rdと、それぞれの曲が聴けて楽しめる。
絶叫Voをふりまくイーサーンの存在感は強烈だが、、それ以外にも、けっこう緻密なギターの重ねや
バックのシンセによる音の広がり、そしてパワフルかつ激速のタリムのドラムなども充分に聴きどころだろう。
邪悪にしてシンフォニック、激烈でありながらも知性的、彼らのライブを一度でいいからナマで見たかった…。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMPEROR「PROMETHEUS - THE DISCIPLINE OF FIRE & DEMISE」
ノルウェーのシンフォニック・ブラックメタルバンド、エンペラーの4th。2001年作
プログレッシブなブラックメタルとして最高峰の地位を築き、暗黒美を極めてきたこのバンドも、ついに終焉を迎えることとなった。
前作からいっそう顕著になってきたプログレッシブな展開力が今作では存分に発揮され、激烈でありながらも非常に知性的で、
ある意味メロディアスであるサウンドだ。激速パートとテクニカルパートを見事に融合、ノーマルヴォイスをたくみに活かしつつ、
シンフォニックな展開と切り返しの多い楽曲構成は見、事なまでに聴き応え十分である。
1stがややマイナー寄りのプリミティブブラックであったことを考えると、これは恐ろしい進歩だ。
今後このバンド以上にブラックメタルというジャンルを深化させるバンドが果たして現れるのだろうか。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 知的センス度・・9 総合・・9 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

EMPEROR「Scattered Ashes -Decade of Emperial Wrath」
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンペラーのベストアルバム。
4枚のアルバムを残して惜しくも解散した彼らの、集大成的な2枚組み作品だ。
Disc1は、1stから6曲、2ndから3曲、3rdから1曲、4thから2曲という構成のベストで
ブラックメタルとしての雰囲気を残した初期の楽曲に、やはり彼ら自身も思い入れがあったのだろう。
寒々しい叙情美と禍々しさをともなって疾走するスタイルは、プリミティブでありながらも
心に入り込むメロディに満ちていて、雰囲気ものとしてだけでなく楽曲としてもクオリティが高い。
そこがこのバンドを他の凡百のブラックメタル勢とは一線を画した、孤高の存在にしていたのだろう。
Disc2はカヴァー曲やミックス違い、それに初期のデモ等を収録。こちらはかなりマニア向け。
北の暗黒の帝王の音にまだ触れていない方には、1st、2ndをまずは勧めたいが、
スラッシーなテクニカルさをかもし出した3rd、イーサーンのプログレッシブなセンスに溢れた4thと、
後期2枚における音楽的進化もぜひ聴いて欲しい。このベストは幕を下ろした迷宮の入り口にすぎない。
暴虐の皇帝度・・8 芸術の皇帝度・・9 孤高の皇帝度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMPEROR「Live Inferno」
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンペラーのライブアルバム。2009年作
復活ライブを行った2006年のノルウェーでのInfelno Festivalと、ドイツのWacken Open AirでのステージをCD2枚組で収録。
イーサーンはバンド解散後もソロ活動を続けているが、こうしてEMPEROR時代のナンバーを聴けるのは嬉しいかぎり。
のっけから1stの1、2曲目メドレーでファンなら悶絶必至。うっすらとしたシンセをバックに超人ドラマー、タリムの強烈なブラストビートが炸裂、
そしてサモスのギターとイーサーンの絶叫ヴォーカルが闇の賛美歌のように響きわたる。その後も1stから3rdまでの曲を中心に、
単なるブラックメタルにとどまらない激しくも美しい、展開力ある楽曲を、抜群の演奏力で蘇らせてゆく。
個人的には2nd収録の“The Loss and Curse of Reverence”などはもっとも好きな名曲だ。
ボックスセットではWackenのライブDVDが付属(DVD単体もあり)。こちらも必見だ。
ライブ演奏・・9 暗黒の美度・・10 エンペラー度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

VA/ A Tribute To Emperor 「In Honour Of Icon E 」
ブラックメタルの皇帝、エンペラーのトリビュート作品。2012年作
1991年〜2007年にかけて活動した、ノルウェーの大御所ブラックメタルバンド、そのカヴァー作品集。
Svartalv、Saltus、Troll、Infer、Demonical、Helheim、Midnight Odyssey、Silva Nigra、Necrodeath、Horna、
Karpathia、Ancestral Volkhves、Mesmerized、Crionics、Taake、Setherial…といったバンドが参加。
のっけから、1stのイントロまで再現しているというリスペクトぶりで、その後も比較的元曲を尊重してのカヴァーで、
各バンドによる演奏を聴いても、あらためて激しくもメロディックな高い楽曲性をもっていたことが分かる。
Midnight Odysseyによるスペイシーな“宇宙鍵”などは面白いし、CRIONICSによる名曲“The Loss and Curse of Reverence”も
なかなかドラマテイックな仕上がり。TAAKEによる“我は黒魔術師なり”のアナログ感たっぷりのサウンドにもにやり。
やはり1st、2ndの曲はよいですな。エンペラーのファンであれば素直に楽しめる1枚。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 カヴァー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Enfold Darkness 「Our Cursed Rapture」
アメリカのブラック・デスメタルバンド、エンフォールド・ダークネスの2009作
メタルコアブームが一段落した後は、アメリカからも本格派のブラックメタルが出てきているが、
このバンドもツインギターで激しく疾走する高品質なメロディック・ブラックサウンドだ。
ヴォーカルの声質などはCradle of Filthのダニを思わせ、メロディアスなフレーズとともに
緩急のあるドラマティックな雰囲気で聴かせるところは、シンセ抜きのクレイドルといった趣もある。
ただ音自体はモダンなクリアさがあって、そこがやはり北欧のバンドとは異なるところか。
メタルコア風味のモダンブラックメタルというべきか。聴きやすさの点では評価はできる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 モダン・ブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


EnslavedVikingligr Veldi & Hordanes Land」
ノルウェーのヴァイキング・ブラック、エンスレイヴドの1st+ミニ。1993/1994年作
Bathoryなどとともにヴァイキングメタルの元祖としても語られるこのバンド、
うっすらとしたシンセをバックに、ダミ声ヴォーカルと反復するトレモロのギターリフで聴かせるサウンドは
いまでいうヴァイキング系よりは、BURZUMやEMPERORなどの初期ノルウェイジャンブラックの雰囲気に近い。
随所に激しいブラスト疾走も含みつつ、邪悪なダークさよりも北欧神話の世界を描きだすような
ミスティックな雰囲気が特徴的。10分以上の大曲を中心にしたヴァイキングブラックの力作だ。
デビューミニの方は、こもり気味の音質とともにさらに荒々しい原初的なブラックメタルサウンドが聴ける。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 北欧度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Enslaved「Frost」
ノルウェーのヴァイキング・ブラック、エンスレイヴドの2nd。1994年作
後にEMPERORに加入するTrymの叩く激しいブラストビートで疾走するブラックメタルサウンド。
緩急をつけたリズムと楽曲アレンジには、後の知的なプログレッシブ性へつながる萌芽も見られ、
激しさの中にも北欧の土着性を感じさせる神秘的な世界観はより強まっている。
メロディックというほど甘すぎない、寒々しい荒涼とした氷河を思わせる作風で、
ヴァイキングというよりは北欧神話を描くような、ノルディック・ブラックメタルの好作品である。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 北欧度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

EnslavedBelow the Lights
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンスレイヴドの2003年作
プログレッシブな感性を取り入れた、独自の北欧ブラックサウンドが確立した力作。
激しく疾走するブラックメタル質感を残しながら、リフの組み立てのセンスと
緩急をつけた展開美に磨きがかかり、うっすらとした美しいシンセやフルートの音色など
プログレ的な手法が効果的にサウンドを彩っている。ガナリ声とノーマルヴォイスを使い分け、
ノルウェイジャンとしての神秘的な土着性を取り入れながら、Solefaldなどと同様に、
知的でプログレッシブ、ドラマティックな音楽性へと昇華させた傑作といえるだろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 知的センス度・・8 総合・・8 
Amazon.co.jp で詳細を見る  Amazon.MP3

Enslaved 「Vertebrae」
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンスレイヴドの2008作
あれ、Enslavedってこういうバンドでしたっけ?…もっと暴虐に疾走するイメージだったのだが、
長くやっているとサウンドも変化するということか。ノーマルヴォイスを効果的に使ったり
適度に知的な展開力を聴かせるプログレッシブな雰囲気は、むしろSOLEFALDなどに近づいたか。
一聴しただけだと曲が地味に感じるし、暴虐なヴァイキングブラックを好む向きには勧められないが、
SOLEFALDやARCTURUSなど、プログレッシブなバンドが好きなら本作も気に入るかと。
5曲目あたりのシンフォニックブラック的な質感がもう少しあれば、素晴らしい傑作となったかも。
メロディアス度・・7 暴虐度・・6 知的プログレ風味度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EnslavedAxioma Ethica Odini」
ノルウェーのブラックメタルバンド、エンスレイヴドの2010年作
プログレッシブな香りを感じさせた前作に続き、本作も知的な構築性を感じさせるサウンド。
ブラック的なわめき声とノーマルヴォイスを絡ませながら、ときにキャッチーにすら思えるメロディと
爽やかなギターフレーズが現れて、その緩急のコントラストとギャップがある意味たまらない。
激しいブラスト疾走も残っているが、それはあくまで暴虐さの表現としてスタイリッシュなアレンジに
組み込まれているという印象。知的プログレブラックとしての作風はますます強まってきている。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 知的アレンジ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

EnslavedRIITIIR
ノルウェーのブラックメタル、エンスレイヴドの2012年作
初期のヴァイキング・ブラック的な作風から、しだいにプログレッシブなセンスをまとい、
本作でも知的な構築センスとアヴァンギャルドな感性を含んだサウンドを聴かせてくれる。
ダミ声とマイルドなヴォーカルを絡ませながら、オルガンを含んだシンセワークとともに
OPETHのようなアナログ感のあるアンサンブルで緩急のある楽曲を展開してゆく。
一方ではどろどろとした原初の土着性を感じさせる得体の知れないスケール感もあり、
ノルウェー独特の感性をしっかり踏襲しているのも個性的だ。じつに懐の深い作風である。
プログレッシブなブラックとしてはSolefaldと双璧と言っていいだろう。さすがの力作。
ドラマティック度・・8 プログレブラック度・・8 ノルウェー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Enslaved 「In Times」
ノルウェーのプログレッシブ・ブラックメタル、エンスレイヴドの2015年作
90年代初頭から活動する、ヴァイキング・ブラックメタルの元祖ともいわれるこのバンド、
近年ではSolefaldにも通じるプログレッシブな感触を増したサウンドになってきていたが、
本作ではのっけから激しいブラスト疾走で、ブラックメタルとしての暴虐さを見せつける。
一方では、ノーマルヴォイスを含んだ知的な展開力も健在で、モダンなプログレ性と
プリミティブな激しさがダイナミックに融合した、独特のスケール感が本作ではより強く感じられる。
全6曲、すべてが8分以上の大曲というのもベテランバンドとしての確かな力量を示している。濃密な力作です。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 知的センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Epicurean「A Consequence of Design」
アメリカのメロデスバンド、エピキュリアンの2008年作
アメリカのメタルコアシーンの中でも、ここ最近では北欧メロデスの色をより濃く受け継いだような
バンドも出てきているが、このバンドも初期のCHILDREN OF BODOMばりのサウンドを聴かせる。
全体を包み込む美しいシンセワークに、重すぎないメロディアスなギターフレーズとともに疾走、
ヴォーカルはスクリームとノーマル声を使い分けていて、いかにもモダンな感じだが、
全体的な叙情性はアメリカのバンドにしてはなかなかのもの。北欧メロデスとモダンコアの完全合体。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 チルボ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Eternal Autumn「The Storm」
スウェーデンのメロデスバンド、エターナル・オータムの1st。1998作
ヴォーカルはデス声なのだが、ツインギターのリフはむしろ正統派メタル的で、
暴虐さもあまりないので、メタルとして普通に聴きやすい。
叙情的なギターフレーズはいかにも北欧のオールドメロデスという感じで、
かすかなIRON MAIDEN風味とともに、今となってはなつかしく楽しめるサウンドだ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・6 オールドメタル度・・8 総合・・7

Eternal Autumn…from the Eastern Forest
スウェーデンのメロデスバンド、エターナル・オータムの2nd。1999作
比較的オーソドックスなメタルリフを奏でるギターと、やや耳障りな絶叫気味のデス声、
ときおりシンセも入ってくるが、それもシンフォニックというほどでもない。
IRON MAIDENMETALLICAなどからの影響も感じさせる部分もあって、
メロデスというよりは、デス声入りのヘヴィメタルという雰囲気もあるが、
北欧らしい土着性を感じさせる3拍子の曲などはなかなかいい感じだ。
15分を超える大曲ではプログレッシブな展開も聴かせるが、
録音のショボさがサウンドをチープにしてしまっていて、そこが残念。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 サウン度・・6 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


ETERNAL CONSPIRACY「KORAN KILLERS/A FUNERAL BANQUET AT DAWN」
オランダのシンフォニック・ブラックメタルバンド、エターナル・コンスピラシーのアルバム。
女性Vo(というか囁き専門?)を含む6人組みで、割と王道のシンフォブラをやっている。
暴虐に疾走しつつ、そこにCRADLE OF FILTHのダニのようなVo(そこまで上手くはない)が
わめきヴォーカルを乗せている。女性声の囁きもどこかクレイドル的。、
ただ、曲によっては、もろクレイドルという雰囲気もあるので、
今後はバンド独自の個性を身に着けていってもらいたい。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 楽曲・・7 総合・・7


ETERNAL OATH 「THROUGH THE EYES OF HATRED」
スウェーデンのメロデスバンド、エターナル・オースの1st。1999作
ツインギターに美しいキーボード、そこに絡む凄絶なデス声。この手のメロデスとしては割と王道のサウンドだが、
どちらかというと疾走に頼らないミドルテンポ主体のタイプで、キーボードの効いた耽美な雰囲気にもゴシックデスといった趣がある。
ギターの奏でる悲しみの叙情メロディもなかなか煽情的で、部分的には初期のAMORPHISに近いような感じもある。
メロディアス度・・7 暴虐度・・6 けっこう耽美度・・8 総合・・7.5

ETERNAL OATH「RIGHTEOUS」
スウェーデンのゴシック(デス)メタルバンド、エターナル・オースの2nd。2002作
このバンドの特徴は、ゴシックといっても、しっかりとしたツインギターのメロディとキーボード、
そして咆哮デス声とが合わさった、“メロデス風ゴシックメタル”といった音で、適度に疾走感もある。
前作よりも、キーボードの美しさがいっそう増していて、流麗なツインギターを彩るようにして音に厚みを加えている。
シンフォニックな叙情性と哀愁、そして攻撃性が見事にミックスされたサウンドだ。
メロディアス度・・8 ゴシック度・・7 メロデス風度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ETERNAL OATH「WITHER」
スウェーデンのゴシック(デス)メタルバンド、エターナル・オースの3rd。2005作
基本は前作と同様の、メロデス気味のゴシックメタルサウンドだが、
曲によってはやや軽くなり、最近流行りのゴシックロック路線に近づいたような印象もある。
キーボーディストが交代したせいか、シンフォニックな色合いが薄れたのも残念。
もちろん彼らならではの重厚さと、ギターフレーズによるもの悲しい叙情は健在だが、
前作の出来の良さに比べるとやや地味になった感は否めない。
メロディアス度・・7 ゴシック度・・8 メロデス風度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Eternal Tears of Sorrow「Vilda Mannu」
フィンランドのメロデスバンド、エターナル・ティアーズ・オブ・ソロウの2nd。1998作
今やフィンランド産の美麗系メロデスとしてはトップをゆくこのバンド、
本作は日本盤デビューする3rd「CHAOTIC BEAUTY」以降に比べると、
楽曲のアレンジの詰めが甘く、まだどことなくB級っぽさが漂っている。
もちろんギターのフレーズなどはメロディアスで、叙情性もあるのだが、
シンセ奏者がまだいないこともあって、後のアルバムのようなシンフォニックな美しさはない。
このバンドを聴くなら、まずは4th「A VIRGIN AND A WHORE」あたりからどうぞ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 耽美度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ETERNAL TEARS OF SORROW「CHAOTIC BEAUTY」
フィンランドのメロデスバンド、エターナル・ティアーズ・オブ・ソロウの3rd。2000作
バンド名やジャケットからして、聴くまではてっきりメランコリックなゴシックメタルかと思っていましたが、
どっこいメロデスでした。ブラストビートありの、シンセ使いまくりの、メロウなギターの高品質サウンド。
今作ではこれだという個性はまだ見えませんが(あえていえばピアノ、キーボードの多用か)、
そのとことん「美」にこだわったメロディとゴシック色もある楽曲には非常に好感が持てます。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ETERNAL TEARS OF SORROW「A VIRGIN AND A WHORE」
フィンランドのメロデスバンド、エターナル・ティアーズ・オブ・ソロウの4th。2001作
今作では全体的に疾走度を落として、よりゴシックメタル的な音像に接近してきている。
シンフォプログレにも通じるようなきらきらとしたキーボードワークに、
美しいピアノがメロウなギターフレーズに絡まる場面などはとくに美しく、
激烈系のメロデスが好きな方には甘すぎるだろうが、むしろゴシックメタルファンや、
シンフォメタルのリスナーなどがメロデスを聴いてみる時などにいいバンドであろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

Eternal Tears of Sorrow「Before the Bleeding Sun」
フィンランドのメロディック・デスメタルバンド、エターナル・ティアーズ・オブ・ソロウの5th。2006作
このバンドの魅力は単なるメロデスではない、どちらかというとゴシックメタル寄りの世界観と、
初期チルボド以上に美しい流麗なキーボードワークにあると思う。日本盤も出た3rdと、4thは
耽美派メロデス好きにとってはかなりの名盤であったが、今作も基本的には同路線で、
きらきらとしたシンフォニックなキーボードを中心に、あまり暴虐さを感じさせずに疾走する。
音自体はやや軽いので軟弱系メロデスといってもよいのだが、物哀しい美しさをまとわせながら、
効果的に女性ヴォーカルなども用いて、その世界観を描く手法には磨きがかかっている。
流麗なギターとキーボードの重なりとともに、以前よりもゴージャスな雰囲気も増した。
メンバーが重なることから、KALMAHの親戚バンドとも言えるだろうが、音の美麗さでは断然こちらが上だろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 流麗度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Eternal Tears of Sorrow「Children of the Dark Waters」
フィンランドのメロデスバンド、エターナル・ティアーズ・オブ・ソロウの6th。2009作
毎作、美麗なシンセワークでゴージャスなメロデスサウンドを聴かせるこのバンド、
今作では疾走を抑えめにして、モダンなヘヴィさを増してきたという印象だ。
従来からの持ち味である美しいシンセアレンジと、メロウなギターで、
THERIONばりにシンフォニックに聴かせるサウンドは、メロデス的な激しさよりも、
もともとあった耽美なゴシック的な作風に磨きをかけてきている。
疾走メロデスを期待すると肩すかしだが、シンフォニックな音の説得力はむしろ過去最高か。
シンフォニック度・・9 メロデス度・・7 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Eternal Tears Of Sorrow
「Saivon Lapsi」
フィンランドのメロデスバンド、エターナル・ティアーズ・オブ・ソロウの2013年作
4年ぶりとなる7作目で、ゴシックメタルばりの耽美な世界観とシンフォニックなアレンジには
さらなる磨きがかかり、前作では影をひそめていたメロデス的な疾走感も戻ってきた。
いかにもフィンランドらしいメランコリックなもの悲しさを随所に含ませながら、
メロウなギターフレーズとシンセによるきらびやかな旋律が美麗に楽曲を彩る。
随所にノーマルヴォイスや女性Voなども取り入れた聴きやすさもあって、
しっとりとした叙情性もこれまで以上に美しい。さすがというべき高品質作デス。
シンフォニック度・・8 メロデス度・・8 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Evig Natt「Darkland」
ノルウェーのシンフォブラックメタル、エヴィグ・ナットの2010年作
男女Voを含む5人組で、シンフォニックな美しさと、ヘヴィな重厚さで聴かせるサウンド。
咆哮するデスヴォイスに女性ヴォーカルが絡み、ゴシックメタル的な耽美さを含みつつ
ときにブラックメタル的に激しく疾走する。ノルウェー独特の土着的な香りも漂わせるところは
Leaves' Eyesなどにも通じる雰囲気がある。女性Voの力量はまずまずという程度なので、
今後は彼ら独自の世界観の追求で、さらに楽しみなバンドになっていきそうだ。
シンフォニック度・・8 重厚度・・9 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る



ExhumationSeas of Eternal Silence」
ギリシャのメロデスバンド、エグズメーションの1st。1997作
いわゆるIN FLAMESに影響を受けた第二世代のバンドであるが、ツインギターによるメロディと
ザクザクのリフで疾走するスタイルは、オールドなデスメタルの香りを残している。
より煽情的でメロディックになる次作に比べて、本作では初期EDGE OF SANTY的な荒々しさがあり、
そこに時折メロディアスなフレーズを挿入するという作風であるが、曲によっては知的なリズムアレンジを
取り入れたりと、すでに非凡なセンスを見せている。ツインギターで聴かせる古き良きメロディックデス。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 オールドデス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

EXHUMATION「Dance Across the Past」
ギリシャのメロデスバンド、エグズメーションの2nd。1999作
ツインギターによる叙情的なギターリフと、激しいデス声で聴かせるサウンド。
初期のIN FLAMES的な雰囲気に加え、ギリシャ特有のミステリアスな感覚が加わって
いわゆる北欧メロデス勢とはやや異なる印象だ。印象的なメロディのフレーズや
ときに知的な展開力をともなった楽曲は、このバンドのセンスの良さを感じさせる。
ゴシックメタル的な薄暗さも味になっていて、激しさとともに美意識の感じられる作品だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 薄暗叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ExhumationTraumation」
ギリシャのメロデスバンド、エグズメーションの3rd。2000作
叙情的な傑作であった2ndDance Across the Past」に続き、本作も見事な出来。
ツインギターのリフと、抜群のメロディフレーズで聴かせるオールドなメロデスだ。
相変わらず、湿りけを含んだ泣きの叙情に加え、音に耽美な薄暗さがあるのもいい。
そしてとにかくギターフレーズのセンスの良いこと。激しさがあまりないのでじつに耳に心地よい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 耽美な叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


EXTOL「BURIAL」
スウェーデンのテクニカルデスメタルバンド、エクストルの1st。1998年作
ジャンルとしてはDEATHが築きあげた「知的なデスメタル」の進化系にあるもので、
テクニカルな演奏とプログレ的な展開、リズムアプローチをデスメタルサウンドで表現したもの。
このバンドの場合凄いのは、時折クリムゾンさえも想起させる芸術性を垣間見せながらも、
デスメタルとしてのへヴィネス、アグレッションをそのまま保っている点である。
何曲か聴いてみて私はMORBID ANGELがプログレ曲を演奏しているような印象にとらわれた。
つまりデスメタルの激烈性ではデスの帝王である彼らにも負けておらず、しかもDEATH以上の
プログレ的精神の実践、それも演奏だけでなく楽曲に内面的な芸術性を植え込むことに成功している。
アコースティックやシンセを効果的に用いながらもそれに頼らず「デスメタル」として「プログレ」している。
そういう意味で彼らは非常に稀有なバンドであり、テクニカル系のプログレデスが好みの人間には
必聴のバンドであることは間違いない。余談だがメンバーの平均年齢は1st当時22才だったという。
プログレ度・・8 デスメタル度・・8 楽曲センス・・9 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入

EXTOL「Mesmerized」
スウェーデンのプログレ・デスメタルバンド、エクストルのミニアルバム。1999作
1st「BURIAL」からのシングルカットと未収録曲2曲、リミックス曲3曲を収録。
最近ではテクニカルスラッシュ風のサウンドにシフトしてきているが、
デビュー時はアートな感性のプログレッシブ・デスというにふさわしいものだった。
ここで聴けるサウンドは、まさに1stから2ndへと飛躍を遂げる彼らの若さと、
そして類まれなるセンスが光っている。暴虐でありながらも変則リズムを導入し
知性を感じさせるアレンジと、ほのかな叙情美が合わさった楽曲はやはり見事だ。
3曲のリミックスバージョンは、インダストリアル風なのでやや好みからは外れるが。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 プログレ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

EXTOL「ANDECEIVED」
ノルウェーのプログレッシブ・デスメタルバンド、エクストルの2nd。
1st「BURIAL」の時点で並のバンドではない知性のきらめきを感じたが、本作ではさらに成長。
このバンドの場合、変拍子を入れただけの単なるテクニカルデスとは違い、楽曲のアレンジセンスが抜群で、
結果としてデスメタルとしての重厚さを失わずに、知的なプログレ性との両立に成功している。
咆哮するデス声とともにギターの音像はヘヴィでありながら、楽曲には意外性とフックがあり、
ときおり見せるメロディアスな叙情性も唐突でない範囲で絶妙なのだ。傑作デス!
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 デスメタル度・・8 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入

EXTOL「SYNERGY」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、エクストルの3rd。2003作
アートな感性とテクニカルさを兼ね揃えたこのバンド、期待の3作目
まず、全体的に音が軽めになり、ノーマル声で歌われるパート大幅に増えた。
それとともにデス色は大幅減少。あからさまな変拍子リフに疾走する様は、
デスというよりはSPIRAL ARCHTECT系のテクニカルスラッシュの音である。
ゴリゴリのデスメタルでありながらプログレという2ndまでの彼らのアイデンティティに惹かれた向きにとっては
今作はやや残念だが、変態の入った、変拍子入りテクニカルスラッシュが好きには問題なくお薦めできる。
メロディアス度・・6 テクニカル度・・8 デスメタル度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

EXTOL「THE BLUEPRINT DIVES」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、エクストルの4th。2005作
前作3rdでは脱デス化、テクニカルなスラッシュサウンドになっていたが、今作ではさらに
モダンなアプローチをしてきた。リズムでの遊びは今まで通りだが、雰囲気はよりプログレ的になり、
ノーマル声で歌われる浮遊感のあるヴォーカルが変拍子リズムの上に乗ると、
クールさと知的さを漂わせつつ、どこか倦怠のムードが漂う。そのあたりはミクスチャー系ポストロック
感触にも近いかもしれない。曲によっては、曲の断片のように尻切れで終わるものもあり、
それが物足りなく感じもするが、今回は濃さではなくさらりとかわす薄情さがポイントで、
このバンドのセンスを愛しているリスナーであれば、自然体で楽しめるだろう。
メロディアス度・・7 テクニカル度・・8 変態度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EXTOL
ノルウェーのプログレッシブ・デスメタルバンド、エクストルの2013年作
1998年にデビューし、激しさと知的さを併せ持つ通好みのサウンドで人気を博すも、4作を残して沈黙。
本作は8年ぶりとなる5作目で、一聴してモダンなヘヴィさが耳につくが、その独自のヘンタイサウンドは健在。
変則リズムを取り入れたテクニカルな硬質感とともにスラッシーに疾走しながらも
唐突なまでのメロウなキャッチーさを覗かせるところなどは、いかにもこのバンドらしい。

ヘヴィなリフとメロディックなフレーズを極端なまでに変化させるギターのセンスも抜群で、
クールな切れ味とリズムの遊び、メロトロンまで使用したプログレ的なセンスが冴え渡る力作だ。
メロディック度・・7 ヘヴィ度・・8 知的センス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.MP3


F

FALAISE 「As Time Goes By」
イタリアのポストブラックメタル、ファライスの2015年作
うっすらとしたシンセをバックに、ノイジーなギターを乗せて激しく疾走しつつ、随所に繊細な叙情パートを盛り込んだ
Alcestを思わせるスタイルで、幻想的なポストブラックサウンドを描いてゆく。ヴォーカルは低音ダミ声なのだが、
遠くからうっすらと聴こえてくる感じで、暴虐な感じはさほどしない。むしろトレモロのギターフレーズなどの、
メロディアスな聴き心地が前に出ていて、激しく疾走するパートは多いのだが、耳に優しい感じがする。
Alcestの雰囲気を踏襲しすぎていて、現時点ではこのバンドならではの個性というものは薄いのだが、
逆に言うと、この手のサウンドが好きな方にはたまらないに違いない。今後に期待のバンドです。
ドラマティック度・・8 叙情度・・8 Alcest度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


FALLEN SENTINEL「Perpetual」
スペインのシンフォニック・ゴシックデス、フォーレン・センティネルの2010年作
2人の女性キーボード奏者を擁する6人編成で、シンフォニックな美麗さと
耽美なゴシック要素も含んだサウンドで、ストリーリー的な展開力もある。
デス声に絡む女性Voがいくぶん弱い感じもあるが、プログレメタル的なリズムチェンジ、
緩急のついた楽曲とツインシンセ、ツインギターによる厚みのある音はなかなか壮麗でよろしい。
ゴシック寄りになったCradle of Filthという感じもある。楽曲に魅力がつけばいいバンドになるだろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


FALLOCH 「Where Distant Spirits Remain」
スコットランドのポストブラック、ファロックの2011年作
マイルドなクリーンヴォーカルとともに、やわらかな叙情性で描かれるサウンドは、
Alcestなどを思わせる聴き心地で、随所に激しい疾走パートも含みつつ、
ときにケルティックなティンホイッスルの音色や美しいピアノ、ヴァイオリンなど、
優雅な繊細さも含んでいる。10分を超える大曲も、アコースティカルな優しさと、
幻想的な世界観でじっくりと楽しめる。これはなかなか素晴らしい期待の新鋭です。
ドラマティック度・・8 優雅な叙情度・・8 幻想ポストブラック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Farsot「IIII」
ドイツのブラックメタルバンド、ファーソットの2008年作
ツインギターにシンセを含む5人組で、プリミティブな荒々しさで激しく疾走する
WATAINなどに通じる、古き良き北欧ブラックメタルを継承するような作風である。
アナログ風味のサウンドに、寒々しい叙情性を含んだ神秘的な雰囲気もあり、
派手さはないもののの、ポストブラックやネイチャーブラック的な聴き心地が楽しめる。
ラストは20分の大曲で、緩急のついたドラマティックな展開は、なかなか聴き応えありだ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 プリミティブ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Farsot 「Insects」
ドイツのブラックメタル、ファーソットの2011年作
ザリザリとしたギターリフで疾走する、古き良き感触のブラックメタルを基本に、
モノトーンの退廃感を含んだブラッケンロール的な雰囲気が合わさったサウンド。
ツインギターの重なりはときに叙情的でもあるが、決して甘すぎない感触で、
10分の大曲を構築する知的さもありながら、あくまで淡々とした冷徹な聴き心地だ。
アナログ感ただよわせるプリミティブかつダークなポストブラックとしても楽しめる。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ダーク度・・8 総合・・7.5




FEN 「CARRION SKIES」
イギリスのポストブラックメタル、フェンの2014年作
うっすらとしたシンセアレンジに、歪んだギターリフにダミ声ヴォーカルを乗せ、
随所に叙情的なフレーズを含んで、メランコリックなダークさを描くようなサウンド。
癒し系のAlcestとは異なり、よりブラックメタル寄りの暗黒性をまとった雰囲気で、
ブラスト疾走する激しさも含めて、ミステリアスなメロディックブラックとしても楽しめる。、
10分前後の大曲を中心に、緩急ある流れで描かれる、神秘的で生々しいサウンドは、
Wolves in the Throne Roomあたりのネイチャー系ブラックにも通じるかもしれない。
ドラマティック度・・8 暗黒度・・8 叙情度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


FJOERGYN「Ernte Im Herbst」
ドイツのシンフォニック・ブラックメタルバンド、フヨールギンの2005作
のっけからまるでゴシックメタルのような美麗なイントロ…4分以上あります。
やっと曲が始まった、と思ったら、ドラムはどうも打ち込みっぽい。
ヴォーカルはこの手にしては珍しいドイツ語で歌って(がなって)おります。
美麗なシンセワークと、どことなくヴァイキング調のメロディも覗かせつつ疾走、
しかし打ち込みなので暴虐さはあまり感じられず、どうしてもゲームミュージック風に聴こえてしまう。
ペイガン風の雄々しいコーラスなどが入ると、むしろそちらの方がなかなかいい感じで
ラストはベートーベンの「第9」風に盛り上がる。まずはメンバーにドラムを入れてください。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・6 ゲルマン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


FLESHGOD APOCALYPSE「Agony」
イタリアのデスメタルバンド、フレッシュゴッド・アポカリプスの2011年作
ブルータルなデスメタルにクラシカルなシンフォニック要素を盛り込んだというサウンドで
マシンガンのようなブラストビートで突進しながら、美麗なオーケストレーションがかぶさるという極端な作風が面白い。
デスヴォイスとノーマルヴォイスも美と醜の対比を思わせ、女性ヴォーカルの入ったオペラティックなパートや、
随所にメロディックなギターを織り込んで激烈かつ美麗に聴かせる。激速のブラストはホントすごいし、
濃密な音圧にも圧倒されるのだが、楽曲そのものにはシンフォニックな部分以外での魅力がさほどでもないので
正直、何度も聴きたくはならないかもしれない。クラシカルなブルータルデスというインパクトは抜群デス。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・9 極端度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

FLESHGOD APOCALYPSE 「King」
イタリアのシンフォニック・デスメタル、フレッシュゴッド・アポカリプスの2016年作
激烈なブルータルデスメタルと壮麗なオーケストレーションを融合した極端なまでのサウンドで人気を集めるこのバンド、
4作目となる本作も、クラシカルなシンフォニック性に包まれたアレンジと、低音デスヴォイスを乗せたデスメタルサウンドが合わさった、
重厚にして暴虐、そして華麗な聴き心地である。中世の王をテーマにした、エピックなスケール感を漂わせていて、
ギターは随所にメロディックなフレーズも奏でたり、女性ヴォーカルの入った美麗なナンバーなどもあって、
これまで以上にシンフォニックメタル的な感触が強まっている。2ndまでのようにブルータルな激しさ一辺倒でなく、
同郷のDark Lunacyをより激しく濃密にしたようなメロディックな要素が強まったことで、より多くのリスナーにアピールするだろう。
ピアノをバックにイタリア語で歌われる、オペラティックな女性ヴォーカル曲なども、優雅なアクセントになっている。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 クラシカルデス度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Forefather「Deep in to Time」
イギリスのペイガンブラック、フォアファザーの2004年作
アングロサクソン系ペイガンというのでしょうか、軽めのブラストで疾走しつつ
わめき声とノーマル声のヴォーカルを乗せて、エピックな雰囲気でたたみかけます。
ギターのリフはひと昔前の北欧ブラック的なので、メロブラとして普通に楽しめ、
ときおりヴァイキングメタル的な土着フレーズも聴かせる。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 エピック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


A Forest of Stars 「Corpse of Rebirth」
イギリスのサイケデリック・ブラックメタルバンド、フォレスト・オブ・スターズの2008年作
女性ヴァイオリン&フルート奏者を含む7人編成で、「Victorian psychedelic black metal」を名乗るように、
英国ヴィクトリア時代をイメージしているという世界観は、ダークな倦怠の美に包まれていて、
ゴシック風味の耽美さもある。もの悲しいヴァイオリンの音色と、灰色に垂れ込めた空のような
ドゥーミィな翳りに覆われたサウンドだ。参加しているは元MY DYING BRIDEのメンバーさんというのも納得。
楽曲は10分以上の大曲ばかり。ブラックメタル的な疾走パートは少なめで、スローに聴かせる部分が多いので
気が短い方には向かない。プログレッシブなドゥーム・ブラックというべきか。個人的にはこういうの好きです。
ドラマティック度・・7 倦怠の翳り度・・9 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

A Forest of StarsOpportunistic Thieves of Spring
イギリスのサイケデリック・ブラックメタルバンド、フォレスト・オブ・スターズの2011年作
前作同様、10分以上の大曲を中心にしているが、本作はよりプログレッシブな味わいのあるサウンドとなっていて
緩急のついたドラマティックなメリハリとクラシカルな優雅さ、そして説得力が備わってきている。
薄闇に包まれたような世界観と神秘性に包まれた、いわゆるネイチャーブラックメタルの質感を
英国風に仕立て上げたという雰囲気で、ストリングスの音色やアナログ的な音作りもあって、
ブラックメタル的に疾走する場面でもあまり激しさは感じない。むしろ優雅な聴き心地の作品だ。
ドラマティック度・・8 翳りと叙情度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

A Forest Of Stars「A Shadowplay For Yesterdays」
イギリスのサイケデリック・ブラックメタルバンド、フォレスト・オブ・スターズの2012年作
女性ヴァイオリン&フルート奏者を含む7人編成で、プログレッシブといってよいセンスと
ブラックメタルとしての激しさをサイケな浮遊感に混ぜ混んだという個性的なサウンド。
ブラストで疾走する部分もあるが、禍々しさよりも混沌とした美しさを感じさせ、
そういう点ではこのバンドもポストブラックのひとつと言ってよいのだろう。
8分、10分という大曲などには、知的な構築力とシアトリカルなドラマ性もあり、
ひと筋縄ではいかなエキセントリックな芸術性も含んだ異色の力作です。
ドラマティック度・・8 個性派度・・8 英国度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

A FOREST OF STARS 「Beware the Sword You Cannot See」
イギリスのプログレッシブ・ブラックメタル、フォレスト・オブ・スターズの2015年作
「Victorian psychedelic black metal」を名乗り、女性ヴァイオリン&フルート奏者を含む7人編成のバンド。
4作目となる本作も、艶やかなヴァイオリンの音色に幻想的なシンセアレンジによるプログレッシブな味わいと、
激しく疾走するブラックメタル要素が融合した独自のスタイルで、優雅でセンス豊かなサウンドを描いている。
随所に女性声も含んだ美しさと、ダークな妖しさを描くファンタジックな世界観とともに、聴き手の想像を刺激する。
後半は6パートに分かれた21分の組曲で、さらにプログレッシブでスペイシーな雰囲気と、ミステリアスな壮大さに包み込まれる。
Solefaldなどとはまた違った、幻想的なプログレ・ブラックメタルが楽しめる力作です。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 幻想度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


FORMLOFF「Spyhorelandet」
ノルウェーのアヴァン・ブラックメタル、フォームロフの2012年作
ヴォーカル&シンセ、ヴォーカル&ギターという2人組のユニットで、
一聴してSolefaldあたりを思わせるプログレッシブなブラックメタルサウンドだ。
随所に激しいブラストも含みつつ、ドゥームメタル的なスローパートもあったりと、
緩急をつけた楽曲展開と、不穏なダークさをかもし出すシアトリカルな世界観が特徴的。
ギターの音色にはストーナー的なアナログ感もあり、邪悪さよりもむしろ荒涼とした雰囲気を漂わせている。
ときにオルガンの音色も顔を出し、サイケデリックな要素も覗かせる。個性派ブラックがお好きな方へ。
ドラマティック度・・8 シアトリカル度・・8 アヴァンギャル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る
 Amazon.MP3



FORTIDVoluspa Part III: Fall of the Ages
ノルウェーで活動するブラックメタルユニット、フォーティドの2009年作
うっすらとしたシンセによる美麗なアレンジに、ミスティックなブラックメタルとしての感触と
北欧神話をテーマにした壮大な世界観の作品。ヴァイキング的な土着メロディはあまり強くなく、
むしろ、古き良きトレモロなリフで疾走する、往年の北欧メロディックブラックメタルとして楽しめる。
随所に聴かせるツインギターの叙情フレーズもよい感じで、甘すぎない硬派な作風に好感が持てる。
ドラマティック度・・8 メロブラ度・・8 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る



FORTID「Pagan Prophecies」
ノルウェーのペイガンブラックメタル、フォーティドの2012年
北欧らしい寒々しい叙情を含んだ世界観とともに、暴虐に疾走するブラックメタルサウンド。
初期EMPERORばりの激しさもありながら、ペイガン的な土着性を含んだツインギターのフレーズと
うっすらとしたシンセをまとわせた聴き心地で、甘すぎないくらいのメロディアスさがよろしい。
北欧神話のようなスケールの大きさと神秘性をまとった、硬派なドラマティック・ブラックメタルです。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 北欧ブラック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る





Fragments Of Unbecoming「Sterling Black Icon」
ドイツのメロデスバンド、フラグメンツ・オブ・アンビカミングの2006年作
ツインギターのリフで激しく疾走、メロディックなフレーズを織り込みながら
かつてのDARK TRANQUILLITYばりの本格派のメロデスサウンドを聴かせる。
咆哮するヴォーカルと叙情的なギターフレーズが重なり、重厚でありながらもメロウな耳心地で、
昨今のメロデス系バンドに物足りなさを感じているリスナーも満足するクオリティの高さだ。
ブラスト入りの激しさも含めてブルータルな迫力充分。デスメタルを下地にしたメロデスというべきか。
メロディック度・・8 暴虐度・・8 本格派デス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


From The Vastland 「Temple of Daevas」
イランのブラックメタル、フロム・ザ・ヴァストランドの2014年作
サウジアラビアにはAl-Namroodがいたが、イランにも本格派のブラックメタルバンドがいたのですな。
アラビックでミステリアスなイントロから、曲が始まると激しいブラスト疾走でたたみかける、
MARDUKばりの激烈なサウンドが襲い掛かる。ダミ声ヴォーカルにもなかなか迫力があり、
中東のバンドだと知らなければ、普通に北欧のプリミティブブラックだと思ってしまいそうだ。
激しいだけでなく、緩急の付いた楽曲構成や、随所に適度な叙情性も覗かせるセンスも見事。
ややラウドな音質もむしろ怪しさを助長している。中東らしさをあまり前に出さない正統派ブラックの力作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 中東度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Frozen Dawn 「Those of the Cursed Light」
スペインのブラックメタル、フローズン・ダウンの2014年作
女性ベーシストを含む4人編成で、ツインギターのリフとともに激しいブラスト疾走する、
DARK FUNERALやDISSECTIONあたりを思わせる、オールドスタイルのブラックメタル。
甘すぎない程度にメロディを盛り込みつつ、早過ぎない暴虐過ぎない疾走感は、
まさにあの頃の北欧ブラックメタルの聴き心地である。これという目新しさはないのだが、
古き良き北欧メロブラが好きな方にはたまらない好作品だろう。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 古き良き北欧メロブラ度・・8 総合・・8


The Funeral PyreNature of Betrayal
アメリカのブラックメタルバンド、フューネラル・パイルの2007年作
うっすらとしたシンセとギターリフを乗せて激しく疾走するスタイルは
メロディックな聴き心地とともに北欧のブラックメタルを思わせるサウンド。
ギターフレーズにはメロデス的な雰囲気もあり、随所にシンセによるシンフォニックなアレンジも
利いていて、邪悪さや暗黒性はさほど感じさせない点では、ジャケほどには怖さはない。
適度にプリミティブな感触もありつつ、案外聴きやすくメロディックな好作になっている。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 暗黒度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


FUNERIS NOCTURNUM「CODE 666-RELIGION SYNDROME DECEASED」
フィンランドのブラックメタルバンド、フューネリス・ノクターナムの3rd。2003作
アンダーグラウンド臭を漂わせるファストな真性ブラックメタルとしてデビューしたこのバンドだが、
3作目となる本作では、サウンドがよりクリアーになり、とても聴きやすくなっている。
サイバーな雰囲気を随所に折り込み、ギターとキーボードの重ねがよりメロディアスになるなど、
ブラストで疾走する暴虐さはそのままに、そこに現代的なモダンさが加わって完成度が増した。
スペイシーでサイバーな、甘すぎないシンフォニック・ブラックメタルアルバム。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 モダンアレンジ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


FURIA「A La Quete Du Passe」
フランスのゴシック・ブラックメタルバンド、フューリアの2001年作
シンフォニックなシンセとけっこうクサメロのギターフレーズで聴かせるサウンド。
ホラー映画的なコンセプトがあるらしく、ゴシックメタル的な耽美なドラマ性も感じられ、
そういう点ではCradle of Filthにも通じるか。雰囲気的には悪くはないのだが、
音がやや軽めな点とバタバタした曲展開がいまひとつ印象に残りづらいか。
女性コーラスなども入ってきて盛り上がる部分などはなかなかいい感じだ。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・7.5


G

GARDENIAN「SOULBURNER」
スウェーデンのメロデスバンド、ガーデニアンの2nd。1999作
1stは確か日本盤も出ていたと思う。いわゆるIN FLAMES系のサウンドだが
メロディアスでありながらスラッシーな硬質感を合わせ持っているバンドである。
ゲストシンガー(元ARTCH)のクリーンボイスや女性コーラスなども効果的。
曲によってはクリーン声がメインとなり、全体的に硬質さとマイルドさのバランスがとれた作品。
正統派メタル好きのメロデスファンにはお薦め。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 ヘヴィメタル度・・8 総合・・7.5


GATES of ISHTAR 「The Dawn of Flames」
スウェーデンのメロディック・デスメタル、ゲイツ・オブ・イシュターの1997年作
IN FLAMESやDARK TRANQUILLITYなどの登場により、90年代後半は北欧のメロデスブームが盛んになったが
そのメロデス第二世代というべきバンドの2作目。ツインギターのリフと吐き捨てヴォーカルを乗せて激しく疾走しつつ、
随所にメロディックな叙情フレーズを含んだなかなかクオリティの高いサウンドが楽しめる。
うっすらとしたシンセによる味付けも北欧らしい物悲しさを感じさせ、全体的にはデスというほどの暴虐さはなく、
むしろAT THE GATESのようなメロデスラッシュ的な雰囲気も強いかもしれない。バンドは3作を残して消滅する。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


GEHENNA「Seen Through the Veil of Darkness」
ノルウェーのブラックメタルバンド、ゲヘナの1st。1995作
ブリミティブでミスティックな雰囲気とともに、シンセ入りで聴かせる美しきサウンド。
ブラストビートなどの激速リズムは比較的抑え目で、この手の初期型ブラックメタルにしては
非常に聴きやすい。ヴォーカルは絶叫しているが、邪悪な雰囲気よりは薄暗い美意識を感じ、
メロディにある土着的な雰囲気もいい味になっている。2nd以降は幻想的な作風を脱し、
徐々にブラックメタルから離れてゆくが、本作の美しさは名作として語り継ぐに足るものである。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ミスティック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


GHOST BRIGADE「Isolation Songs 」
フィンランドのゴシック・デスメタル、ゴースト・ブリゲードの2009年作
本作は2作目で、ツインギターのヘヴィなリフにデスヴォイスを乗せ、不穏な空気感を描き出す
モダンなゴシック・デスメタルサウンド。メランコリックな叙情が加わるとSENTENCEDなどに通じる雰囲気で、
ノーマルヴォイスによるゆったりとしたパートと、デス声の入りのアグレッシブなパートのとの対比は、
かつてのOPETHなどを思わせる構築力である。ギターの奏でる泣きのメロディも随所によい感じで、
シンセによる美しいアレンジも含んだ9分の大曲では、Swallow The Sunばりの物悲しい空気を描き出す。
本作の時点で、すでにバンドとしての方向性と楽曲のクオリティはしっかりと確立している、高品質な力作だ。
ドラマティック度・・8 メランコリック度・・8 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Ghost Brigade 「Until Fear No Longer Defines Us」
フィンランドのメランコリック・ドゥームデスメタル、ゴースト・ブリゲードの2011年作
3作目となる本作も、SENTENCEDを思わせるもの悲しい叙情と、ノーマル声とデスヴォイスを使い分ける
OPETHのような知的な構築性、そしてドゥーミーなヘヴィさで聴かせるサウンドを聴かせる。
KATATONIAのようなアンニュイさを漂わせつつ、ときにメロウなギターフレーズで盛り上げる。
ドゥーム/ストーナー的な生々しさを非常にヘヴィな部分で表現しているといってもよいかもしれない。
ただのドゥームでもゴシックでもない、これまでありそうでなかったメランコリック・ヘヴィメタルである。
ドラマティック度・・8 メランコリック度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


GHOST BRIGADE「IV」
フィンランドのゴシック・デスメタル、ゴースト・ブリゲードの2014年作
前作はOPETH+SENTENCEDというような好作品であったが、4作目となる本作もツインギターの重厚なリフと
メロディックなフレーズを乗せた、北欧らしいメランコリックな叙情のゴシック・メロデス的な聴き心地。
ヴォーカルは低音のデスヴォイスであるが、曲によってはノーマルヴォイスで歌っていて、
ギターによるメロディックなフレーズが前に出ていることもあって、デスというよりはゴシック寄りの感触だ。
5〜6分のナンバーを中心に、10分を超える大曲もあり、4作目にして楽曲の構築センスにも磨きがかかっている。
ENTWINEあたりにも通じるフィンランド独特の倦怠の翳りに包まれたキャッチーなメロディアス性に、
ドゥームメタル的なザラついた雰囲気もいくぶん残していて、どっしりとした重厚な味わいで楽しめる力作です。
ドラマティック度・・8 メランコリック度・・8 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


GLORIA MORTI 「LIFESTREAM CORROSION」
フィンランドのメロデスバンド、グロリア・モルティの2004年作
女性Keyを含む6人組。疾走しながらシンフォニックなキーボードが乗る様はメロブラ風の音なのだが、
Voの声質が典型的なデス声(昔のデスメタルバンドのように低音の「ずむおぉぉ」タイプ)なので、
そこが気にならなければ、なかなかクオリティの高いサウンドだと思う。
疾走部分はシンフォニックなメロブラで、ミドルテンポ部分はザクザクとした
ヘヴィギターのデスメタル…という、これは案外新しい合体の仕方かもしれない。
モダンなメロデスが好きな方にはお勧め出来ないが、ザクザクなデスメタも好きという方は聴いて損はない。
メロディアス度・・7 暴虐度・・9 かなりザクザク度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

GLORIA MORTI 「Kuebiko」
フィンランドのメロディック・デスメタル、グロリア・モルティの2016年作
聴くのは2004年作以来なのだが、地道に活動を続けていたのですね。サウンドの方は、
低音デスヴォイスを乗せてブラスト疾走する、ブラックメタル寄りのブルータルな聴き心地。
ギターのリフは適度にメロディックで、随所に叙情的なフレーズも入りつつも、全体的には甘すぎない硬派の感触で、
ブルータルデスメタルの重厚さにブラックメタルの激しさ、そしてメロデスの感触を合わせたという雰囲気である。
演奏力もしっかりとしていて音の迫力も十分なのだが、これだというインパクトに欠けるのが惜しい。
楽曲自体にフックのある展開がもう少し欲しいか。クオリティはちゃんと高いんデスけど。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



GODGORY「RESURRECTION」
スウェーデンのメロデス/ゴシックバンド、ゴッドゴリーの3rd。1999作
ゆったりしたテンポにへヴィなギター、浮揚感漂う曲調に、囁くようなVoと、一聴してPALADISE LOSTを想起させる。
曲によってはデスメタル的な激しさも見せたり、キーボードを乗せた美しい劇的パートなどもあったりするが、
全体として曲、メロディとも練りこみがもう一歩足りない。雰囲気はいいものを持っている。
メロディアス度・・6 デス度・・6 ゴシック度・・7 総合・・6


Gormathon 「Following the Beast」
フィンランドのメロディック・デスメタル、ゴルマソーンの2014年作
ツインギターの硬質なリフと低音のデスヴォイスを乗せた、どっしりとした聴き心地のサウンド。
ミドルテンポを主体に、随所に叙情的なギターフレーズやクリーンヴォーカルも含んだ
メランコリックな味わいはいかにもフィンランド的である。楽曲は3〜4分台中心でわりとシンプルで、
激しい疾走というのもないので暴虐性が薄い分、メロデスというには物足りなさもあるかもしれないが、
むしろゴシックとデスの中間という重厚な味わいというべきか。アルバム中盤には疾走するパートもあり、
AMON AMARTHあたりに通じるエピックな雰囲気は悪くないので、その路線でいった方が受けは良いように思う。
ドラマティック度・・7 重厚度・・8 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る



GRAVEWORM「WHEN DAYLIGHT'S GONE & UNDERNEATH THE CRESCENT MOON」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタル、グレイブワームの1stに4曲入りミニアルバムを加えた韓国盤。2002作
現在では、世界的に見ても素晴らしいシンフォブラックバンドとなった彼らだが、
この1stの時点では疾走感は多少抑え気味で、メロデスとゴシックの中間という雰囲気。
3rd以降のクオリティには及ばないが、ツインギターのメロディアスさや、
シンセなどのアレンジを含めて、やはり良質のセンスを持っていたことを確認。
4曲入りミニのラストはHELLOWEENの「How Many Tears」のシンフォブラックカヴァー(笑)
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 ゴシック度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRAVEWORMAs THe Angels Reache THe Beauty
イタリアのシンフォニックブラックメタルバンド、グレイブワームの2nd。1999年作
この手のシンフォブラックの中でもゴシック風の耽美な雰囲気があって、好きなバンド。
女性シンセ奏者の奏でる美しいシンセアレンジに、ゲストのストリングスカルテットが加わって、
非常にクラシカルかつシンフォニックな美しさをかもしだしている。
絶叫Voを乗せて疾走しつつ、とても美麗な質感があるのがこのバンドの特徴で、
ゴシックメタル好きにも聴かせられるくらいのサウンドだ。ルイス・ロヨによる美麗なジャケも良い。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRAVEWORM「SCOURGE OF MALICE」
イタリアのメロディックデスメタルバンド、グレイブワームの3rd。2001年作
今作もSKYLARKなどのジャケでおなじみのLOUIS ROYOのイラストがよい感じです。
オーソドックスなシンフォニック・ブラックで、突進するリズムの上を扇情的なギターと、美しいキーボード、
そこにブラックメタル的なダミ声ヴォーカルが乗るという、しごく正統派のシンフォニック・ブラックサウンド。
ヴァイオリンなどの物悲しいメロディがゴシック的でもある耽美な要素をかもし出している。前作同様の傑作です。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRAVEWORM「ENGRAVED IN BLACK」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、グレイブワームの4th。2003年作
泣きの叙情シンフォニック+激しい疾走という、これまでも完成度の高いバンドだったが、
今作ではさらにサウンドに重厚な説得力が加わっている。
ブラックメタルとしての突進力と煽情的なメロディのバランスも見事で、
静寂パートでの耽美性はゴシック的でもあり、壮麗なキーボードが音に厚みを加える。
STORMLORDと共にイタリア産のシンフォブラックとして一線級に来たという印象の傑作。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・8 楽曲・・8 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入

GRAVEWORM「[N]UTOPIA」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、グレイブ・ワームの5th。2005作
すでにイタリアらしからぬ、メジャー級のクオリティを有しているこのバンド。
その暴虐さとシンフォニック性のバランス、ゴシック的な耽美&ロマンティックな雰囲気は
CRADLE OF FILTHのイタリア版といっても差し支えはないかと思う。
今回は前作の超美麗なシンフォニック路線からはやや異なり、よりパワフルに重厚度を増したサウンドになっていて
一聴した感じ、華麗な部分が薄れ、代りにデスメタル的な部分が増している気もするが
サウンドの厚みを含めて、クオリティ的にはやはりワールドクラスの作品だと思う。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 ゴシック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

GRAVEWORM「Collateral Defect」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、グレイブ・ワームの6th。2007年作
初期のシンフォニックブラック路線から、前作ではデスメタル的なモダンさへとシフトし、
本作もその延長上のサウンド。美しいシンセワークで疾走しつつ、随所にモダンなヘヴィネスを盛り込み、
テクニカルなギターリフやノーマルヴォイスなども使った、いわば昨今のスタイリッシュなメロデス風に聴かせる。
全体的な質はなかなか高いのだが、やはり4thまでが好きだった身には少し微妙か。力作ではある。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 スタイリッシュ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRAVEWORM「Diabolical Figures」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、グレイブ・ワームの7th。2009作
デビューからすでに10年以上の中堅バンドで、クオリティの高いシンフォブラックは本作でも健在。
5thあたりから重量感を強めてきたそのサウンドは、低音のデスヴォイスを乗せて疾走しつつ、
女性奏者の美しいシンセワークとともに、デスメタル的シンフォブラを聴かせる。ただ2n〜4thに比べると
美麗さの点ではやはり薄まってきているか。もちろんその辺のバンドよりは遥かに質が高いが。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRAVEWORM「Fragments of Death」
イタリアのシンフォニック・デスメタル、グレイヴワームの2011年作
1997年にデビューし、初期はゴシック要素もある耽美なシンフォニック・ブラックメタルであったが、
しだいにメロデス的な色合いを強めてゆき、本作が8作目となる。すでに中堅バンドというべきキャリアである。
低音デスヴォイスが咆哮するブルータルなデスメタル色を基本にしつつ、シンセによる美麗なアレンジと、
前々作あたりからのモダンなヘヴィネスとともに、今作では荘厳で邪悪な雰囲気がより強まってきている。
一方では、曲によってはかつてのようなゴシック的な耽美さも戻ってきていて、東日本大震災をテーマにした曲など、
メランコリックな叙情美も感じさせる。
全体的にも重厚かつ高品質な力作に仕上がっている。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



GRIM FUNERAL 「Abdication Under Funeral Dirge」
スペインのブラックメタル、グリム・フューネラルの2013年作
ノイジーなギターと低音のダミ声ヴォーカルを乗せ、BURZUMを思わせる闇に包まれたサウンド。
フューネラルなダークさと絶望感、19分、15分、25分、15分という大曲による構成も圧巻で、
トレモロのギターリフによる寒々しい叙情性も含めて、暗黒美にどっぷり浸れる作風だ。
ゆったりとしたスローパートから、随所に激しいブラストも入った楽曲のメリハリもあるのだが、
どこかシアトリカルな絶叫ヴォーカルも含めて、長い曲はややクドいと感じてしまうところも。
フューネラルな雰囲気は嫌いではないので、もう少し曲を短くしてください。笑
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



H

HAAR 「The Wayward Ceremony」
イギリスのブラックメタル、ハールの2015年作
ツインギターの5人編成で、デプレッシブなダミ声ヴォーカルを乗せて激しく疾走しつつ、
プログレッシブで知的な構築力も感じさせるサウンド。10分前後の大曲も多く、
重厚なスローパートを説得力たっぷりに聴かせる禍々しい音の迫力も十分。
緩急の付いたアレンジと展開力にもバンドとしての実力を感じさせ、
ざらついたギターリフでたたみかけながらときにトレモロの叙情性も覗かせる。
ダークなスケール感を含んだ、まさに新世代のモダン・ブラックメタルの力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Harrow 「Fallow Fields」
カナダのネイチャーブラックメタル、ハロウの2015年作
土着的な神秘性と、寂寥感ただようダークな世界観に包まれて、ダミ声ヴォーカルを乗せ、
こもり気味のドラムとともに疾走する、WOLVES IN THE THRONE ROOMなどにも通じるサウンド。
こちらの方がよりローカルなスカスカ感が強いので、おどろおどろしい迫力というのはあまりない。
ときにヴァイオリンやチェロの音色が加わった優雅な叙情も覗かせ、14分、8分、8分、12分という
大曲4曲という構成もいかにもな感じであるが、サウンドのチープさが説得力を半減しているのが残念。
カスカディアン・ブラックメタル系のディープなファンなら、それなりには楽しめるでしょう。
ドラマティック度・・8 暗黒度・・7 神秘的度・・8 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る



HATEFORM「DOMINANCE」
フィンランドのメロデスバンド、ヘイトフォームの2008作
ジャケは地味ながら、サウンドは今どき珍しいくらいのオールドなメロデスラッシュ。
激烈に疾走しつつ、ドラマティックな展開を織りまぜたなかなか高品質なサウンドで、
シンセの類はいっさい使わずにツインギターのフレーズのみで叙情を表現するのがよい。
ザクザクとしたリフでスラッシーにたたみかけつつ、流麗なギターワークを聴かせるあたりは
初期のARCH ENEMYなどにも通じる感触がある。デスラッシュ的なエクストリームメタル高品質作。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 デスラッシュ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


HEARSE 「Dominion Reptilian」
元Arch Enemyのヨハン・リーヴァ率いる、ハースの2003年作
古き良き感触のヘヴィなギターリフに、迫力あるデスヴォイスを乗せたスタイルで、
随所にメロディックなフレーズを奏でるギターとともに、初期のアチエネに近い雰囲気である。
曲によってはオールドなハードロックにデス声を乗せたという感じもあって、
デスメタル的な疾走感はさほどでもないので、激しさの点では物足りないかもしれない。
メロディック度・・7 暴虐度・・6 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

HEARSE「Armageddon, Mon Amour」
Arch Enemyのヨハン・リーヴァが在籍する、ハースの2nd。2004作
先に2006年の4thを聴いてとても気に入っていたのだが、このアルバムでもMotorhead的な
ダーティな突進力と北欧メロデスを融合させたようなデスロールサウンドを聴かせてくれる。
オールドな雰囲気の中にもツインギターのフレーズには聴きやすいメロディもあり、
暴虐さというよりもノリの良さで楽しめるような音楽性だ。本作の時点では、曲によっては
まだARCH ENEMY風のリフもあったりして、楽曲的には突き抜けたものはないのだが、
演奏の質は高く、オールドなメロデス風味が好きな方なら充分楽しめるだろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 デスロール度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HEARSEIn These Veins
Arch Enemyのヨハン・リーヴァが在籍する、ハースの2006作
アーエネ自体もファンでないので、彼のヴォーカルについてもあまり記憶にないのだが、
ツインギターで聴かせるオールドスタイルのメロデスサウンドは、先入観なしに楽しめる。
咆哮するスクリームヴォイスと、甘すぎないギターフレーズが一体となって
重厚に突進してゆく楽曲は、昨今流行りのモダンさに流されることなく、
自らの立ち位置をしっかりと見極めたような自信と質の高さが伺える。
リフの構築でドラマティックに世界観を描きつつ、Motorheadばりのデスロールな感覚が
なかなか爽快だ。久々にまっとうなメロディックなデスメタルを聴いたという感じがした。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 デスロール度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HEARSESingle Ticket to Paradise
Arch Enemyのヨハン・リーヴァが在籍するメロデスバンド、ハースの2009年作
アーエネがモダン化した現在にあって、しごくまっとうなメロディックデスとしての
このバンドの存在価値は大きい。見事な傑作であった前作に続き、5作目となる本作は
ずいぶんとキャッチーに始まるが、疾走が始まるとかつてのThe Crownを思わせるような
メロデスラッシュンロールでにんまり。初期のARCH ENEMYを思わせる部分も残っていて、
メロディアスなギターフレーズと古き良きリフの組み合わせも、もはやこのバンドのお家芸だろう。
今まで以上に聴きやすいサウンドはもっと多くのファンを得てもいい出来だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 デスロール度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


HECATE ENTHRONED「THE SLAUGHTER OF INNOCENCE,A REQUIEM FOR THE MIGHTY」
英国のシンフォニックブラックメタルバンド、ヘカテ・エンスロンドの1st。1997年作
サウンドは音質の悪さも手伝って、同郷のCRADLE OF FILTHあたりよりはずっと真性に近い。
キーボードをたっぷり使い、激速リズムのバックは非常にシンフォニックで美しくすらあるが、
まがまがしく、不気味で、本物の凶悪さを有する雰囲気はEMPERORの1stあたりにも近いか。
このあとの3枚目は同路線のサウンドだが、4thからはメロデスに近いドライな音に変貌してしまい残念。
このころのぼんやりとした幻想的な暴虐シンフォブラックにこそ魅力があったのだが。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 Voはカラス声度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HECATE ENTHRONED 「Dark Requiems...And Unsilent Massacre」
イギリスのシンフォニック・ブラックメタルバンド、ヘカテ・エンスロンドの2nd。1998作
実に美麗かつ耽美なシンセワークとともに疾走するスタイルで、
サウンドにはまるでノルウェーのバンドのようなプリミテイブなマイナー感がある。
ぎゃあぎゃあとカラスのような声でわめき散らすヴォーカルは耳障りだが、
ともかくこのシンフォニックなキーボードの美しさですべてを許せてしまう。
B級臭くてもよいから美麗な疾走ブラックが聴きたいの方や、COFの1stが好きならぜひ。
1st「The Slaughter Of Innosence〜」も同様に美しきシンフォブラ好作デス。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HECATE ENTHRONED「KINGS OF CHAOS」
イギリスのメロディアスブラックメタルバンド、ヘカテ・エスロンンドの3rd。
英国産ブラックとしてはCRADLE OF FILTHに続くキャリアの彼らだが、そのサウンドはCOFよりは
ブラックメタル度(つまりB級度)が高く、暴虐度も本気度も「真性」のそれに近いものがあった。
しかし今作では、音質の向上とともに楽曲の方も「メロデス」的な音作りが目立ち、比較的聴きやすくなっている。
個人的には以前の「本物のブラックメタル的」激烈サウンドがキワモノっぽくて良かった気がするが、
一般リスナーに受け入れられるのはこちらの音なのだろう。ギターもシンセもなかなかにメロディアス。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 ブラック度・・6 総合・・7.5


HELHEIM 「Raunijar」
ノルウェーのペイガン・ブラックメタル、ヘルヘイムの2015年作
1995年デビューという古株で、母国語のダミ声ヴォーカルによる土着的な感触と
ミステリアスな空気感に包まれたサウンドで、ブラックメタル的な激しさよりも、
同郷のSolefaldにも通じるような、プログレッシブ・ブラック的でもある知的な聴き心地である。
10分を超える大曲を構築するセンスも見事で、ノルウェイジャンらしい寒々しい空気感と
荘厳なスケール感がよいですな。朗々としたノーマルヴォーカルを乗せたナンバーなど、
随所に甘すぎない叙情性も織り込みつつ、あくまで涼やかな硬派さで描かれる傑作デス。
ドラマティック度・・8 荘厳度・・8 北欧度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


HELRUNARBaldr ok Iss」
ドイツのネイチャーブラックメタル、ヘルラナーの2007年作
先に2011年作Sol IIを聴いてとても気に入ったのだが、本作もドイツ語の語りから始まり、
チリチリとしたノイジーなギターリフでブラスト疾走開始。古き良きブラックメタルの感触と
アナログ的な土着性で聴かせる、ミスティックな雰囲気はこのバンドの持ち味だ。
もの悲しい叙情パートも随所にあるが、のちの作品に比べるとブラックメタル度が高いアルバム。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 薄暗叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

HELRUNARSol II-Zweige Der Erinnerung
ドイツのネイチャーブラックメタル、ヘルラナーの2011年作
ドイツ語による語りからゆったりと始まり、ノイジーなギターが加わって
かつての北欧ブラックを思わせるようなトレモロリフと、がなりヴォーカルを乗せて疾走。
本作は2枚作品の後編にあたるようで、コンセプトは不明だが、10分前後の曲が3曲あり、
薄暗く寒々しい叙情と、アコースティカルな静寂パートなども織り込んだ楽曲はなかなか魅力的。
甘すぎない程度のメロディックな聴き心地もよい感じです。アナログ的自然派ブラックの力作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 薄暗叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


HIMINBJORGGolden Age
フランスのペイガン・ブラックメタルバンド、ヒミンビヨルグの2003作
北欧神話のヘイムダールの館からバンド名をとっている通り、神秘的でエピックな世界観と、
ギターリフを主体にしたオールドなブラックメタルスタイル。甘すぎないギターメロディとともに、
激しく疾走しても邪悪ではなく、荘厳な雰囲気のあるペイガン・ブラックメタルサウンドを聴かせる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 荘厳度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


HOLLENTHONWith Vilest of Worms to Dwell
オーストリアのシンフォニック・デスメタルユニット、ホレンソンの2nd。2001作
PUNGENT STENCHのメンバーによるバンドということだが、詳細は不明。
音の方は、むしろ北欧系の質感でTHERION風のオーケストラルな壮大さと、
知的でプログレッシブな雰囲気がある。メタリックな部分とモダンなアレンジとが
上手く融合しているところなどは、SOLEFALDあたりにも通じるセンスの良さを感じる。
後半で聴かせるヴァイキングメタル的な土着メロディもなかなか堂に入っている。
メロディアス度・・7 壮大度・・8 知的度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HOLLENTHON「Opus Magnum」
オーストリアのシンフォニックデスメタル、ホレンソンの3rd。2008年作
前作同様、THERIONを思わせる荘厳なコーラスワークを聴かせながら、、
オーケストラルなアレンジを交えて、よりモダンでソリッドな質感となっている。
あくまでデス声がメインながら、ときおり女性Voも加えてゴシック風に聴かせたり、
オペラティックな混声コーラスで盛り上げたりと、クラシカルな質感も垣間見せる。
ジャケ裏のメンバーたちは凶悪そうだが、こうした知的なアレンジには確信犯的な芸術センス
を感じさせる。マニアックでありながら、もっと多くのリスナーに聴かせたい、そんな作品だ。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 荘厳度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Homselvareg 「Catastrofe」
イタリアのブラックメタル、ホムセルヴァレグの2009年作
ツインギターのノイジーなリフを乗せて疾走する、オールドスタイルのブラックメタルで、
アナログ感あるサウンドも含めて、プリミティブなマイナー臭さに包まれた聴き心地。
イタリア語による邪悪なダミ声ヴォーカルもいい感じで、随所にメロディックなギターフレーズも覗かせながら、
スローパートから強烈なブラスト疾走まで、緩急のある展開は初期のABIGORなどにも通じるだろう。
ファストにたたみかける激しさの中にも、ダークな幻想性と湿り気ある空気感を描くところもよいですな。
甘すぎないメロディを含んだ古き良きスタイルの真性ブラックメタル強力作!
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 プリミティブ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


HOPE DRONE 「Cloak of Ash」
オーストラリアのポストブラックメタル、ホープ・ドローンの2015年作
トレモロのギターリフを乗せて激しくブラスト疾走、いくぶんこもり気味の音質も含めて、
Wolves in the Throne Roomあたりに通じる、荒涼としたミステリアスな雰囲気のサウンド。
のっけから20分の大曲で、その後も10分を超える大曲が続くという大作志向も凄いが、
バンド名のようにドローン的な要素も含めて、スローパートと疾走部分の振り幅が大きいのも特徴だろう。
トータル80分近い作品なので気が短い人には向かないが、スケール感のあるミステリアス・ブラックの力作だ。
ドラマティック度・・7 暗黒度・・8 ミステリアス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Hope for the Dying「Dissimulatio」
アメリカのシンフォニック・メロデス、ホープ・フォー・ザ・ダイイングの2011年作
美麗なシンセアレンジとツインギターの叙情メロディで聴かせる質の高いメロデスサウンド。
メタルコア的なモダンさを含んだ激しさと、ツインギターのクラシカルなクサメロが融合し、
キラデス系の質感で疾走する。ときにネオクラ気味のやりすぎ感と、壮麗なコーラスなどを含んで
ヨーロピアンな叙情を覗かせるサウンドは、メタルコア嫌いの自分でも「まいった」という感じ。
なんというか…「メタルコア風クサメロデス」という新ジャンル確立の予感である。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 モダンデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


HYPOCRISY「CATCH22」
スウェーデンのメロディックデスメタルバンド、ヒポクリシーの2002年作
90年代初等から活動するベテランで、本作は10作目くらいだろうか。
デスラッシュ風のギターリフで疾走しつつ、甘すぎないメロディを取り入れた
硬派なメロデスとしても楽しめる。ときおり聴かせる北欧らしい叙情フレーズもいい。
時代に流されることなく己のアティテュードを堅持し続ける彼らは本当に素晴らしい。
長い年月をかけて磨かれた音の説得力が詰まった力作である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 古き良きメロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


I

IHSAHNAdversary
EMPERORイーサーンのソロ作。2006作
EMPERORの解散から早5年、ついにイーサーンが動きだした。サモスの方はZYKLONで活躍中だが、
これを聴けばやはりバンドのブレインはイーさんの方だったのだなと思わせる内容。
基本はシンフォニックブラックであるが、楽曲の展開の多さにはEMPERORとしてのラスト作である
「PROMETHEUS」の延長上にあるもので、SOLEFALDにも通じるプログレッシブな質感だ。
ブラックとしてのおどろおどろしさはなくなったが、プログレブラックとしての魅力はより明快になった。
ときおり聴かせるクラシカルなアレンジもいい感じだし、シンフォブラック的に疾走しつつも
暴虐さはさほど感じないので、これならばデス系が苦手な人間にも受けそう。
このソロ作を機に、EMPERORの再結成などないものだろうか?…とつい期待したくなる。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 プログレブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

IHSAHN「angL」
EMPERORイーサーンのソロ2作目。2008作
前作はプログレッシブな味わいの好作だったが、今作も彼の美意識とセンスとが存分に発揮された作品となっている。
クラシカルなシンセアレンジで華麗に聴かせつつ、ときに暴虐な突進力もあり、
かつてのシンフォニックブラックメタルのアイデンティティをまざまざと見せつける。
イーサーンのヴォーカルも情念の深みを増していて、前作よりも迫力があり、
ノーマル声で歌う叙情パートなどはOPETHなどを思わせる部分もある。
シンセをバックにテクニカルなギターリフや、メロウなフレーズが交互に顔を出し、
楽曲は緊張感と荘厳な空気に包まれていて、最後まで聴き手を飽きさせない。
かつてのEMPERORファンのみならず、プログレッシブなメタル好きも必聴だ。
シンフォニック度・・7 プログレッシブ度・・8 楽曲センス・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Ihsahn「After」
元EMPERORのイーサーンの2010年作
ソロとしてはこれが3作目、EMPEROR時代からのブラックメタルの深化をさらに芸術的に、
プログレッシブになしとげてきた彼の才能には脱帽するばかりだ。
本作では二本のギターを有機的に絡ませつつ、サックスの使用や変則リズムをまじえての
プログレッシブ・ブラックの質感を軸に、前作で聴かせたOPETHばりの緩急の変化とともに
激しくもアヴァンギャルドな感性を炸裂させた、劇的で濃密なアレンジが光っている。
日本のSIGHにも通じる、音楽をアートとしてとらえての楽曲表現の追求が素晴らしい。
ノーマルヴォイスで歌う叙情パートも含めて、ドラマティックなメリハリの効いた見事な傑作だ。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 楽曲センス・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

IHSAHNEremita
元EMPERORのイサンの2012年作
前作「After」でプログレッシブ・ブラックとしての頂点を極めた作品を作り上げたが
ソロ4作目となる本作は、インダストリアル調に始まっておやとなるが、
知的でプログレッシブなセンスは変わらず、むしろより深い時点での表現をまとっている。
一聴してシンプルな音の中に細やかなアレンジと必要な構成要素が詰まっていて、
彼のアーティストとしてのスタイリッシュな深化を伺わせる。アヴァンギャルド性と
聴きやすさの同居という点では、日本のSIGHなどにも通じる方法論であろう。
ブラックメタルとしての枠を飛び出したというよりは、それを単なるひとつの要素として
楽曲を構成するパーツとすることで、己の描く世界をよりモダンに提示したというべき力作だ。
ドラマティック度・・8 知的センス度・・8 ミクスチャー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

IHSAHN 「Das Seelenbrechen」
ノルウェーのミュージシャン、イーサーンのソロ5作目。2013年作
二年連続で来日公演を果たすなど、ここのところ充実した活動をしているイサン先生、
前作にあったモダンな感触を含みつつ、今作ではよりプログレッシブなスケール感をまとわせている。
シンセによるオーケストラルなアレンジや、チェンバーロック的なミステリアスさを内包した世界観と、
ときにスティーヴン・ウィルソン的というべき繊細さでもって、ほの暗い叙情美と、荘厳な空気を描き出す
アーティスティックなセンスが炸裂している。アヴァンギャルドな空間性に冷徹な知性を注ぎ込んだというような、
ダークなプログレッシブロックといってもよい作品だ。ポストプログレ系のファンなどにも聴いてもらいたい傑作。
ドラマティック度・・8 ほぼプログレ度・・9 荘厳な知性度・・9 総合・・8.5



Ihsahn 「Arktis」
ノルウェーのブラックメタル、Emperorのイーサーンのソロ。2016年作
EMPEROR後のソロ活動もすでに10年、6作目となる。北極探検をテーマにした作品なのかは分からないが、
前作でのプログレッシブな作風を受けつつ、ダミ声ヴォーカルとギターリフによるアグレッシブな感触と
モダンなアレンジにノーマル声と美しいシンセによる繊細な叙情性が交錯するという聴き心地。
ギター主導によるわりと正統派なメロディックナンバーなど、意外な方向性もあるのだが、
オルガンが鳴り響くやわらかさとサイバーなハードさが融合されたりと、そのセンスは抜群だ。
随所にブラックメタル的な激しさも覗かせながら、全体的には研ぎ澄まされた知的センスが光るという。
どこを切ってもイーサーン流プログレッシブ・メタルというべき見事な傑作に仕上がっている。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 叙情度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


IKUINEN KAAMOS「The Forlorn
フィンランドのプログレッシブデスメタル、イクイネン・カーモスの2006年作
先に2ndを聴いていたのだが、デビュー先となる本作も、のっけから13分、12分という大作志向。
もの悲しいイントロから、激しく疾走するブラックメタル要素と、緩急をつけた知的なアレンジセンスで構築する
そのサウンドは本作の時点で確立されている。もの悲しい叙情を聴かせるメロウなギターフレーズも絶品で
静と動のメリハリも含めて、やはり随所にOPETHを思わせる部分もあるが、
2ndに比べるとより激しいメロディックブラック要素が強いのもむしろ魅力的だ。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・7 フィンラン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

IKUINEN KAAMOS「Fall of Icons
フィンランドのプログレッシブデスメタル、イクイネン・カーモスの2010年作
一聴して、OPETHを思わせるような知的なギターフレーズと展開力で、
緩急をつけた楽曲を叙情豊かに聴かせるセンスに引き込まれる。
低音デスヴォイスとやや高音のブラック声を絡ませつつ、随所にノーマル声も使って
フィンランドらしいメランコリックな美しさを盛り込んだ楽曲は、10分前後の長曲をメインに
激しさよりもゆるやかでプログレッシブな構築性に重点が置かれているという印象。
BARREN EARTHといいこのバンドといい、楽しみなバンドが出てきたものだ。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 フィンラン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


ILLNATH「CAST INTO FIELDS OF EVIL PLEASURE」
デンマークのシンフォニック・ブラックメタルバンド、イルナスの1st。2003年作
ひとことでいうと、CHLDREN OF BODOM + CRADLE OF FILTHというような
メロディックなギターにシンフォニックなシンセで疾走する、美味しいとこどりのサウンドで、
新鮮味はないが演奏技術もしっかりしているので、この手としてはかなり聴ける部類。
ゴージャスな音の重ねに加え、デス/ブラックとしての暴虐性もある程度保っており
チルボドかクレイドルの前座にでも座ればかなり受けるだろうなと思われる。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 初期チルボ度・・8 総合・・7.5

ILLNATH「Second Skin of Harlequin」
デンマークのシンフォニック・ブラックメタルバンド、イルナスの3rd。2006作
今作はのっけからミドルテンポの普通のキーボード入りメタルという印象。
Voのがなり声だけがブラック的で、バックの聴きやすさとのギャップにはむしろ違和感がある。
モダンなアレンジのゴシックメタルとして聴けなくもないが、ドラマティックというよりはエレクトロ系のピロピロ感が耳につく。
COB、COF的な雰囲気も若干あるにはあるが、暴虐さはほぼなくなっているので、
途中、DRAGONFORCEを聴いているような錯覚に陥る瞬間もあったりして(笑)、
このバンドのブラックメタルとしてのアイデンティティはもはや失われたのではないかと。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・6 チルボ度・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ILLNATH「Third Act in the Theatre of Madness」
デンマークのメロデスバンド、イルナスの2012年作
2003年にデビュー、本作は6年ぶりとなる3作目で、新たに女性ヴォーカルが加入している。
サウンドの方は激しい疾走パートもあるが、全体的にはスピード感よりもミドルテンポの割合が多めで、
随所に叙情的なギターメロディや美麗なシンセアレンジを取り入れて、メランコリックで耽美なドラマ性を描いている。
モナ嬢のスクリームは男性顔負けで、知らなければ女性とは思えないかもしれない。総じてなかな質は高いのだが、
メロデスというにはインパクトが少し弱いので、今後バンドがひと皮向けるには、なんらかの極端さが欲しい気がする。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 メロデス度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3



ImmortalPure Holocaust
ノルウェーのブラックメタルバンド、イモータルの2nd。1993年作
シンプルなトリオ編成で、トレモロ系のギターリフで疾走する正統派のブラックメタル。
適度にメロディを感じるフレーズや北欧らしい叙情も含み、ミドルパートを含めた緩急の付け方も
凡百のB級ブラックメタルバンドとは違う、しっかりとした演奏力と音楽的なセンスを感じさせる。
DISSECTIONほどメロディックではないが、MAYHEMほど愛想が悪くもないので、
ブリミティブすぎるブラックメタルが苦手という方でも案外聴けるだろう。
どれも曲が短めであっさりしているので、全8曲33分ははちと物足りないが。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 プリミティブ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ImmortalAt the Heart of Winter
ノルウェーのブラックメタル、イモータルの5th。1999年作
メンバーは二人になっているが、曲の方はむしろ長くなり構築力が強まった。
ブラストビートで激しく疾走しつつも、緩急の付けられた展開力と
よりメロディアスになったギターフレーズで、ドラマティックなサウンドを聴かせる。
音質的にも初期よりはずいぶん良いので、マニア以外にも充分楽しめるが、
真正ブラックメタル好きには6〜8分台の楽曲がやや散漫に聴こえるかもしれない。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 プリミティブ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Immortal SoulsWintereich」
フィンランドのメロデスバンド、イモータル・ソウルズの2007年作
今どき珍しいくらいの古き良きメロデス。シンセを使わずにあくまでツインギターの絡みで
叙情性を描くやり方には好感が持て、ジャケのように北欧独特の土着性もいくぶん感じさせる。
その点ではINSOMNIUMあたりに近い世界観だろうか。一方ではモダンなヘヴィネスを含んだ
今風のノリも混在していて、CHILDLEN OF BODOMあたりのファンでも楽しめるだろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 フィンラン度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Impaled NazareneNihil
フィンランドのブラック・デスメタルバンド、インペールド・ナザレンの6th。2000作
ノイジーなギターリフとガナリ声で爆走する、スラッシーなブラックメタル。
80年代風の古めかしさとダーティに疾走する雰囲気がけっこう愉快で
ブラックメタル的な暗さというものはあまり感じられない。
CHILDREN OF BODOMのアレキシ・ライホが参加していることで、
テクニカルなギターワークも随所に聴けて、まあまあ楽しめる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


IMPERANONStained
フィンランドのメロデスバンド、インペラノンのアルバム。2004作
氾濫ぎみの北欧キラデス勢だが、またしても初期CHILDREN OF BODOMタイプのバンドがデビュー。
いかにもチルボド好きらしいきらきらのシンセに、テクニカルなフレーズも弾きこなすギターで疾走。
メンバーはまだ20歳そこそこらしいが、サウンドの整合感はかなりのもので、
ツインギターによる叙情性をしっかり織り込んでいるあたりが、非常なセンスを感じさせる。
おそらく数あるチルボドフォロワーの中でも質の高さはトップクラスと言って良いだろう。
ただし、当然ながら新鮮味は薄く、この手の予定調和型メロデスをさして好まない
私のようなリスナーにとっては1回聴けばもう充分…というのが正直なところ。
NORTHERKALMAHなどが好きなメロデス初心者には安心して薦められる。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 チルボ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Imperium Dekadenz 「Meadows of Nostalgia」
ドイツのブラックメタルユニット、インペリウム・デカダンツの2013年作
二人組のユニットで、アコースティックなイントロから、ノイジーなトレモロリフとダミ声ヴォーカルを乗せ
初期BURZUMとWolves in the Throne Roomを足したような、ミステリアスなサウンドが広がってゆく。
激しいブラスト疾走はあまりなく、全体的にはミドルテンポ主体のため暴虐な迫力というの感じないが、
その分、物悲しくメランコリックな叙情性に包まれた世界観で、ゴシック・ブラック的な聴き心地もある。
9分、10分という大曲もあるのだが、個人的にはもっとプログレッシブな展開などが欲しいと感じた。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




INDUNGEON「THE MISANTHROPOCALYPSE」
スウェーデンのメロデスユニット、インダンジョンの2nd。1999作
MITHOTYNのGが中心となったバンドで、メロディアスな疾走デス・スラッシュサウンド。
流麗なギターリフはなかなか心地よく、この手のメロデスファンには受ける音だろう。
MITHOTYNほどではないが土着的なメロディも聴かれ、スラッシーな疾走感に
クサメロギターが合わさって高品質なメロディック・デスを形作っている。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 暴虐度・・7 総合・・7


IN FLAMES「Lunar Strain」
スウェーデンのメロデスバンド、イン・フレイムスの1st。1994作
現在のモダン化したサウンドからは想像もつかないだろうが、彼らのデビュー当時は
土着的なギターフレーズによる少々イモ臭いメロデスであったのだ。AMORPHISなどもそうだが、
この北欧からしか出て来ないトラディショナルな質感は非常に魅力的であった。
そして、当時の日本盤ボーナストラックに収録されていた“Stand Ablaze”の美しさは本当に衝撃的で
それまでにこれほど美しく、そしてもの悲しい曲をメタルでは聴いたことがなかった。
現在ではこの究極のメロデス名曲は、ミニアルバム「Subterranean」で聴ける。
やや整合感を増した続く2nd「Jester Race」も、やはり初期の代表作である。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 北欧叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

IN FLAMES 「SUBTERRANEAN」
スウェーデンのメロデスバンド、インフレイムスの初期のミニアルバムのリマスター盤。
以前は1stの「LUNAR STRAIN」にボーナスとして入っていた楽曲で、
中でも“Stand Ablaze”は初期のIN FLAMESを代表する名曲だった。
この頃の彼らの音には北欧らしい土着的メロディが満載で、その美しい旋律と
アグレッシブサウンドの融合こそが魅力だったのだ。アルバムを重ねるごとに知名度を上げ、
それとともに脱デスメタル化していたった彼らだが、原点はまさしくこのサウンドであり、
このミニアルバムにこそ魅力が凝縮されている。名曲「Stand Ablaze」もさることながら
Bの「Subterranean」もいかにも北欧民謡的なメロディが耳に馴染む美しい1曲。
北欧メロデス史上最も美しい曲が収録され、音質も向上したこのミニアルバムは、
初期の彼らを知らない方にはまず必聴である。アイアンメイデン、メタリカのカヴァー曲も収録。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 Stand Ablaze・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

IN FLAMES「Soundtrack to Your Escape」
スウェーデンのメロデスバンド、イン・フレイムスの7th。2004作
前作「Reroute to Remain」あたりからモダン化したサウンドへ変化しつつあったが、
本作ではそこにソリッドな激しさを加えたような作風となっている。
初期のような北欧メロデス的な叙情ではなく、あくまでモダンなヘヴィネスと
マイルドな冷たさともいうべき感触に包まれた音には賛否両論があるだろうが、
これもひとつところにとどまらないこのバンドの深化の過程なのだろう。
ある種のドラマティックなスケール感は、彼らなりのひとつの到達点とも思える。
メロディアス度・・7 メロデス度・・7 モダンヘヴィ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

IN FLAMES「Come Clarity」
スウェーデンのメロデスバンド、イン・フレイムスの8th。2006作
いつにも増して暴虐に幕を上げる本作は、初期のような北欧的叙情からは程遠いが、
DARK TRANQUILITYらとともにメロデスを黎明期から支えてきたバンドが、
時代の変遷とともに少しずつ変化しながらも、アグレッシブさを損なわずに存在し続けているという事実に
敬意を表したい。重厚なリフとともにサビでのメロディアスなフレーズとヴォーカルラインには
現代的なモダンヘヴィネスと、彼らの培ってきたメロディへのこだわりとが感じられる。
3分代台の分かりやすい曲を並べたのも正解で、ゲストによる女性Voなども良いアクセントになっている。
ダートラ、チルボド、ソイルとともに、北欧の四天王としてのプライドが炸裂したような一枚。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 モダンヘヴィ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

IN FLAMES「Sense of Purpose」
スウェーデンのメロデスバンド、イン・フレイムスの9th。2008作
前作「COME CLARITY」はモダンな作風ながらもなかなかの好作だった。
続く今作はツインギターの叙情を前面に押し出したメロディが光る。
かつてを思わせる北欧的なメランコリックさで疾走するところは、
メロデスバンドとしての原点に戻った風でもあり、また曲によってはシンセを取り入れるなど、
ある種のキャッチーさがサウンドを聴きやすくしていて、リスナーの間口をより広げるだろう。
スクリームヴォイスを巧みにマイルドに歌うヴォーカルの効果もあって、
これまでよりも音にやわらかみがある。哀愁のギターメロディをたっぷりと聴かせる好作だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 メランコリック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

IN FLAMESSounds of a Playground Fading
スウェーデンのメロデスバンド、イン・フレイムスの2011年作
1994年のデビューから10作目となる本作は、前作でのメロディアスな聴き心地から
モダンなヘヴィロック風味を強めた作風に変化している。メロデス的な質感は減退し、
メランコリックな叙情とモダンヘヴィネス、メタルコア風味の融合というようなサウンドだ。
中心人物であったイェスパー・ストロムブラードの脱退も大きく影響しているのだろう、
所々にメロウなギターによる聴き心地は残っているし、アルバムとしての完成度もまあまあ高いのだが、
楽曲にこれだというインパクトはなく、これまでのファンにとってはやや物足りない内容かもしれない。
メロディアス度・・7 メロデス度・・5 モダンヘヴィ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

IN FLAMES「USED AND ABUSED...IN LIVE WE TRUST」
スウェーデンのベテランメロデスバンド、イン・フレイムスのライブDVD。2005作
DISC1は地元スウェーデンでのライブをメインに、ロンドンのHAMMERSMITHでのライブも収録。
ハマースミスは会場が広いせいか、サウンド的に低音のバスドラが分離してしまっているが、これは仕方がない。
メンバーは皆半袖の襟付きシャツで、ドレッドヘアのVoにいたってはネクタイまでしている。
これがニューメタル風のファッションということなのだろうか…それはよく分からないが(笑)
観客には若者が多く、おそらくイギリスなどではニュースクール系メタルとしての人気もあるのだろう。
スウェーデンでのステージの方は、メンバーもぐっとくだけた風で、演奏と音の迫力もアップ。
(ちなみにここでVoのアンダースが着ているのはGUNS AND ROSESのTシャツ)
こちらは狭いライブハウスだがその分観客の熱気もものすごく、彼らの地元での人気ぶりもうかがえる。
やはり4th〜7thあたりの曲がメインで、アルバムで聴くよりもずっとアグレッシブで迫力があるが、
初期から聴いてきている自分にとっては、メタルコア的なノリが苦手なこともあり、どうも好みの音ではない。
そんななか、“Behind Space”“Moonshield”といった昔の曲はやはり燃えるのであった。
disc2にはビデオクリップ、TV番組風のツアードキュメンタリー等を収録。
ライブ演奏・・8 ライブ映像・・7 メロデス度・・6 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


Inkisitor 「Dysevangelist」
フランスのブラックメタル、インキシターの2011年作
ジャケはちょっとグロい感じですが、サウンドの方も低音の絶叫ヴォーカルを乗せて
激しくブラスト疾走する暴虐なブラックメタルサウンド。ギターリフは比較的オーソドックスなので、
そこそこブラックメタルが好きな方であれば問題なく楽しめるだろう。こもり気味の音質も含めて、
アンダーグラウンドな暗黒性が強く感じられる。全6曲ながら、7分以上の曲が多く、それなりに構築力もある。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 アンダーグラウン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る 
Amazon.MP3


In Lingua Mortua「Bellowing Sea」
ノルウェーのプログレッシブ・ブラックメタルバンド、イン・リングア・モーテュアの2007作
なにやら静かで上品なイントロから、曲が始まるとEMPERORばりに疾走するブラックメタルに突入。
しかしながら、ヴァイオリン、サックス、フルート、ピアノなどを使用したクラシカルな優雅さや
どことなく知的さを感じさせる展開美などは、プログレブラックの先輩、Solefaldあたりを思わせる。
そして、なんと、ブラックメタルなのにメロトロン使ってますよ、奥さん!これがなかなかハマっていて、
メロトロンの響きがどこか時代的なレトロさを、いい意味でサウンドにもたらしていたりします。
そういう点ではイーサーンのソロ作などにも通じる芸術的センスがあり、その筋には激しくお勧めです!
クラシカル度・・8 暴虐度・・7 プログレブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

In Lingua Mortua「Salon Des Refuses」
ノルウェーのプログレッシブ・ブラックメタルバンド、イン・リングア・モーテュアの2010年作
前作はヴァイオリン、サックス、フルート、ピアノなどを使用したクラシカルな優雅さと、
なんとプログレバンドばりにメロトロンを使った、独自のスタイルがインパクト大であったが、
本作も激しさの中に知的な感覚を覗かせ、まるでEMPERORと70年代プログレを融合させたような雰囲気である。
ANEKDOTENばりに鳴り響くメロトロン、フルートの音色はレトロな質感をかもしだしており、
緩急をつけた楽曲構造とともに、一種シアトリカルなまでのプログレブラックを展開している。
一般のリスナーにはつかみ所がない音かもしれないが、Solefaldなどのファンならにんまりしそう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 プログレ(変態)度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


INSOMNIUM「IN THE HALLS OF AWAKING」
フィンランドのメロデスバンド、インソムニウムの1st。2002作
このバンドの特徴は、ツインギターの奏でるいかにも北欧らしいメロディで、
初期AMORPHISの土着性をメロデスに持ち込んだようなサウンド、ともいえる。
昨今シンセに頼りがちなバンドが多い中、こうして北欧という固有の地域性を保って
それを音に表現できるバンドが存在していることは、とても嬉しく思う。
キラキラと疾走はしないが、やや田舎臭いメロディをふりまくギターの音色は
初期IN FLAMESあたりが好きな私にとってはとても心地よい音なのだ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 北欧メロディ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

INSOMNIUM「SINCE THE DAY IT ALL COME DOWN」
フィンランドのメロデスバンド、インソムニウムの2nd。2004作
もの悲しいピアノのイントロ〜Aになる瞬間に北欧メロデスの全てが凝縮されています。
この2ndでは前作より引き継いだ土着メロは多少控えめになり、
1stより音がすっきりしていて、より一般向けに聴きやすくなっているという印象。
とくに、ふっと現れるアコーステイックパートなどがとても効果的で美しいですね。
個人的にはより無骨で田舎くさい1stの方が好みなんですが…
このアルバムも北欧の涼やかな森っぽさ(?)を感じられて良い感じです。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 北欧メロディ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

INSOMNIUM「Above the Weeping World」
フィンランドのメロデスバンド、インソムニウムの3rd。2006作
このバンドの1st、2ndはAMORPHISから続くフィンランド特有の土着的メロディを配した
叙情性が見事にメロデスサウンドに融合された作品だった。日本デビュー盤となる本作は、
そうした田舎臭さをやや抑えめにして普遍的なメロデス要素が増した力強いサウンドになっている。
もちろん、メロディにはある程度の土着性はときおり感じられるし、ツインギターの泣きメロもいい。
昨今の軽めのバンドに比べて、初期のメロデスにあった荒々しさも残しているのも好感が持てる。
個人的には前2作の北欧的な田舎臭さが好みであるのだが、総合的なクオリティは上がっている。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 北欧土着度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Insomnium「Across the Dark」
フィンランドのメロデスバンド、インソムニウムの4th。2009作
前作3rdでは土着性を減退させた普遍的なメロデスサウンドへとやや変化していたが、
本作においてはよりモダンでスタイリッシュなアレンジを聴かせるようになっている。
もの悲しいギターフレーズはKATATONIAに通じるようなメランコリックな質感があり
美しいシンセとデス声の咆哮が重なると、むしろEternal Tears of Sorrowに通じるような
美麗で叙情的なメロデスサウンドを描き出す。この泣きのメロディがじつに素晴らしく、
方向性が変わったのどうのと言う指摘が無意味に思えるほどに、質の高い作品である。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 泣きの叙情度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


INSOMNIUMOne for Sorrow」
フィンランドのメロデスバンド、インソムニウムの5th。2011年作
前作の出来が大変素晴らしかったので期待していたが、本作もいかにもフィンランドらしい
メランコリックな叙情美が炸裂、ある意味ゴシックメタル的な雰囲気も楽しめる好作に仕上がっている。
ツインギターの流麗なメロディはやはり絶品で、そのもの悲しくも甘美なトーンはじつに日本人好み。
メロデス的な激しさや疾走感は控えめだが、その分、メロウな聴き心地にうっとりとなることしばしば。
これぞまさしくフィンランドのメタル。方向性はやや異なるがAMORPHISの持つ芳醇さにも通じる傑作。
メロディアス度・・8 メロデス度・・7 フィンラン度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

INSOMNIUM 「Shadows of the Dying Sun」
フィンランドのメロデスバンド、インソムニウムの2014年作
2002年にデビューして、本作がすでに6作目という、なにげに中堅バンドと言ってよい存在。
前作では激しさを控えめにしたメランコリック作風であったが、基本的にはその延長上で、
ツインギターの叙情フレーズと低音デスヴォイスで聴かせる、モダンなメロデスサウンド。
北欧らしい土着性を感じさせるメロディを含ませつつ、曲によっては激しい疾走パートもあり、
前作以上にメリハリのある濃密なアレンジが光る。堂々たる説得力と音の迫力は
バンドとしてのキャリアによる自信を物語っている。ゴシック・デスメタル的な哀愁の美学と
フィンランドのバンドらしい知的でメロディックなフックが詰め込まれた見事な傑作だ。
メロディック度・・8 疾走度・・7 叙情度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Insomnium 「Winter's Gate」
フィンランドのメロディック・デスメタル、インソムニウムの2016年作
2002年にデビューしてから本作ですでに7作目となる。本作は40分全1曲という異色の大曲を収録している。
のっけからブラックメタルばりに激しくブラスト疾走しつつ、美しいシンセとメロディックなギターフレーズに、
ダミ声ヴォーカルを乗せて、北欧らしい寒々しい叙情性を含んだメロデスサウンドが炸裂。
キャリアのあるバンドのみがかもしだせる荘厳な説得力が、凍てついた冬の世界観を描いていて、
たとえるなら、MOONSORROWをメロデスにしたような雰囲気とでもいおうか。勇壮かつドラマティックに、
ときにアコースティックパートなども含みつつ、緩急ある展開で重厚なサウンドを構築してゆく。まさに傑作デス!
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 北欧叙情度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Inter Arma 「Sky Burial」
アメリカのスラッジ系ブラックメタル、インター・アルマの2013年作
激しいブラストビートにアナログ感のある重厚なギターと語りのような低音ヴォイスを乗せて、
ダークで不穏な空気を感じさせるサウンド。ドゥームメタル的なスローパートも盛り込みながら、
緩急に富んだ展開とともに、神秘的な暗黒性に包まれた世界観をヘヴィに描いてゆく。
一方ではPINK FLOYDを思わせるような、浮遊感のあるサイケプログレ的ナンバーもあったりと、
スラッジにブラックメタル、ドゥームに、プログレ、ポストロックと、いろいろなアプローチが面白い。
混沌としたサイケデリック要素を、重厚なスラッジと暗黒のブラックで仕上げたというべき力作だ。
ドラマティック度・・8 重厚度・・8 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


INTER ARMA 「Paradise Gallows」
アメリカのスラッジ系ブラックメタル、インター・アルマの2016年作
前作はサイケ、スラッジ、ブラックメタルを合わせたような濃密力作であったが、
本作もブラックメタルとしての暗黒性をスラッジ寄りのアプローチで表現したという重厚なサウンドを聴かせる。
ドローン気味に反復するギターリフに、低音のデスヴォイスが響き渡り、アナログ的な音質の絶妙なこもり具合も
ミステリアスで不穏な空気感をかもしだす。10分前後の大曲を多数含み、ドゥームメタル的なスローパートから
激しいブラックメタル要素まで、自然な緩急をつけながらスケール感ある構築力と知的なセンスを覗かせる。
曲によってはゆったりとした叙情性も含ませながら、じっくりと暗黒の美学を描くような力作である。
ドラマティック度・・8 重厚度・・8 ミステリアス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


IN THOUSAND LAKES「LIFELESS WATERS・・・」
スペインのメロデスバンド、イン・サウザンド・レイクスの1st。
最初は音が軽めなのでデスに聴こえず、なんかVoがダミ声のメタルだな、と思っていたら・・・
数曲聴いてやっと、これはどうやらメロデスらしいぞと認識(笑)。が、どうにも中途半端。
全然暴虐じゃない。聴きやすいし。別にこれなら普通の声で歌っても・・・
ただメロディはクサめでけっこういいものを持っているけれど。
メロディアス度・・7 デスメタル度・・3 スペイン度・・1 総合・・7


IN TORMENTATA QUIETE 「Teatroelementale」
イタリアのプログレッシブ・ブラックメタル、イン・トーメンタータ・クイーテの2009年作
イタリア語の語りとピアノによるイントロから、マイルドなノーマル声とダミ声の男性ツインヴォーカルを乗せ、
美麗なシンセアレンジを含んだシンフォニック性と、知的な展開力で個性的なプログレ・ブラックが広がってゆく。
ときにブラストで疾走する激しさも垣間見せるが、暴虐さよりもクラシカルな優雅さが前に出ており、
イタリア語によるヴォーカルの感触も含めて、これはプログレリスナーにも十分楽しめるサウンドだろう。
ゲストによるサックスや、ときに女性ヴォーカルも加わった、先の読めない展開と小曲を挟んだ構成などにも
シアトリカルなドラマ性を感じさせる。アーティスティックなセンスと随所にイタリアンプログレのテイストを感じさせる傑作!
ドラマティック度・・9 プログレ度・・8 楽曲センス・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


IN TORMENTATA QUIETE 「Cromagia」
イタリアのプログレッシブ・ブラックメタル、イン・トーメンタータ・クイーテの2014年作
本作では女性Voが正式に加わり、男性ノーマルVo+ダミ声Vo+女性Voという3人のヴォーカルをフロントに、
美麗なシンセアレンジによるシンフォニックなテイストと、ゴシック的なメランコリック性を強めた作風となった。
ヴァイオリンの艶やかな音色にマイルドな男性ヴォーカルの歌声で聴かせるやわらかな叙情性に、
女性ヴォーカルが加わるとますますゴシックメタル風味が強くなる。前作のアヴァンギャルドな路線も良かったが、
よりスタイリッシュになった展開美はこのバンドのセンスの良さを物語っている。
ラスト近くのにはプログレブラックらしい激しさもしっかり垣間見せる。やはり力作デス。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 ゴシック寄り度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



IN VAIN 「AENIGMA」
ノルウェーのプログレッシブ・ブラックメタル、イン・ヴェインの2013年作
本作が3作目で、ツインギターのメロデス的なリフとダミ声ヴォーカルを乗せ、
随所にノーマルヴォイスを含んだ緩急のついた知的な構成力で聴かせるサウンドは、
Solefaldあたりに通じるプログレッシブな感触があるが、こちらはよりメロディックな叙情が強く聴きやすい。
ときにトランペットやヴァイオリン、チェロ、サックスなども加わったり、シンセをバックに朗々としたコーラスが重なる
厚みのあるスケール感もよろしい。適度にモダンな重厚さとミステリアスな空気を融合させたような力作です。
ドラマティック度・・8 重厚度・・8 構築度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Ipsissimus「Way of Descent
アメリカのブラックメタル、イプシシムスの2011年作
ツインギターのリフで聴かせるオールドスタイルのブラックメタル。
激しい疾走を含みつつミドルテンポの展開もあって、曲は6〜9分と長め。
決して一本調子ではない作風であるが、演奏力も含めてどこか90年代の
B級ブラック的な感触もある。ここにもう少し叙情的な要素があればよいのだが、
メロディックな聴き心地は薄く、かといって突進する迫力もさほどではないという中庸の作品。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


ISHTAR「KRIG」
スウェーデンのブラックメタルバンド、イシュターのアルバム1998/2005作
音の方は初期EMPERORを思わせる、美しいシンセをバックに疾走するタイプ。
音はややこもりがちで(これでもリマスターされたらしいが)、
いかにもマイナー系のブラックメタルといった雰囲気が全体から漂っている。
今となってはとりわけ個性的というほどのものでもないが、
アトモスフェリックなブラックサウンドが好きならチェックしてみてもよいかと。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 ああ、ブラックだねえ度・・9 総合・・7


ISKALD「Shades of Misery」
ノルウェーのメロディックブラックメタル、イスカルドの2006年作
ドラム&ヴォーカル、ギター&ベース&シンセという二人組ユニットで、
エッジの効いたギターリフとともに激しくブラスト疾走するわりとオーソドックスなスタイル。
随所に正統派寄りのメロディックなテイストもあるのだが、メロデス的にも聴きやすい分だけかえって暴虐性の点では
やや物足りなさも感じてしまう。二人組という利点を活かして、Solefaldのようにもっと自由度の高いサウンドにするか、
あるいは、よりプリミティブな激しさを追及するのか、現時点ではどっちつかずの印象だ。それなりにクオリティは高いのだが。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Istapp「Blekinge」
スウェーデンのペイガン・ブラックメタルバンド、イースタップの2010年作
ヴォーカル、ギター、ベースというトリオ編成で、サウンドはブラストで疾走する
比較的オーソドックスなメロブラスタイル。ギターリフにはヘヴィさはあまりなく、
古き良き正統派の感触も残していて、シンセが入らない分シンプルな音の印象を受ける。
母国語で絶叫するヴォーカルに詠唱的なコーラスなども含めて、
北欧的な土着性も感じられ、正統派のペイガン・ブラックとして楽しめる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




JANVS 「Nigredo」
イタリアのポストブラックメタル、ヤンヴスの2014年作
ジャケの感じからしてセンス良さそうな雰囲気であるが、うっすらとしたシンセにトレモロのギター、
ダミ声ヴォーカルを乗せた暴虐さよりも叙情性が前に出た作風。楽曲はスローからミドルテンポ主体で、
激しい疾走感というのはあまりなく、メロウで神秘的な感触は悪くないのだが、同じフレーズが延々と
リフレインされるのはいささかスリリングさに欠ける。ラストは12分の大曲で、リズムチェンジを含んだ展開や
暴虐に疾走するパートも出てきてそれなりに楽しめるのだが、やはりもう一味足りない。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る




K

KALMAHSwamplord
フィンランドのメロデスバンド、カルマーの1st。2000作
じつのところこのバンドの2nd以降のアルバムは、メロディアスなあざとさが強すぎて
あまり好きになれなかったのだが、この1stはギターフレーズに哀愁を感じさせる
北欧オールドメロデスの泣きがあっていい感じです。やや土着的な香りのするメロディと、
ブラックメタル風の絶叫ヴォーカルが合わさって、暴虐に疾走しつつも、とても聴きやすい。
シンセに頼りすぎないことで、メロデスとしての格好良さが損なわれていないのだな。
今や、フィンランドを代表するメロデスバンドとなった彼らだが、むしろ最高傑作は本作か。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KALMAH「THEY WILL RITURN」
フィンランドのメロデスバンド、カルマーの2nd。2002作
きらきらとした美麗なキーボードが印象的なメロデスサウンドで、
時折ヴァイキング風の勇壮メロが顔を出すのもポイント。
聴きやすく、それでいて適度にヘヴィさとアグレッシブさを保っており
その辺の良いバランスが安定した人気につながっているのだろう。
取り立てて個性的な部分は感じない音だが、よくできたアルバムだとは思う。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5

KALMAH「SWAMPSONG」
フィンランドのメロデスバンド、カルマの3rd。2003作
ETERNAL TEARS OF SORROWCATAMENIAのメンバーらによるバンド。
キーボードはきらきらしていてシンフォニック、これは確かにEToS的だが
ギターリフはけっこう正統派っぽくてなかなか力強く、時折ヴァイキング風のメロが現れる。
全体としては、シンフォニックでヴァイキングなメロデスで時々チルボド風という印象。
悪くはないが…むしろ好きだが、新鮮味は薄いかもしれない。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で購入

Kalmah「12 Gauge」
フィンランドのメロデスバンド、カルマの6th。2010作
毎作質の高いアルバムで、フィンランドメロデスのトップに位置するこのバンド。
正直なところ、個人的には綺麗にまとまりすぎていて、いま一つのめり込めないバンドなのだが、
ともかく本作もクオリティの高い作品だ。今作はギターフレーズにフォーキーな雰囲気も取り入れつつ
美麗なシンセとともに疾走するスタイルで、いわゆるキラデス系のサウンドには暴虐さはあまり感じない。
かつてのイエテボリ系メロデスのようなリフの格好よさで聴かせるのではなく、モダンな構築性と疾走の中で
聴きやすいメロディとシンセで表現するメタルコア世代のメロデスというべきか。質は高いが深みに欠ける。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Kalmah「Seventh Swamphony」
フィンランドのメロデスバンド、カルマの2013年作
毎作、質は高いのだが深みに欠ける作品で、正直好みではないバンドなのだが、
7作目の本作は、のっけから激しくブラスト疾走、美麗なシンセアレンジと、
メロディックなギターを乗せて、北欧メロデスの王道ともいうべきサウンドを聴かせる。
咆哮するデスヴォイスは強力だが、ダークな要素よりもメロディックな部分が前に出ているので
暴虐さはさほど感じない。それなりに聴きやすいのだが、耳に残るメロディや新鮮味は薄く、
これだというインパクトはない。初期チルボドや、初期ノーサー、ETosあたりが好きな方はどうぞ。
メロディック度・・8 暴虐度・・7 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



KAMBRIUM「Shadow Path」
ドイツのエピックメロデス、カンブリウムの2011年作
ツインギターにシンセを含む5人編成で、ペイガン風味を含んだ勇壮さと
モダンなヘヴィさが合わさった、シンフォニックなデスメタルサウンド。
暴虐な疾走感はあまりなく、メロデスと言うにはギターフレーズにも魅力が足りない。
エピックな雰囲気は悪くないのだが、楽曲がいまひとつ突き抜けきらないのが残念。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 エピック度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3



KAMPFAR「Heimgang」
ノルウェーのペイガンブラック、カンプファーの2008年作
北欧らしい土着的なギターフレーズを乗せて、古めかしいブラックメタルスタイルで疾走。
音質のぼやけ方も含めて、所期のBURZUMとか、90年代ブラックの薄暗い感触がある。
媚びのないプリミティブな雰囲気と、マイナー臭さも含めてマニア向けのアルバムだろう。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

KAMPFAR「Mare」
ノルウェーのペイガンブラック、カンプファーの2011年作
神秘的なジャケが印象的だが、サウンドの方も前作以上に音の厚みが増し、
シンフォニックな要素も加わった、ミスティックなメロディックブラックを聴かせてくれる。
プリミティブな勢いでは前作だが、サウンドの説得力と完成度はずっと上がっており、
疾走する曲などはEMPERORあたりにも通じるだろう。キターのリフも魅力的になり、
北欧らしい土着的な雰囲気とともに、ミステリアスな美しさが楽しめる力作です。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




KEEP OF KALESSINAgnen-a Journey through the dark
ノルウェーのメロブラバンド、キープ・オブ・カレッシンの2nd。2000作
先に聴いていた3rd、4thがかなり良かったのでこちらも。
3rd以降のかっちりとしたスタイリッシュなサウンドに比べるとまだ若干粗削りで、
ヴォーカルの邪悪な絶叫に音質のラウドさも手伝って、より真性の雰囲気が漂っている。
暴虐に疾走しつつも、やはりギターワークには北欧的なメロディのセンスが感じられ、
EMPERORの2ndからシンセを抜いた感じ…ともいえる勢いのあるブラックメタルが楽しめる。
総合的な質の高さでは3rd以降だが、本物の香りが味わえるノルウェイジャンブラックならこちらか。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 音質・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Keep of Kalessin 「Reclaim」
ノルウェーのメロブラバンド、キープ・オブ・カレッシンのミニアルバム。2003作
2nd発表の後メンバーを一新し、次作までのつなぎ的な意味合いで制作されたのかもしれないが、
本作にはドラムにSATYRICONのFROST、ヴォーカルにMAYHEMのATTILAを迎えた豪華な布陣。
激烈に疾走する暴虐なサウンドは、傑作となる3rd以降のドラマティックさに比べると
メロディアスさでは物足りないが、より原初的なブラックメタルの激しさがあって激烈きわまりない。
この布陣でフルアルバムを聴いてみたかったという気もする。ミニなのがやや物足りない。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 激烈度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

KEEP OF KALESSINArmada
ノルウェーのメロブラバンド、キープ・オブ・カレッシンの3rd。2006作
とてもクオリティの高いメロブラだ。メロディックなギターリフで暴虐に疾走するスタイルで、
昨今のバンドのようなシンセに頼ることはせず、ギターのみの叙情で勝負する
オールドスタイルなサウンドが潔い。激烈にブラストを叩くドラマーの技量も凄い。
ときおり入ってくるアコースティカルなパートも効果的で、
暴虐パートとのコントラストでドラマティックな世界観を見事に描き出している。
ギターのセンスが良いのだろう、メロディとリフにおける楽曲との融合度も抜群だ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KEEP OF KALESSINKolossus」
ノルウェーのブラックメタルバンド、キープ・オブ・カレッシンの4th。2008作
今作もハイクオリティな傑作。コンセプトからくるドラマティックな雰囲気が格段に増し、
激烈に疾走、ブラストしつつも、センスあるギターリフとフレーズで
メロディと世界観を構築してゆく手法はさらに磨きがかかっている。
シンセに頼りがちな昨今のバンドと違い、あくまでギターサウンドにこだわる姿勢が硬派でよいのだ。
演奏においては、とくにドラムの凄さがバンドの核になっていて、7分、8分という曲でも
ダレることなく聴けるのは、パワフルな勢いと強固な構築力とがあるからだろう。
また、曲によってピアノやストリングス、アコギなどの音色を効果的に挿入するなど、
ドラマ性の点でも聴かせどころを増やしていて、激烈なパートをひときわ際立たせている。
ボーナスDVDには、インタビューやドキュメンタリー、アルバムメイキングなどを収録。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 ドラマティック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Keep of Kalessin「Reptilian」
ノルウェーのブラックメタルバンド、キープ・オブ・カレッシンの2010年作
前作Kolossus」も非常に質の高い作品であったが、本作もコンセプチュアルなドラマティックさと
激しい疾走を含んだ展開力で聴かせる、なかなか濃密な力作に仕上がっている。
クリアなサウンドにはモダンなメタルとしての聴きやすさもあって、メロブラというには
メロディ自体は甘すぎないのだが、強烈なブラストを聴かせても暴虐すぎないのがポイント。
緩急を盛り込んだ長めの楽曲構成には知的さを漂わせ、シンセによる美しい味付けがあるのもいい。
ミステリアスな幻想性は薄いが、初心者にも分かりやすく高品質なドラマティック・ブラックメタルである。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 モダンブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Kimaera 「The Harbinger of Doom」
レバノンのゴシックデスメタル、キマエラの2013年作
ツインギターによる重厚なリフに美しいシンセアレンジ、そこにデスヴォイスを乗せたサウンドで、
随所にブルータルな激しさも含んだ感触は、イスラエルのSALEMあたりにも通じる雰囲気。
辺境的なミステリアスさも感じさせる荘厳な世界観で、デスメタル的な音圧の中にも、
随所に女性ヴァイオリン奏者の奏でる美しい旋律によるメランコリックな叙情性や
女性ヴォーカルが加わったゴシック的な耽美さもある。重厚なる中東ゴシックデスの力作。
MY DYING BRIDEっぽい感じもあるなと思っていたら、ラストはANATHEMAのカヴァー。やりおるな。
ドラマティック度・・8 重厚度・・8 ゴシックデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Kivimetsan DruidiShadowheart」
フィンランドのフォーキー・ブラックメタル、キヴィメトサン・ドルイディの2008年作
ブラックメタルばりの激しいブラストビートに、フォーキーなメロディが絡み、
絶叫する男性ダミ声と、オペラティックな女性ヴォーカルが歌を乗せるというスタイル。
ブラックメタル化したNightwishというか…そんな感じでドカドカとせわしない曲調に、
ときおりシンフォニックなパートも入ってきたりと、なかなか濃密な作風だ。
フォーキーな土着性もいくぶん垣間見せる。シンフォニックなヴァイキングブラック作品。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 フォーキー度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Kivimetsan Druidi「Betrayal Justice Revenge」
フィンランドのフォーキー・ブラックメタル、キヴィメトサン・ドルイディの2nd。2010作
ブラックメタル化したNightwishという雰囲気でもあった前作は、ややゴチャゴチャしていたのだが、
本作ではシンフォニックな美麗さと、オペラティックな女性ヴォーカルの歌唱をより前に出してきた。
ブラスト入りで男性ダミ声とともに激しく疾走する部分は、メロデスリスナーでも普通に聴けるサウンドだと思う。
一方で母国語で歌われる曲は土着性があっていかにもフィンランド的だ。楽曲、アレンジの面で成長の跡が窺える力作。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


KOROVA「A Kiss in the Charnel Fields」
オーストリアのプログレ・ブラックメタルバンド、コロヴァの1st。1995作
のっけからドイツ語の男Voと女性スキャット、それに民族調のメロディで始まり
ただならぬ幕開けににやにやしていると、やはり始まったアヴァンギャルド絵巻…
SOLEFALDをもっとぐちゃぐちゃにしたような感じといえばいいのか、
2ndで聴けたセンスある知的さよりも、もっと混沌とした勢いまかせの変態ブラックですね。
ノイジーなギターに咆哮をはじめるヴォーカル、ブラストビートもときおり入ってきて
やかましいのだけど、どこかローカルで田舎めいた感じがするのはENIDなどと同様。
ときおりギターがクサメロを弾いたり、クラシカルなピアノやオーケストレーションなどの使用も
プログレ好きの変態音楽愛好家にはタマランです(笑)SOLEFALDSIGHなどが好きな方はぜひ!
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 変態度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KOROVADead Like an Angel
オーストリアのアヴァンギャルドブラックメタルバンド、コロヴァの2nd。1998作
メンバーは、女性ヴォーカルに、女性テルミン奏者(!)を含む6人で、
インダストリアルな雰囲気と朗々としたドイツ語のヴォーカルはRAMMSTEINなどを思わせるが、
ギターリフのバックには荘厳なオーケストレイションが鳴り響き、壮大かつ変態的な世界観を覗かせる。
さらにオペラティックなソプラノヴォーカルも加わって、クラシカルな質感を増しつつ
アヴァンギャルドな要素が交差してSOLEFALDあたりにも通じる芸術性が現れる。
テルミンやグラスオルガンなど変わった楽器も登場したりと、一筋縄ではいかないアートで
個性的なメタルサウンドを繰り広げている。プログレッシブな音楽が好きな方なら必聴。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 プログレッシブ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Covenant (The Kovenant) 「Nexus Polaris」
ノルウェーのサイバー・ブラックメタル、コヴナントの2nd。1998作
3rd以降は「The Kovenant」とバンド名を変えるが、本作はバンドの評価を高めた傑作として名高い。
ギターのブラックハートと、元Dimmu Borgirのナガッシュを中心に、ドラムにMAYHEM、ARCTURUSのヘルハマー、
シンセは同じくARCTURUSのスヴァード、Cradle of Filthなどにも参加した女性シンガー、サラといったメンバーが集った、
いわばブラックメタル界のスーパーバンドである。サウンドの方は、美麗なシンセアレンジとミステリアスな雰囲気に包まれた
シンフォニックブラックメタルであるが、激しいブラストビートなどはあまりなく、ARCTURUSなどにも通じる浮遊感を感じさせる。
ヘルハマーのドラムを中心とした安定した演奏技術とともに構築される楽曲は、耽美でメロディック、
サラ嬢のフィメールヴォイスも含めてダークなゴシックブラックという趣もある力作だ。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・6 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

THE KOVENANTAnimatronics
ノルウェーのサイバー・ブラックメタルバンド、コヴナントの3rd。1999作
COVENANT名義の2ndはノルウェーブラックメタルシーンの名だたるメンバーが集結した傑作として名高いが、
頭文字を「K」に変え、それとともにモダンでサイバーなインダストリアル寄りのサウンドに変化してゆく。
本作の時点では、まだわめきヴォーカルに女性コーラス入りで、メタリックなギターに絡む
シンフォニックなシンセもよい感じだし、リズムが若干デジタリィな感じになっているが、
2ndの頃の耽美な雰囲気をちゃんと残している。メンバーは名前を変えていますが、
Voは元DIMMU BORGIRのナガッシュ氏、ドラムはARCTURUSのヘルハマー先生です。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 サイバー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE KOVENANT「SETI」
ノルウェーのサイバー・ブラックメタルバンド、コヴナントの4th。2003作
サウンドはさらにインダストリ寄りになり、歌もほとんどノーマル声になっています。
メンバー様はド派手なサイバーなメイクとコスプレをしていて、ヘルハマー先生にいたっては仮面をかぶっておられます(笑)
シンフォニックなシンセにはピコピコ系のテクノタッチをまじえつつも、女性コーラスなどで彩られたサウンドは、
なかなか厚みがあって悪くないです。エフェクトをかけていても、やはりヘルハマーさんのドラムは見事だし、
デジタリィであってメロディを感じさせるシンセのセンスが抜群によいので、根底ではちゃんとメタルしているわけです。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・5 サイバー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


L

LANTLOS 「Melting Sun」
ドイツのポストブラックメタル、ラントロスの2014年作
なにやらサイケデリックな色彩のジャケがインパクト大だが、サウンドの方はシューゲイザー風味の
浮遊感あるギターワークにヘヴィなベース、そしてマイルドなヴォーカルで、ブラックというよりは
むしろドゥームメタル的な雰囲気に加えて、Anathemaのようなプログレ風な知的さを感じさせる。
6〜9分という長めの楽曲を連ねてゆく構築力もあり、ゆったりとした聴き心地ながらも
適度なヘヴィさもあって、全体的には意外とメリハリのある作品になっている。
ポストプログレやサイケドゥームのリスナーにも楽しめる力作だと思う。
ドラマティック度・・7 叙情度・・8 プログレな知的度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


LEGENDA「AUTUMNAL」
フィンランドのメロディックブラックメタルバンド、レジェンダの1st。
先に2ndを聴いていたが、このバンドの方向性は今風のシンフォブラとは違い、
疾走やメロディのみに頼らないサウンドは、いわゆるアトモスフェリック系といってよいものだ。
インパクトや曲の密度という点では物足りなさがあるが、どこかもの悲しい哀愁を感じさせる
不思議な浮遊感がある音作りには、他のバンドにはない趣がある。
音を詰め込みすぎない方法論は、ある意味で癒し系ブラックともいえるかもしれない。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 哀愁度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

LEGENDA「Eclipse」
フィンランドのメロディックブラックメタルバンド、レジェンダの2nd。1998作
シンフォニックなキーボードやときにメロディアスなギターリフなども聴かせる
暴虐な疾走に頼らず雰囲気で聴かせるタイプ、いわゆるアトモスフィリック系のサウンドだ。
スペイシーな音作りはなかなか悪くはないが、整然とした演奏はややインパクトに欠けるか。
メロディアス度・・7 シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 総合・・7


The Legion「Unseen to Creation」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ザ・リージョンの2004作
MARDUKのドラマーを中心としたバンドで、サウンドの方もマーダックばりの
ファストで激烈な疾走ブラックをやっている。演奏力も非常に高くブラストビートに乗るギターリフは
ときにテクニカルであったり、BEHEMOTHなどを思わせるブルータルな重厚さも見せつける。
激しいだけでなくドラマティックな暗黒美も含めて、クオリティの高い作品だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 激烈度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

The Legion「Revocation
スウェーデンのブラックメタルバンド、ザ・リージョンの2006年作
MARDUKのドラマーが在籍するバンドで、激しくたたみかける突進力と
巧みなギターリフで構築されるドラマティックな展開力も見事なサウンド。
ブラスト入りの強烈なブルータリティの中にも、ツインギターの絡む有機的なフレーズは
随所にメロディックな味わいとなっていて、単なる暴虐ブラックとは異なる、いわば
「知的な荘厳さ」というような雰囲気を感じさせる。テクニカルな構築センスも光る濃密作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Les Discrets「Ariettes Oubliees
フランスのポスト・ブラックメタル、レス・ディスクレッツの2012年作
AMESOEURSのFursy Teyssierを中心にした3人組で、ゆったりとした叙情性と
男女ヴォーカルのフランス語の歌声で聴かせる、アンニュイなポストロック風サウンド。
激しい疾走は少ないが、薄暗い翳りを含んだ世界観とメロウなギターのフレーズが
メランコリックな味わいをかもしだしていて、Alcestにも通じるやわらかな聴き心地だ。
一方では、ギターリフの組み立て方にはオールドスタイルのアナログ感覚があり、
プログレ、ポストロックのリスナーにも楽しめるかもしれない。
メロウ度・・8 激しさ度・・5 アンニュイ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


LIMBONIC ARTAd Noctum Dynasty Of Death
ノルウェーのシンフォブラックメタルバンド、リンボニック・アートの3rd。1999作
美麗なシンセアレンジを乗せて、激しくブラスト疾走するサウンドながら、
ドラムが打ち込みのため暴虐な迫力はあまり感じない。
6〜11分と大曲志向で、知的な展開力も持ち合わせた構築センスがあり、
スペイシーで荘厳な雰囲気で楽しめるシンフォニックブラックの好作だ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 荘厳度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

LIMBONIC ARTUltimate Death Worship
ノルウェーのシンフォブラックメタルバンド、リンボニック・アートの4th。2002作
今作では二本のギターによるリフが前に出てきていて、音が厚くなっている。
うっすらとした神秘的なシンセワークとともに、メロブラ的なギターで疾走する。
リズムはやはり打ち込みだが、以前ほどその軽さが気にならないので、
彼らの標榜する宇宙的な世界観には説得力のようなものが出てきていて、
6〜10分という大曲中心のアルバムでも、さほどだれることなく聴き通せる。
このアルバムを最後にいったん解散するが、2007年には復活作を発表。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 スペイシー度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


The Lion's Daughter 「Existence Is Horror」
アメリカのスラッジ・ブラックメタル、ライオンズ・ドウターの2016年作
ジャケからしてすでに妖しさぷんぷんだが、サウンドの方もなかなかすごい。
ドゥーミィな重厚さにブラックメタルの激しさを合わせた濃密な聴き心地で、
不穏なギターフレーズに咆哮するダ声ヴォーカルを乗せて、随所にブラスト疾走を含みつつ、
闇に包まれた空気とアヴァンギャルドなセンスで描かれる強力なサウンドが楽しめる。
楽曲自体は3〜5分前後とわりと短いので、個人的にはもう少し壮大な大曲もあればと思うが、
スラッジ・系ブラックメタルとしては、Inter Armaをさらに激しくしたような力作である。
ドラマティック度・・8 暗黒度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Lord BelialBlack Curse
スウェーデンのブラックメタルバンド、ロード・ベリアルの2008年作
デビューは1995年と、ブラックメタルとしては中堅というべきキャリアがありつつも、
日本ではなかなか知名度が上がらないこのバンド。本作は7作目くらいだろうか、
サウンドは暴虐に疾走しつつも、いかにもオールドメタル的なギターリフと、
ダークな世界観を感じさせるドラマティックな展開などはなかなか魅力的だ。
MARDUKあたりと比べると激烈さは抑え目で、その分初心者にもとっつき安い。
ときおり聴かせる叙情的なギターフレーズもいいですね。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


LOSS「Verdict of Posterity
スウェーデンのメロデスバンド、ロスのアルバム。2001作
ツインギターのメロディアスなリフを乗せてブラストビートで疾走、
ヴォーカルはブラックメタル風のわめき声と、低音のデス声を使い分けていて、
サウンド的にもメロデス、デスラッシュ、ブラックの中間という雰囲気だ。
展開はあまりなく基本的に曲調はストレートで分かりやすく、ギターの叙情メロディもなかなかいい。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 疾走度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


LOTHLORIEN「THE PRIMAL EVENT」
スウェーデンのメロデスバンド、ロスローリエンの1998作
ジャケだけ見るとプログレメタルかなにかのようだが、れっきとしたメロデスです。
これがかなり出来が良く、初期のIN FLAMESヤAT THE GATES をクサク、シンフォニックにした感じで、
激しく疾走しつつもバックにはキーボードの音色がかなりの割合でフィーチャーされている。
ギターの方も北欧的なメロウなリフを奏でていて、全体的に暴虐さよりはメロディアスさ、
シンフォニックな叙情性を重視していてとても聴きやすい。美しいメロデスが好きな方にかなりお勧めの逸品。
メロディアス度・・9 シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


LUCIFERION「The Apostate」
スウェーデンのブラック・デスメタルバンド、ルシフェリオンの2nd。2003作
LOST HORIZONのヴォイテック・リシキ、DARK TRANQUILLITYのマイケル・ニクラソン
を中心にしたバンドで、ブルータルに疾走するオールドな感じのデスメタルサウンド。
うっすらとしたキーボードをバックにチリチリとしたギターリフで無慈悲に突進する様は
ブラックメタル風味のデスラッシュという質感も。ときおりツインギターのメロディを聴かせるが、
基本はあくまでもブラス入りで突進しまくりのスタイルで、これといった新鮮味は感じられない。
シンセによるミスティックな雰囲気は悪くないのだが、曲の構成やアレンジなどにおいて
それを活かし切れていない。アルバム後半は1994年のデモ音源という変則的な構成もどうかと。
メロディアス度・・6 暴虐度・・8 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


Ludicra「Tenant」
アメリカのブラックメタルバンド、ルディクラの2010作
ヴォーカルとギターの女性2人を含む5人組で、オールドなスタイルのサウンドは、
激しい疾走を含みつつも、倦怠をともなったの浮遊感と叙情性を感じさせる。
Alcestなどに通じる、いわゆる癒し系ブラックの作風であるが、
アナログ的な音の生々しさがプリミティブな神秘性をかもしだしている。
トレモロリフで疾走するブラストビートに乗る女性ブラック声もなかなかのもので、
ときに女性コーラスをまじえつつ、ヘヴィすぎない耳心地の良さが特徴的だ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・6 叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


LUNAFIELD 「DIVA」
ドイツのデス/ブラックメタルバンド、ルナフィールドの2nd。2005作
このジャケと、ビザールというか、やや変態ぎみのメンバーのファッションからして、
ブラックメタルというよりは、後期ATROCITYのようなビジュアル面重視のスタイルなのだろうか。
音の方は、シンセは控えめのギターリフをメインにしたブラックメタルで、そこに低音のデス声が乗る。
雰囲気的には「ややマトモになったAKERCOCKE」という感じで悪くないのだが、
もう少し変態寄りにいくのか、メロディアス路線に行くのかをはっきりして欲しい。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 変態度・・7 総合・・7.5


Lux Divina 「Possessed By Telluric Feelings」
スペインのブラックメタル、ラックス・ディヴィナの2013年作
ツインギターのトレモロリフを乗せて疾走する古き良きメロブラのスタイルを基本に、
クリーンヴォーカルなどを取り入れた緩急のついた展開で、激しくもドラマティックな聴き心地。
ブラストする激しさの中にも甘すぎない叙情性とミステリアスな雰囲気が感じられて、
EMPERORのような知的な構築美も素晴らしい。ペイガン・ブラック的な香りも漂わせた傑作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 ミステリアス度・・8 総合・・8





LYZANXIA「EDEN」
フランスのメロディック・デス/スラッシュメタルバンド、リザンクスィアの1st。2001作
フランスのメロデスということで非常に珍しいが、音的にはAT THE GATES的な北欧系メロデスに近い。
突進するスラッシュサウンドにツインギターによる流麗なメロディが顔を出す。
刻まれるギターリフはへヴィで、甘すぎないメロディアスさがやはりアット・ザ・ゲイツ的。
曲自体の面白みには欠けるが、演奏レベルもなかなか高く、
この手の疾走スラッシュとしては平均レベルは超えていると思う。
メロディアス度・・6 スラッシュ度・・8 デスメタル度・・7 総合・・7

LYZANXIA「unsu」
フランスのメロデスバンド、リザンクシアの3rd。2006作
以前に1stを聴いたときには、北欧デスラッシュ的な平均作という感じであったが、
本作もいぶんモダンな硬質感で疾走するメロデス/デスラッシュサウンドだ。
SOILWORK的な展開力も覗かせつつ、曲調はそこまでマイルドではなく
あくまでザクザクのリフでソリッドにたたみかける硬派なイメージ。
決定的な個性はないものの、甘くなりすぎない叙情を効かせた高品質な作品である。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 モダンソリッ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




Maelstrom 「Sunlight」
イギリスのモダンブラックメタル、メイルストロムの2015年作
シンセを含む5人組で、ジャケ裏の全員ネクタイ姿のメンバー写真が異様だが、サウンドの方は、
モダンなヘヴィネスを含んだギターに、美しいシンセアレンジとダミ声ヴォーカルを乗せて、
変則リズムとともに聴かせるというスタイルで、むしろカオティックコア風味の聴き心地である。
ノーマル声も絡ませたメタルコア的な質感と、邪悪なブラックメタルを要素として融合させた感じで、
随所にブラストビートも入った激しさもあるのだが、本物の暗黒性というものを感じない。
いわば、若手らしいミクスチャー感覚でブラックメタル要素を取り込んだサウンドと言えるだろう。
どうせならさらにアヴァンギャルドに、いっそプログレ・ブラック化してもよいのではと思う。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 モダンセンス・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


MARDUK「Heaven Shall Burn...When We Are Gathered」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックの4th。1996年作
1992年にデビュー、DARK FUNERALらとともにスウェディッシュブラックメタルを代表するバンド。
本作は初期の中でも最高作と名高いアルバムで、そのサウンドは激烈に疾走しつつも
いくぶんの叙情を感じさせるギターリフとともに、ドラマティックな気配を漂わせている。
ムソグルスキーの「はげ山の一夜」のフレーズを取り入れた曲なども面白い。
近作のようなすさまじいまでの迫力と荘厳さはまだないが、リフにおける叙情性という点では、
本作と次作あたりが強いだろう。90年代の北欧ブラックメタルとしては外せない傑作だ。
ドラマティック度・・7 激烈度・・8 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUK 「Germainia」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックのライブアルバム。1997作
1996年のドイツでのステージを収録したDVD付きの再発盤。
楽曲としてはやはり4thあたりからの選曲が多く、バンド初期の荒々しさと
スウェディッシュブラック特有の湿りけのある禍々しさが演奏ににじみ出ている。
ややこもり気味の音質もかえってブラックメタルらしくていい雰囲気だ。DVDは1994年のノルウェーでの公演を収録。
暴虐度・・8 ライブ演奏・・8 音質・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUK「Nightwing」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックの5th。1998作
初期の傑作として知られる4thに続く本作は、彼らの作品中では最もメロディアスな1枚と言ってもよいだろう。
強烈に疾走しながらも、ギターのリフには北欧的なメロディがあり、暴虐一辺倒のアルバムよりも聴きやすい。
EMPERORなどを思わせる荘厳な叙情が光る力作だ。激烈なメロディックブラックとしても一級品である。
今作以後はブルータルさを強めてゆく彼らだが、初心者には本作から入るのもいいかと。
リマスターで音質も向上。暗黒の世界観が眼前に迫ってくるようだ。DVDには1998年オランダでのライブを収録。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・9 暗黒度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUK「Panzer Division」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックの6th。1999作
前作のメロディック路線から一転、今作は激烈にブラスト疾走する激しいサウンドで、
無慈悲なまでの突進力で聴き手を蹂躙するかのような、圧殺ブラックメタルが繰り広げられる。
楽曲は4〜4分台とシンプルで、とにかく疾走、とにかくブラスト…という、痛快な聴き心地。
ドラマティックな荘厳さでは次作以降に及ばないが、激烈に突進するという点では一番のアルバムだ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・9 突進度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

MARDUK「World Funeral」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックの8th。2003作
スウェディッシュブラックの大御所、日本デビュー盤となる本作は、激烈なブラストで疾走しながら、
初期よりも骨太になったブルータルな作風で、ミドルテンポなども取り入れながら曲調にはいくぶん余裕が出てきている。
次作の圧倒的な荘厳さに比べると暗黒度はやや弱くデスメタル的なドライさが好みを分けるところか。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUK「PLAGUE ANGEL」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックの9th。2004作
前作、前々作では、激烈さの点でやや物足のなさもあったのだが、本作は無慈悲なまでの暴虐性が復活。
演奏レベルの向上もあって初期の作品に比べると音の説得力も相当上がってきている。
中世の暗黒時代…死の舞踏、チェコやポーランドの暗い歴史などを題材にしていることもあり、
いつになく重厚で、重みのある暗黒性ともいうべきサウンドは激烈この上ない。
もちろん北欧のバンドらしく、リフには多少メロディを感じる部分があるので案外聴きやすく、
同じく真性系ブラックの仲間達…SATYRICONDARK FUNERALなどともに
クオリティの高い演奏、楽曲が堪能できる。しかし…このドラムは速いだけでなく音が格好いいね!
ドラマティック度・・8 暴虐度・・10 暗黒度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUKWarschau」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックのライブアルバム。2007作
タイトルのように2005年ポーランド、ワルシャワでのライブを収録。
名実共にスウェディッシュブラックの頂点に君臨するこのバンド、本ライブ作においても、
激烈な疾走でたたみかけ聴き手を圧倒する、強力な演奏を見せつけている。
2004年の傑作「Plague Angel」からの楽曲を中心に、全17曲、暴虐かつ暗黒の空気を振りまきながら、
禍々しいブラックメタルを炸裂させる。ワルシャワ市街戦の写真を使ったジャケやブックレットも含めて、
歴史的な重みを含んだ怒りと悲しみに満ちた圧殺感が、ある意味たまらない。
ライブ演奏・・8 暴虐度・・9 音質・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUKRom 5: 12
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックの10th。2007作
前作「Plague Angel」は凄まじいまでの完成度だったが、続く今作も同路線の傑作。
新約聖書の一文からインスパイアされた内容をテーマに、生と死、神と悪魔という宗教的な
ある種の暗闇を濃密に描き出したサウンドは歴史的な重みとモノクロームの暗黒美をそこかしこに感じさせる。
暴虐な疾走感では前作に譲るが、コンセプチュアルなバランス感と
ジャケを含めたトータルな雰囲気作りでは勝るとも劣らない出来だ。
逆にミドル系の曲があるおかげで、ファストな部分の激烈さが際立って聴こえる。
無慈悲な闇の中に、深遠なドラマを封じ込めた見事なブラックメタル作品である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUK「Wormwood」
スウェーデンのブラックメタルバンド、マーダックの11th。2009作
前作「Rom 5: 12、前々作「Plague Angel」と激烈かつ荘厳なるブラックメタル作品で
名実共にスウェディッシュ・ブラックのトップに君臨するこのバンド。
本作も強烈な負のオーラと禍々しい暗闇をまとった暴虐ブラックサウンドが素晴らしい。
歴史的なコンセプトを含めて、ただ激しいだけでなく重厚なるドラマ性を感じさせる音作りで
緩急をつけた楽曲構成とともに、聴き手を闇の世界に引きずり込むような迫力がある。
モダン化の傾向にある昨今のバンドたちをあざ笑うように、生々しいサウンドが耳を刺激する。
ブラックメタルとしての原初的な迫力と高度な演奏力、表現力が合致した強力なアルバムだ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・9 暗黒度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARDUKSerpent Sermon
スウェーデンのブラックメタル、マーダックの2012年作
スウェディッシュブラックの重鎮たるこのバンド、前作もすさまじい傑作であったが、
本作もまた圧巻。衰えを知らぬかのような暗黒のパワーで強烈にブラスト疾走する、
その荘厳なる迫力の前にはただ我々はひざまずくのみ。アナログ的なうねりを含んだリフが
ドラマティックな闇を描き出す、その音の説得力はベテランにしか出せないものだろう。
ずるずると漆黒の闇に引きずり込まれるような前作に比べて、今作は聴き手を突き放すような
無慈悲なブルータリティと圧殺感が、ヘヴィネスを通して伝わってくる力作に仕上がっている。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 暗黒度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Marduk 「Frontschwein」
スウェーデンのブラックメタル、マーダックの2014年作
キャリア20年を超えるスウェディッシュ・ブラックの重鎮たるバンドの13作目。
今作も激烈に疾走する暴虐ブラックメタルサウンドであるが、邪悪で激しくありながらも
変にモダン化しない、オールドスタイルの聴き心地をしっかり守っているのが素晴らしい。
メロディアスな要素はほとんどないのだが、絡みつくようなギターリフはじつに恰好良く、
ベテランでしか出し得ない荘厳な空気に満ちている。スピード一辺倒ではなくスローな部分すらも
作品の世界観に取り込める説得力をもっているのがさすが。今回も有無を言わせぬ強力作です。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・9 邪悪度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



MARE COGNITUM 「Phobos Monolith」
アメリカのブラックメタル、マレ・コグニタムの2013年作
10分以上の大曲を中心にした全4曲という構成で、スローからファストへと緩急のついた展開と
ギターのトレモロリフを乗せた叙情性で聴かせるサウンド。激しくブラスト疾走しつつも暴虐さよりも
アトモスフェリックな神秘性を感じさせるところは、Wolves in the Throne Roomなどにも通じる雰囲気であるが、
こちらはうっすらとしたシンセアレンジに包まれて、ジャケのようなスペイシーな妖しさをかもしだしている。
曲によってはメロディックといってもよい美しさもあって、カスカディアン・ブラック系初心者にも楽しめるでしょう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る




MaYaNQuarterpast」
オランダのデスメタルバンド、マイアンの2011年作
EPICAのマーク・ヤンセンとAFTER FOREVERのメンバーによって作られたバンドで、
現在ではそのEPICAのメンバーに加えOBSCURAのベースが参加している。
シンフォニックな壮麗さと、デスメタルとしてのアグレッションが融合したサウンドで、
プログレッシブな展開力もある。低音のデスヴォイスとヘヴィなギターリフ、
そこにEPICAばりのシンセとオーケストレーション、女性Voも加わって、重厚に聴かせる。
ゴシックメタル的な耽美さもいくぶんあり、デスメタル化したEPICAという感じでも楽しめる。
フロール・ヤンセン(AFTER FOREVER)、シモーネ・シモンズ(EPICA)がゲスト参加。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MAYAN 「Antagonise」
EPICAのマーク・ヤンセンのプロジェクトバンド、マイアンの2014年作
デスメタル化したエピカ、というような力作であった前作に続き、今作も重厚なヘヴィネスに包まれたサウンドで、
デスヴォイスを含んだメタルコア風味のモダンな硬質観と、シンフォニックな壮大さが融合した聴き心地だ。
ヴォーカルは前作にも参加していた、Henning Basse(Sons of Seasons)が男性ノーマルヴォイスを担当、
イタリア人女性シンガー、Laura Macriや、フロール・ヤンセン(After Forever〜Nightwish)が今作でもゲスト参加し、
随所に男女ヴォーカルの絡みも聴かせる。アグレッシブな作風の中にもゴシックメタル的な感触もあって、
個人的にはこうしたシンフォニックな美しさをさらに求めたいのだが、そうなるとEPICAと同じになってしまうということか。
ゴシック・デスメタルというか、シンフォニックデスメタルというか、ともかく激しくも重厚な力作ではあります。
ドラマティック度・・8 デスメタル度・・7 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


MAYHEM 「Live in Leipzig」
ノルウェーのブラックメタル、メイヘムのライブ作品。1993年作
1stアルバム発表前に自殺を遂げた初代ヴォーカル、デッド在籍時の1990年のライブ音源。
ノイジーなギターと何かに取りつかれたかのような絶叫ヴォーカルを乗せて疾走するさまは、
スカスカの録音も含めて臨場感たっぷり。これぞブラックメタルという凶悪ぶりである。
昨今のクオリティの高いバンドに慣れたリスナーには、観客の歓声や当時の空気感までも伝わってくる
本作の迫力というのはけっこうな衝撃であるだろう。音質の悪さや、演奏の荒々しさも含めて伝説の一枚である。
ライブ演奏・・8 暴虐度・・8 音質・・6 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

MAYHEMDe Mysteriis Dom Sathanas
ノルウェーのブラックメタルバンド、メイヘムの1st。1994年作
ノルウェーにおけるブラックメタルムーブの火付け役ともいうべきバンドで、前ヴォーカルのデッドは本作の前にすでに自殺を遂げており、
ギターのユーロニモスを中心に、ベースにはBURZUMカウント・グリシュナック、ヴォーカルにアッティラ、ドラムにヘルハマーというメンバーで録音された作品。
しかしながら、本作の発売前にユーロニモスはカウントに刺殺されてしまい、まさしくいわくつきの伝説の一枚というべき作品となった。
狂気に取りつかれたかのようなヴォーカルを乗せて、ノイジーなギターリフとともに疾走するサウンドは、ブラックメタルとしての暗黒性と激しさを
過不足なく体現したというべきもので、メロディックな愛想は薄いが、メンバーたちの描き出す狂気じみた迫力には圧倒される。
とくにヘルハマーの叩き出すブラストを含んだ強烈なドラムと、アッティラの怨念的なヴォーカルのインパクトは強烈きわまりない。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 狂気度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

MAYHEM 「Mediolanum Capta Est」
ノルウェーのブラックメタル、メイヘムのライブ作品。1999年作
1998年イタリアでのライブを収録。ライブ作品としては「Live in Leipzig」に続く2作目で、
1997年のミニアルバム「Wolf's lair abyss」からの楽曲を中心にしつつ初期のナンバーも演奏。
ヘルハマーの叩き出す強力なドラムに、ノイジーなギターと偏執狂的なマニアックのヴォーカルを乗せた
まさに荒ぶる演奏が楽しめる。音質的には質のいいブート程度なのだが、スカスカに突進する迫力は
これぞブラックメタルというものである。ノリのよいブラッケン・ロール調のナンバーも含めて、
このバンドの荒々しくラウドな側面がたっぷり味わえるライブ作品だ。
ライブ演奏・・8 暴虐度・・8 音質・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Mayhem 「Grand Declaration of War」
ノルウェーのブラックメタルバンド、メイヘムの2nd。2000年作
ブラックメタルの伝説的アルバムとなった1stから6年、メンバーも変化し、サウンド的にもずいぶん変化している、
まず音がずいぶんクリアになり、ギターリフにはテクニカルな切れ味が加わった。ヘルハマーの叩き出す激しくも知性的なドラムは素晴らしく、
インストパートでの大きな説得力となっている。マニアックの爬虫類的なヴォーカルは邪悪な香りをサウンドに付加し、
随所に入ってくる激しいブラストビートや変則リズムを含んだ展開力とともに、メリハリのついた聴き心地となっている。
中盤のインダストリアルな風味はTHE KOVENANTにも通じる感触もある。全体的には前作の強烈なまでのストレートな邪悪臭はなくなっているが、
モダンでテクニカルなブラックメタルとしては十分力作とするに足る出来だと思う。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 邪悪度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

MAYHEM 「Chimera」
ノルウェーのブラックメタル、メイヘムの3rd。2004年作
前作は実験的な作風で賛否両論であったようだが、本作はのっけから激しくブラスト疾走、
これぞブラックメタルという聴き心地にひと安心。ヘルハマーの叩き出す強烈なリズムの迫力と
マニアックの邪悪なヴォーカル、そしてスローパートではブラスフェマーのギターリフが不穏に響き渡る。
ブラックメタル=暗黒の美学というものを体現するような媚びの無さと、スピードだけにこだわらない
楽曲ごとの緩急の付け方、音を包む荘厳な迫力というのは、さすがキャリアを経てきたバンドである。
邪悪にしてダークという点では、本作も傑作と呼ぶにふさわしい作品だと思う。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


MAYHEMOrdo Ad Chao」
ノルウェーのブラックメタルバンド、メイヘムの4th。2007作
豪華な金属ケース入りで、取り出すと真っ赤なプラケースという凝った仕様。
音質の方は相変わらずこもり気味ながら、そのアンダーグラウンド臭さに加え、1stで歌っていたアッティラが復帰し、
かつての邪悪さがよみがえった。Hellhammerの強力なドラムワークも、激速ブラストを含めてやはり見事だ。
この本物の邪悪さと媚びのなさ、音質も含めてのマイナー志向はやはり真性ブラックメタルのファン向けの作品ではある。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 音質・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Mayhem 「Esoteric Warfare」
ノルウェーのブラックメタル、メイヘムの2014年作
ヴォーカルにアッティラが復帰しての2作目で、ヘルハマーの叩き出す強烈なツーバスのドラムに
絶叫するアッティラの歌声も邪悪な迫力十分。リフを含めたギターワークの巧みさは、
いくぶん中途半端に思えた前作よりずっと際立っていて、こもり気味の音質の中に、
かつてのメイヘムが持っていたアンダーグラウンドな妖しさをしっかり残しつつ、
よりプログレッシブというか、いわばスタイリッシュな構築へとシフトしてきたような、
ある種の知的な聴きやすさがある。狂気と暴虐性をアーティスティックな表現で仕上げた力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 ダークな湿り気度・・8 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る


MAYHEM 「Live In Leipzig」
ノルウェーのブラックメタル、メイヘムのライブ作品。2015年作
1990年東ドイツでに行われたこの伝説のライブ作品が25周年を記念して、リマスター再発された。
元の音質は劣悪だったのだが、その圧倒的な邪悪な気配と、荒々しい演奏によるインパクトから、
これぞブラックメタルという迫力に包まれている。ノイジーなギターリフは音質が良くなったことで
よりザリザリとした生々しさで、発狂したようなデッド氏のヴォーカルの臨場感もものすごい。
ボーナスのDisc2には、ブートレグで出回っていた「Live In Zritz」の音源を収録。
こちらの音質はさらにこもり気味でほぼノイズなのだが、なんだか凄さは伝わってくる。
ファンにとっても、ブラックメタルの歴史としても、当時の貴重な記録であろう。
ライブ演奏・・8 暴虐度・・9 音質・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Mek Na Ver「Heresy」
イタリアのブラックメタル、メク・ナ・ヴァーの2011年作
FORGOTTEN TOMBのメンバーを含むバンドで、ミステリアスなダークさに包まれた世界観に
トレモロリフとかすれ気味のヴォーカルを乗せて疾走する、ブラッケン・ロール的な感触も含んだサウンド。
甘すぎないオールドスタイルの激しいブラックメタルに、うっすらとしたシンセによる味付けも加えて
モノトーンの寂寥感に包み込んだというような聴き心地だ。ただ全32分というのはアルバムとしてはやや物足りないか。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・7.5


MERCENARY「11 DREAMS」
デンマークのメロデスバンド、マーセナリィの3rd。2004作
昨今流行りのモダンでヘヴィな雰囲気に、ヨーロピアンな叙情を加味したサウンドで、
メロデスというよりは、デス風味のあるダークなメランコリックメタルと言うべきか
キーボード、ピアノによる悲しみの叙情性がなかなか美しい。
歌はやや荒々しいノーマル声がメインで、時折デス声にもなる。演奏の重厚さもあり、
ゴシック風の雰囲気もかもしだす。マイナー調のメランコリックなメタルが好きな方にはお勧め。
メロディアス度・・7 メランコリック度・・8 重厚度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


METHOD 「Abstract」
韓国のメロディックデスメタル、メソッドの2015年作
スラッシーなギターリフとダミ声ヴォーカルを乗せて疾走するオールドスタイルのサウンドで、
かつてのAT THE GATESを思わせる、甘すぎないメロディアス性を乗せたスタイルだ。
サウンドプロダクションの軽さも含めて、90年代風味のアナログ感に包まれた聴き心地で、
ときに初期のIN FLAMESのようなツインギターの叙情フレーズも覗かせる。
全体的にはこれという新しさというはないのだが、重すぎない聴きやすさは好感が持てるし、
オールドなメロデス、デスラッシュが好きならとても楽しめると思う。
ドラマティック度・・7 疾走度・・8 デスラッシュ風度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Midwinter 「Astral Mirrors」
ドイツのシンフォニック・ブラックメタル、ミッド・ウインターの2003年作
女性ギタリストを含む5人編成で、美しいシンセアレンジとメロディアスなギター、
ダミ声ヴォーカルを乗せて疾走する、正統派のシンフォニック・ブラックメタル。
暴虐な激しさよりも、欧州的なロマンを漂わせた優雅さを含んだ感触で、
随所に耳を惹くギターの叙情フレーズや、シンセによる美しいメロディが顔を覗かせる。
ジャケはひと昔前のB級ブラックメタルみたいだが、なかなか楽しめるシンフォブラの好作です。
ドラマティック度・・8 シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Midwinter 「Between Wisdom and Lunacy」
ドイツのシンフォニック・ブラックメタル、ミッド・ウインターの2006年作
美麗なシンセアレンジとともに疾走するシンフォニック・ブラックメタルは前作同様ながら、
女性ギタリストの奏でるリフはよりパワフルになって、サウンドの説得力が増している。
ときにブラスト入りの激しさもあるが、全体的には邪悪というよりは、むしろエピックな世界観に包まれていて、
随所にペイガン的な雰囲気も覗かせる。どこかシアトリカルなダミ声ヴォーカルも、ドラマ性をかもしだしていて
美しいシンセメロディが優美に包み込む。ヨーロピアンな感性のシンフォ・ブラックの好作だ。
ドラマティック度・・8 シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Mirrorthrone「Of Wind and Weeping」
スイスの一人シンフォブラックメタル、ミラースローン
2003年作
Vladimir氏のソロプロジェクト作品で、クラシカルなテイストもあるシンフォニックなシンセワークに
メロディアスなギターワークが重なり、リズムは打ち込みながら、展開に富んだ楽曲は、
耽美な世界観を表現していて、サウンドのクオリティはなかなか高い。
ブラックメタル的なわめき声や疾走パートもあるものの、総じて激しさよりも美しさが前に出ている。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MirrorthroneCarriers of Dust
スイスの一人シンフォブラックメタル、ミラースローン2006年作
Vladimir氏のソロプロジェクト作品で、クラシカルなシンセワークをふんだんに重ねた
美麗なシンフォブラックサウンド。リズムは打ち込みであるが、ブラストで激しく疾走する部分でも
以前の作品よりも音の荘厳さが増してきていて、安っぽさはなくなった。
ブラック声にノーマルヴォイスを巧みに絡ませることで、ゴシック的な耽美さもかもしだしていて
全4曲でラストは20分以上という大曲であるが、アレンジや構成力の確かさで充分聴き通せる。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美でクラシカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


MIRZADEH 「Desired Mythic Prid」
フィンランドのシンフォニックブラックメタル、ミルザデアの2014年作
美麗なシンセアレンジとダミ声ヴォーカルを乗せたサウンドで、ミドルテンポを主体にした
あまり激しさのないシンフォニックブラック。ギターのフレーズは随所にクサメロを奏で、
シンフォニックなシンセとともに聴かせる、暴虐さよりもあくまでメロディ重視のスタイルである。
ヴォーカルはときおりノーマル声で歌を乗せたりと、正統派シンフォメタルの質感もあり、
やや単調なドラムが惜しいが、曲によってはときどきブラスト入りの疾走パートもある。
楽曲は3〜4分台と比較的シンプルで、全体的にもメロディアスな聴きやすさに包まれた好作デス。
メロディック度・・8 暴虐度・・6 美麗度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



MISANTHROPE「Visionnaire」
フランスのプログレ・メロデスメタルバンド、ミサントロプの4th。1998作
日本盤タイトルは「誇大妄想者」。HOLYレーベル代表のバンドとしても知られる。
吐き捨てヴォーカルも含めてメロデス的な質感と、効果的にシンセを使った美意識、
そしてプログレッシブな楽曲構造が個性的。フランス語特有の優雅さが、
クラシカルなメロディと合わさると、シンフォニックな美しさも前に出てくる。
声を使い分けるヴォーカルなど、シアトリカルな要素もあり、いかにもフランス的な濃密さと変態的な展開が面白い。
メロディアス度・・7 フランス度・・8 変態度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MISANTHROPE「Immortal Misanthrope」
フランスのメロディック・プログレ・デスメタルバンド、ミサントロプの5th。2001作
このバンドのアルバムを聴くのは久しぶり。初期はもっと変態的でプログレ寄りのスタイルだと思ったが
今作では、いわゆるチルボド風のキラメロデススタイルを取り入れていて、聴きやすくなっている。
これなら一般のメロデスファンが聴いても「ちょっと変なバンド」程度で済むかもしれない。
ヨーロピアンな混沌とドロドロ感を求める変態系リスナーにはやや中途半端かもしれないが、
“両性具有の夜”“情熱の大富豪”等、歌詞や曲名などには誇大妄想的な世界観があり、
日本盤ボーナストラック曲でのフランス語ヴォーカルのインパクトなど、捨てがたいセンスも健在。
メロディアス度・・7 変態度・・7 奇妙なフレンチ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


MISERATIONYour Demons Their Angels
スウェーデンのデスメタルユニット、ミザレーションの2006年作
DIVINEFIREのヤニ・ステファノヴィックと、元Scar Symmetryのクリスチャン・アルヴェスタムによるユニットで、
ヘヴィなギターと低音デスヴォイスで疾走するブルータルなサウンドで、随所にメロデス的な要素もある。
デスコア的なモダンなヘヴィネスとノーマルヴォイスなども取り入れたSOILWORK的な聴き心地もあり、
新鮮味はさほどないものの、総じてクオリティの高い作品である。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 モダンデス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Moonloop 「Deeply from the Earth」
スペインのプログレッシブ・デスメタル、ムーンループの2012年作
スパニッシュなテイストを含んだイントロで始まり、ヘヴィネスの中にも浮遊感を描くような聴き心地で、
テクニカルな切り返しを含んだモダンな硬質感と、知的な構築センスが光るサウンドだ。
ヴォーカルは迫力ある低音のデスヴォイスで、随所にブルータルな激しさも加わった楽曲に、
適度にオールドスタイルのデスメタル感触を乗せている。ツインギターはリフ主体ながら、
甘すぎない程度にメロディックなフレーズも織り込んで、ノーマル声を使った叙情パートなど、
かつてのOPETHあたりに通じるような雰囲気もある。全体的にはいくぶん荒削りながら、
ラストの11分の大曲など、デビュー作としては濃密で重厚なプログレ・デスの力作である。
ドラマティック度・・7 テクニカル度・・7 デスメタル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Moonreich 「Pillars of Detest」
フランスのブラックメタル、ムーンレイクの2015年作
THE NEGATIONのWeddiによるバンドで、媚びのないギターリフに咆哮するヴォーカルを乗せて暴虐に疾走する、
ダークで不穏な気配に包まれたブラックメタル。激しさだけでなく、リズムチェンジを含む知的な構築力も感じさせ、
ブラッケン・ロール的なアナログ感覚とともに、いわば硬派な暗黒美を描くような聴き心地である。
メロディックな感触というのはほぼ皆無なので、ブラック初心者にはとっつきづらいかもしれないが、
Deathspell Omegaあたりがイケる方ならば、普通に楽しめるのではないかと思う。
本格派の暗黒臭に覆われた甘さなしのブラックメタルがお好きな方はいかが。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


MOONSTRUCK「FIRST LIGHT」
イタリアのメロデスバンド、ムーンストラックの1st。1999作
ツインギターの扇情的なフレーズをメインに、IRON MAIDENや初期IN FLAMESに通じるクサメロが満載。
デスとしての要素はVoくらいのもので、あとはほとんど正統派クサメタルといっていいようなサウンド。
曲としての完成度は高くないが、やはり次々に繰り出されるツインリードの叙情メロディには聴くべきものがある。
ツインギターのクサメロ度・・9 暴虐度・・6 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


MORS PRINCIPIUM EST「INHUMANITY」
フィンランドのメロデスバンド、モルス・プリンシピアム・エストの1st。2003作
基本はCHILDREN OF BODOMタイプで、疾走しながらもメロディアスなフレーズを奏でる
キーボード入りのメロデススタイルで、とても聴きやすく、演奏力もある。ただメロディにしろ楽曲構成にしろ、
個性的というにはあと一歩で、若手にしてはそれなりにセンスはありそうなので今後に期待したい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

MORS PRINCIPIUM EST「THE UNBORN」
フィンランドのメロデスバンド、モルス・プリンシピアム・エストの2nd。2005作
一聴して音の広がりがダイナミックになった。女性コーラスの導入や、シンセのアレンジが
スケール感のあるサウンドをかもし出し、音には大幅に説得力が増している。
そして、大きいのは疾走だけに頼らない曲作りで、センスあるギターリフにメロディ、
さらに様々なエフェクトを効果的に取り入れるなど、楽曲には工夫とアイディアが多い。
そして疾走するところは暴虐に突進する、細部までアレンジの練られた高品質なメロディックデスメタルサウンド。
これまでのバンドの良い要素を巧みに取り入れながら、二作目にしてここまでのクオリティに持ってきた実力は凄い。
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 クオリティ・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


MORS PRINCIPIUM ESTLiberation=Termination
フィンランドのメロデスバンド、モルス・プリンシピアム・エストの3rd。2007作
前作2nd「THE UNBORN」で実に高品質なロデスサウンドを完成させたこのバンド
続く本作もヘヴィさの中にツインギターのメロディを融合させたクオリティの高さが光る。
今作では随所にモダンなシンセアレンジを取り入れたり、疾走に頼らないヘヴィロック風味など、
いわばメタルコア的な感触を強めている。正直、好みの作風ではなくなったが質は高いと思う。
メロディック度・・7 暴虐度・・7 モダンヘヴィ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Mors Principium Est「…And Death Said Live」
フィンランドのメロデスバンド、モルス・プリンシピアム・エストの2012年作
前作はメタルコア風味を強めたような作風だったが、ギタリストが交代した本作では、
突進するような激しい疾走感とともに、王道のメロデス路線に回帰している。
ツインギターのリフはデスラッシュ風味もありながら、随所に流麗なフレーズを奏で、
うっすらとしたシンセが楽曲を荘厳に彩ってゆく。軟弱すぎない硬質感と音の迫力は中堅バンドとしての
堂々たる自信に溢れていて、全盛期のDARK TRANQUILLITYAT THE GATESすら思わせる。
古き良きメロデスの感触を激しくもドラマティックに仕上げたという、まさに強力な傑作である。
ドラマティック度・・8 突進度・・9 王道メロデス度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Mors Principium Est 「Dawn of the 5th Era」
フィンランドのメロディック・デスメタル、モルス・プリンシピウム・エストの2014年作
2003年にデビュー、Omnium GatherumNORTHERらとともに北欧メロデス第二世代の高品質バンド。
本作は5作目で、ツインギターのクールなリフを乗せて激しく疾走する、王道のメロデスサウンド。
モダンなヘヴィネスを適度に含ませつつ、ブラストする激しさと叙情メロディを両立させた聴き心地は、
キャリアのあるバンドらしい迫力に包まれている。ダミ声ぎみのデスヴォイスも、勢いあるサウンドにマッチしていて、
ときにDark Tranquillityのミカエルを思わせるほどだ。楽曲は4〜5分前後と長すぎず短すぎず、
前作同様のクオリティの高さで、新鮮味云々を議論させないレベルを維持している。さすがの強力作デス!
メロディック度・・8 暴虐度・・8 クオリティ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Mourning Mist
イタリアのドゥーム・ブラックメタル、モーニング・ミストの2015年作
ヴァイオリンが妖しく鳴り響き、ドゥーミーなダークさで聴かせる、妖しげでカルトなサウンドだが、
淡々と歌っていたヴォーカルが絶叫しだすと、とたんにブラックメタル寄りの雰囲気になる。
激しいブラスト疾走というものはほとんどないが、ときに変則リズムを含んだプログレッシブな感触と
ヴァイオリンによるクラシカルな旋律がアクセントになっていて、なかなか一筋縄ではいかない。
暴虐でもなく、暗黒度もそこそこでメロディックでもないという、正直、聴かせ所がどこなのかとても微妙な作品。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 ミステリアス度・・8 総合・・6.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Movimento d'Avanguardia Ermetico 「Torri Del Silenzio」
イタリアのプログレッシブ・ブラックメタル、モヴィメント・ド・アヴァンガーディア・エルメティコの2015年作
イタリア語の語りによるイントロから、曲が始まるとダミ声ヴォーカルとトレモロのギターリフを乗せてブラスト疾走、
荒涼とした叙情性とミステリアスな空気感に包まれたサウンドは、Wolves in the Throne Roomなどに通じる
ネイチャーブラック系ともいうべき質感である。10〜16分の大曲4曲という構成で、随所にイタリア語の語りも入ったり、
長尺ながらも適度に緩急の付いた構成には、プログレッシブで知的なセンスも感じさせる。
もう少しドラマティックな盛り上がりや、フックのある展開があればよいとも思うが、
この淡々とした感じがうるさすぎずに良いのかもしれない。神秘的な世界観に浸れる方へ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ミステリアス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


MUTANT「THE AEONIC MAJESTY」
スウェーデンのテクニカルデスメタルバンド、ミュータントの1st。
THEORY IN PRACTICEのメンバーによるプロジェクトで、つまりはブラックメタル版のセオリー・イン・プラクティスということか?
ブラストビート込みで激走するドラムに、バックにはキーボード、Voはダミ声ブラック。
意外にメロディアスでドラマティックな楽曲展開も多く、T.I.P同様に変拍子も使用したりしているが、
音像的にはしごくシンフォニックなブラックなので、激しくはあるが非常に聴きやすいサウンドだ。
テクニカル・シンフォニック・ブラック、という意外とありそうでない新鮮な部分を突いている。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 テクニカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Myhrding 「Morkaste Kapitel」
スウェーデンのペイガンブラックメタル、ミーアディングの2014年作
ギター、ベース、ドラム&ヴォーカルという三人編成で、メロディックなギターとダミ声ヴォーカルを乗せた
メロデス風味もあるペイガン・ブラックメタル。こもり気味のチープな音質がプリミティブ臭をかもしだしつつ
ギターのフレーズはあくまで叙情たっぷりなのでけっこう聴きやすい。随所にトレモロのリフなども含んだ
いかにも北欧らしい涼やかで土着的な感触は、ペイガンブラックの元祖であった、Dawnあたりを思わせる、
ブラストするような暴虐な疾走感はないので、激しさを求める方にはやや物足りないかもしれないが、
とにかくギターの奏でる泣きの叙情メロと土着フレーズの耳心地の良さで十分に楽しめてしまう好作だ。
メロディック度・・8 暴虐度・・6 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Mystical Fullmoon 「Chthonian Theogony」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタル、ミスティカル・フルムーンの2014年作
Vo&B、G、Keyというトリオ編成で、打ち込みによるドラムの上にシンフォニックなシンセアレンジと
ダミ声ヴォーカルを乗せて激しく疾走しつつ、リズムチェンジを含むプログレッシブな構築力で聴かせる。
リズムが打ち込みのスペイシーなシンフォブラックという点では、Limbonic Artにも通じるだろうか。
個人的には、やはりドラムが軽いこともあって、暴虐な暗黒美と迫力に物足りなさを感じてしまう。
8分、9分という大曲を描くには、もっとドラマティックな展開力も欲しいかな。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 構築度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



MYSTIC FOREST「ROMANCES」
フランスのシンフォニック・ブラックメタル、ミスティック・フォレストの4th。2004年作
ドラムは打ち込みながら、美麗な感触で疾走するシンフォブラックで、曲間にSEや女性の囁きを入れたり
ピアノによるクラシックのメロディを導入したりと、なかなかアイディアが豊富である。
随所に知的でアーティスティックな感性を感じさせるところはプログレ・ブラック的なサウンドだろう。
ゆったりとした部分でのギターのメロウなフレージングも実に心地よく、演歌泣きのクサメロに軽く悶絶する。
アコーディオンの音色が土着的な質感を生み出していて、優雅に疾走する感触などはけっこう新鮮だし、
クラシカルなピアノの音色に乗るフランス語の囁きなども含めて、フレンチらしい上品なシンフォブラック作品だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 芸術度・・9 総合・・8
Amazon.MP3




NAGLFAR「SHEOL」
スウェーデンのメロブラバンド、ナグルファーの3rd。2003作
専任キーボードを入れず、昨今流行りのシンフォブラックとは一線を画した、ある種硬派なメロブラで、
聴きやすさよりも暴虐さ重視、激しく疾走しながら2本のギターリフのみで叙情性を表現しているという点では
あるいはDISSECTIONの後継者という位置づけもできるバンドかもしれない。
甘めのメロブラ好きにはやや辛口のサウンドかもしれないが、本格派メロディックブラックとしての
暴虐さを継承する高品質バンドとして、その存在価値は高いバンドであろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 王道メロブラ度・・9 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

NAGLFAR「PARIAH」
スウェーデンのメロディック・ブラックメタルバンド、ナグルファーの4th。2005作
王道の激烈ブラックスタイルを貫きつつも、適度にメロディアスで、非常にバランスのいいサウンドは、
MARDUKあたりよりもずっと聴きやすいし、かといって軟弱でもない「本物」の香りも有している。
今作もそれは同じで、ツインギターによるリフ構造でメロディを表現できるところが、
最近のキーボードにばかり頼るシンフォブラ系バンドとは違うのだ。
あくまでメロディ派のリスナーにとっては、少々硬派すぎるかもしれないが、
ブラックメタルの暴虐性と、甘すぎないメロディを楽しめる方には今回も傑作である。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 メロブラ王道度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NAGLFAR「Harvest」
スウェーデンのメロディックブラックメタルバンド、ナグルファーの5tn。2007作
今となっては珍しい、キーボードをほとんど使わないあくまで二本のギターの絡みによって
叙情性を生み出す、いわばDISSECTIONスタイルのサウンドは今作も不変。
暴虐に疾走しつつも、今作ではミドルパートにおけるグルーブ感も加わり、
突進しつつもしっかりと聴かせる、非常にメリハリのついた印象を受ける。
甘くなりすぎない程度のツインギターのフレーズも、ときおりもの悲しい美しさをかもし出し
北欧の寒々しさと、暗闇の不気味さを伝える激烈なサウンドは、やはり非常に高品質だ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NAGLFARTeras
スウェーデンのメロディックブラックメタルバンド、ナグルファーの6tn。2012年作
シンセに頼らない正統的なメロディックブラックメタルを受け継ぐこのバンド、
本作もツインギターのリフとメロディックなフレーズを軸にしたスタイルであるが、
激しく疾走するパートをまじえつつ、ミドルテンポで重厚に聴かせる部分が増えた。
ブラックメタルとしてのプリミティブな暗黒性はさほどなく、しっかりと構築された楽曲は
ドラマティックなデスメタルとしても楽しめる。新鮮味はないがやはり高品質な作品だ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 王道メロブラ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


NaildowNWorld Domination
フィンランドのメロデスバンド、ネイルダウンの1st。2006作
きらきらとシンセワークで聴かせる、モダンなメロデスサウンドは
一聴して、CHILDREN OF BODOM + SOILWORKという雰囲気。
ノーマルヴォイスもまじえて流麗なギターとシンセが絡むスタイルは、暴虐さよりも
若者らしい勢いが前に出ていて、メロディの聴かせどころもなかなかセンスが良い。
メロデスというよりもスラッシーなナンバーもあったり、いかにもニュースクール的な
ボーダーのなさを感じさせつつ、ギターフレーズにはちゃんとツボを突く部分が多い。
この手の若手バンドにしては完成度の高いアルバムだろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


NARJAHANAM「Undama Tath'hur Al Shams Mn Al Gharb」
バーレーンのブラックメタル、ナルジャハナムの2007年作
ミスティックなイントロから、アラビックなギターのメロディにデスヴォイスが重なり、
暗黒の世界を描き出す。ときにシンセによる美しさもあって、神秘的な宗教色も感じさせつつ、
中近東的な雰囲気をうねりのある邪悪さで表現してゆく、その世界観はなかなか荘厳だ。
音質の荒さもプリミティブに作用していて、こもりがちなドラムのブラストビートも
かえって太古の邪悪さを思わせる。異国的な闇の美学が詰まった中近東ブラックメタルだ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・9 総合・・7.5


NATTSOLStemming
ノルウェーのペイガン・ブラックメタルバンド、ナットソルの2010作
二人のメンバーによるユニットで、土着的な叙情性を含んだブラックメタルサウンド。
昨今のバンドのようにシンセを使わず、あくまでギター主導で疾走しつつメロディを聴かせる
古き良きスタイルを踏襲しつつ、静と動の緩急をつけた構築性もなかなか見事で
白夜に包まれた北欧の森を思わせる、幻想的な神秘性が音には感じられる。
詠唱のような男性コーラスもいい雰囲気で、初期EMPERORばりの幻想ブラックを聴かせる傑作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 土着度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る



Negura Bunget 「Zirnindu-Sa」
ルーマニアのブラックメタルバンド、ネグラ・バンゲットの1996/2010年作
1996年のデビュー作に、全曲のリミックス音源を収録したCDを追加した再発盤2CD。
うっすらとしたシンセにノイジーなギターリフとダミ声ヴォーカル乗せて疾走するサウンドで、
いくぶんこもり気味の音質も含めて、のちの作品よりもプリミティブな味わいが楽しめる。
初期BURZUMを聴きやすくしたようなイメージであるが、暴虐さや狂気よりも、むしろ物悲しさや
ミステリアスかつ辺境的な雰囲気に包まれていて、シンセによる叙情的な美しさも強い。
リミックス音源の方は、ドラムの音を含めて全体的に音がクリアになった分、聴きやすいが
ミステリアスな幻想性という点ではやはりオリジナルに軍配が上がるか。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 幻想度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

NEGURA BUNGET「Maiestrit」
ルーマニアのブラックメタルバンド、ネグラ・バンゲットの2008作
本作は2000年発表の2nd「MAIASTRU SFETNIC」のリレコーディングアルバム。
そのサウンドはブラックメタルの初期の暗闇を残したアトモスフェリックな雰囲気で、
激しく疾走するスタイル。ノイジーなギターに絡むうっすらとしたシンセの美しさは
EMPERORの1stあたりに通じるものも感じさせる。また、激しいだけでなく
緩急をつけたドラマティックさと、ミスティックな妖しさがあるのもいい。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 アトモスフェリック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

NEGURA BUNGET「Virstele Pamintului」
ルーマニアのブラックメタルバンド、ネグラ・バンゲットの2010作
女性シンセ奏者を含む6人組で、デビューは1998年という中堅バンド。
縦笛の音色とともに始まる本作は、土着的な怨念のようなものを感じさせるプリミティブな質感と
美しいシンセをバックにメロウなギターリフで聴かせるサウンド。以前の作品に比べると、暴虐性よりもむしろ
ドラマティックな叙情性が前に出ていて、ずいぶんと聴きやすくなっている。母国語による歌声や、
笛の音が絡むフォーキーな雰囲気も面白い。ペイガンブラック的にも楽しめる高品質なアルバムだ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 土着度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Negura Bunget「Focul Viu」
ルーマニアのブラックメタルバンド、ネグラ・バンゲットのライブアルバム。2011年作
すでに活動は10年以上におよぶ中堅バンドであるが、日本での知名度はまだ低い。
このライブ作でも、うっすらとした美しいシンセとパイプの音色でミステリアスな世界観を演出、
プログレッシブともいえる神秘的なペイガン風味のサウンドを聴かせる。
シンフォブラック的に激しく疾走する部分と、パーカッションも含んだフォーキーな土着性が
ほどよいコントラストになっていて、プリミティブな薄暗さをもった雰囲気にうっとりである。
軽く10分を超える曲がいくつもあるので、曲数は少ないがCD2枚で90分超のボリュームだ。
シンフォニック度・・8 ライブ演奏・・8 幻想美度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Negura BungetPoarta De Dincolo
ルーマニアのブラックメタルバンド、ネグラ・バンゲットのミニアルバム。2011年作
うっすらとしたシンセに母国語の歌声とともに、プリミティブな神秘性を描き出す
独特のブラックメタルサウンド。ときおり激しい疾走もまじえた、緩急のついた展開に
笛の音やダルシマーなどによる土着的な雰囲気も加わって、なかなか個性的な聴き心地。
全4曲ながら、7分、8分と曲は長めで、シンセによるサウンドスケープ的な曲もあって
退屈な人にはつらいかもしれない。フルアルバムを気に入ったバンドのファン向け。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Negura Bunget 「Tau」
ルーマニアのブラックメタル、ネグラ・バンゲットの2015年作
1996年デビューという、キャリアのあるバンドで、フルートを含んだ妖しげなイントロに続き、曲が始まると、
重厚なギターリフを乗せたブラックメタル的な激しさと、緩急ある展開とともに、土着的な神秘性を描くような
ミステリアスな空気感に包まれる。ヴォーカルは低音のデスヴォイスであるが、随所にノーマル声のコーラスが勇壮に絡み、
北欧ブラックメタル風でもある涼やかな空気をまとわせる。ときにシンフォニックなシンセアレンジが加わると、
いわば「Dimmu Borgirの辺境版」という味わいにもなったりする。暴虐さはさほどないので、激しいブラックが苦手な方や、
プログレッシブなブラックが好きな方にも対応。知的な構築力とペイガンブラックの辺境性を融合させた強力作である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

NEGURA BUNGET 「ZI」
ルーマニアのブラックメタル、ネグラ・バンゲットの2016年作
1996年デビューという、キャリアのあるバンドであるが、前作から1年でもう新作を出してきた。
フォーキーな土着性を感じさせるイントロ曲からして、本作は何やら異色な雰囲気であるが、
2曲目以降は激しいブラスト疾走も加わった、ペイガン寄りのブラックメタルでひと安心。
バンドの描く神秘的な世界観はさらに強まっていて、パンパイプが鳴り響くアコースティックなパートや
朗々としたノーマルヴォーカルを乗せた雄大なスケール感に、聴き手はじわじわと引き込まれる。
楽曲によっては唐突なテンポチェンジなどの知的な展開力も覗かせる。バンドとしてのキャリアが
堂々たる音の説得力となって、ダークな空気感と迫力を生み出している。さすがの力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・9 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る

Ne Obliviscaris 「Portal of I」
オーストラリアのプログレ・ブラックメタル、ネ・オブリヴィスカリスの2012年作
のっけから激しいブラストビートが炸裂、ツインギターのリフを乗せてたたみかけ
デスヴォイスとノーマルヴォイスか絡む、重厚なサウンドに圧倒される。
美しいヴァイオリンが鳴り響いたり、メロディックな叙情パートも含んだ極端なまでに
緩急のついた楽曲展開と、ミクスチャーメタル的でもあるモダンなセンスとともに、
知的な構築力を見せつける。そういう点では、Between The Buried And Meなどにも
通じる感触もあるかもしれない。全7曲中、6曲が9分以上という大作志向で聴き応え充分。
ドラマティック度・・8 モダンセンス度・・9 プログレブラック度・・8 総合・・8


NE OBLIVISCARIS 「Citadel」
オーストラリアのプログレ・デスメタル、ネ・オブリヴィスカリスの2014年作
前作も激しくも知的な力作であったが、今作は壮大な雰囲気のイントロから始まり、続く16分の組曲では、
咆哮するデスヴォイスとヘヴィなギターリフを乗せてブラストを含む激烈さでたたみかけつつ、
艶やかなヴァイオリンが鳴り響く唐突なクラシカルパートなども含めて、じつにプログレッシブな味わいだ。
クリーンヴォーカル出てくるメタルコア的なモダンさも含めて、やはりBetween the Buried and Meにも通じる
濃密かつエキセントリックなセンスに包まれている。この路線であれば、個人的にはデス声は減らしてもいいような気もする。
大曲中心の作品なので、プログレッシブな構築性が楽しめる方でないと、ややつかみづらいかもしれない。今回も力作デス。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 濃密度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


NIGHTBRINGER 「Ego Dominus Tuus」
アメリカのブラックメタル、ナイトブリンガーの2014年作
ミステリアスなイントロから、曲が始まるとトレモロのギターリフを乗せて激しくブラスト疾走、
ヴォーカルのわめき声も雰囲気たっぷりで、アンダーグラウンドな妖しさとカルトな世界観に包まれた、
神秘的なブラックメタルが広がってゆく。いくぶん叙情を感じさせるギターリフが北欧ブラック的でもあり
激しさの中にも湿り気を帯びた感触がなかなか耳心地よい。MARDUKなどにもひけをとらない迫力と説得力、
アメリカのブラメタもここまできたか、というような、硬派な激烈さと闇の幻想性に覆われた力作である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・9 ミステリアス度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Night in Gales 「Towards the Twilight」
ドイツのメロデスバンド、ナイト・イン・ゲイルスの1997作
のっけから叙情的なツインギターで疾走。デスメタルというよりは、むしろBlind Guardianのような、
ジャーマンメタル的なメロディアスさを全面に出したサウンドには思わずにんまり。
楽曲自体は類型的で、とくに突出した個性はないのだが、とにかく、
このクサイまでの叙情メロディ、そしてツインギターの悶絶フレーズの連発はたまらない。
次作以降は硬質感をともなったややスラッシーな方向へいってしまい、
それもそれで質は高いのだが、クサメロのメロデスが好きなら本作だろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 クサメロ度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Night in Gales「Nailwork」
ドイツのメロデスバンド、ナイト・イン・ゲイルズの3rd。2000作
1st「Towards the Twilight」はクサメロのツインリードで聴かせるメロデスの悶絶盤であったのだが、
2ndから脱クサメロをし始め、さらに本作ではより硬派でスラッシーなサウンドと変貌をとげている。
ザクザクとしたツインギターのリフに乗せて、低音デスヴォイスが咆哮し、
叙情的なフレーズもまじつつ、よりソリッドになったサウンドでたたみかける。
AT THE GATES的な勢いと、ノーマル声を取り入れるなどモダンなメロディアス感覚が合わさり、
デスラッシュとメロデスの中間という雰囲気が格好いい。総合的なクオリティでは最高作。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 デスラッシュ風味度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Night in Gales「Five Scars」
ドイツのメロデスバンド、ナイト・イン・ゲイルスの2011年作
1stの時点ではツインギターのメロディを聴かせる正統派のメロデスであったが、
2nd、3rdとデスラッシュ的なサウンドへシフト、2001年の4th「Necrodynamic」を最後に
それ以降音沙汰がなかったのだが、なんと10年ぶりとなる復活作を出してきた。
もの悲しいイントロに続き、メロディックなギターで疾走するメロデスサウンドが甦る。
ツインギターのフレーズはいかにも往年のメロディックデスの雰囲気で叙情味たっぷり。
Voの迫力不足が惜しいが、初期のIN FLAMESなとが好きな方にもたまらないなかなかの好作デス。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 往年のメロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


NightrageSweet Vengeance
ギリシャのメロデスバンド、ナイトレイジのアルバム。2003作
EXHUMENTIONのGに、元DREAM EVIL〜FIRE WINDのガス.G
さらには元AT THE GATESのVo、The HauntedのDrが参加したバンドで、
さすがに名うてのメンバーたちによる、安定した演奏力のサウンドを聴かせる。
メロデスというにはもっとザクザクとしたスラッシーでコアな質感と
北欧デスラッシュ的な硬派さで、楽曲は比較的シンプルな突進型。
これといった個性的なものはないのだが、音の説得力はさすが。
ときおり聴かせる叙情ギターには、さすがガス.Gのセンスが光る。
メロディアス度・・7 デスラッシュ度・・8 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Nightrage「Descent into Chaos」
ギリシャのメロデスバンド、ナイトレイジの2nd。2004作
EXHUMENTIONのGに、元DREAM EVIL〜FIRE WINDのガス.Gが参加、
激烈に疾走するデスラッシュぎみのサウンドにメロディアスなギターフレーズを織り込み、
さすがに高品質なサウンドを聴かせる。安定感抜群のリズムとザクザクのギターに
元The CROWNのトーマスのスクリームヴォイスが激しく咆哮する。
1stのサウンドよりもバンドとしての迫力が一段増しているという印象だ。
メロディアス度・・7 デスラッシュ度・・8 演奏・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Nightrage「A New Disease Is Born」
元EXHUMENTIONのGを中心としたメロデスバンド、ナイトレイジの3rd。2007作
1stは比較的シンプルな突進型メロデスラッシュという雰囲気だったが、
本作ではメロディアスな部分はノーマルヴォイス入りでよりメロディアスになり、
疾走だけに頼らない、北欧風のギターフレーズがじつに効果的な作品になっている。
ガス.Gは脱退したものの、むしろギターにおけるメロディの充実度は上がっていて、
古き良きメロデスの質感を残しながら、SOILWORK的なモダンさを適度に融合させている。
アメリカのメタルコア連中には決してマネできない煽情的なメロが満載。これは見事なアルバムだ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Nightrage「Wearing a Martyr's Crown」
ギリシャのメロデスバンド、ナイトレイジの4th。2009作
スラッシーな疾走感とメロディアスなギターフレーズで聴かせる高品質サウンドはこれまで通り、
本作ではよりモダンなメタルコア的感触が増したことで、若いリスナーも惹きつけるだろう。
メタルコアが苦手な自分でも、このバンドに関してはアメリカのバンドとは異なるメロディの魅力と
デスラッシュ風味の硬質さがなかなか耳に心地よい。なによりリフと楽曲展開にセンスがあり、
モダンさうんぬんよりも、純粋にギターフレーズのメロディの魅力が上回っている。
メロディアス度・・8 疾走度・・8 モダンメロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NightrageInsidious
ギリシャのモダンメロデスバンド、ナイトレイジの2011年作
3rdあたりからぐっとメロディの魅力を上げ、質の高いモダン派メロデスを聴かせるこのバンド、
5作目となる本作もツインギターのリフと叙情フレーズが気持ち良い爽快なメロデスサウンド。
シンセに頼らずあくまで二本のギターの重ねで勝負しているのが正統派としての誇りを感じるし、
メロディに北欧的な泣きが加わってきているのも嬉しい。オールドスタイルとモダンな硬質感をミックスさせ
随所に激しい疾走感を盛り込みつつ、メロディックな聴き安さとのバランス感覚が見事な高品質作である。
メロディアス度・・8 疾走度・・8 正統派メロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


NIGHTSHADE「WIELDING THE SCYTHE 」
スウェーデンのメロデスバンド、ナイトシェイドの2001作
ジャケはかなりB級っぽいが、内容は非常にメロディックで聴き易いメロデスサウンドです(笑)
基本は以前のIN FLAMESタイプで、ツインギターにきらきらとしたキーボード、
3拍子の曲になるといかにも、という感じでなかなか気持ちよく聴かせてくれる。
Voねのがなり声がやや一本調子だが、バックの奏でるフレーズの煽情度はかなりのもの。
ときおり、ヴァイキング風のメロディが顔を出すのもいい感じ。
ただ全8曲40分弱はやや物足りないか。あと1曲くらい入れて(笑)
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5


Nocte Obducta 「Galgendammerung Von Nebel, Blut und Totgeburten」
ドイツのブラックメタル、ノクテ・オブドゥクタの2002年作
うっすらとしたシンセアレンジにドイツ語によるダミ声ヴォーカルを乗せて激しくブラスト疾走、
プリミティブな暴虐ブラックサウンドを基本にしつつ、随所に知的な展開力を含んだ聴き心地は、
ABIGORなどにも通じる雰囲気もある。個人的にはもう少し楽曲アレンジに思い切りというか、
ヘンタイ的な唐突さなどがあればなお楽しめる気がする。9分、10分という大曲を含んだ力作ではある。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 楽曲・・7.5 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




NOCTES「PANDEMONIC REQUIEM」
スウェーデンのシンフォニック・ブラックメタルバンド、ノクテスの1st。1997作
ツインギターにキーボード入りで、シンフォニックかつ暴虐性もあるサウンドは、
初期のEMPERORをやわらかくしたような、なかなか聴きやすいブラックです。
音質などからB級っぽさが残りますが、それがかえってエッジを押さえた印象。
ギターリフにゴリゴリした部分が少ないので、マイルドな(?)感じに心地よく聴けたりします。
曲やメロディにさほど個性は感じませんが、ギターリフはいちいちクサメロで北欧的叙情満載。
暴虐すぎず怖すぎない、マイナーなシンフォニックブラックを聴きたい、という方には良いバンドです。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 北欧度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NOCTES「Vexilla Regis Prodeunt INFERNI」
スウェーデンのシンフォニック・ブラックメタルバンド、ノクテスの2nd。1999作
1stもややマイナー臭いながらもシンフォニックな叙情メロ満載の好盤であったが、
今作も初期EMPEROR + 北欧メロディを強化、というようなサウンドは健在。
ブラストで突進しつつも、ギターの奏でる流麗なリフには北欧らしい土着性を感じるし
バックのキーボードもいかにも一昔前のシンフォブラック的で、そのこけおどし感がたまらない。
音質的にもやや薄いので、そうしたマイナー臭さを含めての質感がとてもよろしい。
北欧感たっぷりのメロディが気持ち良く、ヴァイキングメタルフリークにもオススメできる。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 北欧度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


NOKTURNAL MORTUM「LUNAR POETRY」
ウクライナのブラックメタルバンド、ノクターナル・モータムのアルバム。
1st前のデモをCD化したもので、ツインキーボードによるシンフォニックな音像と
こもり気味の音質とが一種幽玄な雰囲気をかもしだしている。
EMPERORの1stあたりにも似た、チープだがどこか土着的な禍々しさを感じるが
こちらの方がより民族的な土臭さが漂っていて、そこが魅力なのだと思う。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 音質・・4 総合・・7

NOKTURNAL MORTUM「GOAT HORNS」
ウクライナのブラックメタルバンド、ノクターナル・モータムの1st。1996作
ツインキーボードの美しい旋律に、どこか土着的な民族エッセンスを織りまぜたブラックメタルサウンドは、
やはりどこかヨーロッパのバンドたちとは質感が異なる。疾走してもさほど暴虐にはならず、
むしろ目立つのはキーボードの美しさ。音質の悪さもかえってミステリアスな雰囲気をかもしだしていて、
マイナー系のシンフォブラック好きにはたまらない世界観かもしれない。
背表紙の表記が「NOCTURNAL」と間違っているのも辺境的か。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 音質・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

NOKTURNAL MORTUM「TO THE GATES OF BLASPHEMOUS FIRE」
ウクライナのブラックメタルバンド、ノクターナル・モータムの2nd。1997作
今回は1曲目からバトルな雰囲気で、アグレッシブ度がアップ。いかにもブラックメタル的に疾走していて、かなりEMPERORっぽい。
音質の悪さは相変わらずで、EMPERORの1st並み(かそれ以下)だが、このかもしだす「本物」の雰囲気こそ何にも変えがたい魅力となっている。
とんでもなくチープなジャケと怪しいメンバーのイラストが、いかにもアンダーグラウンドで健常なリスナーからは嫌悪の対象となるかもしれないが、
シンフォブラックとしてのクオリティは(音質を除いて)かなり高いと思われる。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 音質・・5 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Nordvrede 「Monument Viktoria」
ノルウェーのブラックメタル、ノルドブレードの2013年作
ヒステリックなダミ声ヴォーカルとトレモロのギターリフを乗せて激しく疾走するスタイルで、
えらくこもり気味の音質も含めて、初期MAYHEMやかつてのDarkthroneなどを思わせるようなサウンドだ。
ブラックメタルの原初的な激しさを甦らせるような暴虐性とともに、随所にメロディックなリフの流れもあって、
あるいはDissectionなどが好きな方でも楽しめるだろう。音質はもやっとしているが、演奏力もしっかりとある。
初期ノルウェイジャンブラックのアンダーグラウンドな怪しさ、いかがわしさを継承する強力作です。
全6曲34分弱というのもなんだかとってもアナログ的ですな。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 怪しさ度・・8 総合・・8


NORTHER「DREAMS OF ENDLESS WAR」
フィンランドのメロディックデスメタルバンド、ノーサーの1st。2002作
一聴したところ、さらに聴きやすくしたCHILDREN OF BODOMという雰囲気で演奏といい曲といいなかなか綺麗にまとまっている。
とくにギターのメロディフレーズはクサメロリスナーにはたまらないメロディアスさでおよそデスメタルには似つかわしくないほどキャッチー。
時折出てくるフォーキーなフレーズもフィンランドらしくて良いが、キーボードの音がぴこぴこと軽かったり、
全体的にメロデスの暴虐性よりは普通の北欧メロディックメタルを目指しているようにも聴けてしまう。
EUROPEの名曲「FINAL COUNTDOWN」のデス声カヴァーがなかなかカッコいい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 チルボ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

NORTHER「Mirror of Maddness」
フィンランドのメロデスバンド、ノーサーの2nd。2003作
チルボドフォロワー丸出しだった1stを聴いて、もういいや…と思っていたが、気が向いたので
また聴いてみる。キラキラのシンセで軽めに疾走するスタイルはやはりどう聴いても
CHILDREN OF BODOMの影響下にあり、まったくもって個性的ではないのだが、
逆に言うとこの軽快さこそが、メロデス初心者には心地よい音なのだろう。
あくまでメロディにこだわるという点では評価もできるし、演奏の質もそこそこ高い。
むしろデス声入りの疾走メタルとしてライトに楽しむべきバンドなのだろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 チルボ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NORTHERTill Death Unites Us
フィンランドのメロデスバンド、ノーサーの4th。2006作
2ndまでの軽めのキラデスサウンドから本作ではずいぶん重厚な雰囲気になり
初期チルボドフォロワー路線からずいぶんと脱却しつつあるのが伺える。
モダンなヘヴィさの中にも流麗なギターメロディと美しいシンセワークは健在で、
やはりクオリティの高さでは一線級のバンドであろう。ただ、これだというメロディなり
楽曲の個性という点でいえばやはり物足りないか。出来のいいアルバムだとは思う。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NORTHER「N」
フィンランドのメロデスバンド、ノーサーの5th。2008作
初期チルボドのフォロワーだったこのバンドだが、久々に聴いてみたら
よりヘヴィでダークなモダンさに包まれたサウンドへと変化していた。
それまでのキラキラ系メロデスから、エクストリームな重厚さをともなった質感と
ノーマルヴォイスを取り入れるなど、モダンなメタルとしての作風へ進化している。
ENSIFERUMのメンバーでもあるペトリのヴォーカルにも迫力が増していて、
北欧メロデス的なメロディはやや薄らいだが、SOILWORKなどと同様に、
若いコア系リスナーにも受け入れられる作品だろうと思う。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 モダンヘヴィネス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

NORTHERCircle Regenerated
フィンランドのメロデスバンド、ノーサーの6th。2011年作
2002年にデビューし、初期CHILDLEN OF BODOMタイプのメロデスとして
それなりに人気を得ながら、4th以降はフォロワーを脱却し、モダンなヘヴィネスを押し出した
作風へと変化しつつあったが、ENSIFERUMと掛け持ちしていたフロントマンのペトリが脱退し、
本作ではむしろそれがいい方向に作用している。モダンなエクストリームメタルとしての質感と
初期の頃のメロディックな要素が合わさり、北欧らしいサウンドが戻ってきている。
シンセを含んだシンフォニックさとともに、随所にメロウなギターフレーズも聴かせてくれ、
なおかつチルボドフォロワーとはもはや言わせない、バンド独自の方向性が感じられる。
激しさに頼らないやわらかみのある叙情も含ませつつ、ドラマティックに仕上げた力作である。
メロディック度・・8 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


NOTHGARD 「Age of Pandora」
ドイツのメロディック・デスメタル、ノスガルドの2014年作
モダンなヘヴィネスを含んだギターワークとダミ声ヴォーカルを乗せて激しく疾走する、
ペイガン風味も含んだメロデスサウンド。シンセによる美麗なアレンジと、リズムチェンジを含んだ展開力などは
初期のCHILDLEN OF BODOMにも通じる雰囲気もあって、随所に流麗なギターフレーズなども覗かせて
激しくはあるがメロディックな聴きやすさが前に出ている。ヴァイキングメタル寄りの勇壮な雰囲気もあるが、
サウンドがモダンな硬質感に覆われているので、むしろスタイリッシュな聴き心地である。
個人的にはもう少しクサメタル要素があればとは思うが、なかなかクオリティの高い作品デス。
メロディック度・・7 疾走度・・8 モダン・メロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


NOTRE DAME「VOL1:LE THEATRE DU VAMPIRE」
ノートルダムとバンド名を聞いてもピンとこないでしょうが、実は元KING DIAMONDのDrのバンド。
一言でいうと、シアトリカル・ヴァンパイア・ブラックメタル。ときおりデヴィルドール状態。
ええとですね、ジャケットにオールヌードの女性が写っておりますが、彼女がVAMPIRELLA嬢。
つまり女性版ヴァンパイアを名乗って、ヴァンピレラのコスチュームを着てステージで踊っているらしいのです。
例えばクレイドルオブフィルスとの違いは、彼らが暴虐音楽のテーマとしてのヴァンパイアを
イメージしているのに対して、こちらはもうバンドの存在意義自体がヴァンパイアなのです。
ジャケットもインナーのイラストも意図的にB級ホラーっぽい仕上がり。曲の方はけっこう普通のブラックメタル。
野郎声の合間に例のヴァンピレラ嬢の囁くようなセクシーな歌声が世界観を演出します。全然怖くない。
つまりはパフォーマンスとしての演劇性が彼らの「ギャグとホラーの微妙な世界観」を成立させているようです。
ブラックメタル度・・7 演劇度・・8 ヴァンパイア度・・10 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


NUMENOR「Colossal Darkness」
セルビアのシンフォニック・ブラックメタル、ナメノールの2013年作
美麗なシンセアレンジとダミ声ヴォーカルを乗せた、メロパワ的なシンフォニック・ブラックメタル。
STORM LORDあたりに通じるエピックな世界観を感じさせつつ、ノーマルヴォイスで歌うパートも多く、
暴虐な激しさというものはあまりない。ギターのメロディもときにメロパワ的であったり、
適度な疾走感も含んだ楽曲は、むしろダークなシンフォニックメタルとしても聴けるだろう。
全8曲、35分というのはいくぶん物足りないが、この手のエピック・ブラックメタルが好きな方ならいかが。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・5 エピック度・・8 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る






OATHEAN「The Last Desperate 10 Years As Ever」
韓国のメロディックデス・ブラックメタル、オーディンの2003年作
SAD LEGENDと並び90年代から活動する、韓国を代表するブラックメタル系バンド。本作は
結成10周年記念のアルバムで、新曲3曲、再録1曲、リマスター2曲、デモ3曲、ライブ1曲を収録。
以前に聴いた1stよりも美麗なシンセワークが増していて、ダミ声ヴォーカルの他に、
女性コーラスや韓国語によるノーマルな語りなども入って、もの悲しいメロディには
ゴシック的な耽美さも感じられる。笛やヘグムの音色なども含めて、もの悲しい美しさがよいですね。。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・7.5

Oathean「Fading Away Into the Grave of Nothingness
韓国のメロディックデス・ブラックメタル、オーディンの4th。2004年作
女性シンセ奏者を擁する5人組で、シンフォニックなシンセワークと
古き良きメロデスを思わせるギターリフで疾走するサウンド。
初期CHILDLEN OF BODOMなどからの影響も匂わせつつ、よりメロウ質感で、
ときに艶やかなヘグムの音色も含みながらクラシカルな優雅さも聴かせてくれる。
うっすらとしたシンセをバックにしたギターのフレーズもとても煽情的で、
そこいらの北欧メロデスよりもはるかに日本人の琴線に触れるだろう。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 美旋律度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Oathean「 Vol. 5
韓国のメロディックデス・ブラックメタル、オーディンの5th。2010年作
美麗なシンセアレンジはやや控えめになり、メロディ主体だったギターが
鋭角的なリフの感触を強めたことで、よりヘヴィで重厚な仕上がりになっている。
6〜8分台の楽曲は、疾走とスローパートの緩急を付けたアレンジが光っていて、
激しさだけではないしっとりとした叙情パートなども盛り込みながら、
随所に聴かせるメロウなフレーズやアコースティカルな要素を引き立たせている。
シンフォニック性は薄まったが知的な構築センスが素晴らしい、ドラマティックな傑作である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 知的アレンジ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


OBSCURITY 「Vintar」
ドイツのペイガンデスメタル、オブスキュリティーの2014年作
90年代から活動するバンドで、本作がすでに7作目となる。ツインギターのリフとダミ声ヴォーカルを乗せ
激しい疾走感で聴かせるメロディックデスメタル的なスタイル。AMON AMARTHなどに通じるエピックな雰囲気と
ドイツ語による低音グロウル&ダミ声という、男性ツイン・デスヴォーカル的な迫力を含んだ重厚な聴き心地。
ときにトレモロのギターリフを乗せて疾走するブラックメタル的な感触に、リズムチェンジを含んだ展開力や
メロディックなフックもありつつ、全体的には甘すぎない硬派なペイガン・デスメタルサウンドを描いている。
個人的にはもう少しメロディックだったり、勇壮な雰囲気があると嬉しいのだが。クオリティは高いデス。
ドラマティック度・・7 重厚度・・8 ペイガン度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


OBSIDIAN GATE「COLOSSAL CHRISTHUNT」
ドイツのシンフォニックブラックメタルバンド、オブシディアンゲートの2nd。
このバンドの特徴はやりすぎなまでにシンフォニックなキーボードが美しいところ。
ゴージャス、メロディアスでセンスの良いシンセが、時に重厚に時に華麗に鳴りまくる。
ほぼ真性のブラックメタルサウンドだが、このシンセとの合体で凶悪度は中和され、
結果として非常に聴きやすいドラマティックブラックとなっている。
初期エンペラーをさらにメロディアスにするとこうなるという具合。傑作。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・8 楽曲・・8 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る


October Falls「The Womb of Primordial Nature」
フィンランドのフォーク・ブラックメタルバンド、オクトーバー・フォールズの2008年作
ブラスト入りで激しめに疾走しつつも、ギターはあくまで叙情的なフレーズを奏で
邪悪な雰囲気はあまり感じないという、いわばネイチャー・ブラックメタル。
曲の長さの点でもWolves in the Throne Roomに通じるものがあり、そこににもう少し
北欧のフォーキー要素を加えたという感じか。アコースティカルなパートを盛り込みながら、
無理に盛り上げることもなく、むしろゆったりと幻想的に聴かせる作風が耳に心地よい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 自然派度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

October FallsCollapse of Faith
フィンランドのネイチャーブラック、オクトーバー・フォールズの2010年作
北欧の土着的な叙情を感じさせる、フォーキーなブラックメタルサウンドで、
本作は全3曲、それぞれ18分、17分、5分という大作志向のアルバムになっている。
激しい疾走もありながら、メロディックなギターフレーズとアコースティカルな要素も含んで
暴虐さよりも耳触りの良さが前に出ている。北欧の森を思い起こさせる自然派ブラックの力作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 北欧土着度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


OLD MAN'S CHILD「Revelation 666」
ノルウェーのシンフォブラックメタルバンド、オールド・マンズ・チャイルドの4th。2000作
DIMMU BORGIRのGALDER氏の別バンド。このアルバムからメンバーを固定してバンド作となった。
サウンドの方はきらきらとしたキーボードをバックに疾走する王道シンフォブラで
DIMMU BORGIRをもう少し聴きやすくしたという雰囲気。
取り立てて個性はないかもしれないが、この手が好きなら安心して聴けるクオリティ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 王道シンフォブラ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

OLD MAN'S CHILD「IN DEFIAANCE OF EXISTENCE」
ノルウェーのシンフォブラックメタルバンド、オールド・マンズ・チャイルドの5th。2003作
現在はDIMMU BORGIRにも在籍するガルダー氏の別バンド。
ボガーだけでは飽き足らず自分のバンドでもアルバムを出し続けるとは
本人は相当のブラックメタル好きなのであろう(笑)しかしもちろん、内容は抜群に高品質。
北欧らしい流麗なギターリフとシンフォニックなキーボードが美しく、疾走する暴虐性とのバランスが絶品。
かつてはCRADLE OF FILTHに在籍し、現在はボガーのメンバーであるニコラスのドラムも見事で、
強烈に疾走する楽曲をしっかりと支えている。雰囲気がボガーちっくなのは否めないが、
分かりやすい良質のシンフォブラックとして勧められるクオリティである。
収録曲のほとんどが5分以下で全39分というのもいっそ潔い。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

OLD MAN'S CHILDVermin
ノルウェーのシンフォブラックメタルバンド、オールド・マンズ・チャイルドの6th。2005作
DIMMU BORGIRにも在籍するガルダーの1人プロジェクトといってもよいバンドだ。
毎回、片手間にやっているとは思えないほど高品質なシンフォブラックを作って来るが
今作も安定したクオリティでとても聴きやすい。ボガーよりもむしろ最近のクレイドルに近い音楽性で
突っ走る暴虐さよりもスラッシュ寄りのリフに、キーボードによる味付けをしたという雰囲気。
全作ほどの曲の良さは感じないが、全37分、コンパクトにまとめられた良作といえるだろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 クオリティ・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Old Silver Key 「Tales of Wandering」
AlcestのneigeとDrudkhのメンバーによるユニット、オールド・シルバー・キーの2011年作
ジャケの雰囲気からは陰鬱なポストブラックを想像するのだが、実際のサウンドの方はメランコリックな叙情と
わりとキャッチーなノリを含んだ、むしろゴシックロック的なところもある。ミドルテンポに乗るマイルドなヴォーカルの感じは
ENTWINEなどのフィンランド系ゴシックロックの雰囲気にも近いのだが、随所にAlcestのような繊細なやわらかさと
ポストブラックらしい疾走パートもしっかりあるので、アルセのファンならば問題なく楽しめるだろう。
普通に聴きやすい反面、もう少しサウンドにディープな世界観が欲しい気もするのだが、
そこはユニットとしての限界というべきか。今後があるのなら、さらなる成熟に期待したい。
ドラマティック度・・7 メランコリック度・・8 繊細度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


OMNIUM GATHERUM「SPIRITS AND AUGUST LIGHT」
フィンランドのメロデスバンド、オムニウム・ギャザラムの1st。2002作
ツインギターの流麗なリフで疾走、バックにはうっすらとシンセ。一聴するとありがちなメロデスサウンドなのだが、
演奏者の技量とセンスがあればここまでよいサウンドになるのだ、という見本のようなアルバム。
とにかく巧みなリフワークとそのメロディのつなぎの心地よいこと。
暴虐さよりも、この流れるような展開美で聴けてしまう音なのですな。
ジャケのつまらなさで買うのを敬遠していた方も、これは聴いて損のないバンドです。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 楽曲センス・・9 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

OMNIUM GATHERUM「YEARS IN WASTE」
フィンランドのメロデスバンド、オムニアム・ギャザラムの2nd。2005作
この2ndは巷の評価はいま一つらしいのだが、そんなことはない、相変わらず素晴らしいアルバムだと思う。
自分がこのバンドを良いと思ったのは、煽情的なメロディだけでなく、曲アレンジのセンス…
端的に言って知的でプログレッシブな構築性であったので、自分的には全然これでOK。
バックの美しいキーボードに、北欧らしいクールでダイナミックな演奏、ときにプログレなセンスを感じさせる曲のつなぎ方。
TOCあたりと同様に、高度で知的な楽曲アレンジの妙こそがこのバンドの確かな魅力なのだ。
メロディアス度・・7 内的プログレ度・・8 楽曲センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

OMNIUM GATHERUM「Stuck Here on Snakes Way」
フィンランドのメロデスバンド、オムニアム・ギャザラムの3rd。2007作
今作はのっけからスラッシュメタル的リフに、変則的な展開で始まり、まるでEXTOLあたりを思わせる。
咆哮するヴォーカルに、センス溢れるギターリフ、モダンなシンセアレンジもどこかプログレッシブで、
楽曲は一聴して地味なのだが、よく聴くととても凝っていてサウンドには知性が溢れている。
3分前後の曲にここまで濃密な要素を取り込めるセンスは、北欧メロデス界のANNIHILATORとでも
言いたくなる。ただのメロデスに飽きている方、プログレッシブなメタルが好きな方にはぜひお勧めしたい。
メロディアス度・・7 スラッシュ風味度・・8 プログレッシブ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

OMNIUM GATHERUMThe Redshift
フィンランドのメロデスパンド、オムニウム・ギャザラムの4th。2008作
きらきらメロデス路線の1stから、しだいにテクニカルでプログレッシブな感覚をまとい、
前作ではスラッシーなリフとともに見事なセンスを聴かせたくれたが、今作も同路線。
オールドスタイルのクールなギターリフに、甘すぎないメロディを加えて疾走、
ソリッドな質感とシンセ入りの薄暗い叙情が合わさって、知的なメロデスが構築される。
デス声の咆哮はなかなか強烈なのだが、サウンドがさほど凶悪に感じないのは
楽曲にただようインテリジェントな部分のためだろう。リフで聴かせられるメロデスバンドだ。
オールドメロデス度・・8 暴虐度・・7 知的メロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

OMNIUM GATHERUMNew World Shadows
フィンランドのメロデスバンド、オムニウム・ギャザラムの2011年作
なかなか日本での知名度が上がらないこのバンドだが、今作もじつに見事な出来。
これまで以上に叙情的なツインギターのメロディにうっすらとしたシンセが絡み
いかにもフィンランド的な美意識を感じさせるサウンドは、とても日本人好み。
そして、ときおり見せるOPETHなどを想起させるプログレッシブな構築性も素晴らしく、
甘すぎないメランコリックさも絶妙だ。前作での硬派なスラッシー路線も好きだったのだが、
メロディ派の諸兄は、初期チルボド並のフレーズも出てくる本作なら間違いなく気に入るだろう。
メロディアス度・・8 疾走度・・7 知的構築度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Omnium Gatherum「Beyond」
フィンランドのメロデスバンド、オムニウム・ギャザルムの2013年作
2002年のデビューからセンスのよい知的なサウンドを構築してきたこのバンド、6作目となる本作は、
なにやらメロデスらしからぬジャケのように、これまで以上に軽快でメロディックな作風となった。
うっすらとしたシンセにツインギターが絡む美麗なイントロ曲から始まり、低音デスヴォイスを乗せて疾走しながらも、
激しさやヘヴィネスはむしろ控えめで、クリアで流麗なギターフレーズがより際立っている。メロデスとしての激しさや
メランコリックな泣きという点ではやや物足りないのだが、センスのあるツインギターの絡みはさすがだし、
シンセアレンジなどはときにプログレ的でもある。ラストは10分を超える大曲で、モダン・シンフォニックな聴き心地。
メロディック度・・8 暴虐度・・6 知的センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Omnium Gatherum 「Grey Heavens」
フィンランドのメロディック・デスメタル、オムニウム・ギャザルムの2016年作
2002年にデビュー、北欧メロデス第二世代のバンドとしては抜群のセンスを誇るバンド。
7作目となる本作は、ツインギターのメロディックのフレーズとデスヴォイスを乗せて疾走する、
オールドスタイルの正統派メロデスサウンドになっている。ヘヴな暴虐性は控えめで、
あくまでメロディアスな叙情を前に出した聴きやすさは、メロデス初心者にも対応するだろう。
初期に回帰したような疾走ナンバーは、メロデスバンドとしての自分たちのアイデンティティに立ち返った印象も受ける。
一方では、ピロピロ系ギターと美麗なシンセで聴かせるスタイリッシュでライトなナンバーは、
ヴォーカル以外はProgMetalのような聴き心地という。今後、どちらに深化してゆくのか興味深い所。
メロディック度・・8 暴虐度・・7 スタイリッシュ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Opera IX「The Black Opera:Symphoniae Mysteriorum in Lauden Tenebrarum
イタリアのシアトリカル・ゴシック・ブラックメタルバンド、オペラ\のアルバム。2000作
以前に1stを聴いていた記憶があるが、本作は楽曲の構築力が増していて、
それとともにカルトメタル的な妖しい耽美な雰囲気に磨きがかかっている。
後にCADAVERIAを結成するCadaveria嬢の歌声は、スクリームヴォイスと普通声を使い分けていて、
インパクト充分。ときに激しく疾走するブラックメタル的な暗黒性と、シンセも入った美しさが合わさって
濃密なゴシック・ブラックサウンドを描いている。イタリアらしい耽美な闇の美学が詰め込まれたアルバムだ。
メロディアス度・・7 暗黒度・・8 耽美&シアトリカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Opera IX「Strix-Maledicte in Aeternum」
イタリアのシアトリカル・ブラックメタルバンド、オペラIXの2012年作
かつては女性Vo、Cadaveriaを擁してミスティックなブラックメタルを標榜していたが、
そのCadaveria嬢は脱退し、本作では男性ヴォーカルになっている。
ミステリアスなイントロから幕を開け、妖しく呪術的な世界観とともに、
シアトリカルなブラックメタルを繰り広げている。ミドルテンポを主体にした楽曲は
ブラックメタル的な激しさはさほどなく、クラシカルなシンセワークとともに、
暗黒の美学というべき耽美で秘教的な雰囲気に包まれた作品だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・6 シアトリカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


OPETH「ORCHID」
スウェーデンのメロディック・デスメタルバンド、オーペスの1st。1995作
今でこそプログレッシブなバンドとして認知される彼らだが、
デビュー当時は案外に正統派のメロデス(といっても曲は長いが)をやっていたのだった。
ツインギターのフレーズをこれでもかと繰り返しながら、静寂パートなどを折り込んだ
知的さを感じさせる展開には、やはりほのかにプログレな香りもただよわせる。
暴虐さよりも優雅さを、激しさよりも静けさを強く感じさせるサウンドは、
この年代を思えばとても個性的である。真の意味で彼らが認知度を高めるのは
名作となる4th「Still Life」からなのだが、本作や2nd「Morningrise」にも魅力は多い。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

OPETH「Morningrise」
スウェーデンのメロディック・デスメタルバンド、オーペスの2nd。1997作
最初に聴いたオペスのアルバムがこれ。今でこそ認知度が上がったが、当時は中古屋に安く売られていた。
曲は全部10分以上で、うち20分が1曲と…分かりやすいメロデス全盛の時代にこれでは売れるわけはない。笑
しかし、私は聴いた瞬間このバンドが大好きになる。自分がプログレを好きだったこともあっただろうが、
この長尺の展開美における静寂感、もの悲しい叙情美にはなにか引き込まれるような世界観を感じたのだ。
次作以降のプログレッシブなアプローチに比べて、本作ではまだ随所にメロデス的なツインギターも楽しめ、
曲は長いがサウンド自体に難解さはない。アコースティカルなパートを巧みに取り入れた、
北欧的な薄暗い叙情を楽しめる知的なメロディックデスとして鑑賞して欲しい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 ドラマティック度・・9 総合・・8.5

Amazon.co.jp で詳細を見る
 Amazon.MP3

OPETH「STILL LIFE」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの4th。1999作
1995年のデビュー以来、作品ごとに着実に音楽的を深化させてきた彼らであるが、
今作ではそのプログレッシブな構築性を強化させたことで、まさに決定打というべき一作となった。
ツインギターのリフの有機的な絡みをメインに、流麗なメロディとセンス抜群の楽曲構築が炸裂、
全7曲中、5曲が9分以上という大作志向の中に、デス声とノーマル声を使い分け、アコースティックパートを
巧みに挿入することで、激しさの中にもプログレッシブな展開美とゆるやかな叙情を見事に同居させている。
ジャケの美しさも含めて、メロデスというジャンルを芸術作品にまで高めた大傑作である。
メロディアス度・・8 静寂と叙情度・・9 楽曲センス・・9 総合・・9 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「BLACK WATER PARK」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの5th。2001作
メロディックなデスメタルをアートな感性とセンスで再構築するこのバンド、
流麗なメロディと北欧的叙情性を静寂の中に表すことのできる、まったく稀有な存在である。
今作でも相変わらず随所にアコースティックギターを用い、プログレ的な美意識を楽曲に反映させている。
ノーマル声で歌われる静寂パートはもはやデスメタルというよりユーロロックの質感だ。
前作よりも若干へヴィなパートに比重が置かれている感じであるが、
その分、突如現れるピアノパートの静けさなどはハッとなるほど美しい。これも傑作!
メロディアス度・・8 静寂と叙情度・・8 曲センス・・9 総合・・8.5
 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「DELIVERRANCE」
スウェーデンのメランコリック・メロディックデスメタルバンド、オーペスの6th。2002作
毎回アーティスティックにしてある種プログレな感性でセンスの塊のようなアルバムを出し続けているこのバンド。
6枚目の今作ではフレドリック・ノードストロムをプロデュースに、よりデス声が凶暴になっています。
といってもいつものように静寂パートではまるで70年代ブリティッシュロックのような
叙情と頽廃美をふりまき、メロウなギターフレージングは前作以上に効果的に聞こえます。
全6曲でどれもが大曲。演奏の輪郭がはっきりとしていて、ヘヴィさと静けさが対となっている感があります。
メロディアス度・・7 メランコリック度・・9 楽曲センス・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「DAMNATION」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの7作目。2003作
以前から北欧的な薄暗い叙情にプログレ的な感性をまじえていたが、今作は前作と対になる作品ということで、
彼らの持つ静謐なプログレ的部分を全面に押し出した内容になっている。
アコースティックギターにメロトロン、ノーマルヴォイスをメインにしたサウンドはデス色は皆無で、
むしろプログレ方面の作品といってよい。曲はやや長尺に感じる部分もあるが、こうした極端なアルバムを出しても
違和感がないというところがこのバンドの懐の深さを示しており、これでまた確実にリスナーの幅も広がってゆくだろう。
メロディアス度・・7 メタル度・・1 静寂の叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「LAMENTATIONS」
スウェーデンのプログレッシブ・メロデスバンド、オーペスのライブDVD。2004年作
前半は「DAMNATION」の楽曲で、アコースティックギターやキーボードなどが美しい
はっきりいってANEKDOTENとツアーをしたらハマりそうな(おいおい・・^^;)曲が続く。
メンバーの方はみな知的な感じで、演奏技術ももさすが。とくにドラマーの技量には唸らされる。
そうしてMCをまじえつつ曲は進む。フロントマンのミカエルの優しい笑顔が印象的。
さて、ようやく開始から1時間ほどが経過したころ・・・第二部の開幕とばかりにようやく
このバンドが仮にも「デスメタル」であることを裏付ける楽曲が始まると、
さっきまでのマイルドな歌声とはうってかわって、凶暴なデス声で歌い始めるミカエル。
客の方も「待ってました」とばかりに盛り上がる。エッジの効いたツインギターに手数の多いドラム、
ヘヴィな暴虐性と、北欧らしい寂寥とした叙情が一体となったサウンド。静と動とはまさにこのこと。
メロデスに知的な芸術性と、静寂の美、北欧の叙情性を盛り込んで、聴き手を魅了する。
こんなバンドは他にはない。たとえば北欧プログレなどが好きな方にも知ってもらいたい。
ライブ映像・・7 ライブ演奏・・8 デスメタル度・・5 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

OPETH「GHOST REVERISE」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの8th。2005作
これまでにも単なるメロデスなどではないプログレッシブなセンス溢れる作品を作り続けてきた彼ら。
そのアートな才能にはもっと知名度と評価を与えてよいバンドの筆頭であろうと思う。
そして今作は、とにかく美しい。デス声とノーマル声を使い分けるバンドのリーダー、
ミカエル・オーカーフェルドの表現力も素晴らしく、ときにメロウな旋律を奏でるギター、
そして今作から加入したペル・ヴィバリ(SPIRITUAL BEGGARS)の絶妙なキーボードワークが
サウンドに広がりとやわらかみをもたらし、このバンドの表現する世界観を上手く彩っている。
静と動の対比、聴き込むほどに練り込まれたリズムアレンジとギターリフによる構築の妙。
すべてにおいて完成度の高い芸術作品。メタル云々よりも、アートなロックとして鑑賞すべきアルバム。
これを聴かずに何を聴くのだ!という、あらゆるメタラーにも、プログレファンにも広く聴いて欲しい1枚。
メロディアス度・・8 プログレッシブマイン度・・9 静謐の美度・・9 総合・・9 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「The Roundhouse Tapes」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの2枚組ライブアルバム。2007年作
70年代を思わせるプログレッシブな感性と、北欧らしい暗がりの静寂を感じさせる叙情で
ひと癖あるデスメタルリスナーからプログレリスナーまでを虜にしているこのバンド。
演奏力も抜群なので、スタジオ盤以上に迫力のあるサウンドにぐいぐい引き込まれる。
彼らの場合、楽曲はどれも10分台は普通で、Disc1は全6曲で60分、Disc2は3曲で35分。
センス溢れるギターリフとメランコリックなフレーズ、そしてどこかレトロなシンセワークが重なり、
時に「これはプログレなのかデスメタルなのか」という答えのない惑いを覚えるほど。
激しさから静けさへの絶妙のシフトは、リーダーであるミカエル・オーカーフェルドのデス声と
マイルドなノーマルヴォイスの使い分けとともに、このバンドの二面性をまざまざと表している。
過去のアルバムから2005年の傑作「Ghost Reveries」までの曲を聴けるので、
あるいはいまだオーペスを知らないという不届きな方にもベスト代わりに勧められるだろう。
メロディアス度・・8 プロレッシブ度・・8 ライブ演奏・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

OPETHStill Life (Special Edition)」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの4thのリマスター盤。2008作
彼らの名盤がリマスターで再発、5.1chミックスのDVD付きというから、これはファンは必携だろう。
個人的には、OPETHの作品の中で最高傑作を挙げるならこのアルバムだし、
今につながる彼らのサウンドは本作をもって完成されたといってもいい。
北欧的な薄暗い叙情と、プログレッシブな展開力、そこに静謐の美を感じさせながら、
本作ではまだメロデス的な要素を残したツインギターも聴けるのも魅力だ。
彼らのアルバムの中でも、次作「BLACK WATER PARK」と並ぶ名作であり、
デスメタルというものを至高の芸術へと押し上げた記念碑的なアルバムでもある。
リマスターにより1音ごとの輪郭がはっきりとなり、名盤がさらなる迫力で甦った。
5.1chミックスの方も素晴らしく、再生環境があるのならぜひ聴いていただきたい。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 薄暗度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

OPETH「Watershed」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの2008作
ギターとドラムを交代した今作は、冒頭のアコースティカルな女性Vo入りの曲から意表をつかれる。
2曲目以降はこれまでの彼らのサウンドを基盤にしつつも、ギターのメロディやシンセワークなどに、
今まで以上の聴きやすさを感じさせつつ、よりブルータルな突進力と、ゆるやかな叙情パートでの
メリハリをつけながら、山あり谷ありで長曲を聴かせる手法は、さらなる円熟の域に達しつつある。
ミカエルのデス声もいっそう激しく咆哮し、マイルドなノーマルヴォイスとのギャップで
曲におけるコントラストをこれまで以上に見せつけ、作り込まれた世界観を描いてゆく。
シンフォニックに聴かせるシンセワークはプログレ的ですらあり、ツインギターの旋律とともに、
もの悲しくも薄暗い叙情美を作り出す。これまでのアルバムからすると、北欧らしい暗黒感は薄まり、
この70年代プログレ的な質感の再現にはやや作り物めいた感じもするが、
逆を返せば、その「作られた質の高さ」を堂々と提示して見せている作品ともいえる。
メロディックな聴き安さは確信犯的で、プログレッシブな展開力を趣味的に披露しつつ、
デスとしての激しさも挿入して見せる。これをさらりと作ってしまうこのバンドはやはり凄い。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 むしろプログレ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「The Candlelight Years」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスの初期のアルバム3枚を収録したBOX。2008作
今や、絶大な人気を誇るプログレッシブデスの大御所。そのデビュー作から3rdまでをまとめたお得な3枚組み。
まだメロデス要素の強い1st「ORCHID」、長尺の楽曲に静寂の叙情を巧みに盛り込んだ2nd「Morningrise」
激しさと静けさを翳りの中で融合させた3rd「My Arms, Your Hearse」、4th以降のような圧倒的な完成度はまだないが、
独自の世界観を描くための音への追求と、バンドの初期における深化の過程が覗けるようで、とても興味深い。
リマスターの上、それぞれにポーナストラックも収録しているので、初期OPETHをこれから聴く方にもお勧めだ。
ドラマティック度・・8 知的デス度・・9 初期オペス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Opeth「Blackwater Park(Special Edition)
スウェーデンのプログレッシブデスバンド、オーペスの5thのスペシャルエディション。2001/2010作
「Still Life」と並ぶ中期の名盤である本作がLegacy EditionとしてDVD付きで再発された。
最近のOPETHの綺麗にまとまった手堅さより、この頃のアルバムには独自のプログレッシブな感覚とともに
北欧らしい薄暗くナチュラルな叙情がたっぷりと盛り込まれていた。CDの方はリマスターされているのだろうが、
ボーナストラックが入っているという以外には、さして劇的な音の変化は感じられない。
やはり目玉はDVDの方の5.0chミックスだろう。マルチのスピーカー環境があれば、
四方から音に飲み込まれるような感覚が味わえる。ファンであれば聴く価値ありです。
ドラマティック度・・9 楽曲センス・・9 DVDリミックス・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「In Live Concert at The Royal Albert Hall」
スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、オーペスのライブ作。2010年作
ロンドンのロイヤルアルバートホールでの2010年のステージを収録。
ジャケはDeep Purpleのオーケストラとの共演ライブアルバムへのオマージュ…というかパクり。
よく見ると「Loyal Disharmonic Orchestra」と書いてあり、オーケストラは出て来ないのでご注意を。笑
さて、演奏の方は静と動、緩急を織りまぜたOPETH節ともいうべき見事なもので、
二本のギターが有機的に絡む巧みなリフとフレーズをメインに構成された楽曲に、
Ash Ra TempelのTシャツに身を包んだミカエルのデスヴォイスとジェントルな歌声が絡まってゆく。
派手さよりもむしろ渋さを、モダンさよりも70年代ロック的なレトロな生々しさを絶妙に表現する。
これぞプログレッシブ・デス。過去のアルバムからもほぼまんべんなく選曲されていて、昔からのファンにも嬉しい。
臨場感を引き立てるカメラワークも良好だ。熱心なファンなら3CD+2DVDという豪華ボックスをお勧めする。
ライブ演奏・・9 ライブ映像・・9 プログレッシブデス度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH「Heritage」
スウェーデンのプログレッシブメタル、オーペスの2011年作
1995年にアルバムデビューを果たしてから15年余り、その独自の美学を知的でプログレッシブな方法論で構築し、
激しさと静寂の同居ともいうべき個性的なサウンドを描き続けてきたこのバンド。
ちょうど10作目となる本作は前作でも聴かれた70年代プログレの要素を前面に出した異色作となった。
やわらかなピアノの音色に導かれ、レトロなオルガンの響きをバックにアナログ的なギターリフが
リズミカルなアンサンブルを描き出す。ミカエルの歌声も70年代英国ロックを意識したような、
ジェントルでやわらかな感触だ。楽曲には70'sプログレ、サイケロックの怪しさもぷんぷん漂う。
静寂の中の張りつめた空気、メロトロンも鳴り渡る、KING CRIMSONもかくやという静かなダイナミズム…
とくにドラム、ベースはじつに生々しいサウンドで、70年代ロックを好む人間にはたまらないだろう。
このバンドの美意識とこだわりが、究極的なレイドバック作品を作り上げた。LPで聴きたくなる。
フルートでBJORN J:SON LINDHが参加しているのも北欧プログレマニアにはにやり。
ドラマティック度・・8 メタル度・・5 70'sプログレ風味度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

OPETH 「Pale Communion 」
スウェーデンのプログレッシブ・ハードロック、オーペスの2014年作
70年代ロックに傾倒したような前作からの流れで、今作も古き良きプログレッシブロックの感触に包まれている。
アナログ的なドラムサウンドに鳴り響くオルガン、ミステリアスなピアノややわらかなフルートの音色に、
バックにうっすらと響くメロトロンもじつに美しい。前作が70'sブリティッシュロックのスタイルだとするなら、
今回はかつての北欧プログレの薄暗さと叙情性をたっぷり含んだ聴き心地で、思わずにやにやとしてしまう。
ミカエル・オーカーフェルドのジェントルな歌声もいよいよ含みを増して、繊細な楽曲をマイルドに彩っている。
デスメタル的な激しさはほとんどないが、案外緩急のついた展開と、しっかりとしたテクニックのアンサンブルは、
プログレメタル系のリスナーにも充分楽しめ、10分を超える大曲での美しいドラマ性は、このバンドのひとつの到達点だろう。
メタル云々を抜きにして、素晴らしい完成度の音楽作品だ。プログレファンはむろん必聴。スティーヴン・ウィルソンがゲスト参加。
ドラマティック度・・8 メタル度・・5 プログレ度・・8 総合・・8.5

Opeth 「Sorceress」
スウェーデンのプログレッシブ・ハードロック、オーペスの2016年作
1995年にデビュー、メロデス要素もあった初期からプログレッシブに深化し、2011年作からは大胆にメタル色を薄めた、
70年代回帰型のプログレッシブロック路線を追求し始めたこのバンド。12作目となる本作もアコースティックギターに
メロトロンが鳴るやわらかなイントロから、曲が始まるとオールドなサイケロック風味の浮遊感あるアンサンブルで、
マイルドなヴォーカルを乗せた、アナログ感に包まれたサウンドは、ほとんど70年代ブリティッシュロックというもの。
変則リズムを含んだプログレ質感もすでに堂に入ったもので、薄暗い妖しさと湿り気のある叙情をゆったりと描きつつ、
随所に切り返すような展開も覗かせる、その構築センスは素晴らしい。曲によってはJethro Tullのような土着的な味わいもあり、
フルートの音色などアコースティカルなフォーク風味も耳に優しい。濃密さの点ではなんとなく物足りないという、
この堂々たる中庸感こそ、自信とともにバンドが行きついた境地といえるかもしれない。
ドラマティック度・・8 ほぼプログレ度・・9 古き良き度・・9 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る


ORPHANED LAND「THE BELOVED'S CRY」
イスラエルのゴシック・デスメタルバンド、オルファンド・ランドのアルバム。1993作
デビュー前のデモをCD化したもので、オマケのビデオクリップも入っている。
初期の頃はまでデス色が残っていて、雰囲気としてはAMORPHISの2ndあたりにも通じる。中東らしいメロディに加え、
シンセや女性コーラスなども取り入れていて、暴虐さよりはゴシックメタル的なもの悲しさを感じさせる。
さすがに後のアルバムに比べれば、デモということでレベルは落ちるが
ここにも充分、このバンドのセンスの一端をかいま見ることができる。
メロディアス度・・7 ゴシック度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ORPHANED LAND「SAHARA」
イスラエルのゴシック(デス)メタルバンド、オルファンド ランドの1st。1994作
地域性を活かした中近東色の濃いメロディを持ち込みデス、ゴシックという
ジャンル分け不能の個性的なサウンドを生み出しているこのバンド。
傑作と名高い2nd、3rdに比べれば、音の厚みやスケール感はまだないが、
独特の音階を聴かせるギターリフや、女性コーラスの導入など、この時点で充分個性的といえる雰囲気を有している。
メロディアス度・・7 中近東度・・7 個性・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ORPHANED LAND「EL NORRA ALILA」
イスラエルのゴシック・デスメタルバンド、オルファンド・ランドの2nd。1996作
とにかくこのバンドの3rd「MABOOL」を聴いて度肝を抜かれたわけだが、
中近東メロディとゴシック・デスサウンドとの融合はこのアルバムでも健在。
シタールやパーカッション、ヴァイオリン、それにアラビア風なチャントなどを織り込み
メタリックでありながら、民俗音楽的でもあるという不思議な構築が見事になされている。
所々に小曲を配してアルバム全体ををつなげるやり方などはどこかプログレ的で、
しっかりとしたテクニックの演奏と同様、とても知性的なものを感じるバンドである。
ゴシック度・・7 中近東度・・9 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ORPHANED LAND「MABOOL- THE STORY OF THREE SONS OF SEVEN」
イスラエルのメロディック・ゴシック・デス・メタル、オルファンド・ランドの3rd。2004年作
特有の中近東メロディを効果的に配しながら、ギターのフレーズは流麗でメロデス的。
ゴシックメタル風の耽美さもあり、普通声とデス声を使い分ける様はOPETHあたりにも通じる。
時にキーボートが音を盛り上げ、女性Voや壮大なコーラス、パーカッションなどの要素が絡まり合い
中近東音楽とメロデスを見事に融合させた、スケールの大きなサウンドを作り上げてゆく。
変わったゴシックが聴きたい方、OPETHのようなセンスのよいメロデスが好きな方、
はてはAZIGZA等の中近東系プログレロックを好む方にまで広く薦めたい素晴らしい作品である。
なおボーナスCD付き2枚組ではアコースティックライブの音源が入っていて、こちらもなかなか楽しめる。
中近東メロディ度・・8 新鮮度・・9 楽曲センス・・9 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入

Orphaned Land「The Never Ending Way Of ORwarriOR」
イスラエルのゴシック・デスメタルバンド、オーファンド・ランドのアルバム。2010作
イスラエルという地域性を巧みに音楽に反映させた、スケールの大きいプログレッシブなサウンドで
前作「MABOOL」は多くのリスナーを惹きつけた傑作であったが、ついに本作で日本盤デビューとなった。
これまで通り中近東的なフレーズを随所にまぶしながら、デスヴォイスやゴシック色もまじえて、
ドラマティックに展開するサウンドはそのままに、今作ではスティーブ・ウィルソン(Porcupine Tree)との
共同作業もあってか、より音がダイナミックになり、いうなればメジャー感が増している。
逆に言うと、前作までにあった辺境的な怪しさ、得体のしれなさが薄れているので、
たとえばOPETHの近作などと同様、以前からのコアなリスナーには痛し痒しかもしれない。
とはいえ、イスラエルきっての個性派バンドが、ワールドワイドに聴かれるきっかけとなるような、
クオリティの高いアルバムだとは思います。むしろアコースティカルな情緒にこそ魅力が隠されているかも。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ORPHANED LAND「The Road to or Shalem」
イスラエルのドラマティックメタル、オルファンド・ランドのライブ作品。2011年作
2010年に母国テルアビブで行われた結成20周年のライブを収録したもので、同DVDも出ている。
ミステリアスな異国情緒とスケール感、アグレッシブな激しさを融合した独自のサウンドで、
いまや世界的な認知度を得るまでになったこのバンド。ライブでの実力もさすがというもので、
安定したリズムにヘヴィなギターワークと、デスヴォイスとノーマルヴォイスを使い分け、
知的なプログレッシブ性で構築される楽曲は、重厚でドラマティックな聴き心地である。
随所に叙情的なメロディアス性も含ませつつ、中東的な民族色も覗かせるアレンジも絶妙だ。
CDで全17曲、濃密な満足感が得られるライブ作品だ。スティーヴン・ウィルソンがゲスト参加。
ドラマティック度・・8 ライブ演奏・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Orphaned Land 「All Is One」
イスラエルのドラマティックメタル、オルファンド・ランドの2013年作
ドラマティックなメジャー感を増した好作だった前作に続き、5作目となる本作は
のっけからゴージャスな男女コーラスとシンフォニックなアレンジに包まれて
アラビックなメロディが響きわたる、ストリングスも入ったじつに壮麗な雰囲気である。
ゴシックやデスメタル色がほぼなくなったことで、これまでのダークな感触は薄れたが、
彼らの持ち味であるエスニックな民族性がキャッチーなメロディとなって随所に光っている。
楽曲は4、5分中心で、展開は比較的シンプルな分だけ、曲ごとの輪郭がハッキリとなり、
哀愁を誘うアコースティカルな叙情も含め、前作よりも泣きメロが増えたという印象だ。
バンドとしてのキャリアが円熟したアレンジセンスとなって結晶した、質の高い力作に仕上がっている。
ドラマティック度・・9 民族度・・8 壮大度・・8 総合・・8

ORPHEUS 「Philosopher of the Sublime」
イギリスのブラックメタル、オルフェウスの2009年作
ヴォーカル&ギター&ベース&シンセとDrという二人組のユニットで、
うっすらとしたシンセとともに、アンビエントな叙情も覗かせる、ネイチャー・ブラックサウンド。
ペイガン風の神秘的な雰囲気も感じさせつつ、激しいだけでない静と動のメリハリのついた
いわばプログレッシブな知的さも覗かせる。単なるアトモスフェリックなブラックメタルとも違う、
インストパートがメインの土着的なポストブラックとでもいうべき作風だ。
ひとつ噛み合えば、ものすごい作品を作りそうな気がする。今後に注目のバンドです。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・6 神秘的度・・8 総合・・7.5



OUIJA 「Riding into the Funeral Paths」
スペインのブラックメタルバンド、オウイジャの1997年作
90年代にスペイン産ブラックメタルバンドがあったのかと、少々意外ながら、音自体はむしろ北欧っぽく、
ややこもり気味の音質で疾走するスタイル。ツインギターのリフにはメロディックなものが感じられ、
初期ABIGOR+DISSECTIONという雰囲気にはなかなか好感が持てる。
昨今の綺麗すぎるブラックメタルよりも耳に心地よく、楽曲における展開の多さも楽しい。
現在はAnasarcaというバンドのアルバムとのカップリング盤で出回っている模様。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 オールドメロブラ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




PAIN CONFESSOR「Purgatory of the Second Sun」
フィンランドのメロディック・デス(スラッシュ)バンド、ペイン・コンフェッサーの3rd。2007作
スラッシーなリフで激烈に疾走しつつも、うっすらとメロディを感じさせる部分と
シンセを使った冷やかな叙情が混ざり合った、ありそうでなかったタイプの質感。
メロデスというほどには甘くはなく、それでいてゴシック的なメランコリックさもある。
サウンドのクオリティは高いし、硬質感とメロディのバランスも面白いとは思うが、
逆に言うと、暴虐さでゆくのかメロディで聴かせるのかがやや中途半端でもある。
また、楽曲における決定的な魅力もまだないので、そのあたりが今後の伸ばしどころか。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 メランコリック度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


PANTHEON・IAtrocity Divine
ノルウェーのブラックメタル、パンテオン・Iの2006年作
暴虐に疾走する激しさとメロディックな質感を含んだ、正統派のメロブラスタイル。
チェロやヴァイオリンが鳴り響く優雅さもありつつ、基本はツインギターのリフとフレーズで
ドラマティックにたたみかける。ブルータルな迫力と北欧ブラック的なメロディが合わさった
クオリティの高さもさすがというところ。メロブラ初心者にも聴ける作品です。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 王道メロブラ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PANTHEON・I「The Wanderer and His Shadow」
ノルウェーのブラックメタル、パンテオン・アイの2007年作
チェロ奏者を含む5人編成で、暴虐なブラストビートでたたみかけながら、知的な展開力も覗かせる
メリハリのついた作風。もの悲しいチェロの音色が耽美に響き、激しさの中にも美意識を感じるサウンドだ。
シンセは入らず、あくまでギターのリフとフレーズがメインであるが、北欧らしいダークな叙情が感じられ、
いかにもノルウェーらしい聴き心地である。往年の北欧メロブラが好きな方にも楽しめるだろう。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

PANTHEON ・I・「Worlds I Create」
ノルウェーのブラックメタルバンド、パンテオン・I・の2009作
女性チェロ奏者を含む5人組で、吐き捨てヴォーカルを乗せて激烈に疾走するスタイルに、
ドラマティックな荘厳さを付加したサウンドは、なかなかレベルが高い。
ブルータルな質感はブラックというよりはデスメタルに近い気もするが、
そこにチェロの音色が加わるとぐっとクラシカルな美しさに包まれる。
適度なヘヴィネスとモダンさを有したサウンドはKeep of Kalessinあたりのファンにも。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 モダンブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Pantheon I 「From the Abysss They Rise」
ノルウェーのブラックメタルバンド、パンテオン・I・の2014年作
1349、NIDINGR、DEN SAAKALDTE、TROLLFESTなどのメンバーが集ったバンドの4作目。
本作もツインギターに女性チェロ奏者、さらにはヴァイオリン奏者も含んだ編成で、
ダークでドラマティックなクオリティの高いブラックメタルサウンドを聴かせる。
随所に北欧らしい叙情的なギターリフも覗かせつつ、激烈なブラストを含むリズムチェンジと
緩急ある構成で、激しさの中にも妖しい世界観をともなった雰囲気が強まっている。
中盤にはなんとEMPEROR“Thus Spake the Nightspirit”のカヴァーも披露。
暴虐なだけでない、構築力とメロディックなテイストのあるブラックメタルが好きな方はぜひ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

PERSEFONE「TRUTH INSIDE THE SHADES」
アンドラ公国のメロディック(デス)メタルバンド、ペルセフォネの2004作
アンドラとは、フランスとスペインの国境に位置する、広さは東京都の5分の1ほどの小国だという。
キーボードをバックにダミ声をまじえて疾走するサウンドは確かにデス風味だが、
美しいピアノによる静寂パートは非常にクラシカルで、ゴシック的な美しさやプログレッシプな知的さも感じる。
その一方で、楽曲の展開がやや唐突で、曲ごとの印象が残らないという感じもするので、
知的なセンスと格調高さはそのままに、今後は曲のアレンジに工夫していって欲しい。
シンフォニック度・・8 プログレッシブ度・・7 クラシカル度・・8 総合・・7.5
Amazon.coMP3

Persefone「CORE」
アンドラ公国のメロディック・プログレデスメタルバンド、ペルセフォネの2nd。2006作
レコーディングに充分時間を費やしたという今作は、さらに濃密な力作となっている。
ギリシャ神話の女神、ペルセフォネをテーマにした、3曲で70分という大作志向で、
それぞれ23分にもなる各曲は、メンバーがフェイバリットに挙げるOPETH
DARK TRANQUILLITY
からの影響も感じさせつつ、よりプログレッシブに展開し、
緩急自在の曲構成とともにドラマティックな世界観を構築してゆく。とくに、シンセサウンドの美しさは
ゴシックメタル的な美意識を感じさせ、ゲストによる女性ヴォーカルとともに、サウンドを艶やかに彩っている。
音質的にややラウドなことも含めて、やはりどことなくマイナー臭さを漂わせているが、
ドラマ性に富んだサウンドで聴かせる、プログレッシブ・メロディックデスの力作ではある。
メロディアス度・・8 プログレッシブ度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Persefone「Shin-ken」
アンドラ公国出身のメロデスバンド、ペルセフォネの3rd。2009作
前作「CORE」ではさらなる大作志向の楽曲で、濃密な傑作を作り出したこのバンド。
本作では、宮本武蔵による兵法書である「五輪書」に題材を得たコンセプト作に挑戦していて、
日本的な風情のイントロからして異色だが、曲が始まるとザクザクのギターとシンセで疾走、
モダンなメロデス感触の中に、日本的な旋律を取り入れながら、プログレッシブな展開力で
ころころと曲調を変えてゆくせわしなさは、このバンドならではのスタイルだろう。
ヴォーカルのスクリームも含めて、メタルコア的な感触が個人的には趣味ではないが、
今作も濃密な力作だとは思う。奄美の島唄歌手、朝崎郁恵がコーラスでゲスト参加。
ドラマティック度・・7 モダンメロデス度・・8 唐突展開度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

PERSEFONE「Spiritual Migration」
アンドラ公国出身のメロデスバンド、ペルセフォネの2013年作
知的な感性と激しさを同居させるこのバンド、4作目となる本作もコンセプト的なドラマ性で、
壮大に構築されるプログレッシブ・デスが楽しめる。強力に疾走しながら、テクニカルなリズムチェンジや
シンフォニックなアレンジとメロディックなフレーズをまじえつつ複雑に絡み合ったサウンドを展開、
デスヴォイスとノーマルヴォイスを使い分け、怒りと悲しみ、激しさと叙情とを、表裏一体に表現してゆく。

モダンなメタルコア風味もありながら、ヘヴィなアグレッションときらびやかな優雅さを巧みに同居させ、
緩急のある濃密な聴き心地に仕上げている。バンドのセンスが遺憾なく詰め込まれた力作である。
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3

Persefone 「Aathma」
アンドラ公国のシンフォニックメタル、ペルセフォネの2017年作
2004年にデビュー、シンフォニックな美しさとメロデス的な激しさにプログレッシブな知性を備えたサウンドで、
クオリティの高い力作を作り続けてきたこのバンド。5作目となる本作も美麗なイントロから期待させるが、
モダンなヘヴィネスを含んだテクニカルな硬質感と、クラシカルなシンセアレンジが合わさったシンフォニックメタルを展開。
Djent的でもある切り返しの多いリズムアレンジに、デス声を乗せたエクストリームな激しさを見事に融合させている。
テクニカルメタルとしての濃密さは前作以上で、インストパートが中心になった作風であるが、その演奏力の高さも含めて
単なるメタルコア系とも異なるスケールの大きさと美意識を感じさせる。ラストのタイトルの組曲では女性声も加わった
しっとりとした叙情パートなど、プログレ的な味わいも楽しめる。モダンなセンスに包まれたドラマティックな力作です。
ドラマティック度・・8 テクニカル度・・8 モダンセンス・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

PRIMORDIAL 「Imrama」
アイルランドのペイガンブラックメタル、プリモディアルの1995年作
いまやCRUACHANとともにアイルランドを代表するバンドのデビュー作、
1曲目はアコースティックギターを取り入れた当時としては斬新なサウンドで、
ダークな翳りに包まれたミステリアスな世界観は、本作の時点ですでに十分感じ取れる。
絶叫するダミ声ヴォーカルはいかにもブラックメタル的であるが、暴虐な激しさではなく、
アンダーグラウンドな空気が妖しげでよいですな。こもり気味の音質も含めて、アイルランド版BURZUMというべきか。
ジャケが変わったデジパック再発盤には、1994年のライブ映像を収録したDVDが付属。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 ミステリアス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

PRIMORDIAL 「A Journey's End」
アイルランドのペイガンブラックメタル、プリモディアルの1998年作
ツインギターのリフを中心に重厚な迫力と、ミステリアスなダークさに包まれたサウンドで、
ダミ声ヴォーカルと適度にメロディックなフレーズを乗せたメロブラ風味に、土着的な感触を加えたという雰囲気。
マンドリンやホイッスルなどを使ったケルティックな要素も織り込みつつ、8分、10分という大曲をメインに、
媚びのない涼やかな冷気を感じさせる暗黒の世界を描き出す。2作目にして見事な傑作である。
2009年の再発盤には、1999年のライブを収録したボーナスCDが付属。音質は粗いがバンドの初期のライブが聴ける。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Primordial「Spirit the Earth Aflame」
アイルランドのペイガン・ブラック、プライモーディアルの3rd。2000年
1995年デビューという中堅クラスのキャリアのあるバンドだが、日本での知名度は高くない。
ツインギターのフレーズを軸に、辺境的なダークさと土着的な勇壮さを含んだサウンドは、
ミステリアスな世界観の中に媚のない本物のペイガニズムを感じさせる。
メロデッィクブラック的な疾走も格好よいが、ミドルテンポを主体にじっくりと聴かせる
ドゥーミィなうねりもまた魅力的。中世アイルランドの暗がりをイメージさせる傑作です。
2010年再発盤のボーナスDiscにはライブ音源や1999年のEP、リレーコーディング音源などを収録。
ドラマティック度・・8 ペイガン度・・9 辺境度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

PRIMORDIAL 「The Gathering Wilderness」
アイルランドのペイガンブラックメタル、プリモディアルの2005年作
5作目となる本作も、ツインギターによるダークで叙情的なリフとダミ声ヴォーカルを乗せた
独自のミステリアスなペイガン・ブラックが炸裂している。本作ではディプレッシブな暗黒性も感じさせ、
疾走する激しさはほとんどないのだが、ミドルテンポによるどっしりとした聴き心地で、
まさに重厚なペイガニズムを表現している。全曲が7〜9分台という大曲志向なので、
気が短い方には向かないが、音の向こうのダークな世界に浸れる方にはオススメだ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Primordial「To the Nameless Dead」
アイルランドのペイガン・ブラック、プライモーディアルの2007年作
1995年デビューというベテランで、ツインギターによる土着的なリフで聴かせる
硬派なサウンドは本作も同様で、ダミ声に加え朗々としたヴォーカルも含ませて
中世ヨーロッパを思わせる薄暗くドラマティックな世界観を描いている。
8分、9分という大曲も含めて、雄大なスケール観もただよわせた力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ペイガン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3



PRIMORDIALRedemption at the Puritans Hand
アイルランドのペイガン・ブラック、プライモーディアルの7th。2011年作
デビューから15年以上のベテランで、闇に包まれたペイガニズムを甘すぎないサウンドで描き出す
その作風は本作でも健在。土着的なギターリフを乗せて中世ダークエイジを思わせる世界観が
じわりと広がってゆく。激しい疾走感ではなく、うねりのあるギターを中心とした重厚な音作りで
漆黒の闇を表現するのは、さすがにキャリアのあるバンドである。派手さはないがじっくり楽しめる力作だ。
ドラマティック度・・8 ペイガン度・・9 辺境度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3



PRIMORDIAL 「Where Greater Men Have Fallen」
アイルランドのペイガンブラックメタル、プリモディアルの2014年作
デビューから20年、本作で8作目となる。ヴァイキングメタル的でもある土着的なギターリフに
荒々しいダミ声ヴォーカルを乗せた重厚な作風には、大人の味わいというべき説得力が付加されている。
ミドルやスローテンポでじっくりと聴かせるナンバーが多いので、メロディックな愛想の良さがない分、
一聴したインパクトというのはさほどないのだが、逆に言うとこの硬派な渋さを楽しめる方にはたまらない。
ドゥームメタル的な曲からブラスト入りの激しい曲まで、ベテランらしい音の迫力が素晴らしい。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


PRIMORDIAL 「Gods to the Godless」
アイルランドのペイガンブラックメタル、プリモディアルのライブ作。2016年作
1995年にデビューという、ペイガンブラック系としては元祖というべきバンドのひとつ。
土着性を含んだツインギターのフレーズに、ときにダミ声まじりの朗々としたヴォーカルを乗せ、
ミステリアスで重厚なペイガンメタルサウンドを聴かせる。楽曲はミドルテンポが主体で、
7〜8分という長いナンバーが多いのだが、キャリアのあるバンドらしい堂々たる音の説得力で
ダークな空気感を描いてゆく。音質はややラウドだが、それがライブの臨場感となっていて
もとより甘さ控えめの硬派なバンドの荘厳な迫力がしっかりと伝わってくる。
ドラマティック度・・7 ライブ演奏・・8 音質・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


PROFUGUS MORTIS(BLACKGUARD)SO IT BEGINS
カナダ出身のシンフォニック・メロデスバンド、プロファガス・モーティスの2007作
女性ドラマー&女性ヴァイオリニスト擁する6人組で、ヴァイオリン入りで疾走する。
初期CHILDREN OF BODOMを思わせるクサメロとシンフォニックなシンセ、
がなり立てる絶叫ヴォーカルに、ギターの旋律も泣きメロ満載。
ヴァイオリンの旋律にほのかな土着性を感じさせるところもなかなか心憎い。
デスというには軽すぎるが、キラキラ&クサクサ系が好きならにんまりするに違いない。
現在ではBLACKGUARDと改名して活動している。
メロディアス度・・9 疾走度・・8 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




RAINTIME「Flies & Lies」
イタリアのプログレ・メロデスバンド、レインタイムの2nd。2007作
1stは未聴だが、たっぷりとシンセを使ったきらびやかで質の高いサウンドだ。
デス声で疾走しつつも、重さよりもむしろモダンな質感を前に出してどことなく知的なものを感じる楽曲は、
プログレメタル的な展開も垣間見せる。適度なダークさをシンフォニックな美しさに包み、テクニカルでありつつも
しっかりとメロディを聴かせるというバランス感覚はなかなかのセンスだ。
かつてのSOILWORKなどと同様、デス声パートでの疾走と対をなすような
ノーマルヴォイスによってエモーショナルな叙情を表現する手法も実にこなれている。
メロデスうんぬんというよりも、モダンでメロディックな新世代メタルとして聴くべき作品だ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 モダンセンス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RAINTIME「PSYCHROMATIC」
イタリアのプログレ(デス)メタルバンド、レインタイムの3rd。2010年作
プログレメタル化したSOILWORKというようなサウンドだった前作から、
今作ではほぼデス色は撤廃、モダンなビート感覚で聴かせるキャッチーな作風だ。
さらにときどきゴシックメタル的なメランコリックさも覗かせていて、もはやジャンル分け不能。
スクリームヴォイスも入ってのモダンなメタルコア要素もあったりでまったくとりとめがない。
クオリティはそれなりにあるし、曲によってはなかなかメロディもよかったり、
聴き心地もわるくないのだが、全体的にはややどっちつかずの印象のアルバムか。
メロディアス度・・8 モダンメタル度・・8 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


RAISE HELL 「Holy Target」
スウェーデンのメロデスバンド、ライズ・ヘルの1st。1998年作
2ndではスラッシュメタル風になるのだが、本作ではブラストビートでたたみかける
メロディックブラック的なサウンドだ。ツインギターのリフで疾走する激しさの中に
メロディックな聴き心地があって、DISSECTIONなどのオールドスタイルのメロブラ、メロデス好きなら
けっこう気に入るだろう。無名ながらこの質の高さはもっと多くのリスナーに知られるべき。
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 オールドメロブラ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RAISE HELLNot Dead Yet
スウェーデンのメロデスバンド、ライズ・ヘルの2nd。2000年作
1stではメロブラ的な激しさのサウンドだったが、本作ではむしろザクザクとしたリフで聴かせる
スラッシュメタル風味と古き良きパワーメタルの質感もあるという今どき硬派なサウンドになっている。
ヴォーカルはデスとまでいかないダミ声で、今作では楽曲は疾走感は控えめ。
あくまでギターによってノリを出すという、地味だがあくまで正統派のスタイルを守っている。
正直、これといってインパクトや耳を引く新鮮さはないのに、これかなかなか楽しめるのは、
たとえばKREATORやTESTAMENTなどのかつてのオールドなスラッシュスタイルに近いからだろう。
随所に聴かせるメロディックなギターフレーズもいい。地味だが味のある作品だ。
ドラマティック度・・8 疾走度・・7 古き良き度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RAISE HELLCity of the Damned

スウェーデンのデスラッシュバンド、ライズ・ヘルの4th。2006年作
1stはDISSECTIONばりのメロブラで、2ndではKREATORみたいなスラッシュになったこのバンド、
3rdを飛ばして4作目を聴いてみますと、やっぱり格好いいスラッシュメタルでした。
ザクザクとしたギターリフにダミ声ヴォーカルを乗せた、なかなかセンスのよいサウンドは
ANNIHILATORあたりにも通じるか。随所に聴かせるメロディックなフレーズもポイントで、
ダークなドラマ性と古き良きスラッシュの感触を合わせた高品質なアルバムだ。
ドラマティック度・・7 疾走度・・7 スラッシュ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Raventale 「Bringer of Heartsore」
ウクライナのゴシックデスメタル、レイヴンテールの2011年作
ツインギターにうっすらとしたシンセアレンジ、低音デスヴォイスで聴かせるゴシックデスメタル。
ミドルテンポを主体にしつつ随所に激しい疾走感も含んでいて、そこそこメリハリのある展開力と
メランコリックな叙情性、泣きのフレーズを奏でるギターを乗せた3拍子系の楽曲などもよい感じだ。
ブラックメタルばりのブラストパートや美しいシンセによる叙情パートなどもアクセントになっている。
インストの小曲2曲を含む全8曲40分というのは少し物足りないだが、ゴシックとメロデス、ブラックの融合という点で、
Eternal Tears of Sorrowあたりのファンにも楽しめるだろう好作だと思う。
ドラマティック度・・7 ゴシックデス度・・8 叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Reusmarkt 「Echo」
ウクライナのネイチャー・ブラックメタル、ロイズマルクトの2006年作
男性2人組のユニットで、鳥の鳴き声とうっすらとしたシンセに包まれたイントロ曲から始まり、
ノイジーなギターに絶叫ヴォーカルが加わって、プリミティブなブラックメタルサウンドが広がってゆく。
暗黒性よりもネイチャーブラック的な神秘性に包まれた世界観で、随所にアコースティカルな叙情パートや
シンセによる美しさも含んだ作風は、Wolves in the Throne Roomなどにも通じる聴き心地であるが、
こちらの方がヨーロピアンな辺境性をより強く含んでいる。こもり気味の音質もいい感じですな。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・6 神秘的度・・8 総合・・7.5


ROTTING CHRIST「Theogonia」
ギリシャのブラックメタルバンド、ロッティング・クライストの2007作
活動歴はかなり長いバンドで、今作はすでに11作めとなる。
初期はかなり暴虐なデス/ブラックサウンドだったはずだが、今作ではメロデス的な疾走感が前にでていて、
案外にモダンな印象だ。ツインギターのメロディが楽曲に聴きやすさを与えていて、そこに
ギリシャ独特の薄暗い雰囲気が重なり、ミステリアスな空気をかもしだす。
SEPTIC FLESHをもっとメロデス風にしたという感じもあり、神秘的な荘厳さがもう少しあれば傑作になったように思う。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 薄暗度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


RUINA「UKRUINA」
ウクライナのブラックメタル、ルイナの2008年作
ギター&ヴォーカルとベースのユニットで、激しく疾走するブラックメタル要素と
どことなく辺境感を匂わせるメロディを盛り込んだ、ペイガンブラック風味のサウンド。
ギターのフレーズはときおりメロデス風だったりして、けっこうメロディックな聴きやすさもある。
音質も含めてローカオルな香りがぷんぷんだが、そこも含めてマニアにはにんまりかもしれない。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 辺境度・・8 総合・・7.5




Sacrilege
「The Black Sun Collection
スウェーデンのメロデスバンド、サクリレイジの1st/2ndカップリング
1996年「Lost in the Beauty You Slay」と1997年「The Fifth Season」のカップリング。
DARK TRANQUILLITYやIN FLAMESに続いて北欧メロデスムーブメントから現れたバンドで、
いかにも90年代的なリフと甘すぎないメロディックなフレーズで聴かせるサウンドはなかなか質が高い。
疾走だけでないミドルテンポのメランコリックな感触や吐き捨てヴォーカルの雰囲気はダートラに近か。
A Canorous QuintetWITHOUT GRIEFあたりを聴いたら、このバンドもぜひ。
メロディック度・・7 暴虐度・・7 北欧メロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


SADIST「Above the Light」
イタリアのメロデスバンド、サディストの1st。1994年作
イントロのチェンバロの音色からしてクラシカルで、じつに美しく引き込まれるのだが、
いわゆる北欧のメロデスバンドとはルーツを異にする特異点的なバンドで、
リフやフレーズの叙情性ではなく、楽曲構造や展開においての知的さや唐突な切り口でハッとさせる
いわばプログレッシブ・デスに近いのかもしれない。耳障りなわめき声ヴォーカルとともに疾走しつつ、
舞い込んで来るようなピアノ、優雅なチェンバロ、そして流麗なギターパートにうっとりとなる。
ある意味、非常に落差の大きなサウンドだ。当時初めて聴いたときもかなりの衝撃を受けたのを覚えている。
続く2nd「Tribe」は大胆にシンセを取り入れたプログレ的な名盤で、そちらも奇跡的なまでの傑作。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 美意識度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SADIST 「Tribe」
イタリアのプログレッシブ・デスメタルバンド、サディストの2nd。1995年作
1st「Above the Light」は、絶品のメロディを取り入れた叙情派デスメタルの傑作として名高いが、
それに続く本作では、シンセを大胆に取り入れたプログレッシブなスタイルへと進化した。
ミステリアスなイントロから、ギターではなくシンセをメインにしたフレーズにデス声が絡み、
やがて美しい絶品のギターソロへと続く、インパクトのあるこの1曲目には、初めて聴いたときに震えがきた。
これまでのデスメタルの概念を覆すかのなような、革新的な感性をこのバンドに感じたのである。
その後も、およそデスとは思えないグルーヴィーな演奏と、美しいシンセを絡ませながら、
不思議な浮遊感覚で聴かせてくれる。まさしくプログレッシブなセンスに満ちた傑作である。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 芸術度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SADIST「LEGO」
イタリアの元デスメタルバンドサディストの4th。
1stはブルータルパートと非常にメロディアスなギターが絶妙のバランス、メロデスの名盤であった。
2ndではキーボードを大々的に取り入れ、ある種プログレ風味のサウンドを完成させた。
3rdになって少しインダストリアル色が出たかな、と思っていたらこの4thでは完全に脱デスメタル。
テクノちっくな音像の上にへヴィギターと普通の音声、ときおりダミ声、曲はけっこうドラマティックで悪くない。
なんと形容すればいいのか……単に「堕落した」とかいうものではなく、
クオリテイの高さからはこれが「深化」である、とも思える音なのだ。
メロディアス度・・7 デスメタル度・・1 アレンジセンス・・8 総合・・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SADIST 「Sadist」
イタリアのプログレッシブデスメタルバンド、サディストの復活5th。2007年作
メロデスという言葉のなかった時代にクラシカルかつプログレッシブなアプローチで、
素晴らしい傑作を残したSADISTが、2000年の4th「Lego」以来、7年ぶりのアルバムを出した。
肝心のサウンドの方も、2nd「Tribe」でのプログレッシブなテクニカルさを前面に出した作りで
そこに高い演奏力と知性を加えた、まさにサディスト節ともいうべき充実した内容となっている。
効果的なシンセの使い方は実にプログレ的で、変則リズムとギターリフの応酬に加え、
随所にオリエンタルな音階も取り入れるなど、彼らの独自のセンスが活かされている。
日本でいうとSIGHあたりに近い芸術性があり、知的でプログレッシブなメタルが好きならぜひ聴いてほしい。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 サディスト度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SadistSeason in Silence
イタリアのプログレッシブ・デスメタル、サディストの2010年作
気付かないうちに出ていた6作目。前作もプログレッシブな感性あふれる傑作であったが、
今作はジャケのように冬をテーマにした作品で、ミステリアスなイントロから雰囲気満点。
楽曲に入ると、変則リズムに乗るヘヴィなギターリフとデスヴォイスで聴かせつつ、
切り込んでくるようなシンセが加わり、彼ら流の個性的なプログレデスが炸裂。
今作ではシンセによるシンフォニック叙情性も増していて、激しさの中できらきらとした
コントラストになっている。ギターのリフ、メロディックなフレーズも効果的に楽曲を構築する。
その知的でヘンタイなセンス、そしてプログレッシブな美意識に包まれた力作デス。
ドラマティック度・・7 知的アレンジ度・・8 ヘンタイ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Sadist 「Hyaena」
イタリアのプログレッシブ・デスメタル、サディストの2015年作
前作から5年ぶりとなる7作目で、キレのあるクールなギターリフを乗せたテクニカルな構築力に、
妖しくフルートが鳴り響く1曲目は、イタリアンプログレ的なミステリアスな空気感をまとわせたサウンド。
2曲目以降も変則リズムを含む知的なアンサンブルに、随所に美しいシンセアレンジも覗かせた、
プログレメタル的な感触で、ダミ声ヴォーカルを乗せながらも、ヘヴィになりすぎないところがポイント。
キャッチーな明快さというものはほとんどなく、曲によってはモダンなカオティックコア風味も感じさせるなど、
アヴァンギャルドなセンスが随所に光っている。全体的には、メロディアス過ぎない、激しすぎないという、
抜けの悪さがむしろ硬派な味にもなっていて、玄人好みの老獪な好作品と言ってよいかと。
ドラマティック度・・7 テクニカル度・・7 知的クール度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

SAD LEGEND
韓国のメロディックブラックメタルバンド、サッド・レジェンドの1st。1998作
「儒教の国」韓国で「反キリストの音楽」であるブラックメタルが存在するとは驚きだが、
激速なブラストビート、荘厳なキーボード、絶叫ヴォーカル(ハングル)に女性コーラスと
音楽性は高く、どれをとっても北欧ブラックの一級品と遜色ないレベル。
また疾走するだけでなく、スローパートにおいてもギターフレーズに泣きが多く、
悲哀を感じさせるメロディがサウンドの説得力をかもし出している。
韓国には他にOATHEANというバンドもいるが、メロディの充実度ではこちら。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 哀愁叙情度・・9 総合・・8


SALEM「Salem Kaddish」
イスラエルのドゥーム・デスメタル、セイラムの1994年作
結成は80年代と古く、イスラエルのメタルバンドとしてはOrphaned Landと並ぶ存在だろう。
沈み込むようなギターリフに絶叫するデスヴォイス、中近東色を感じさせるサイケな雰囲気も独特で
単なるドゥームゴシックというにはとどまらない構築センスもこの当時としては見事なものだ。
オランダのThe Gatheringが男性Voだった1stあたりの雰囲気にも通じる怪しげな空気と、その一方では
古き良きデスメタル的なアグレッシブな部分もあり、ダークなスケール感を含んだ雰囲気もよろしい。
ジャケは2011年の再発盤のもの。リマスターで音の迫力も増しています。
ドラマティック度・・8 ドゥーム度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3


SALEM「STRINGS ATTACHED」
イスラエルのドゥーム・デスメタルバンド、セイラムの2005年作
既存の楽曲をストリングスカルテットを加えた形でアレンジし直したアルバムらしい。
曲調はデスというには速くなくミドルテンポ中心で、比較的オーソドックスなのだが
そこにデス声と女性Voが乗り、バックには優雅にストリングスの音色が響いている。
邪悪さと耽美さが半々といった感じなので、雰囲気ものとしてもなかなか聴きやい。
インパクトという点ではやや欠けるが、クラシカルなゴシックが好きならけっこう楽しめる。
蛇足だが、ジャケにも写っているチェロのおねえさんがきれい。(笑)
シンフォニック度・・7 ゴシック度・・7 クラシカル度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SALEM 「Necessary Evil」
イスラエルのドゥーム・デスメタル、セイラムの2007年作
90年代初頭から活動するベテランで、本作は5作目となる。ヘヴィなギターリフと
吐き捨て系のダミ声ヴォーカルで聴かせる、ダークで重厚なデスメタルサウンド。
随所に激しいブラストビートも入りつつ、スローからミドルテンポの緩急をつけた楽曲は
イスラエルという地域性を感じさせないくらいに質が高い。古き良きデスメタルの地下臭を残しつつ
そこはかとなく中近東的なフレーズもまじえた感触は、メロディックな愛想はないが、
ブルータルな迫力も含めてなかなか楽しめる。ラストは5パートに分かれた25分の組曲で、
ドラマティックなインストパートや女性ヴォーカルなどが加わって重厚に構築される力作になっている。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

SAMAELAbove」
ドイツのインダストリアルブラックメタル、サマエルの2009年作
ポストブラックとも呼ばれるインダストリアルなサウンドを追求してきたこのバンドが、
本作ではブラックメタルとしての原点に帰ったような作風となった。
メロブラ的なギターリフとともにブラストビートで激しく疾走、モダンなサイバーさも
ほのかにただよわせつつ、いわばスタイリッシュな激しさで聴かせるサウンドだ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 メロブラ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


SATYRICON「Nemesis Divina」
ノルウェーのブラックメタルバンド、サテリコンの3rd。1997年作
1994年のデビュー作の時点では、ややB級臭い土着的でプリミティブなサウンドであったが、
本作では音の力強さとともに、ぐっとドラマティックな質感と説得力を増している。
基本は激烈にブラスト疾走するスタイルながら、楽曲における緩急のつけ方や
挿入されるメロディアスなフレーズなども効果的で、暴虐なだけでないセンスを感じさせる。
真性ブラックメタルとしての邪悪さを保ちながら、質の高さもともなった希有な作品だ。
4th以降はややドライで硬質な作風へと変化してゆくが、メロディックブラックとしては本作が最高。
メロディアス度・・7 暴虐度・・9 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SATYRICON「REBEL EXTRAVAGANZA」
ノルウェー産真性ブラックメタルバンド、サテリコンの4th。
「本物」でしかもクオリティの高いブラックメタルバンドとしては、エンペラー、メイヘムらと並ぶ。
前作「NEMESIS DIVINA」のドラマティックさはメロブラ好きの心を打った傑作であった。
で、このアルバムだが、暴虐さは変わらず、メロディアスさは減少、音質は大幅向上、といった具合だ。
もはやチープさのかけらもない骨太のサウンド、ブラストビート、エフェクトのかかったVoの絶叫、と
すべてがAクラスの出来。これで美しい哀愁メロディがあれば・・・と私などは思う。
メロディアス度・・5 暴虐度・・9 音圧・・8 総合・・7.5

SATYRICONNow, Diabolical
ノルウェーのブラックメタルバンド、サテリコンの2006年作
初期はいかにもプリミティブな疾走ブラックサウンドであった彼らだが、
4thあたりから無機質なヘヴィネスを強め、この6作目では暗黒の硬質感ともいうべき
重厚かつビートの効いた作風で、堂々たるサウンドを聴かせている。
ミドルテンポを主体にした楽曲は、CELTIC FROSTを思わせるような暗い邪悪さを漂わせ、
VENON
以来の流れを組む、ある種正統派ですらあるメタルリフを響かせる。
生々しいドラムの音とともにアナログ的な音作りは、モダンな華麗さとは対極にあり、
バンドとしての頑固なまでのこだわりを感じさせる。ブラックというより硬派なヘヴィメタルである。
ちなみにボーナス曲は昔を思わせる激烈な疾走ブラックで、これもカッコいい。
メロディアス度・・6 暴虐度・・7 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SATYRICON「The Age of Nero」
ノルウェーのブラックメタルバンド、サテリコンの2008年作

前作で聴かせた正統派メタル的なアプローチから、さらにダークメタルへと
発展させたような音作り。疾走に頼らないサウンドは、一聴しての暴虐さは薄いのだが、
無機質な暗黒性を漂わせた世界観はこのバンドならではのもの。
名手FROSTの叩き出すドラムと、オールドなメタルリフによるグルーブとともに、
圧倒的な闇を演出する。愛想のよくない音だが、これが本物ということなのだ。
メロディアス度・・6 暴虐度・・7 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Satyricon
ノルウェーのブラックメタルバンド、サテリコンの2013年作
いまやサティアーとフロストによるユニット的なバンドとなった感があるが、
5th以降からはしだいにダークメタルへと進化をとげてきた。8作目となる本作でも
前作からの流れである、ミドルテンポを主体にしたアナログ感を漂わせた作風になっている。
やはり音圧的な迫力では物足りなさはあるのだが、トレモロのギターリフや叙情的なフレーズも含んだ
そのサウンドからは、たとえばBURZUMなどの古き良きノルウェイジャンブラック独特のダークさと、
もの悲しい世界観を感じさせる。ノルウェー人ヴォーカルのSivert Hoyemがジェントルな歌声を聴かせる
曲などもなかなかよい感じで、全体的にも寒々しい叙情を含んだ、ブラックなダークメタルの力作です。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 ダーク度・・8 総合・・8


SCAR SYMMETRY「SYMMETRIC IN DESIGN」
スウェーデンのメロデスバンド、スカー・シンメトリーのアルバム2005作
元THEORY IN PRACTICE、CARNAL FORGE、UNMOOREDなど、
実力者メンバーによるバンドで、そのサウンドは比較的聴きやすいメロデスサウンド。
とくにヘヴィリフとコントラストをなす流麗なギターワーク、バックのキーボード
そして、重々しい咆哮デス声と対になる効果的なノーマル声が印象的。
全体的に漂うモダンな雰囲気がいかにも現代的で、ニュースクール系のサウンドとしても聴けるかもしれない。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・7.5

SCAR SYMMETRY「pitch|black|progress」
スウェーデンのメロデスバンド、スカー・シンメトリーの2nd。2006作
正直前作はモダンなメロデスという以外はとくに感心もしなかったのだが、
本作では疾走は抑え目で、その分メロディにメランコリックな質感をまとわせている。
SOILWORK通じるセンスと洗練されたサウンドは、デス声とノーマル声を交互に使い分けるヴォーカルも見事だが、
ザクザクのリフとメロウなフレーズを効果的に聴かせるギターもなかなかだ。
うっすらとしたシンセをバックに、耳障りのよいマイルドなパートが流れの中で自然に
現れるのが特徴的。個人的にはモダンヘヴィネス風の部分はあまり好きではないが、
重厚なリフサウンドと、メランコリックな雰囲気を両方味わえる好作だとは思う。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Screaming Savior 「Infinity」
中国のブラックメタル、スクリーミング・セイヴァーの2012年作
上海出身、ツインギターにシンセ、男女Voを含む編成で、本作が2作目となる。
スペイシーで壮大なイントロから、楽曲が始まるとシンフォニックなシンセアレンジと
ダミ声ヴォーカルを乗せて疾走、物悲しい二胡の音色や女性ソプラノコーラスもまじえた
じつに壮麗な聴き心地だ。暴虐に疾走する部分もあるが、あくまで美麗な感触が前に出ていて、
韓国のDark Mirror Ov Tragedyなどにも負けていない。随所にメロウなギターフレーズも含んで、
疾走するだけではないメリハリのあるアレンジ力も見事。中国あなどるなかれ、クオリティの高い力作だ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 壮麗度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


SEAR BLISS「Grand Destiny」
ハンガリーのブラックメタル、セアー・ブリスの2000年作
トロンボーン、バリトン、トランペットというブラス・セクションを取り入れた変わり種バンド。
ブラストビートで暴虐に疾走するブラックメタルサウンドに、唐突にブラスが加わると
一風おマヌケに聴こえるのだが、邪悪なヴォーカルのがなり声と暴虐ブラストに、
ときおりうっすらとしたシンセも加わって、案外ミステリアスなサウンドにもなる。
アコースティカルなパートでは、トランペットが叙情的に鳴ったりして、
激しいブラックメタルと無茶なブラスメタルの極端さが楽しくなってきてしまう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 ブラスデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SEAR BLISS「GLORY AND PERDITION」
ハンガリーのメロディックブラックメタル、セアー・ブリスの6th。
特徴はメンバーにトロンボーン奏者(!)がいることで、暴虐に疾走しつつも、バックにはうっすらとシンセとトロンボーンが鳴っている。
その音色が案外いい感じで、高揚感と脱力感の微妙なはざまなのですが、慣れてくると疾走ブラスト + トロンボーンの魅力が分かってくる。
曲のほうはちゃんとしたブラックメタルサウンドなので、シンフォブラとしても正しく聴けるかと思います。
「黄昏の戦場で、天使軍(?)の亡骸を見下ろし長ーい角笛を吹く蛮族(?)」という幻想的なジャケもいいですね。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 トロンボーン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


SECRETPATH「Wanderer and the Choice」
イタリアのメロディックデスメタル、シークレットパスの2013年作
適度にヘヴィなギターリフと低音ヴォーカルを乗せた、モダンなメタルコア要素もあるデスメタル。
ギターが一本なこともあって、この手のバンドにしてはけっこうスカスカな印象で、
演奏力はそれなりにあっても、これといって魅力的なリフやメロディがあるわけでもなければ、
圧倒するような激しさがあるわけでもないという、どうにも中途半端な作風。ブラストビートなどの
ブラックメタル色やゴシック的な要素も散見されるが、それらがとくに効果的というほどでもなく、
つまりメロデスとしてもブルデスとしてもたいして面白くないというワケで…どうしましょうかね。
メロディック度・・6 暴虐度・・6 楽曲・・6 総合・・6.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Secrets of the Moon 「Stronghold of the Inviolables」
ドイツのブラックメタル、シークレッツ・オブ・ザ・ムーンの1st。2001年作
のちのサウンドのような重厚な作風ではなく、こもり気味の音質で疾走する、
定型的な初期ブラックメタルのスタイル。がなりたてる耳触りなヴォーカルと、
スカスカのサウンドでアンダーグラウンドな香りをかもしだすところは、
初期のBURZUMなどにも通じる世界観だろう。音質はチープながらプリミティブな勢いが楽しめる。
2006年再発盤のボーナスには2001年のセッション音源を追加収録。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 音質・・6 総合・・7



Secrets of the Moon 「Carved in Stigmata Wounds」
ドイツのブラックメタル、シークレッツ・オブ・ザ・ムーンの2nd。2004年作
前作のプリミティブな路線から、本作ではぐっと重厚なサウンドになり、
スローパートを含んだ緩急のついた展開力とともに知的な構築センスが加わった。
激しくブラスト疾走するブラックメタルとしての原初的な魅力は残しつつ、
ミスティックな世界観にはより重厚な迫力と説得力が備わってきた。
9分、12分という大曲も含めて、濃密で堂々たる力作に仕上がっている。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8



Secrets of the Moon 「Antithesis」
ドイツのブラックメタル、シークレッツ・オブ・ザ・ムーンの3rd。2006年作
重厚なサウンドはさらに荘厳な迫力に包まれ、ツインギターのリフとともに激しく疾走しつつ、
随所にスローパートも挿入されたり、メリハリのついた楽曲構成にも磨きがかかっている。
ミドルテンポを主体にした曲では、Satyriconなどにも通じる聴き心地で、激しさよりも淡々とした
漆黒の闇を感じさせるような雰囲気がある。全体的にも愛想のいい音ではないが、
ダークな叙情性を描いてゆく知的な構築力と、硬派なサウンドはじつに強力である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8



Secrets of the Moon 「Privilegivm 」
ドイツのブラックメタル、シークレッツ・オブ・ザ・ムーンの4th。2009年作
今作も9分、13分という大曲を含んだ力作で、スローからミドルテンポを主体にした部分が増えていて、
ミステリアスな世界観を重厚に描くような作風だ。一方ではブラックメタルとしての激しさも残していて、
スローパートを効果的に使った知的な楽曲構築力も、前作以上にその質を高めている。
Satyricon meets OPETH というような、長曲の雰囲気をじっくりと楽しめる方向きの作品だろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8




Secrets Of The Moon 「SevenBells」
ドイツのブラックメタル、シークレッツ・オブ・ザ・ムーンの2012年作
本作がすでに5作目となる。ツインギターのリフを中心に、激しい疾走を含ませつつも
全体的にはミドルテンポ中心作風で、アナログ感を漂わせたドゥーミィな雰囲気もある。
おどろおどろしいモノクロームのイメージは最近のSATYRICONにも通じるか。
ミステリアスかつヘヴィなサウンドはあまり愛想はよくないが、11分、12という大曲もあり
知性を感じさせるアレンジ力とともに、重厚かつ迫力たっぷりに聴かせてくれる。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Secrets of the Moon 「Sun」
ドイツのブラックメタル、シークレッツ・オブ・ザ・ム−ンの2015年作
デビューは2001年という中堅バンドで、本作は7作目となる。シンプルなタイトルやディプレッシブな感じのジャケが印象的だが、
サウンドの方も、よりダークな世界観を描くような迫力をともなった、いわばプログレッシブな知的さを感じさせる。
ブラックメタルとしての疾走する激しさもありつつ、ミスタリアスな神秘性を含んだ幻想的な耳心地で、
ドゥームメタル的であるスローやミドルテンポのナンバーも重厚に聴かせる。楽曲は6〜8分とやや長めで、
ぱっと聴きの派手さはないのだが、ダークでどっしりとした硬派のブラックメタルが好きな方はどうぞ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 重厚度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Secrets of the Sky 「To Sail Black Waters」
アメリカのゴシック・デスメタル、シークレッツ・オブ・ザ・スカイの2013年作
10分超の大曲2曲を含む、全4曲という構成で、ドゥームメタル的なスローなパートをメインに
随所にメランコリックな叙情を織り込んでドラマティックに聴かせるサウンド。
デスヴォイスとノーマルヴォイスを使い分けながら、うっすらとしたシンセアレンジと
知的な展開力とともに構築される楽曲は、激しさはないが、じわじわと世界観に浸れる。
メロディや展開にもう少しフックや、緩急のついたインパクトがあると、さらに楽しめるかと。
ドラマティック度・・7 ドゥームデス度・・8 楽曲・・7 総合・・7.5




SEMARGL 「Satanogenesis」
ウクライナのブラックメタル、セマルグル2006年作
かすれたダミ声ヴォーカルと、ブラッケン・ロール的なギターリフとともに
随所に激しい疾走も含みながら、ダークな邪悪さを感じさせるサウンド。
古き良きアナログ感をただよわせた聴き心地であるが、緩急をつけたリズムとともに
いわばブラックメタルとしての正統派の邪悪さというものを見事に表現していて、
クオリティはかなり高いと思う。不穏な妖しさをただよわせた雰囲気もいい感じだ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 邪悪度・・8 総合・・7.5



SEMARGL「Manifest」
ウクライナのブラックメタル、セマルグル2007年作
前作のブラッケン・ロール的な感触を強めつつ、随所に激しい疾走も含みつつ、
今作ではいわばプログレブラック的でもある知的な展開力も覗かせている。
スロ〜ミドルテンポの部分が増えたことで、邪悪な感触はいくぶん薄れたが、
怪しげなダークさはしっかりと残している。個性的なブラックが好きな方はいかが。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 邪悪度・・7 総合・・7.5





Sentenced「North from Here/Shadows of the Past」
フィンランドの元メロデスバンド、センテンストの1st、2ndのカップリング。1992/1993作
4th以降はメランコリックなゴシック色を増していったこのバンドのデスメタル時代の2作品。
1stの方は、土着的メロディのギターリフと強烈なデス声を乗せて疾走するサウンド。
ただ激しいだけでなく、おどろおどろしいドゥーミーでアンダーグラウンドな暗さがあって、
当時の主流であったイエテボリ系のメロデスとは一線を画す雰囲気がある。
一方で、3rdで顕著になる正統的なメタルの質感もあり、知的な展開力を垣間見せるなど、
デビュー作にして、すでにただのデスメタルにはとどまらない器の大きさも感じさせる。
2ndになると、ProgMetal的な展開力がより顕著になり、音がやや派手になってきている。
ツインギターのフレーズもメロディアスさを増して、ヴォーカルを除けばデスメタル色はあまりない。
疾走パートを含めてリズムチェンジを多用したせわしなさのなかに、クールな構築性が感じられる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SentencedAmok」
フィンランドの元メロデスバンド、センテンストの3rd。1995作
正確に言えば、このバンドがデスメタルとして括れるのは前作2ndまでだろう。
本作では、ツインギターのリフで聴かせる正統派メタルの要素が強まっている。
うっすらとしたシンセアレンジとともに、叙情的なメロウさを含んだ楽曲は、
デスヴォイスを除けば一般のメロバワリスナーにも聴けるだろうが、
1曲ごとは案外あっさり目なので、全体としていくぶん物足りなさも残る。
メランコリック路線へ移行する過渡期の作品と言えるだろう。
ドラマティック度・・8 デス度・・6 メランコリック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SENTENCED「CRIMSON」
フィンランドのゴシック・デスメタルバンド、センテンストの6th。2000作
初期2枚は激しさのともなったデスメタルだったバンドが、3rd「AMOK」から普遍的な
メタルテイストを増し、その後はゴシックメタル的な哀愁をまとったサウンドにシフト、
8枚のアルバムを残して解散した。今作は、4th以降のゴシック的な要素を聴かせながら、
かつてのメロデス的なヘヴィさとアグレッシブな部分を若干ながら取り戻していて、
結果としてとても聴きやすい作品となっている。 次作Cold White Lightほどの
美しさはまだないが、フィンランドらしいメランコリックさをメロディに覗かせた、
後期センテンスト節ともいうべきスタイルがここでほぼ完成されたといってよいだろう。
メロディアス度・・7 ゴシック風度・・7 メランコリック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SENTENCED「COLD WHITE LIGHT」
フィンランドのデス/ゴシックメタルバンド、センテンストの7th。2002年作
2ndの頃は暴虐度の高いメロデスだったが、3rd「AMOK」で普遍的なヘヴィメタル色を増し、
その後はゴシック的なサウンドに変化していった。今作ではいよいよサウンドに美しさが増し、
メロウなギターフレーズにノーマル声を乗せたゴシック的な楽曲構成は流麗な完成度を増している。
もの悲しく、メランコリックな雰囲気と、青い炎のように内に燃える部分を併せ持った音は
非常に現代的であり、同じくフィンランドのTO/DIE/FORENTWINEなどにも似た
マイルドな聴き心地と同時に、寒々しいような哀愁を持った独特の美しさがある。
メロデス度・・6 ゴシック度・・8 メランコリック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

SENTENCED「THE FUNERAL ALBUM」
フィンランドのゴシック・デスメタルバンド、センテンストの8th。2005年作
本作発表の時点ですでに解散が決定していた、というのもなんとも悲しいことだ。
アルバム毎に独特の悲しみのメロディを融合させたサウンドを作り出し、
前作「THE COLD WHITE LIGHT」にてメランコリックな音楽性の頂点をきわめ、
これからの方向性に行き詰まったとも思えないが、ともかくこうしてラスト作が届いた。
のっけから、意外なまでのノリの良いゴシックロックスタイルの曲に少々面食らうがやはり彼ららしい、
フィンランドからしか出て来ない、メロディアスかつもの悲しい倦怠と叙情がどの曲からも漂ってくる。
ゴスロック調の曲は同郷のHIMTO/DIE/FORあたりの雰囲気を匂わせながら、
音には太いヘヴィな部分もしっかりと残っていて、その合間を縫うピアノの旋律も実に美しい。
最後にクオリティの高い“葬送のアルバム”を残し、彼らは消えてしまうのだった。
メロディアス度・・7 ゴシックロック度・・8 メランコリック度・・8 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る


SEPTIC FLESH「Ophidian Wheel」
ギリシャのゴシック・デスメタルバンド、セプティック・フレッシュの3rd。1997作
ギリシャという国柄だろうか、やはりその他のヨーロッパのバンドたちとは異なる、
ミステリアスな世界観で聴かせる彼らのサウンドは、単なるデスメタルというには個性的で、
激しさよりも耽美な暗闇を表現しているように感じられる。デス声に絡む女性ヴォーカル、
ナタリー嬢のオペラティックなソプラノヴォイスも美しく、ゴシックメタル的な雰囲気をもたらしている。
シアトリカルな濃密さでは次作「「A Fallen Temple」で完成を見ることになるが、
本作の段階でも独自のサウンドは出来つつあり、耽美な暗黒世界が充分楽しめる。
メロディアス度・・7 耽美度・・8 ミステリアス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SEPTIC FLESH「A FALLEN TEMPLE」
ギリシャのシアトリカル・メロディックデスメタルバンド、セプティック・フレッシュの4th。1998作
前作でもすでにシアトリカルで耽美な、独自のゴシック・デスメタルを作り上げていたが、
この4thではより彼らの目指すサウンドが完成に近づいたというべき強力な作品となった。
本作ではデス声の他、ノーマルヴォイスも効果的に使用されり、CHAOSTARにも参加している
女性Voナタリー嬢の美声も含めて、場面ごとに変化に富んだシアトリカルな作風に磨きがかかっている。
さらなる音の迫力という点では6thの「SUMERIAN DAEMONS」まで待たなくてはならないが、
時折聴かせるメロウなギターフレーズや、そこにかぶさる男女コーラスなどには妖しい魅力があり、
このバンドの秘教的でミステリアスな世界観をぐっと高めている。これはかなりの傑作。
メロディアス度・・7 耽美度・・8 シアトリカル度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SEPTIC FLESH「Revolution DNA」
ギリシャのダークデスメタルバンド、セプティック・フレッシュの5th。1999作
初期の頃はいかにも辺境的なサウンドだったが、4th「Fallen Temple」から
独自の秘教的な雰囲気と曲アレンジのバランスに磨きがかかり、サウンドの質が向上した。
続くこの5thでは、フレドリック・ノルドストロームのプロデュースも影響してか、
サウンドはよりヘヴィになり、デジタリィな質感も加わって、ある意味無駄をそぎ落としたような雰囲気になった。
オペラティックな女性コーラスを聴かせてくれていたCHAOSTARのナタリー嬢は今回は不参加で
4thにあったミスティックな雰囲気が好きだったリスナーにはやや残念だが、これはこれで質が高い作品だ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 暗闇の美度・・7 ・・総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SEPTIC FLESH「SUMERIAN DAEMONS」
ギリシャのシアトリカル・デスメタルバンド、セプティック・フレッシュの6th。2003作
90年代の初等から単なるデスメタルの枠にはとどまらないギリシャという土着性を感じさせる
世界観の作品を作り出してきたこのバンド、本作も怪しくミステリアスな雰囲気をいっそう強め
その呪術的・秘教的な部分(合唱&コーラス有り)はTHERIONあたりにも通じる。
また、CHAOSTARナタリー嬢も参加していて、耽美な歌声を聴かせてくれる。
フレドリック・ノードストロムのプロデュースも手伝って、サウンドは以前よりもずっとパワフルで、
デスメタルとしての暴虐性にも磨きがかかった重厚かつ荘厳なものになっている。
メロディアス度・・7 重厚度・・9 秘教度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SEPTICFLESH「COMMUNION」
ギリシャのデスメタルバンド、セプティックフレッシュの2008年作
カルトな暗黒性と呪術的なサウンドで、異色のデスメタルサウンドを標榜してきたこのバンド、
前作「SUMERIAN DAEMONS」は荘厳なサウンドに磨きをかけた傑作となったが、
5年ぶりとなる本作でも、その神秘的な暗黒美に彩られたデスメタル世界を見せつけてくれる。
オーケストラやシンセを使用しながらも、彼らの場合は決してシンフォニックな方向ではなく、
荘厳で暗闇なる世界観を描き出すためのアトモスフェリックな要素として使われており、
その重厚な音の説得力で聴き手を圧倒する。ときに暗黒のオペラのようなクラシカルさもあり、
別プロジェクトのCHAOSTARなどで培ったのだろう、ゴシック的な耽美性もほのかに感じる。
咆哮するデス声は悪魔の叫びのようでもあり、それでいて楽曲には知的な構築力があって、
ときにプログレッシブともいうべき展開と、激烈な暴虐サウンドが絶妙に融合され、
40分弱という作品の中で濃密なる世界を作り出している。なお、日本盤は海外盤とはジャケ違い。
メロディアス度・・7 暗黒度・・9 荘厳度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Septic FleshThe Great Mass
ギリシャのシンフォニックデスメタル、セプティック・フレッシュの2011年作
前作「COMMUNION」は重厚かつ耽美な大傑作だったが、8作目となる本作も
オーケストラルなシンフォニックさと、ブラストする激しさを同居させた強力作だ。
女性コーラスや詠唱のようなチャントを使ったゴシック的で耽美な世界観と、
ミステリアスな神秘性で構築された強固なサウンドは、単なるデスメタルとは異なる
いわば神話や宗教的な深さを内包して、聴き手を太古か中世の闇の中へ導いてゆく。
もはやこのバンドでしか作りえない漆黒の美学を描いた濃密な傑作である。
ドラマティック度・・8 耽美な暗黒度・・9 荘厳度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Septic Flesh 「Titan」
ギリシャのシンフォニックデスメタル、セプティック・フレッシュの2014年作
90年代から活動するベテランで、いったんの解散を挟んで復活、今作は通算9作目となる。
オーケストラルなアレンジとともにデスメタルとしての激しさを、荘厳なスケール感を描くサウンドは
今作でも貫かれていて、ダークで神秘的な世界観はこのバンドでしか味わえない聴き心地である。
随所にブラストビートを含むブルータルな暴虐さと、ときにシンフォニックといってもよい美しさが現れ、
緩急の付いた楽曲構造と、重厚な音の重ねには思わず圧倒される。いくぶん極端な静と動の切り替わりは、
ミステリアスな緊張感をかもしだし、アーティスティックなアヴァンギャルド性を好むリスナーにも楽しめる。
男女混成のクワイアが入ると、かつてのTherionを思わせる感触にもなる。濃密な闇の空気に包まれた力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 重厚度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

SHADOWLORD「SCOURGE OF HEAVEN」
オランダの男女Voシンフォニック・ブラックメタルバンド、シャドウロードの1st。2002作
疾走するブラックサウンドに女性KEYの華麗な音色、絶叫する野郎Voと、
この手のサウンドにおけるお約束を満たした内容。一昔前ならいいんじゃないといえる音だが、
この手のバンドを飽きるほど聴いた今となってはこの程度では褒める気にはなれない。
曲展開やメロディ自体に目新しいものがないのと、プロダクションが薄っぺらいのも難点。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 新鮮度・・3 総合・・6.5


SHINING 「IV:The Eerie Cold」
ノルウェーのブラックメタル、シャイニングの2005年作
2000年にフルアルバムでデビュー、その暗黒性からデプレッシブ(自殺系)・ブラックメタルとも呼ばれる。
4作目の本作は、いきなりブラックジョークまじりの語りから始まって驚かされるが、徐々にイントロがフェードイン、
ヘルハマーが叩くグルーブのあるドラムにメロウなギターフレーズが重なり、悲哀に満ちたタミ声ヴォーカルが加わると、
ダークでメランコリックな味わいの、このバンドならではのサウンドが形成される。静寂間のある叙情パートや、
プログレッシブな展開力なども含ませた独自のセンスは、単なるブラックメタルの枠を超えた感性を内包している。
暴虐な激しさはないのだが、モノトーンのような物悲しい翳りに覆われた世界観に浸れる力作だ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ダーク度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

SHINING 「VI - Klagopsalmer」
スウェーデンのブラックメタル、シャイニングの2010年作
2000年にフルアルバムでデビュー、その暗黒性からデプレッシブ(自殺系)・ブラックメタルとも呼ばれる。
悲しみと苦痛の混じったようなヴォーカルを乗せ、ツインギターの有機的なリフを絡ませて
ミドルテンポを主体に随所に激しいブラスト疾走も含ませた、緩急あるサウンドを聴かせる。
ときにアコースティカルな叙情パートがふっと現れたり、ツインギターが流麗なメロディを奏でるなど、
物悲しくも美しい空気を描き出す。いわばダークな寂寥感というものがバンドのひとつの方向性なのだろう。
ドラムで参加しているのはテクニカルデスのSpawn of Possessionのメンバーなので、演奏の安定感も抜群。
ラストの16分の大曲はプログレッシブな香りをただよわせる。メランコリックな暗闇を骨太に描くような力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

SHINING 「IX - Everyone Everything Everywhere Ends」
スウェーデンのブラックメタル、シャイニングの2015年作
ミステリアスなイントロ曲から始まる本作は、のっけからプログレッシブな気配を漂わせつつ、
続く2曲目はブラッケン・ロール調の勢いのある疾走に、母国語の凶悪なヴォーカルを乗せた、
ダークにして重厚な世界観が広がってゆく。悲しげなしわがれ声で聴かせるスローなナンバーや
激しいブラスト疾走も織り交ぜつつも、これまで以上に物悲しい叙情が前に出ているという印象だ。
緩急ある知的なアレンジセンスはプログレ的でもあり、アコースティックパートが増した点も含めて、
むしろブラックメタルというよりは、デプレッシブ・メタルの新たな道を切り開くような力作といえる。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・6 メランコリック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Siebenburgen「DELICTUM」
スウェーデンのシンフォブラックメタルバンド、ジーベンバーゲンの3rd。2000作
適度にシンフォニック、適度に暴虐に疾走する、聴きやすいシンフォブラック。
女性ヴォーカルがメンバーにいて、ときおり耽美な歌声を聴かせてくる。
楽曲自体にあまり個性的な部分はなく、これだという魅力にはやや欠ける。ちなみに、隠しトラックには喘ぎ声入りです。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る

Siebenburgen「Darker Designs and Images」
スウェーデンのシンフォブラックメタルバンド、ジーベンバーゲンの2005年作
おそらくこれが5作めで、サウンドの方はあまり暴虐さのない聴きやすいシンフォブラック。
ギターのフレーズはメロデス的でもあり、むしろ正統派メタルの感触もあったりもする。
メンバーに女性ヴォーカルがいて、ときおりダミ声の男性ヴォーカルに絡むと、
ゴシックメタル的な質感にもなり、むしろそちらの部分の方が好みかもしれない。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 メロデス風ブラック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Sin Origin 「In the Presence of a Dread Magician」
アメリカのブラックメタルユニット、シン・オリジンの2004年作
ギチー&ベース&ヴォーカルとドラムという2人組で、プリミティブに疾走する
アンダーグラウンド臭たっぷりのブラックメタルサウンドに、緩急のついた展開を織り込んで
ある種、プログレッシブな知性も聴かせる。15分前後の大曲が4曲という大作志向で
いくぶんの長尺感と、音質のチープさも含めていかにもマイナーな怪しさが漂っている。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 壮大度・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


SINS OF OMISSION「Creation」
スウェーデンのメロデスバンド、シンズ・オブ・オミッションの1999年作
メロディックなギターフレーズとわめき声ヴォーカルを乗せて疾走するスタイルは
IN FLAMES + AT THE GATESという雰囲気で、叙情性と激しさを両立させながら
やや極端な展開で聴かせるところで、少しマイナー臭いがけっこう好みだったりする。
デスラッシュ的に疾走するかと思えば、クサメロのギターを惜しげもなく聴かせたりと
そのとりとめのなさがかえって面白い。良く言えばメリハリのあるヘンテコなアレンジが魅力。
次作ではメロディが抑え目でやや中途半端な出来になってしまっただけに、本作は隠れた好作といえる。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 知的展開度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SINS OF OMISSION「FLESH ON YOUR BONES」
スウェーデンのメロデスバンド、シンズ・オブ・オミッションの2nd。2001作
1stアルバム「THE CREATION」はなかなかの楽曲クオリティで注目していた彼らのセカンド。
印象としては前作よりもややストレートなアプローチが増え、スラッシュ的なギターリフと
時折聴かせるツインリードのメロディが冴えている。このバンドの場合その辺の普通のメロデスとは異なり、
楽曲アレンジに多少のプログレ風味が感じられるのが特徴で、とくに1stにはセンスのよいリフの重ねや
楽曲の展開力に魅力があった。今作でも、随所に変則リズムを加えて直線的なスラッシュ曲に一味加えているが、
1stのようなメロディアスさがもっと欲しかった気がする。もちろんセンスはよいバンドだとは思うが。
メロディアス度・・7 暴虐度・・5 楽曲センス・・8 総合・・7.5


SIRIUS「AEONS OF MAGICK」
ポルトガルのシンフォニック・ブラックメタルバンド、シリウスの1st。2000作
初期EMPERORをより大仰にしたサウンドは、その後継者の一番手といえる。
スペイシーなシンセワークがシンフォニックな大仰さをもたらしており、
こうした壮大さは、この手のブラックにおいては説得力にもなり得る。
演奏力も安定しており、むしろ初期EMPERORあたりよりも聴きやすいと思う。
楽曲のまとまりでは2ndの方が上だが、キーボー度でははこちらか。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・8 楽曲・・7 総合・・8 
Amazon.co.jp で詳細を見る

SIRIUS「SPECTRAL TRANSITION」
ポルトガルのシンフォニック・ブラックメタルバンド、シリウスの2nd。2001作
基本は暴虐&ブラストの疾走ブラックだが、背後に鳴るシンセはあくまでシンフォニック。
EMPERORを思い出す雰囲気だが、なんのことはないその今はなきエンペラーのサモスが
プロデュースしたバンドだったのだ。サモスは自身もベースで一曲に参加。
Voはどっちかというと低めのデス声系。暴虐さとシンフォニックさの度合いが絶妙で、
1stに比べ、曲、演奏ともに説得力が増している、帝王EMPERORにも十分ひけをとっていない。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・9 クオリティ・・9 総合・・8◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入


SKYFIRE「TIMELESS DEPARTURE」
スウェーデンのメロデスバンド、スカイファイヤーの1st。2001作
のっけから壮麗きわまりないインストが始まると、「どうしてこれがデスなの?」という気持ちになる。
ここまでくると、メロデスというよりはむしろシンフォニックメタルというべきだろう。
曲に入ってもキラキラのキーボードが鳴りまくり、デス声のVoが入り疾走が始まると
まがりなりにもメロデスバンドなのだが、ここまでシンセを使いまくったデス系バンドはそういないだろう。
冷静に聴くと全体的にやや単調なのだが、瞬間を切り取った音は常に「大仰」「シンフォニック」「壮麗」
なので、その手のやりすぎな派手さが好きな方にはオススメだ。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・7 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

SKYFIRE「MIND REVOLUTION」
スウェーデンのメロデスバンド、スカイファイヤーの2nd。2002年作
CHILDREN OF BODOMをよりシンフォニックにした感じのライトなメロデスサウンドで、
ダミ声と時折速くなるドラム以外はデスメタル的な要素は薄い。むしろメロスピ的にも聴ける作風。
時折変則リズムなども出てくるが、基本的に楽曲自体はコンパクトで分かりやすい。
シンセをたっぷり使ったサウンドはきらきらしていて耳心地がよいので、チルボドあたりまでは聴けるという
軽めのメロデスを愛好する方にはちょうど良いバンドなのかもしれない。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 新鮮度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

SKYFIRE「SPECTRAL」
スウェーデンのメロデスバンド、スカイファイヤーの3rd。2004年作
このバンドの場合はメロデスというよりもシンフォニックデスと呼ぶのが正しいだろう。
壮麗なキーボードをバックに疾走するサウンドは、暴虐性よりも華麗さが前面に出ていて
これはデスメタルというよりもむしろシンフォニックメタルの質感だろう。
メロディアスなフレーズを奏でるギターに、きらきらとしたシンセが美しく絡み
このジャンルのバンドとしては聴きやすさもピカイチ。やや地味だった前作より曲もいい。
シンフォニック度・・8 メロディアス度・・8 暴虐度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SKYFIRE「Esoteric」
スウェーデンのメロデスバンド、スカイファイアーのアルバム。2009作
超ド級の大仰シンフォニックサウンドで度肝を抜いたデビュー作から、
ややまとまりすぎの2nd、そしてクオリティの高さを見せつけた前作3rdと、
美麗系のメロデスとしては指折りの存在に数えられるこのバンド。
いつのまにか出ていた本作は、メロデスとしてのソリッドな疾走感とともに、
シンセによる美しいアレンジをたっぷりと効かせた力作となっている
クラシカルなピアノの音色を絡ませつつ、壮麗なクワイアなども重なって、
EPICAばりの雰囲気もあったり、シンフォブラック風にたたみかける部分もある。
煽情的なギターフレーズとともに激しく疾走する曲などは悶絶級のシンフォニックデスです。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 クラシカルデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


SKYMNING「STORMCHOIRS」
スウェーデンのメロデスバンド、スカイムニングの1st。.1999作
ジャーマンメタル的に疾走しながらクサいメロディを奏でまくるツインリード。
どうでもいいようなデス声はいただけないが、クサメロのメロデスを聴きたい方にはよろしいのでは。
プロダクションの荒さが、スカスカ感とB級さをかもしだしているし、
ギターのメロディをもっと効果的に生かす展開が欲しいが、まあそこまで求める気はしない。
若干のヴァイキングメタル風味もあり、とても聴きやすいメロデスではある。
クサメロ度・・8 暴虐度・・6 楽曲・・6 総合・・7


SOILWORK「Steelbath Suicide」
スウェーデンのメロデスバンド、ソイル・ワークの1st。1998/2008作
チルボドの後を追うようにしてデビューしたこのバンド、今でこそモダンなエクストリームメタルバンドとして名高いが、
初期はしっかりとメロデスしていた。ツインギターの流麗なギターフレーズを乗せて疾走するスタイルは、
COB+ARCH ENEMYという感じで、フレーズには取り立てて個性的なものないのだが、質の高いサウンドは
デビュー作にしてすでにだいぶ確立されている。リズム面ではヘヴィロック的なノリを取り入れていて、
こうしたモダンさが、現在につながる多くのニュースクール系バンドに影響を与えていると言っていいだろう。
これまでのメロデスバンドに比べて音がドライで、曲が短くあっさりとしているのが、これからの深化の過程を暗示している。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOILWORK「The Chainheart Machine」
スウェーデンのモダン・メロデスバンド、ソイル・ワークの2nd。2000年作
デビュー作の時点ですでらに質の高いサウンドを作り上げていた彼らだが、
本作では音に力強さが加わった。ツインギターの流麗なギターフレーズとともに
メロディアスに疾走するスタイルは、チルボドやアーク・エネミーからの影響を覗かせつつ、
さらにスタイリッシュな整合感と若者らしいモダンなきらびやかさを音にまとわせている。
リズム的な遊びを取り入れる知性的なアレンジも本作でほぼ完成されている。
後にモダン化してゆく布石のようなものを随所に感じさせながら、
メロデスとしての激しさもしっかり楽しめるという傑作アルバムだ。

メロディアス度・・8 暴虐度・・7 スタイリッシュ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOILWORK 「A PREDATOR'S PORTRAIT」
スウェーデンのメロデスバンド、ソイルワークの3rd。2001作
昨今の北欧メロデス勢では、ニュースクール系バンドたちにも影響を与えてる人気ぶり。
IN FLAMESARCH ENEMYなどの良い部分を取り入れつつ、
それをスタイリッシュに仕上げたセンスのいいメロデスという印象のサウンド。
ツインギターの緻密な重ね方や、時折現れるモダンなヘヴィロック調の雰囲気に
このバンドの進化の過程が見えてくる。疾走する突進力もあるが、この時点でもうすでに
デスとしての暴虐性よりはヘヴィな叙情性の方にシフトをしている感じもする。
単なるメロデスという質感ではない、モダンなSOILWORKサウンドが始まったアルバムだ。
メロディアス度・・7 メロデス度・・7 モダン度・・8 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOILWORKSworn To A Great Divide
スウェーデンのモダン系メロデスバンド、ソイルワークの7th。2007作
前作「Stabbing the Drama」のツアーの後、中心物であるピーター・ウィッチャーズが脱退し、
代わって今作からDIMENTION ZEROにも参加していたダニエン・アントンソンが加入している。
サウンドはこれまでよりもヘヴィになり、激しさと疾走感とが戻ってきている。
歌メロにおけるモダンなメロディアスさと、ブルータリティが融合している様は、
ARCH ENEMYにも通じる質感があるが、それに加えツインギターのメロディには
北欧メロデスとしての名残りである叙情性が感じられるのが、彼らの魅力だろう。
最近のメタルコア的なエモーショナルかつソリッドヘヴィなセンスと、
北欧のバンドらしい泣きのメロディが合わさった質の高いアルバムだ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOILWORK「Panic Broadcast」
スウェーデンのメロデスバンド、ソイルワークの2010年作
デビューからすでに12年、初期のメロデス路線から、ノーマルヴォイスを取り入れたモダンな作風で、
アメリカのメタルコアブームの火付け役ともなったこのバンド。本作のサウンドもヘヴィでアグレッシブかつ
モダンな硬質感で聴かせる、メタルコア的メロデス、というべきものだ。ツインギターの巧みな絡みによる
緩急をつけた構成力はさすがというもので、そこにモダンヘヴィネスの質感を上手く取り入れることで、
叙情性とアグレッションの同居を際立たせている。正直、好みの音ではないのだが、完成度は認めざるをえない。
メロディアス度・・7 モダンヘヴィ度・・9 新鮮度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOILWORK「The Living Infinite」
スウェーデンのモダン・メロデスバンド、ソイルワークの2013年作
ノーマルヴォイスを取り入れたモダンな作風で、メタルコアブームの火付け役ともなったこのバンド。
モダンヘヴィネスに接近した前作の流れから、本作では初期を思わせるメロデスサウンドが融合している。
ツインギターのリフとフレーズによる構築性は見事で、Disc1ではオルガン風のシンセアレンジなども含みつつ
スローテンポの部分でもダレることなく、軽すぎず重すぎずというメタルとしての格好よさが感じられる。
ノーマル声と吐き捨てを巧みに絡ませるヴォーカルも楽曲アレンジ同様の成熟が感じられ、
メロディックな要素を強めた作風のため聴き疲れはしない。Disc2の方は、モダンな硬質感が強い作風で、
こちらはさほど好みではないのだが、ともかくベテランのレベルに到達した底力を見せつける力作である。
メロディック度・・8 メロデス度・・7 構築センス・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


SOLEFALD「THE LINEAR SCAFFOLD」
ノルウェーのプログレ・ブラックメタルバンド、ソレファルドの1997年作
情報が少ないのでブックレットから推察するだけだが、メンバーは2人しかいないようだ。
しかしドラムは打ち込みではないし、キーボード、ギター、ベースと、全部2人だけでやってるのだろうか?
音の方はシンフォニックなブラックメタルだが、時折プログレ的な展開を垣間見せる。
わめき声とチャントのような歌声を混ぜ合わせたり、静寂パートを効果的に使ったりと
とても練られていて仕掛けが多く、知的さと芸術性を感じさせる。一筋縄ではいかない。
激速パートでさえもどこか優雅さと、アートな感性が存在している。
シンフォニック・ブラック+知的なプログレ・クラシック・アヴァンギャルドな要素が交じり合った怪作。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 プログレ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

SOLEFALD「NEONISM」
ノルウェーのプログレ・ブラックメタルバンド、ソレファルドの2nd。1999作
とにかくこのバンドのアートなセンスは、とっくに一介のブラックメタルの範疇を超えている。
実に怪しげなジャケットはもちろん、メンバーは2人で全部の楽器をこなしていて、
暴虐な疾走ブラックで始まったかと思っても、とても一筋縄ではいかないサウンドなのだ。
シンフォニックでありながら、リズムチェンジや意外性の多い展開で、まさしくプログレブラックの名に恥じない。
プログレ好き、テクニカルなブラック好きならぜひとも聴いていただきたいバンド。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・9 暴虐度・・7 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

SOLEFALD「PILLS AGAINST THE AGELESS ILLS」
ノルウェーのプログレ・ブラックメタルバンド、ソレファルドの3rd。2001作
シンフォニックで暴虐に疾走するかと思えば、妙にアートなセンスで展開する楽曲。
この3rdでも、通り一遍のサウンドではなく、デス・ブラックとしての暗黒性を保ちながら
曲はところどころひねくれた芸術性をかいま見せている。普通声で歌うパートや、ヴァイオリンやピアノの導入、
OPETH
にも通じる叙情性、メロディアスさとアヴァンギャルドさを壊れない範囲で取り込みながら、
見事にサウンドは構築されてゆく。じっくり聴いているとまったく飽きない。
これはまさにプログレファンのためのブラックメタルバンド!!しかもメンバーはたった二人。
ギター、ベース、ドラム、ヴォーカル、キーボードを二人でこなす。ハイセンスな奴ら。
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 プログレ度・・8 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOLEFALD「IN HARMONIA UNIVERSALI」
ノルウェーのプログレ・ブラックメタルバンド、ソレファルドの4th。2003作
もっともプログレファン受けするデス系バンドとしてこのバンドを注目してきたが、今作も期待通りの出来である。
ここに至って激速パートはほとんどなくなり、ブラックの要素としてはVoのしわがれ声くらいだが
それさえも普通声のパートが多いこともあり、もはやデス/ブラックというカテゴライズは不可能か。
今回はシンセの音色がピアノやハモンドがメインで、サウンド的に70年代風の試みがなされているのも興味深い。
それに対してコーラスによる声の重ねやギターのヘヴィさがコントラストになっていて実に奥深い音像だ。
呪術性と芸術性、過去と現在、激烈と静謐を音に詰め込んだ見事な作品。
ブラック系のバンドとしてはプログレファンに楽しめる一番手のバンドであろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 芸術度・・9 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOLEFALD「RED FOR FIRE - AN ICELANDIC ODYSSEY PART T」
ノルウェーの二人組プログレッシブ・シンフォブラックメタルバンド、ソレファルドの5th。2005作
アイスランドの生誕をテーマにしたコンセプト作の1作目らしい。サックス、チェロ、ヴァイオリンが絡むイントロで美しく幕を開け、
続いてヴァイキングメタル調のリズムに荘厳な雰囲気をまといつつ、続くAではヘヴィロック調の重さに加え、
いつもの破天荒なSOLEFALD節の展開も健在。全体的にはコンセプト作であることも影響してか若干シンフォニックな要素が減り、
ヘヴィなリフやデスメタル風パートが増えている感じもするが、合間に挿入されるシンセや、クラシカルなストリングスに女性Vo、
がなり声とマイルド声の使い分けなど、プログレッシブな感性は相変わらず素晴らしく、やはり彼らならではの唯一無二のセンスである。
ブックレットの歴史書風の紙の汚れなどにもこだわりを感じる。ちなみに美しいヴァイオリンを弾いているのはRAM-ZETの女性奏者。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 プログレ度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOLEFALDBlack for Death - An Icelandic Odyssey Part 2
ノルウェーのアヴァンギャルド・ブラックメタルバンド、ソレファルドの6th。2006作
アイスランドの興亡史を描いたコンセプト作の続編。前作が赤で今作は黒か。
毎回、ただならぬセンスを音で聴かせる彼らだが、今回もヴァイオリンやチェロなどを導入したプログレッシブな雰囲気の楽曲で、
重厚に歴史の物語を形作ってゆく。シンフォニックな味付けは控えめなので、初めての方にはやや難解な音かもしれないが、
おそらく彼らはあえてコンセプトのために装飾を抑え気味にして表現しているのだろう。
ヴァイキング風の勇ましさと、ほのかなモダンな質感が絶妙で、暴虐さや華美な部分に頼らないで
ここまではっきりと内面からのビジョンが描けるのは、二人だけのメンバーでやっているメリットだろう。
映画的な語りなども入ってくると翻訳が欲しいところだが、いろいろと情景を想像したりして楽しめる。
知的で芸術的、そして想像力をかきたてられる作品。赤と黒、2枚揃えて聴き入るべし。
メロディアス度・・7 プログレッシブ度・・8 世界観度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SolefaldNorron Livskunst」
ノルウェーのプログレッシブ・ブラックメタルバンド、ソレファルドの2010年作
前作が10周年記念のリミックスアルバムであったので、オリジナルアルバムとしては4年ぶりとなる7作目。
2005、2006年作はアイスランド史をテーマにしていたが、本作はおそらくノルウェー史を含んだコンセプト作であろう、
母国語によるヴォーカルによる土着的な雰囲気で、ときに女性Voを絡ませつつ、妖しくも知的なサウンドを聴かせる。
ブラックメタルとしての激しさもある程度残しながら、シンフォニックなシンセアレンジや、
サックスなどの大人の味付けも含めたプログレッシブな展開美が光っている。
ノルウェイジャンとしての誇りを感じさせる土着質感のプログレブラック作!
ドラマティック度・・8 プログレッシブ度・・8 世界観度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Solefald「Norronasongen. Kosmopolis Nord」
ノルウェーのプログレッシブブラックメタル、ソレファルドの2014年作
いかにもノルウェーらしい土着性とエキセントリックなセンスを盛り込んだ前作に続き、
本作も母国語による歌声とともに、寒々しい北の大地を感じさせる雰囲気が広がってゆく。
トラッド的な旋律を含んだプログレッシブな展開力は、このバンドの個性的な神秘性となっていて、
ブラックメタル的な激しさはさらに薄まったが、むしろ薄暗い北欧プログレとして楽しめるかもしれない。
37分のミニアルバムであるが、10分を超える大曲や、これまでにないエレクトロなアレンジなどの曲もあり、
同郷のインダストリアルメタル、Sturmgeistのメンバーがゲスト参加するなど、なかなか新鮮に楽しめる。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・3 構築度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Solefald World Metal. Kosmopolis Sud」
ノルウェーのプログレッシブ・ブラック、ソレファルドの2015年作
1997年にデビューしてから本作で9作目となる。ジャケの感じからしておそらくは前作と対になる作品で、
近年の世界の歴史や事件を絡めて、ノルウェー語、スウェーデン語、ドイツ語、英語、オランダ語、フランス語などを取り入れた異色作。
のっけからずいぶんモダンなアレンジのサウンドにやや戸惑うが、前作にもあったエレクトロな要素を取り入れた、
サイバーなプログレ・ブラックというべき聴き心地である。ノーマルヴォイスを主体にダミ声も絡ませて
メタリックなギターリフにダンサブルなビート、民族的なパーカッションやエピックなコーラスなど、一筋縄ではいかない、
エキセントリックなセンスで構築された楽曲は、ある意味ヘンタイで、変わったメタルが好きな方にはとても面白いだろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・5 ヘンタイ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



SONIC REIGN「Raw Dark Pure」
ドイツのブラックメタル、ソニック・レインの2007年作
2人組のユニットで、ノイジーなギターリフとダミ声ヴォーカルを乗せて激しく疾走する、
古き良きスタイルのブラックメタル。メロディックな叙情はほとんどないが、センスあるリフと
圧迫感のあるブラストビートとともにたたみかける圧殺系ブラックは迫力十分。
これという新鮮味はないものの、ダーティなブラッケンロールのノリも含みつつ、
随所にスローパートも含んだ構築センスもあって、なかなかクオリティの高い一枚だ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 新鮮度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Soulgrind  「Pakana」
フィンランドのゴシックデスメタル、ソウルグラインドの2007年作
元Lullacryの女性ヴォーカルの伸びやかな歌声に男性デスヴォイスが絡み、
ヘヴィなギターとシンセの重ねで北欧らしいメランコリックな叙情を聴かせる。
モダンなヘヴィネスとともにデスメタル的な激しい疾走パートもあったりと、メリハリのある作風で、
随所にペイガンメタル的な土着性や北欧的な神秘性も覗かせる。全体的にもクオリティは高いのだが、
個人的には、ゴシックなのかデスなのかペイガンなのか、方向性をはっきりさせて欲しい気もする。
ドラマティック度・・8 ゴシック度・・7 北欧度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Soulgrind 「Into the Dark Vales」
フィンランドのゴシックデスメタル、ソウルグラインドの2008年作
シンフォニックなアレンジとダミ声ヴォーカルを乗せ、シンフォブラック的な激しさを随所に含んだスタイルで、
そこにキュートな女性ヴォーカルの艶めいた歌声が重なってゆくと、ゴシックメタル感がぐっと強まる。
今作では、デス声とダミ声率が高く、デスメタル的な激しさが強いため、正直ゴシックとして楽しむのはきついか。
全体的に雰囲気は悪くないのだが、楽曲ごとのメロディのフックやアレンジのツメがあと一歩という印象で、
ブラック寄りにするのかゴシックなのか、もう少し方向性を確立していって欲しい。
ドラマティック度・・7 ゴシック度・・6 デス&ブラック度・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る


SOULGRIND 「TUONI PATHWAY」
フィンランドのゴシック・デスメタル、ソウルグラインドの2010年作
デビューは1993年で、本作はすでに9作目というキャリアのあるバンド。
元Lullacryの女性ヴォーカルのハスキーな歌声と、美しいシンセアレンジとともに
神秘的な雰囲気の世界観を描き出す。随所にデスヴォイスも含んだ聴き心地は、
単なるゴシックメタル以上にアグレッシブで、ときにメロデス的な激しさもかもしだしつつ
ペイガン的な北欧の土着性も感じさせる。男女Voのミステリアスなゴシックデス作品。
メロディック度・・8 ゴシック度・・7 女性Vo度・・7 総合・・8




SOURCE「Left Alone」
スウェーデンのメロデスラッシュバンド、ソースの2004年作
ザクザクのギターで勢いよく疾走する正統派のデスラッシュサウンドで、
ときおりメロデス的な叙情も覗かせる。正直、これといった特徴はないのだが、
むしろ昨今珍しくなってきた、DIMENSION ZEROタイプのメロデスラッシュとして楽しめる。
メロディアス度・・7 疾走度・・8 デスラッシュ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


STARKILL 「Fires of Life」
アメリカのシンフォニック・ブラックメタル、スターキルの2013年作
若手4人組のバンドで、激しいブラスト疾走のシンフォブラック的な感触と
いくぶんクサメロを含んだ北欧メロスピ的な要素を融合させたサウンド。
いわばボーダーレスなヤケクソ感が、そのまま音の勢いとなっていて濃密に聴かせる。
随所にシンセによるきらびやかなアレンジとともに大仰な盛り上がりを見せつつ、
ピロピロ系のギターが入ったかと思えば、ヴァイキングメタル風味も出てきたりと
とりとめのなさもいかにも新時代の若手バンドらしい。次作はどうなるの?
メロディック度・・8 疾走度・・8 メロスピ風ブラック度・・8 総合・・7.5



STIGMATIC CHORUS「AUTODAFE...」
ロシアのシンフォブラックメタルバンド、スティグマティック・コーラスの2005作
壮麗なシンセワークで疾走する、CRADLE OF FILTHを思わせるシンフォブラック。
甲高いわめき声もダニ・フィルスを思わせる雰囲気があり、ドラマティックな曲の展開なども
かつてのCOFにそっくり。ただ物真似に終わるのできないクオリティの高さがあり、
美形の女性Key奏者、カリ嬢のシンフォニックな音作りは素晴らしいし、
こちらも美女のエミリー嬢のコーラスも耽美な世界観を描き出している。
美しいシンフォブラックが好みなら、ぜひとも聴いて欲しい作品だ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 クレイドル度・・9 総合・・8


STORMLORDSupreme Art of War
イタリアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、ストームロードの1st。1999年作
ファンタジーな世界観をシンフォニックなブラックメタルで再現するこのバンド、
壮麗きわまりないシンセワークとペイガンメタル風味のギターフレーズ、
ときに女性コーラスなども含んで、ドラマティックなサウンドを展開。激しいブラストも入りつつ、
勇壮な男性コーラスなどとともに中世を思わせる世界観には、エピックメタルの香りが漂う。
大仰なファンタジックブラックとしてはBAL-SAGOTHと双璧だろう。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ファンタジック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STORMLORD「AT THE GATES OF UTOPIA」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、ストームロードの2nd。2001年作
1stの頃から、BAL-SAGOTH級のやりすぎ&大仰シンフォニック系の路線で
うーんいいねえ…と、非常に注目していましたが、今作でついに日本デビュー♪
相変わらず大げさなシンセアレンジと激烈な暴虐パートが見事にかみ合った壮大系ブラックで、
そのクオリティたるやバルサゴスに追いつき、そして超えようかというほどです。
ギターの音色がノイジーでやや耳障りなのだが、美麗なシンセとのコントラストになっており、
随所にメロディックなフレーズを織り込んでエピックな世界観を演出している。
クレイドル、ディムボガーに続くシンフォブラックのナンバー3はもしかして彼らかもしれません。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・9 暴虐度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

STORMLORD「THE GORGON CULT」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、ストームロードの3rd。2004年作
1stの頃からすでにやり過ぎなまでにシンセを導入し、大仰なファンタジーブラックをやっていたバンド、
今作ではラウドさが押さえられた録音で音のバランスが良くなり、前作よりもずいぶん聴き易くなっている。
相変わらずこれでもかという美しいキーボードを鳴らして疾走する様は、一聴してブラックというよりは
普通のシンフォメタルだが、表現力を増したダミ声Voや、女性スキャットを取り入れるなど
物語性を増したサウンドはCRADLE OF FILTHなどにも通じる部分がある。暴虐パートをやや抑え目にしたことにより、
曲の中でギターのフレーズが生きる場面が増え結果としてメロディアスさとシンフォニック性が増している。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・8 総合・・8 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入

Stormlord「The Legacy of Medusa」
イタリアのシンフォ・ブラックメタルバンド、ストームロードのベスト+ライブアルバム。2008作
イタリアのシンフォブラック系としてはGRAVEWORMと並んで質の高いこのバンド、
1999年のデビュー作から2004年の3rd「The Gorgon Cult」までの楽曲に、
バージョン違いや、1997年のミニアルバムなどを含めた変則的なベスト盤である。
シンフォニックなシンセとエピックな雰囲気で疾走する美麗なブラックメタルサウンドは、
Cradle of FilthBal-Sagothなどのファンにも聴きやすいだろう。
Disc2は2006年のライブ音源を収録。音質もまずまず良好で、ツインギターと
流麗なシンセによる質の高いシンフォニックブラックメタルの演奏が楽しめる。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 ライブアルバム・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STORMLORDMare Nostrum
イタリアのシンフォブラックメタル、ストームロードの4th。2008作
過去3作は、美麗に疾走するシンフォブラックの傑作であったが、
本作では疾走感と暴虐さが薄れ、曲によってはどことなくゴシック風の趣もある。
美しいシンセワークはそのままに、随所に女性コーラスなども導入するなど、
クラシカルかつ耽美に聴かせるようなパートが増えた。
ブラックメタルとしての迫力は物足りないが、聴きやすさでは過去最高か。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 やや耽美に度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Stormlord 「Hysperia」
イタリアのシンフォニック・ブラックメタル、ストームロードの2014年作
1999年にデビュー、大仰なエピック性とシンフォニックなアレンジで質の高いサウンドを聴かせるこのバンド
前作から6年ぶりの5作目となる本作は、ミドルテンポを主体とした楽曲に、シンセによる美麗なアレンジと、
オーケストラルな荘厳さに包まれた、RHAPSODYばりのエピックでファンタジックな世界観を描いている。
迫力あるダミ声ヴォーカルに随所に適度な激しさもあるので、ブラックメタル的な激しさがまったくないわけでもなく、
むしろスローパートの楽曲においても、ダークな空気感と重厚な迫力があって、物足りなさはさほど感じない。
キャリアのあるバンドらしい堂々たるサウンドだ。疾走感にこだわりがなければ十分楽しめる濃密な力作である。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 エピック度・・8 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る


SUIDAKRA「LAYS FROM AFAR」
ドイツのメロディック(ヴァイキング)デスメタルバンド、スイダクラの3rd。1999作
次作以降はよりヴァイキング色を強めてゆくことになるが、この時点では
まだ“疾走メロデスややヴァイキングメタル風”というくらいの印象。
後のアルバムに比べてサウンドが薄く、全体的にチープな雰囲気は否めない。
女性Keyの弾くシンセのフューチャー度もどことなく中途半端に感じる。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 ヴァイキング度・・7 総合・・7

SUIDAKRA「THE ARCANUM」
ドイツのメロディックデスメタルバンド、スイダクラの4th。2000作
メロディにトラディショナルな要素が強く、三連/三拍子系のメロディがキーボード+ツインギター
から奏でられる様は非常に心地よく、その音には土着的伝統美すら感じる。
初期のIN FLANESやヴァイキングメタルのMITHOTYNを思わせる雰囲気があり、
なおかつ曲展開、演奏クオリティともにそれらに匹敵しているといってよい。
ともかく、この田舎くさい哀愁メロディは非常に日本人好みである。
SKYCLADのカヴァーを取り上げるなど、フォーク/トラッドへの追求は今後も楽しみ。
メロディアス度・・8 哀愁度・・8 デスメタル度・・6 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


SUMMONING「DOL GULDUR」
ABIGORのメンバーによるブラックメタルユニット、サンモニングの3rd。1996作
激烈系真性ブラックのアビゴルとはがらりと異なり、こちらはシンセをメインにしたゆったりとした曲調で、
ふをっとした雰囲気モノというサウンド。ヴァイキングメタルに通じるような土着メロディに、ブラック系のわめき声が乗る。
曲が長いわりに展開に乏しく、どちらかというと映画サントラのようにぼんやりと聞き流すのがよろしいという作風です。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・3 壮大度・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

Summoning 「Let Mortal Heroes Sing Your Fame」
オーストリアのブラックメタル、サムモニングの2001年作
元ABIGORのメンバー二人によるユニットで、シンセを中心にしたサウンドで「指輪物語」の世界を
幻想的に描いてゆく。ドラムは打ち込みだが、ギターとダミ声ヴォーカルも入ってくるので、
シンセのリフレインは中期BURZUMに近い感触ながら、よりブラックメタル色が感じられる。
正直、ここにダミ声ではなく美しい女性ヴォーカルでも入ってくれば最高なのだが、
それは同じくABIGORのメンバーによるDARGAARDの方を聴けばよいか。
ともかく、ファンタジックな雰囲気に包まれた、非暴虐タイプのブラックメタルである。
ドラマティック度・・7 メタル度・・5 幻想度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Summoning 「Old Mornings Dawn」
ノルウェーのブラックメタルユニット、サンモニングの2013年作
すでにキャリア20年を超えるベテランユニットで、「指輪物語」の世界をファンタジックに描き出す、
壮大なサントラのような作風は今作も不変。トラッド的な叙情やオリエンタルな感触も取り入れつつ、
ダミ声ヴォーカルによるブラックメタル要素もしっかり含ませた、独特のスタイルは円熟の域である。
ドラムが打ち込みなのは相変わらずだが、今作では曲によってはギターフレーズで聴かせる部分もあって、
よりメロウで重厚な雰囲気が味わえる。8分、9分という大曲を中心にした長尺感も含めて、
ファンタジー・ブラックというべきこの世界観に浸れる方には、どっぷりと楽しめる力作である。
ファンタジック度・・8 メタル度・・6 ブラック度・・5 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


SUSPIRAL 「Delve Into the Mysteries of Transcendence」
スペインのブラックメタル、サスパイラルの2016年作
二人組のユニットのようだが、詳細は不明。10分前後の大曲3曲という構成で、
粗めの音質でブラスト疾走する、プリミティブな雰囲気のブラックメタルサウンド。
ときおりリズムチェンジなども含んだメリハリもあるのだが、こうも曲が長いのならどうせなら
もう少し大胆なアヴァンギャルドな展開が欲しい気もする。ギターリフが魅力的なわけでも、
フックのあるフレーズがあるわけでもないので、結果として自主制作のB級ブラックの域を出ていない。
ジャケのミステリアスな雰囲気はよいのだが。やはりBURZUMは偉大だったのだな。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 妖しさ度・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る


SVARTAHRID「Forthcoming Storm」
ノルウェーのブラックメタルバンド、スヴァーターリドのアルバム。
シンセ入りで疾走する初期のEMPERORタイプのシンフォニック・ブラックサウンドだが、
一方では、Bewitchedあたりを思わせるオールドなスラッシュ・ブラック的な部分も少しある。
戦いの効果音などを挿入したりエピックな雰囲気もただよわせていて、
ペイガン・ブラック的な世界観はなかなかいい。楽曲自体の魅力はもうひとつか。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 エピック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Svarttjern 「Towards the Ultimate」
ノルウェーのブラックメタル、スヴァートヤーンの2011年作
ギターのトレモロリフを乗せ、こもり気味の音質で激しく疾走する、90年代スタイルのノルウェイジャン・ブラックメタル。
ヴォーカルの声質はやや低めのゲボ声で、邪悪さよりも古き良き感触と、IMMORTALあたりにも通じる
アンダーグラウンド感がなんとなく微笑ましい。正統的なコープスペイントをほどこしたメンバー写真にも納得だ。
楽曲自体には、このバンドならではの個性というものは薄いのだが、伝統的なブラックメタルが好きな方はチェックです。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 オールドブラック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




Sylvaine 「Wistful」
ノルウェーのポストブラックメタル、シルヴァインの2016年作
女性アーティストによる個人ユニットで、うっすらとしたシンセに美しい女性ヴォーカルを乗せた
しっとりとした幻想的な空気感に、ギターが加わるとAlcestを思わせる繊細なポストブラックを描いてゆく。
1曲目はブラックメタルとしての要素ほとんど感じられないが、夢見心地のはかなげな雰囲気に包まれつつ、
2曲目以降ではダミ声ヴォーカルも乗せて、ときにブラスト疾走する激しさも垣間見せる。
全体的には物悲しい静寂感に覆われた、女性らしい繊細な美意識を感じさせるサウンドだ。
当のAlcestのNeigeがドラムで参加しているのも話題性十分。今後の活躍に期待のアーティストです。
ドラマティック度・・8 幻想度・・8 繊細度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Syn Ze Sase TriIntre Doua Lumi」
ルーマニアのシンフォニック・ブラックメタル、シン・ゼ・サセ・トリの2011年作
ルーマニアというと、トランシルヴァニア出身のNegura Bungetが思い浮かぶが
このバンドは美麗系のシンフォニックブラックをやっている。ツインギターのわりとオールドなリフに
美しいシンセを絡め、母国語によるダミ声ヴォーカルを乗せたサウンドは、
初期のDIMMU BORGIR的な雰囲気で、疾走感は控えめで暴虐さはあまりない。
総じて耳触りはいいが、メロディや楽曲そのものに耳に残るものがまだ足りない。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る




TEMPEL 「On The Steps of the Temple」
アメリカのスラッジ・ブラックメタル、テンペルの2014年作
ギター&シンセとドラムの2人組ユニットで、ブラックメタル的なギターリフと激しめのドラム、
うっすらとしたシンセで聴かせるインストサウンド。バンド名やアルバムタイトルから察するに、
日本や中国の寺をイメージした作品なのだろうか。ザリザリとした荒々しい音作りであるが、
随所にメロディックなギターフレーズも盛り込んでいて、ジャケのイメージほど愛想は悪くない。
9分、10分という大曲も多いので、さすがにオールインストは飽きてくるのであるが、
ポストブラック的な叙情性や、ドゥームメタル感触の楽曲もあって、けっこう楽しめます。
ドラマティック度・・7 ダーク度・・8 神秘的度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


TERRA TENEBROSA 「THE REVERSES」
スウェーデンのアヴァン・ブラックメタル、テラ・テネブロサの2016年作
ポストハードコアルーツの無機質な攻撃性と、闇の気配に包まれた神秘性で聴かせる、
エクスペリメンタルなサウンド。ブラックメタルらしいダミ声ヴォーカルにノイジーなギターリフ、
エフェクトがかったインダストリアルな感触で、不穏でアヴァンギャルドな世界を描きだす。
疾走する激しさというのはないので、むしろブラック風味のインダストリアルメタルというべきか。
ラストは16分の大曲で、延々と繰り返されるフレーズでトリップするような感覚を覚える。
ドラマティック度・・7 インダストリアル度・・8 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



ThanatoSchizO「schizo level」
ポルトガルの男女Voゴシック(デス)メタルバンド、タナトスィーゾ(?)の1st。2001作
ときにブラックメタル調に疾走したり、デス声にソプラノ女性コーラスが絡み、
キーボードがクラシカルな音色を奏でたり、はては変態的なリフやリズムが顔を出したりと、
ひとことでいうと“無節操なアヴァンギャルドゴシックデス”といったところ。
いろいろな要素が混在していてなかなか面白いし、決して嫌いではないのだが
SOLEFALDなどに比べると、ごった煮アレンジを美しく聴かせるセンスがまだまだで、
ひっかかりが多い分聴き疲れするのが難点か。変態好きには楽しめるバンドかと。
メロディアス度・・7 ゴシック度・・7 変態度・・8 総合・・7.5


Thranenkind 「The Elk」
ドイツのポストブラックメタル、スラネンカインドの2013年作
ツインギターによるメランコリックなフレーズとダミ声ヴォーカルを乗せて聴かせる、
物悲しい叙情に包まれたサウンドで、Alcestなどを思わせるミステリアスで繊細な聴き心地。
ゆったりとしたミドルテンポ主体ながら、静かすぎることもない適度にメタル感があるので
この手のバンドの中ではとっつきやすい部類だろう。トレモロのギターフレーズが哀愁をかもしだし、
雰囲気にはどことなくドイツらしい牧歌的な土臭さがある。ヴォーカルの絶叫がやや耳障りなところもあるが、
ブラックメタルとしての激しさもある程度は残している、ポストブラックの好作というべきだろうか。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・6 叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


THRONE OF CHAOSMenace and Prayer
フィンランドのメロデスバンド、スローン・オブ・ケイオスの1st。2000作
2nd以降は独自なプログレッシブな要素を取り入れてゆく彼らだが
このデビュー作の時点ではまだオーソドックスなメロデスをやっていた。
IN FLAMES風のギターフレーズに、CHILDREN OF BODOMを思わせるヴォーカル、
きらきらとしたシンセという、質は高いがありがちな、悪く言うと売れセンの音。
聴きやすいのはいいが綺麗にまとまりすぎている。おそらくこの方向性に煮詰まったことで
次作以降のプログレッシブなスタイルを見つけていったのだろう。原石としての輝きはある。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 新鮮度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

THRONE OF CHAOS「PERVERTIGO」
フィンランドのメロデスバンド、スローン・オブ・ケイオスの2nd。2002年作
1stを聴いたときの印象はクオリティは高いがありがちなチルボド系というものだったが、
この2ndでは、彼らのプログレッシブなセンスが上手い具合に働きはじめている。
流麗なツインギターで疾走する部分は北欧メロデスの王道サウンドだが、
今回はさらにシンセパートが重要度を増し、ノーマル声の歌唱やリズム的な
アプローチも取り入れるなど、プログレ的要素が強まっている。メロデスとしてのサウンドの裏側に、
時に北欧的な静けさと叙情とが現れると、そのセンスの良さとミクスチャー感覚から
時にPAIN OF SALVATIONをも想起させる。ギターの奏でるメロディの質も高い。傑作。
メロディアス度・・8 暴虐度・・6 楽曲センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で購入

TOC「LOS ANGELS」
フィンランドのプログレッシブ・メロデスバンドTOCことTHRONE OF CHAOSの3rd。2004年作
レーベルをINSIDE OUTに移し、同時にバンド名を正式にTOCへと改名。
2ndの時点で、すでにメロデスというよりはデス色のあるメロディックメタルという音だったが、
ここに来てついにデス色をほぼ完全撤廃(デス声曲も1〜2曲あるが)。
流麗なツインギターのメロディにかつての面影を残しながら、楽曲はいっそう聴きやすくなり、
鳴り響くキーボードの美しさが際立っている。Aのシンフォニックなヘヴィバラードの美しさなどは、筆舌に尽くしがたく、
ダークめの叙情という点で、PAIN OF SALVATIONのメロディアスさなどにも通じるか。ヘヴィな音圧は適度に残しつつ、
曲によっては彼らお得意のプログレ風味もあり、知的センスと作品の密度を両立させた傑作に仕上がっている。
DEEP PURPLE「SMOKE ON THE WATER」のスラッシュカヴァーとボーナスに、JUDAS PRIEST「NIGHT CRAWLER」のカヴァー入り。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 楽曲センス・・9 総合・・8.5 ◆メタル名盤特選入り
Amazon.co.jp で購入


ThulcandraFallen Angels Dominion」
スウェーデンのブラックメタルバンド、サルカンドラのアルバム。2010作
ツインギターにベースの3人組で、ドラムはゲスト、ジャケの雰囲気からして
DISSECTIONのようなイメージだが、サウンドの方も古き良きメロブラのスタイル。
ツインギターのトレモロリフで疾走しつつ、吐き捨てヴォーカルを乗せて
緩急をつけた楽曲アレンジで聴かせるさまは、まさにディセクションそのもの…
と思っていたら、ラストはそのDISSECTIONの“The Somberlain”のカヴァー!
叙情的なギターフレーズも効果的で、オールドなメロブラ好きにはにんまりな1枚だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 オールドブラック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Thulcandra「Under a Frozen Sun」
スウェーデンのメロディックブラック、サルカンドラの2011年作
DISSECTIONタイプの…というよりはリスペクトのメロブラを聴かせた前作に続き、
今作もオールドなトレモロリフで疾走する、モロにディセクションスタイルのサウンド。
曲の雰囲気はもちろん、緩急をつけた展開に、メロディックなギターフレーズと、
すべてがあの頃のメロディックブラックで、なんというか、ここまでやるともう天晴れだ。
いわば90年代的な古き良き邪悪さというべき感触とダークな翳り、そしてドラマティックな叙情性、
DISSECTIONが新作を出したらきっとこんな感じなのだろうと思う。最高だとしか言えない。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 ディセクション度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Thulcandra 「Ascension Lost」
スウェーデンのメロディックブラック、サルカンドラの2015年作
かつてのDISSECTIONを彷彿とさせる雰囲気で過去2作も見事なアルバムだったが、
3作目となる本作もトレモロなリフを含んだ叙情的なツインギターを乗せて疾走する、
ヴォーカルの声質も含めて、まさにディセクションの進化系のようなメロブラが楽しめる。
また激しく突進するだけでなく、スローパートでの物悲しい叙情とメロディックな泣きのフレーズなどは、
これまで以上にフックに富んでいて、オールドスタイルの感触を保ちながら、激しさのみに頼らない
ひとつ深化した楽曲アレンジが光る。ギターオリエンテッドのメロブラ系バンドでは突出した出来だろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Thundra「Blood of Your Sou」
ノルウェーのヴァイキング・デスメタルバンド、ツンドラの2000作
シンセを含む5人組で、デス声とクリーンヴォーカルを絡ませつつ
適度にメロディアスに疾走するスタイル。だがヴァイキングというには
土着メロディの魅力はいまひとつで、メロデスというには突進力がない、
ギターリフもどちらかといういイモ臭く、かといって田舎臭さを魅力にしているという
ワケでもないという、なんとも微妙な感じの作品。いわば一昔前のB級メロデスっぽい。
メロディアス度・・7 メロデス度・・7 ヴァイキング度・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る

Thy Catafalque 「Rengeteg」
ハンガリーのアヴァン・ブラックメタル、ザイ・カタファルケの2011年作
ギター、ベース、シンセ、ヴォーカルをこなすTamas Katai氏によるソロユニットで、
ヘヴィなギターリフで描かれるダークな世界観と、母国語の歌声による土着的な感触で
知的でアヴァンギャルドという独特の雰囲気を作り出している。インダストリアルなモダンさを
ミステリアスなスケール感で包み込んだというような作風は、たとえばIHSAHNの近作などにも通じる
個性的な聴き心地だ。女性ヴォーカルが加わった14分の大曲などは、プログレ、ゴシック、ブラックメタルと
さまざまな要素を感じさせる壮大さが光る。プログレッシプ・インダストリアルメタルの力作というべき出来だ。
ドラマティック度・・8 知的アヴァンギャル度・・8 インダストリアル度・・8 総合・・8



THY DISEASE「Extreme Obsession Live」
ポーランドのデスメタルバンド、ザイ・ディズィーズのライブDVD。2004年作
知らないバンドであったが、サウンドは質が高くシンセ入りのメロディックデス/ブラックという感じで
北欧メロブラの要素とVADERBEHENOTHなどポーランドのデスメタルの質感を足してややモダンに仕上げたという印象。
メンバーは皆若く、20代の前半くらいだろうか。演奏力もまあまああって、とくにドラムは童顔の長髪美少年であるが
VADERのにDocに影響を受けたとおぼしき手数とリズム感が若いながらもなかなか見事だ。
暴虐さよりも全体のまとまりで勝負している感じなので、音は普通に聴きやすく、ツインギターによるリフの重ねと、
そこに加わるシンセもなかなかよいセンスをしている。DIMMU BORGIRのカヴァーに、ボーナスオーディオにはVADERのカヴァーも収録。
ライブ映像・・7 ライブ演奏・・8 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


TIDFALL「Circular Supremacy」
ノルウェーのシンフォニック・ブラックメタル、ティドフォールの2000年作
シンフォニックなシンセとともに疾走しつつ、暴虐さよりも雰囲気重視のサウンド。ギターのフレーズはいかにも北欧のメロブラ風で、
最近のARCTURUSなどにも通じるスペイシーな世界観とともに、ときにやりすぎなくらいの大仰なシンセが美麗に響き渡る。
感触としてはポルトガルのSIRIUSあたりにも近いか…ということはやはり、EMPERORが土台にあるのだろう。
楽曲そのものはわりとストレートなのだが、「ド」が付くほどに壮麗なシンフォニック・ブラックメタルが好きな方はぜひ。
シンフォニック度・・9 暴虐度・・7 スペース度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る



TIDFALL 「Instinct Gate」
ノルウェーのシンフォニック・ブラックメタル、ティドフォールの2001年作
前作は美麗すぎるほどのシンフォニックブラックであったが、2作目となる本作はいくぶんモダンなサイバー色が強まっている。
ツーバスドコドコで激しくたたみかけるドラムに、ツインギターの重厚なリフとシンフォニックなシンセアレンジが加わり、
前作以上に音の厚みを感じさせる。ヴォーカルはわりと低音のデスヴォイス気味で、ブルータルな激しさが前に出つつも
やはり美麗なシンセのおかげで、Dimmu Borgirなどに通じるシンフォブラックとしての聴き心地である。
ギターとドラムのヘヴィさが増したことで、全体的にも荘厳な雰囲気が強まった。説得力十分のシンフォブラの力作!
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



TOMBSWinterhours
アメリカのポストブラックメタル、トゥームズの2009年作
北欧ブラックメタルを思わせるギターのトレモロリフによる叙情性と
ポストロック的な広がりのある空間美を含んで神秘的に聴かせるサウンド。
ノイジーなギターを含んだ激しい疾走と、ミドルテンポでじっくり構築する両面を持っていて、
ヴォーカルはスクリームとノーマル声で、ヘヴィロック風味もかもしだす、
ジャンルとしてのこだわりのなさも、昨今のアメリカのバンドらしい。アナログ的なサウンドと
ギターリフのセンスが良いので、オールドなブラックメタラーにも楽しめるだろう。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

TOMBS「Path of Totality」
アメリカのポストブラックメタル、トゥームズの2011年作
トリオ編成で聴かせる、神秘的なサウンドにはさらに磨きがかかり、
静寂パートでの妖しい世界観は荘厳といってもよいくらいの強度である。
激しく疾走する迫力はもちろん、ミドルパートでのギターリフのつなぎも
オールドなデス/ブラックメタルの感触でじっくり聴くことができる。基本的にメロディアスな部分は薄く、
愛想はあまりよくないので、プリミティブな雰囲気ものを楽しめる方にこそオススメします。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


TORCHBEARERYersinia Pestis
スウェーデンのデスメタルバンド、トーチベアラーの1st。2004年作
SCAR SYMMETRYのクリスチャン・アルヴェスタムを中心に、SATARIELUNMOOREDなどのメンバーが集結したバンド、
2ndの方はブラックメタル的な激しくも荘厳な傑作であったが、本作はザクザクのギターリフでデスラッシュ的な突進力を聴かせる。
ブラストビートも織りまぜたブルータルな質感と、若干のメロディを感じさせつつ
メロデスとブルデスの中間という硬派な激しさが持ち味。なかなか高品質なアルバムだ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 デスラッシュ風味度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

TORCHBEARER「Warnaments」
スウェーデンのデス/ブラックメタルバンド、トーチベアラーの2nd。2006作
SCAR SYMMETRY他で活躍するクリスチャン・アルヴェスタムを中心に、SATARIELUNMOOREDなどのメンバーが集結。
本作はジャケのイメージのように第一次世界大戦での海戦をテーマにしたアルバムとなっている。
ブラストビートで暴虐に疾走しつつも、メロディックなギターフレーズやうっすらとしたキーボードで味付けされたサウンドは、
むしろメロブラの質感で、ザクザクとしたギターが音に重厚さと緊張感をもたらしている。
昨今の軟弱系のメロデスなどに比べると、よほど骨太感があり、本格派の印象。
激烈でありながらも、ほのかにドラマティックな空気をも漂わせているのも素晴らしく、
コンセプト作としてはDIMMU BORGIRの近作にも匹敵するクオリティといっていい。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 重厚度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

TORCHBEARERDeath Meditations」
スウェーデンのメロディック・デス/ブラックメタルバンド、トーチベアラーの2011年作
前作「Warnaments」は第一次世界大戦の海戦をテーマにした傑作だったが、
本作は美麗なイントロから、曲が始まるとシンフォブラック的に激烈に疾走する、
美しくも荘厳なサウンドだ。モダンでテクニカルなギターフレーズを織り込みつつ突進し、
随所にメロディックな質感を含めて、スケール感のある重厚な迫力が見事。
メロウなギターを聴かせる部分や、シンセによる巧みな雰囲気作りも効いていて、
暴虐一辺倒ではないのも嬉しい。これはDIMMU BOGIRクラスの強力作ですわ。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Tribulation 「Formulas of Death」
スウェーデンのブラックメタル、トリビュレーションの2013年作
本作はおそらく2作目で、スラッシーなデスメタル風だった1stからやや変化し、
10分、13分という大曲を含め、プログレッシブな展開力を含んだ作風になっている。
ツインギターのリフで、オールドな味わいをかもしだすブラッケンロール色とともに、
がなり声ヴォーカルによるダークなアンダーグラウンドの香りを含ませながら、
随所にメロディックなフレーズなども織り込んで、起伏に富んだ楽曲を構築してゆく。
ブラックメタルとしての激しさも残しつつ、知的なアレンジで聴かせる力作に仕上がっている。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 プログレブラック度・・8 総合・・8




TVANGESTE「Damnation Of Regiomontum」
ロシアのシンフォニック・ブラックメタル、トヴァンジェステの2001年作
女性シンセ奏者を含む4人組みで、のっけから13分の大曲から幕を開ける。
美麗なシンセアレンジにヴァイオリンの音色が絡み、いくぶん野暮ったいギターは随所にクサメロを奏で、
いかにもブラックメタルらしいダミ声ヴォーカルとともに、こけおどし感に包まれたシンフォニックブラックが楽しめる。
こもり気味の音質も含めて、暴虐性よりはふわっとしたローカルな薄闇に覆われた聴き心地で、
曲が長いこともあってむしろのんびりと浸るのが正しいのかも。ときおり入ってくる女性声がよいですわ。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 幻想度・・8 総合・・7

TVANGESTE「FIRESTORM」
ロシアのシンフォニック・ブラックメタルバンド、トヴァンジェステの2nd。2003年作
二人の女性シンセ奏者を含む5人組みとなり、女性ヴァイオリン奏者、女性ヴォーカルをゲストに、
さらにはオーケストラも導入しているという、本格派のシンフォニックブラックメタルが楽しめる。
VoはCRADLE OF FILTHタイプのダミ声で、曲は暴虐性よりはゴシック風の耽美性が高く、
初期のGRAVEWORMあたりにも近いか。時折現れるトラッド的なメロディやフルートもなかなか良いし、
楽曲を彩る艶やかなヴァイオリンも非常に魅力的だ。また男女コーラスによる妖しい荘厳さもなかなかのもの。
バタバタとしたドラムがサウンドの整合感をやや落としているが、そうしたマイナー臭さが辺境的な味でもある。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


TwilightFall 「The Energy of Soul」
ウクライナのメロディックデスメタル、トワイライト・フォールの2014年作
NOKTURNAL MORTUMのギターが率いるバンドで、ツインギターにきらびやかなシンセ、
ダミ声ヴォーカルを乗せて疾走する、メロスピ風味のメロデスサウンド。シンフォニックなアレンジや
メロディックなギターフレーズのおかげで、暴虐性や暗黒性というものはあまり感じず、ヴォーカルを除けば、
ほとんど普通にメロディックメタルとして楽しめる。メロデスとしての激しさというのもあまりないので、
むしろこのままシンフォニックメタルになってしまえばいいような気も…。クオリティは高いのデスから。
メロディック度・・8 暴虐度・・4 疾走度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Twilight Ophera「The End of the Halcyon Age
フィンランドのシンフォニックブラックメタル、トワイライト・オペラの2004年作
シンフォニックなシンセアレンジとツインギターを乗せて激しく疾走する、正統派のシンフォブラック。
クラシカルなメロディを含んだ耽美な雰囲気は、暴虐さよりも美麗な感触が前に出ていて
初心者にも聴きやすいだろう。反面、楽曲や展開における個性や新鮮味というのは薄く、
きらびやかではあるが物足りなさも感じめのも事実。悪くはないが、佳作どまりのシンフォブラック。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Twilight Ophera 「Descension」
フィンランドのシンフォニックブラックメタル、トワイライト・オペラの2006年作
90年代から活動するバンドで、本作がおそらく4作目。美麗なシンセアレンジとダミ声ヴォーカルを乗せて
激しくブラスト疾走する、正統派のシンフォニック・ブラックメタル。方向性は初期の頃と変わってはいないが、
楽曲にはメロディックで耽美な美しさが強まった。クラシカルなシンセアレンジなどはゴシック的でもあり、
Eternal Tears of Sorrowあたりが好きな方ならかなり楽しめるだろう。激しさよりも美しさ重視の好作ブラック。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 耽美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る






ULVERBergtatt
ノルウェーのブラックメタルバンド、ウルヴェルの1st。1994作
全5曲で34分という非常にコンパクトな作品の中に、原初的なブラックメタルの暴虐性とアコースティカルな叙情とが同居している。
プリミティブに疾走しつつも、どこかもの悲しさを感じるうっすらとしたメロディに、ノルウェーの森のような冷たい叙情美が伝わってくる。
最近のバンドのように音が綺麗ではないが、初期のEMPERORABIGORあたりが好きな方なら聴いて損はない。
3枚目以降、バンドはブラックメタルから離れてゆくが、それだけにこのアルバムの輝きが伝説となったのだろう。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 うっすら叙情美度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ULVER「The Madrigal Of The Night - Eight Hymnes To The Wolf In Man」
ノルウェーのブラックメタルバンド、ウルヴェルの3rd。1996作
なによりまず、このノイジーな音質にびっくりする。これはプリミテイブブラックを目指して意図的に音を悪くしたのだろうか?
チリチリとしたギターの音がとても耳障りで、軽いドラムがスタスとブラストしてます。
狼と月をテーマにしているようで(つまりは狼男か)、確かになんとなく曲は夜っぽいし
ときおりメロディアスなフレーズも出てきたりします。でもやっぱり、ノイジーで耳がツライです(;_;)
メロディアス度・・6 暴虐度・・8 音質・・5 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る

ULVER「Blood Inside」
ノルウェーのダークメタルバンド、ウルヴェルの2005年作
シーケンサー的なシンセとピアノがかぶさるアンビエントなサウンドで、
エフェクトがかかったヴォーカルを乗せて、静寂感漂う世界観を描いている。
インダストリアルな無機質さの向こうにポストロック的な広がりを感じさせ、
荒涼としたダークな叙情が伝わってくる。むしろプログレ的に楽しめる作品だ。
ドラマティック度・・7 メタル度・・3 インダストリアル/プログレ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

ULVERWars of the Roses
ノルウェーのエクスペリメンタルバンド、ウルヴェルの2011年作
初期のブラックメタル路線から、インダストリアルやトリップ要素を取り入れて、現在ではほぼ脱メタルしている。
おそらく本作は8作目だろうか、エレクトロニカ的なシンセ、シーケンサーとを使用したそのサウンドは、
むしろプログレ要素が強く、浮遊感のあるエレクトロ・ロックといっていいものだ。
そんな中にも、うっすらとした北欧的な叙情をかもしだしているのが個性的で、
ARCTURUSがさらにマイルドになったようであるが、それ以上にアーティスティック。
もはやメタルではなく静寂感を内包したアートロックとして聴くべき作品だろう。
メロディアス度・・8 メタル度・・3 プログレ/エレクトロ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ULVER「Messe I.X-VI.X 」
ノルウェーのエクスペリメンタルバンド、ウルヴァーの2013年作
カヴァーアルバムをはさんで、エレクトロなアートロック的であった2011年作に続くアルバムで、
今作ではオーケストラを大胆に導入し、静謐感を漂わせた異色作になっている。
ストリングスやピアノを含んだクラシカルな優雅さと、暗く沈み込むような闇を感じさせる、
チェンバー系のプログレのような作風で、美しくも緊迫感に包まれたサウンドが広がってゆく。
ピアノのつまびきに、もの悲しいヴァイオリンが響き、ゆるやかな旋律の流れの中に、
シアトリカルでオペラ的なドラマ性と美意識を描きながら、エレクトロなアレンジが加わってゆく。
ロック色はまったくもって希薄だが、まるでやわらかな漆黒にまとわりつかれるような心地がする傑作だ。
クラシカル度・・8 メタル度・・1 チェンバーロック度・・8 総合・・8


UNHUMAN DISEASE 「De Templi Autem Veteris Serpen」
アメリカのブラックメタル、アンヒューマン・ディズィーズの2016年作
いわゆる、BURZUMのような独りブラックメタルで、ノイジーなギターリフに絶叫するようなヴォーカルを乗せた
古き良きプリミティブなブラックメタルサウンド。音質の粗さや地下臭さも含めて、BURZUMによく似ている。
バックにうっすらとしたシンセも重ねてあるので、暗黒性が高い音ながら案外聴きやすく、
激しい疾走からミドルテンポと、適度なリズムチェンジも含めて、楽曲も案外ちゃんとしている。
暴虐すぎない叙情性が感じられるのもなかなかよろしいのではないかと。友達見つけなくて大丈夫です。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



UNLEASHED「Odalheim」
スウェーデンのデスメタル、アンリーシュトの2012年作
1991年のデビュー作から数えて11作目となる。トレモロを含んだギターリフで激しく疾走する、
ブラックメタルばりの暴虐さと、北欧らしい叙情を甘すぎない程度に散りばめたスタイルで、
ベテランらしいじつに堂々たるサウンドだ。昨今のバンドとは違い、あくまで硬派な聴き心地とともに、
ダークな世界観を描き出す音の説得力はさすがのひと言。楽曲は3、4分台が中心で、
激しくもシンプルな分かりやすさが爽快だ。北欧ブラックメタル的にも楽しめる強力作である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 むしろブラック度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3





VAMPIRIA「AMONG MORTALLS
アルゼンチンのシンフォニック・ゴシック・デスメタルバンド、ヴァンピリアの1st。2001作
女性Voを含む6人組で、サウンドの方はキーボードを大々的に使用したシンフォニックなサウンド。
雰囲気的にはゴシックメタル寄りで、インストパートが長くシアトリカルな作風。
ダミ声の男Voに時折女性声がからみ、疾走パートも有り、ノーマル声も使用するなど、なかなか楽しめる。
こういうホラー的世界観が好きな方にはけっこう受けるだろう。
個人的には女性声パートをもう少し増やしてほしい。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・6 ゴシック・ホラー度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


VESANIAGod the Lux
ポーランドのブラックメタルバンド、ヴェサニアの2005年作
シンセを含む4人組で、BEHEMOTHばりに激しく疾走するブラックメタルを基本に、
シンセによる美麗なアレンジも覗かせる。演奏のレベルも高く、楽曲における緩急や
ブレイクなども多用した構成にはVADERなどに近いブルータルデス的な方法論も感じさせる。
と思ったら、そのBEHEMOTHとVADERのメンバーがやっているバンドでした。納得!
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 ポーラン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

VESANIADistractive Killusions
ポーランドのブラックメタルバンド、ヴェサニアの2007年作
BEHEMOTHのOrionと元VADERのDareyが在籍するバンドで、
シンフォニックなシンセと暴虐な疾走で聴かせるブラックメタルサウンド。
ブルータルデスとしてのヘヴィさもあり、クオリティの高さはBEHEMOTHにも負けていない。
これだという個性は感じないが、迫力あるブラックデス作品として普通に楽しめる。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・8 ベヒモス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Vesperian Sorrow「Stormwinds of Ages」
アメリカのシンフォニックブラック、ヴェスペリアン・ソロウの2012年作
ツインギターにシンセ奏者を含む6人編成で、美麗なシンセアレンジとともに、
激しく疾走するシンフォニックブラック。随所に泣きのギターフレーズを聴かせつつ、
ブラスビートでたたみかけるDIMMU BOGIRなどに近い高品質のサウンドであるが、
やはり北欧のバンドに比べるとメロディにはもの悲しい叙情は薄く、いくぶん物足りない。
シンフォニック度・・8 暴虐度・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Vinterriket「Der Letzte Winter」
ドイツのブラックメタルユニット、ヴィンターリケットの2005年作
うっすらとしたシンセにノイジーなギターがかぶさり、絶叫ヴォーカルを乗せたサウンドは
いわゆる一人ブラックという点からしても、暗黒度の薄いBURZUMという雰囲気か。
曲は長めなのだが、美麗なシンセに包まれたアンビエントな幻想性で、のんびりと聴ける。
ミステリアスな雪山の光景を思い描きながら楽しめば、立派な山岳ブラックメタラーになれそう。
シンフォニック度・・7 暴虐度・・7 幻想度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

VORNA 「Ei Valo Minua Seuraa」
フィンランドのシンフォニック・ブラックメタル。2016年作
ツインギターにシンセを含む6人編成で、美麗なシンセアレンジにダミ声ヴォーカルを乗せた
シンフォニック・ブラックメタルのスタイル。ツインギターは随所にメロディックなフレーズを奏で、
激しい疾走パートもあるものの、全体的にはミドルテンポを主体に暴虐性よりも叙情を前に出した
北欧メロデス的な聴きやすさがある。ダミ声ながらヴォーカルは母国語で歌っているようで、
フォークというほどではないがペイガン寄りの土着性もいくぶん感じさせる。泣きメロたっぷりで、
Eternal Tears of Soroowあたりが好きな方にも楽しめるだろう、シンフォニックな好作品だ。
メロディック度・・8 暴虐度・・7 北欧メロデス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Vreid「Milorg」
ノルウェーのブラックメタル、ヴレイドの2009年作
リーダーの死去によって解散したWINDIRの元メンバーによるバンドで、これが4作目となる。
サウンドはやはりWINDIRに通じる北欧らしい叙情を聴かせながら疾走しつつも、
ノーマルヴォイスも使うなどこちらはもっとプログレッシブでマイルドな質感。
激しさの中にも知的な構築センスといくぶんのモダンさを覗かせる好作だ。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Vreid 「V」
ノルウェーのブラックメタル、ヴレイドの2011年作
北欧的な叙情ギターで疾走するサウンドはそのままに、前作よりもいっそう
古き良きメロブラの質感にレイドバックしたような印象。DISSECTION風味のギターリフと、
随所にうっすらとしたシンセを効かせて、プログレッシブに展開させる叙情性も見事。
10分の大曲を含め、知的な楽曲構成と、メロブラとして激しさを両立させた傑作。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 北欧度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Vreid「Welcome Farewell」
ノルウェーのブラックメタル、ヴレイドの2013年作
WINDIRの元メンバーによるバンドで、これがすでに6作目となる。
前作にもあった古き良きブラックメタルのアナログ感覚は、本作ではさらに強まっており、
ツインギターによる古めかしいリフとフレーズには、どこかなつかしい香りを漂わせる。
ブラストする部分もあるが、ヘヴィすぎないサウンドのせいでそう耳に激しいこともない。
いわば、ブラッケン・ロールというような聴き心地なので、ブラックメタルとしての邪悪さは物足りないが、
たとえばVENONを原点とする、スラッシーなダークメタルの荒々しさを楽しめる向きにはオススメかもしれない。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 古き良き度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る AmazonMP3

Vreid 「Solverv」
ノルウェーのペイガンブラックメタル、ヴレイドの2015年作
WINDIRの元メンバーによるバンドで、2006年にデビューしてからこれがすでに7作目となる
ザリザリとしたアナログ感あるギターリフとダミ声ヴォーカルを乗せて疾走する、
古き良きブラックメタルの荒々しさを残したサウンド。叙情的なトレモロを含んだギターは、
かつてのDissectionなどを思わせる質感で、激しいブラストも含んだ起伏のあるリズムと、
随所にシンセによる味付けも加わったドラマティックな構築性は、さすがのキャリアを感じさせる。
生々しいドラムのサウンドも含めて、重すぎない激しすぎない、ブラッケンロール的な聴き心地もあって、
ヴィンテージな禍々しさという点では、SatyriconWatainなどが好きな方にも対応した強力作です。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 古き良きブラック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



WALTARI「YEAH! YEAH! DIE! DIE! DEATH METAL SYMPHONY IN DEEP C」
フィンランドが誇るミクスチャーハードロック集団ワルタリのアルバム。
これは彼らがデスメタルとオーケストラを融合させて完成させた一大叙事詩である。す・・すごすぎる。
いや、本物のオーケストラを使用したデスメタルと言えばセリオンなどを筆頭にいくつか挙げることはできるが
このアルバムに関してはそんな次元をはるかに超越している。つまり、「本物」なのだ。
これはシンフォニーであり、映画サントラ並みの雄大さがあり、しかもデスメタルだ。
チープさのかけらもない壮大かつ大掛かりな音響。デスメタルの疾走激速パートですらも
完全にオーケストラと融合されている。これは…ある意味とてつもないキワモノ的傑作だ。
デスメタルを真摯に取り入れ(もちろんデス声&ブラスト入り)それをオーケストラと完璧に一体化させた。
これはスラッシュをクラシック化させたメコンデルタに匹敵する偉業・・かもしれない。
デスメタル度・・8 オーケストラ度・・10 楽曲融合度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る


WATAINRabid Death's Curse」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ヴァーテインの1st。2001作
今やむしろ少数派となったサタニックな世界観の正統派ブラックメタルバンド、
古き良きギター主導のスタイルで疾走する、アナログ感たっぷりのノイジーなサウンドは
軽めのドラムの音も含めて、なんというか…本物の香りを漂わせる北欧ブラックなのである。
DISSECTIONをさらに古くしたような雰囲気であるが、これがじつに格好いいのだな。
まず聴くのなら、質の上がった2nd以降だろうが、アンダーグラウンドな香りでは本作かも。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 オールドメロブラ度・・10 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

WATAIN「Casus Luciferi」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ヴァーテインの2nd。2006年作
モダンさからは背を向け、DISSECTIONから引き継がれた古き良きブラックメタルを体現しているこのバンド。
先に3rdを聴いていたのだが、この2ndの時点でも非常に質の高いサウンドだ。
シンセなどは一切使わず、ギターリフのみでかもしだすメロディとともに激しく疾走するスタイルは、
激烈なだけのブラックメタルとも違う、アナログ感覚ともいうべき生々しさが耳に心地よい。
ジャケやブックレットのイラストなども黒魔術的でオカルティックな世界観を貫いている。
DISSECTIONやNAGLFARなど、オールドスタイルのメロブラを愛する人間にはたまらない。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 オールドメロブラ度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

WATAIN「Sworn to the Dark」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ヴァーテインの3rd。2007年作
昨今ブラックメタルは、なにかとスタイリッシュになり、音楽的にも整えられたバンドが増えてきているが、
このバンドの場合はジャケの雰囲気もそうだが、ブックレットのメンバー写真やイラストを見るにつけ、
彼らが古き良き邪悪さと暗黒というものを有していることがよく分かる。
ツインギターの絡みで聴かせるDISSECTIONタイプのサウンドで疾走、
甘くなりすぎないメロディを感じさせつつ、生々しいラウドさを表現している。
オールドな雰囲気のメロブラが聴きたい方にはぜひお勧めする。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 古き良きメロブラ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

WATAIN「Lawless Darkness」
スウェーデンのブラックメタルバンド、ヴァーテインの2010年作
オールドスタイルのメロブラとして、マニアに人気のこのバンド。4作目となる本作も期待通りの出来。
いかにもアナログ的な生々しいサウンドでたたみかけつつ、カルトな世界観を描き出す。
また今作ではミドルテンポの部分での、より伝統的でドゥーミィなギターリフも効果的で、
古めかしさを巧みに魅力に変換している。ときおり聴かせる叙情的なギターメロディもよい。
ブックレットの禍々しいイラストも含めて、どろどろとした原初的な闇を感じさせる力作だ。
ラストの12分の大曲は、まるでヴィンテージなプログレッシブ・ハードロック風でびっくり。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 オールドメタル度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Watain 「The Wild Hunt」
スウェーデンのブラックメタル、ヴァーティンの2013年作
オールドスタイルのカルトなブラックメタルとして、毎作楽しませてもらっているが、
5作目となる本作も、古き良き感触のギターリフとともに激しく疾走する、
ミステリアスなブラックメタルサウンドだ。湿り気を帯びたダークな地下臭さは、
このバンドの独特の世界観で、妖しい神秘性を溶け込ませたサウンドにはぞくぞくする。
荒々しさの一方では、激しいだけでなく緩急をつけた知的な楽曲構造も見事なもので、
これまで以上に荘厳かつドラマティックな聴き心地が素晴らしい。文句なしの傑作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 荘厳度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Wayfarer 「Children of the Iron Age」
アメリカのブラックメタル、ウェイファラーの2014年作
アナログ感に包まれたギターリフにダミ声を乗せて疾走する、ネイチャーブラック的な感触で、
WOLVES IN THE THRONE ROOMあたりに通じる、ミスティックで幻想的な世界観を描き出す。
ブラストする暴虐さというのはほとんどなく、スローパートも盛り込んでポストブラック的な叙情性に、
スラッジ/ドゥームメタル風味のナンバーもあったりと、10分を超える大曲をじっくりと構築してゆく。
神秘的な空気に包まれた、サイケ・ブラック、スラッジ・ブラックというような力作である。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・6 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



WHISPERED 「SHOGUNATE MACABRE」
フィンランドのメロディックデスメタル、ウィスパードの2014年作
「KABUKI METAL」を名乗り、日本の神話や妖怪などをテーマにした楽曲で脚光を浴びるこのバンド。
日本刀を手に歌舞伎の隈取りメイクをほどこしたメンバー写真もすごいが、内容もなかなか濃密だ。
いきなり日本語によるナレーションで始まり、ダミ声ヴォーカルを乗せて激しく疾走、
テクニカルなリズムチェンジを含んだブルータルな感触に、随所に和風な旋律を覗かせる。
単なるメロディックデスメタルというには、バンドの志向する日本ヲタク的な感じが面白く、
エピックなドラマ性を海外視点の日本文化と融合させているところが、微笑ましく楽しめる。
ボーナスは、Final Fantasy VII のゲーム挿入曲と「銀牙 -流れ星銀-」のテーマ曲をカヴァー。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 和風度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

WINDIRSoknardalr
ノルウェーのヴァイキング・ブラック、ウインディアの1997年作
うっすらとしたシンセをバックに、ダミ声ヴォーカルを乗せて疾走する、初期の北欧ブラックメタルスタイルに、
女性コーラスの歌声なも入った牧歌的な雰囲気も含んだ、幻想的な聴き心地のサウンド。
本作の時点では、Valfar氏の一人プロジェクトという感じで、ドラムを除く全パートを演奏していて、
そういう点では、BURZUMやBATHORYの後継者と言ってもよいのかもしれないが、
こちらはアンダーグラウンドな香りよりは、フォーキーな土着性をより強く感じるスタイルだ。
メロディックなギターのフレーズなども含めて、重さのない聴きやすさで楽しめる。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ペイガン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

WINDIR「1184」
ノルウェーのヴァイキング・ブラックメタルバンド、ウインディアの3rd。2001作
北欧調のトラッド的メロディを感じさせるギターリフに、攻撃的に疾走するスピード感、
バックに流れる美しいシンセアレンジと、どれもが高品質なシンフォブラックサウンド。
ヴァイキングメタル的雰囲気も多分にあり、田舎めいた無骨な味わいと叙情的な要素が混在し、
全体的に北欧らしい寒々しさを感じる音になっている。まさに硬派なるヴァイキング・ブラック作品。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 ペイガン度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で購入

WINDIR「LIKFERD」
ノルウェーのヴァイキング・ブラックメタル、ウインディアの4th。2003作
激烈に疾走しつつ北欧らしい雰囲気を撒き散らすサウンドで、ジャケを含めてミステリアスな雰囲気に包まれている。
演奏は一線級のバンドに引けをとらないが、音に媚びがないので、メロディの煽情度に「あと一歩感」がつきまとうのだが、
反対に言えば、こうした「我が道を行く」バンドこそが、本物のブラックメタラーであるという気もする。
北欧の寒々しさと薄暗さをたっぷりと味わえるアルバム。ただし愛想はあまり良くない。
なお、中心人物のValfar氏は、この作品を残して、2004年に雪山で遭難し死去している。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 北欧度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Winterfylleth「Threnody of Triumph」
イギリスのペイガン・ブラック、ウインターフィレスの2012年作
ツインギター編成の四人組で、トレモロのギターリフを乗せて激しく疾走しつつ
随所に土着的な質感を感じさせるサウンド。邪悪さよりも、ネイチャーブラック的な神秘性で、
Wolves in the Throne Roomのように森や大地を感じさせるようなやわらかみがある。
ツインギターはヘヴィさよりも叙情性を前に出していて、6〜8分と曲は長めながら、耳心地良く聴ける。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Winterfylleth「Divination of Antiquity」
イギリスのブラックメタル、ウインターフィレスの2014年作
ツインギターを含む4人組で、トレモロのギターリフを乗せて激しく疾走する、Wolves in the Throne Roomなどを思わせる、
いわゆるネイチャー系ブラックメタルサウンド。邪悪な暗黒性ではなく、神秘的な土着性を感じさせる雰囲気が特徴で、
前作から比べてもこれという変化はないのだが、この重すぎない疾走感はなかなか心地よく、
随所に緩急のある叙情パートやミドルテンポでじっくり聴かせる部分もあって、8分、9分という大曲を
しっかりと構築するバンドとしての力量も備わっている。自然派ブラックメタルが好きな方はぜひ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Winterhorde 「Underwatermoon」
イスラエルのシンフォニックブラック、ウインターホードの2010年作
シンフォニックなシンセアレンジと、ギターのトレモロリフを乗せて疾走する、
まるで北欧ブラックメタルのようなスタイル。イスラエルというお国柄か、
ミステリアスでもの悲しい雰囲気がドラマティックな世界観となっていて、
静かな叙情パートなどを含むメリハリのある楽曲アレンジにもセンスを感じさせる。
激しさとメロディアスさのバランスと、しっかりとした構築力を備えた高品質な作品だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 お国柄度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


WINTER OF SIN 「Violence Reigns Supreme」
オランダのブラックメタル、ウインター・オブ・シンの2014年作
ジャケのイメージはオールドなデスメタル風なんですが、サウンドの方は強烈なブラストビートでたたみかける、
ファストなブラックメタル。暴虐な激しさの中にも、ギターは随所にメロディックなフレーズを奏でたりと、
けっこう聴きどころも多く、このツインギターはメロブラ系が好きな方にもかなり楽しめるでしょう。
ヴォーカルもどちらかというと低音で、音も軽すぎないので、ブルータルなデスメタル要素も感じさせる。
ドラマーの技量も含めて演奏力も見事。MARDUKあたりにもひけをとらない聴き心地ですな。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 荘厳度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



WINTERSUN
ENSIFERUMのJARI MAENPAAのソロプロジェクト、ウインターサンの2004作
ENSIFERUMの1stは疾走型のヴァイキングメタルとしては、非常にメロディアスで
聴き易いアルバムだったが、方向性としてはそれを受け継いだもの。
思いの外ネオクラ風の曲調に「へ?」となるが、シンフォメタル気味なメロデスとして聴けば非常に高品質。
爆走するブラストに、三連系のヴァイキングリフとメロディ、そして男臭いコーラスが重なり、
勇壮でありながらも洗練されたサウンドで、田舎臭さはさほどない。
アレンジをメロデス風にした、シンフォニック・ヴァイキングメタル。
メロディアス度・・8 暴虐度・・8 ヴァイキング度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で購入


WITHERED「Dualitas」
アメリカのブラックメタル、ウィザードの2010年作
アナログ感のあるギターリフと低音のグロウルヴォーカルで聴かせる
激しくもおどろおどろしい雰囲気の暗黒ブラックメタルサウンド。
シンフォニックさやメロディックな要素はほとんどなく、ときにドゥーミィであったり
スラッジ的な硬派な雰囲気とともに、不穏なうねりとヘヴィネスを描いてゆく。
聴き手を選ぶ音だが、アンダーグラウンドなダークさを好む方にはお勧めだ。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


WITHOUT GRIEFDeflower
スウェーデンのメロデスバンド、ウィズアウト・グリーフのアルバム。1997作
初期IN FLAMESのフォロワーは数あれど、それをここまで上質に昇華した作品はそう多くない。
ザクザクとした重厚な感触を維持しながら、ツインギターの泣きのフレーズとともに疾走。
激しさと叙情のバランスも申し分なく、演奏技術もしっかりとあり、楽曲展開も一級品。
インフレタイプのメロデスが聴きたかったら本作をぜひ。続く2ndは少しクサメロが減ってしまった。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

WITHOUT GRIEF「ABSORBING THE ASHES」
スウェーデンのメロデスバンド、ウィズアウト・グリーフの2nd。1999作
1stは「Deflower」北欧メロデスの名盤とも言える出来で、マニアックなリスナーからの評価も高かった。
今作ではやや音がドライになった感があるが、流麗なツインギターのメロディはさすがに美しく
初期IN FLAMESタイプで突進力とともにギターワークの妙で聴かせる手法はさすが。
後のSOILWORKなどにもつながる90年代メロデスとしての出来は高い。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 ツインギター度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Wodensthrone「Curse」

イギリスのネイチャー・ブラックメタル、ウーデンズスローンの2012年作
激しくブラスト疾走しつつも、邪悪さよりもミステリアスな神秘性を感じるサウンドで、
うっすらとしたシンセアレンジに土着的な質感も加わったペイガン風味もある。
10分以上の大曲も3曲あり、緩急のついたドラマティックな雰囲気はなかなかいい。
初期EMPERORばりの激しさをWolves in the Throne Room的にミスティックにしたとでも言おうか、
同じくイギリスのA Forest Of Starsもそうだが、最近は個性的なブラックメタル系バンドが増えている。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 神秘的度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

Wodensthrone「Loss」
イギリスのネイチャー・ブラックメタル、ウーデンズスローンの2009年作
先に2012年作を聴いていたが、こちらはデビュー作。うっすらとしたしシンセにアコースティックギターと
語りの入ったイントロから、激しい疾走にダミ声ヴォーカルを乗せた、ミステリアスなブラックメタルが広がってゆく。
暴虐さよりも美しいシンセアレンジによるシンフォニックなテイストと神秘的な空気感が前に出ていて、
緩急ある楽曲構築や土着的な雰囲気なども、Wolves in the Throne Roomあたりに通じる世界観と言えるだろう。
10分を超えるナンバーも多いが、雰囲気モノとしての幻想的な強度があるので、じっくりと浸ることができる。
ネイチャー系ブラックメタル好きはもちろん、ペイガンブラックとしても楽しめる強力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


WOE 「Quietly Undramatically」
アメリカのブラックメタル、WOEの2010年作
ストーナー的なアナログ感を含んだギターリフと、ダミ声ヴォーカルを乗せて激しく疾走する、
ダークでプリミティブ、そして無機質なモノトーンを感じさせるようなブラックメタルサウンド。
トレモロのギターリフには随所にうっすらと叙情を含んでいるが、あくまでも硬派な聴き心地で、
寒々しく荒涼とした闇の気配に包まれている。ポストブラック的な知的なセンスも顔を覗かせつつ、
得体のしれないスケール感に包まれた暴虐なサウンドが味わえる。13分の大曲も含んだ力作ブラック。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・8 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


WOE 「Withdrawal」
アメリカのブラックメタル、WOEの2013年作
ノイジーなギターリフを乗せてブラスト疾走、プリミティブな激しさとミステリアスな世界観は、
Wolves In The Throne Roomなどにも通じるサウンドだ。トレモロのリフは北欧ブラック的でもあり、
ダークで荒涼とした雰囲気の中に、メロディアスな部分も垣間見せるのがよい感じです。
アナログ感を漂わせるブラッケンロール風味を含めて、オールドスタイルの荒々しい感触を
上手にモダンに仕上げている。暴虐さと知的な構築力を併せ持ったポストブラックの力作。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・8




Woland 「Hyperion」
フィンランドのモダンブラックメタル、ウォランドの2014年作
適度にヘヴィなギターとダミ声ヴォーカル乗せて、インダストリアルな硬質感に包まれたサウンドで、
ミドルテンポを主体にシンフォニックな味付けも加わった、サイバーブラック的な聴き心地。
ARCTURUSなどに通じるスペイシーなダークさと、随所に知的な構築力も覗かせながら、
メロディックなギターフレーズや美しいシンセアレンジを含んだ、シンフォニックブラックの香りも残している。
激しいブラスト疾走はあまりないものの、どっしりとした重厚さとダークな空気感をモダンに描き出す、
とても高品質なサウンドが楽しめる。いわばサイバー&シンフォニックなモダンブラックメタルの力作だ。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・7 サイバーな叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Wolves in the Throne Room「Two Hunters」
アメリカのプリミティブ・ブラックメタルバンド、ウルブズ・イン・ザ・スローン・ルームの2007年作
ワシントン州オリンピアの3人組で、一言で言うと「ネイチャー・ブラックメタル」ともいうべきサウンド。
実際に山林の中で暮らしたりしていたらしいが、まるで森の空気をそのまま切り取ってきたような
風や鳥の鳴き声の入ったイントロからして普通じゃない。美しいシンセが鳴るゆったりとしたインストから、
2曲めに入るとブラックメタルらしくわめき声入りで疾走開始。しかしブラックといっても彼らの場合は、
決して地獄やサタンをテーマにしているというわけでもなく、むしろ自然への畏怖と調和こそを表現している
ように感じられる。雰囲気としてはEMPERORの1stあたりに通じるが、そこまでの暗黒世界ではなく、
うっすらとこもり気味の音質も手伝ってかどこか耳に馴染みのいいサウンドなのだ。
全4曲で43分という、曲ごとは長尺であるのだが、空気を楽しむように聴けば長さも気にならない。
森と土の匂いのする不思議なブラックメタル。神秘的な女性ヴォーカルもいいいアクセントだ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 自然派度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Wolves in the Throne RoomBlack Cascade」
アメリカのブラックメタルバンド、ウルブズ・イン・ザ・スローン・ルームの2009作
自然派ブラックメタルともいうべき、薄靄のかかったようなサウンドで驚かせたデビュー作に続き
早くもバンドの2ndが届けられた。本作も基本的には前作の延長上の音で、
とてもアメリカ産とは思えない、まるで欧州の森を思わせる雰囲気の作品だ。
ややこもり気味の音で疾走するアナログ的なブラックメタルサウンドは、
激しくはあっても耳心地がよく、暴虐さよりも自然界の闇への畏怖を感じさせる。
全4曲ですべてが10分以上という長尺さも、いっそ彼らの持ち味となっていて、
曲やメロディうんぬんというよりも、この雰囲気に浸り込んで楽しみたい幻想音楽だ。
幻想度・・9 暴虐度・・7 自然派度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Wolves in the Throne Room「Celestial Lineage」
アメリカのブラックメタルバンド、ウルヴズ・イン・ザ・スローン・ルームの2011年作
2007年のデビュー作から、まるで森の中の大自然と一体化したようなサウンドで、
「ネイチャーブラックメタル」ともいうべき幻想的な世界観が個性的だったこのバンド、
3作目となる本作は、妖しい女性スキャットとともにゆったりと幻想的に始まり、
いつも以上にメロウなギターのフレーズで疾走。相変わらずぼんやりとした音像が耳心地よく、
うっすらとしたシンセとともに、美しくも神秘的な雰囲気なプリミティブ・ブラックが楽しめる。
10分以上の大曲3曲を含んでいて、もちろん激しいブラスト疾走もあるのだが、緩急のついた楽曲と
このシンフォニックな薄暗さは、むしろプレグレリスナーでも鑑賞できそうな気がする。傑作!
幻想度・・9 暴虐度・・7 神秘的度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

Wolves in the Throne Room 「Celestite」
アメリカのブラックメタルバンド、ウルヴズ・イン・ザ・スローン・ルームの2014年作
これまで、神秘的なネイチャー系ブラックメタルを聴かせてくれたかれらの4作目は、
これまでとはがらりと変わり、シンセを中心にしたアンビエントな作品となっている。
Klaus Schulzeばりのシンセの多重録音に、従来の大自然にひそむ神秘性を描くような
壮大な世界観が広がってゆく。これが退屈かというとそうでもなく、随所にギターも入るなど、
楽曲にはドラマティックな緩急があり、とくに12分、14分という大曲は雄大な聴き心地で引き込まれる。
ドラマティック度・・8 メタル度・・3 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Wolvhammer 「Clawing Into Black Sun」
アメリカのブラックメタル、ウルヴハンマーの2014年作
元VEIL OF MAYAのヴォーカルやABIGAIL WILLIAMSのギターが参加するバンドで、
スラッジ寄りのオールドなギターリフとダミ声ヴォーカルを乗せたブラッケンなサウンド。
2ビートの暴虐すぎない疾走感とともに、オールドなブラックメタル臭を漂わせつつ
スローパートではドゥーミィな味わいもあって、音圧もうるさすぎずにわりと聴きやすい。
これというインパクトはないのだが、シンプルなノリでたたみかける、スラッジ系ブラックメタルの強力作。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 暗黒度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



WOMAN IS THE EARTH 「This Place That Contains My Spirit」
アメリカのブラックメタル、ウーマン・イズ・ザ・アースの2012年作
ノイジーなギターリフと遠くで聞こえるような絶叫ヴォーカル、ドタドタとしたドラムにこもり気味の音質という、
初期のWolves in the Throne Roomを思わせる、かなりプリミティブなネイチャー・ブラックメタル。
大曲ばかりで全4曲というのもいかにもらしいが、暴虐さよりもミステリアスな妖しさが前に出ているので
激しいサウンドであってもそう聴疲れはしない。原初的な闇の気配と霧に包まれたようなぼやけた音像が心地よいと思える、
ディープなリスナーにオススメしたいバンドです。トレモロのギターリフも随所に美しく、個人的にはとても気に入りました。
ドラマティック度・・7 暴虐度・・7 ミステリアス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



WORDS OF FAREWELLImmersion」
ドイツのメロデスバンド、ワーズ・オブ・フェアウェルの2012年作
ツインギターにシンセを含む6人編成で、メロディックなギターフレーズと
モダンな硬質感を同居させた、新世代のメロデスサウンドを聴かせる。
うすらとしたシンセアレンジに、流麗なギターワークとデスヴォイスが絡み、
暴虐というよりもむしろメランコリックな世界観を描いている。雰囲気としては、
フィンランドのINSOMNIUMをよりモダンにスタイリッシュにした感じだろうか。
楽曲に突き抜けたインパクトはないものの、なかなかクオリティの高い好作デス。
メロディック度・・8 暴虐度・・7 メランコリック度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3


WYKKED WYTCH「ANGELIC VENGEANCE」
アメリカのブラックメタルバンド、ウィックド・ウィッチの1st。2001作
曲が始まった瞬間、まんま初期のCRADLE OF FILTHかと思った(笑)。
C.O.Fのダニそっくりで歌っているのは真っ赤な髪のおねいさん。
ときおり普通の女性声でも歌いますが、ダミ声の方もなかなかのもの。
肝心の曲の方は、クレイドルの1stとなら互角に張り合えるかも。
2nd以降ではまったく無理でしょう。女ダミ声という以外にとくに魅力がないのです。
歌はもちろん、ギターリフや曲の展開までもクレイドルに酷似しているので、
なんとか今後はオリジナリティを身につけて頑張ってください。
メロディアス度・・6 暴虐度・・7 クレイドル度・・8 総合・・6.5


XYZ

Xaosis 「Mara II - Umarle domy」
ポーランドのディプレッシブ・ブラックメタル、ザオシスの2013年作
Xaosis氏による一人ユニットで、スローテンポの打ち込みリズムに、ノイジーなギターリフと
母国語による唸り声のようなヴォーカルを乗せてダークな世界観を描くサウンド。
楽曲は6〜11分と長めのものが主体で、激しい疾走感というものがない分、
むしろゴシック的なメランコリックな雰囲気に包まれている。ドラマ性やメロディの展開もあまりなく、
ありていにいって退屈きわまりない。鬱系ブラックにしても、もう少し曲を練ってもらいたい。
ドラマティック度・・6 暗黒度・・8 楽曲・・6 総合・・6.5

Xasthur「Defective Epitaph」
アメリカのプリミティブブラックメタル、ザスターの2007作
Malefic氏による個人ブラックメタル、6枚目となるフルアルバム。いかにも宅録的な音質や、
鬱ぎみの負の空気を漂わせた作風は一聴してノルウェーのBURZUMを思わせるもので、
およそ一般のメタラーにはチープすぎて聴ける代物ではない。ここにあるのはいわば精神的指向としての
ブラックメタル表現であり、楽曲、テクニック指向の現代の音楽シーンとは逆行するものだ。
神秘的なプリミティブさがいくぶん作り物めいて聴こえる。
幻想度・・7 暴虐度・・7 暗黒度・・7 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


Yaotl Mictlan「Dentro Del Mantro Gris De Chaac」
アメリカのブラックメタルバンド、ヤオトル・ミクトランの2010年作
メキシコ系メンバーによるバンドらしく、古代マヤ文明をテーマにしたアルバムで、
怪しくミスティックな雰囲気とともに激しく疾走するプリミティブなブラックメタルサウンド。
絶叫するヴォーカルもスペイン語で歌われているようで、どことなく不思議な趣がある。
音質的にも少しこもっているのがちょうどいい。ミステリアスないにしえの世界観に浸れる。
ドラマティック度・・8 暴虐度・・8 プリミティブ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Yyrkoon 「Oniric Transition」
フランスのメロディックデス/ブラックメタルバンド、イイルクーンの1st。1998作
日本盤も出ていた2nd「DYING SUN」は、ザクザクとしたギターで聴かせる
スラッシーなメロデスサウンドだったと思ったが、本作で聴けるのはむしろ
マイナー調の土着的なブラックメタルである。美しいシンセをバックに
剣の合わさる響きが聴こえるイントロからしてヴァイキングメタル的な匂いがぷんぷん。
ブラスト入りで激しく疾走しつつも、ときおりギターの奏でるクサメロは悶絶ものだし、
美しいピアノの音色や、もやのかかったようなチープなサウンドがまたいい感じで、
叙情的で薄暗い幻想性を感じさせる。チープな音でもクサメロ好きな方はどうぞ。
メロディアス度・・8 暴虐度・・7 幻想度・・8 総合・・7.5

YYRKOON「DYING SUN」
フランスのメロデスバンド、イールクーンの2nd。2002作
最近はフランスのメタルバンドも少しずつ増えており、けっこうクオリティの高いバンドが目につく。
このバンドのサウンドは、ツインギターの疾走リフを生かした比較的正統派のもので、
デス声とノーマル声が半々くらいで、曲といい音像といい非常に聴きやすい。
北欧系のメロデスとは異なり、どちらかというと古き良きスラッシュ、パワーメタルを思わせる。
これくらいならデス嫌いの人でも聴けるサウンドだろう。反面安定しすぎていて面白みに欠けるという気もするが。
メロディアス度・・7 暴虐度・・6 正統派度・・8 総合・・7


ZONARIAThe Cancer Empire
スウェーデンのメロデスバンド、ゾナリアの2008作
これが2作目らしい。アメリカのメタルコア系のような質感もあるモダンなメロデスサウンド。
スラッシーなリフで疾走しつつも、バックにはうっすらとしたシンセも入っていて、
シンフォニックデス的な感触もある。しかしやはり、北欧というよりはアメリカ系の今の音なので、
好みかと言われるとそうでもない。整然とよく出来ていてクオリティは高いかと思います。
メロディアス度・・7 暴虐度・・7 モダンデス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


ZYKLON「World of Worms」
ノルウェーのブラックメタルバンド、ザイクロンの1st。2001年作
EMPERORのSamoth、Trymらによるバンドで、激烈なブラストビートとヘヴィなギターリフ、
デス声気味のわめき声で激しくたたみかけるブルータルなブラックメタル。
EMPERORに比べるとシンプルに音像で、いくぶんサイバーな香りをただよわせていて
よりモダンな感じもする。荘厳な迫力はさすがに実力者たちによるサウンドである。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 北欧ブラック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ZYKLON「Aeon」
ザイクロンの2nd。2003年作
ブルータル化したEMPERORという雰囲気とともに、激しくブラスト疾走、
サモスによるデスメタル的なギターリフもますます冴えを見せている。
一方では楽曲のメリハリという点で、ミドル〜スローテンポのパートが増え、
じっくりリフで聴かせる部分が強まっている。この絡みつくようなうねりは、
MORBID ANGEL的な質感というべきか。これも傑作です。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 デスメタル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ZYKLON「disintegrate」
ノルウェーのブラックメタルバンド、ザイクロンの3rd。2006年作
EMPERORのSamoth、Trymが在籍するバンドですが、エンペラーのようなミスティックな雰囲気はあまりなく、
スラッシーなリフで疾走するデスメタル風のブラックメタル。タリムの凄まじいブラストビート入りのドラミングは驚異的だし、
二本のギターはときおりかつてのEMPEROR時代を偲ばせるメロディを聴かせてくれます。
全体的にはブルータルデス風でありつつも、随所に北欧ブラックメタルの名残を感じさせてくれ、
大雑把に言うならVADER + EMPERORという表現もできるようなクオリティの高いサウンドです。
メロディアス度・・7 暴虐度・・8 北欧ブラック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ZYKLONStorm Detonation Live
ノルウェーのデスメタルバンド、ザイクロンのライブDVD
2004年、ドイツで行われた「PARTYSAN OPEN AIR」でのステージを収録。
あまり広くない野外ステージに、ザイクロンTシャツに身を包んだ四人のメンバーたち。
DVDでは前触れもなく曲が始まり、暴虐かつヘヴィなデス・ブラックサウンドが炸裂する。
ベースを片手に暴虐デス声で咆哮する、フロントマンのSecthdamonの存在感はなかなかのもの。
EMPERORのSamoth & Trym組もさすがの貫祿で、長髪を振り乱してヘドバンしつつ弾きまくるSamothに、
短髪になって一見普通の人に見えるTrymも、プレイの方は相変わらず超絶きわまりない。
高速ブラストと手数の多い正確無比のプレイでバンドのサウンドを支えている。不満なのはカメラワークで、
中央の固定カメラの他には左右のハンディが1台ずつなので、演奏の凄さに比して映像的にあまりパッとしないのがなんとも惜しい。
ドラム専用カメラがないのも痛く、ハンディの片方がドラムの後ろに回って撮ったりと、スタッフ的にもややローカルな感じがする。
ライブ演奏の収録が全9曲で44分というのも、DVDとしてはやや物足りない。ツアードキュメントでは日本での滞在記がなかなか興味深かった。
暴虐度・・8 ライブ演奏・・8 ライブ映像・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


音楽ページTOP